くるり おすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

くるり おすすめの曲ランキングTOP10

 

第10位.くるり「ばらの花」

くるり – ばらの花

この曲はくるりのボーカル岸田繁と元スーパーカー(現LAMA)のフルカワミキが一緒に歌っています。彼女の歌声はとても透き通っていて綺麗で、ボーカル岸田繁と上手く合わさっていると思います。

歌詞がちょっぴり切なくて甘酸っぱい気持ちになるよう歌詞で、高校生の時によく聴いていた曲なので当時の恋愛とか思い出が頭の中に蘇ってきて青春時代に帰ったような、懐かしい気持ちにさせてくれる曲です。曲も静かで、しっとりと聴けるようなイメージの曲だと思います。部屋に一人で、ぼーっとしながら聴いているとほっとするような優しい曲になっています。

 

 

第9位.くるり「ワンダーフォーゲル」

くるり – ワンダーフォーゲル

アップテンポな曲ですが決してうるさくはなく、優しく穏やかに前を向かせてくれるような曲だと思います。イントロは意外と皆さん聴いたことがあるという人が多い気もしますが、このイントロをきくと私はワクワクしてきて入ってくるシンセサイザーの音がキラキラしていて、とても可愛らしい曲です。

曲は明るめなのですが、歌詞はまた全体的にちょっぴり切ない印象を受けます。もう20年近く前の曲になるのに全然色褪せないどころか、今聞いても新しいような曲です。くるりを代表するような曲の一つでもあるのでぜひ多くの人に聞いてみてほしいです。

 

 

第8位.くるり「Remember me」

くるり – Remember me

とても切なくてしっとりした曲です。イントロはオアシスのホワットエヴァーを彷彿とさせるようで、とてもよく似てるのでおそらくオマージュしていると思われます。歌詞を見てもわかるように家族のことを歌った曲なので結婚式などで使われることが多い印象があります。

私の友人もこの曲を流しながら、家族への手紙を読み上げていて私も思わず涙してしまいました。家族へのメッセージと、これから前に進んでいくという自分の前向きな思いを乗せた素敵な曲です。とてもゆっくりと穏やかな曲調で、私的にはくるり屈指の泣ける曲の一つだと思っています。

 

 

第7位.くるり「ロックンロール」

くるり – ロックンロール

その名の通り、ロックンロールな曲です。イントロからのリフがとても特徴的で、かっこよくて印象的でいつまでも耳に残る最高のリフだと思います。バンドマンなら一度はコピーしたくなるはずです。そして、前向きで、力強さを感じさせるような歌詞と演奏です。

そして変な言い方かもしれませんが、前奏が一番めちゃくちゃ盛り上がるような曲だと思っています。こちらもくるりの中では代表するような有名な曲だと思います。数多くのバンドがカバーしています。懐かしいけれど、まだまだ色褪せない新しさも兼ね備えたロックンロールな一曲です。

 

 

第6位.くるり「ハイウェイ」

くるり – ハイウェイ

イントロがめちゃくちゃ良いです。「ジョゼと虎と魚たち」という映画で使われていた楽曲でもあります。PVには妻夫木聡も出演されています。とにかく切なくて、優しい曲調と歌詞で、とくにこの映画を見た人ならさらに好きになるのではないでしょうか。

聴いていると、昔のことを思い出したり、地元のこととか懐かしい思い出に馳せて感傷的な気持ちになります。ハイウェイという曲名のように、ドライブしながら流してみるのもぴったりだと思います。悲しくて辛い時にもそっと寄り添ってくれるようなあたたかくて切ない曲だと思っています。

 

 

第5位.くるり「魔法のじゅうたん」

くるり – 魔法のじゅうたん

チオビタドリンクのCMになっていたので、おそらくきいたことがある人は多いんじゃないかなと思います。歌い出しが印象的な優しくてあたたかい曲です。アコースティックギターの音色が透明感があり、キラキラしているのが印象的です。

歌詞は切ないような内容なのですが、同時にあたたかさを感じられてそっと寄り添ってくれるかのようです。人恋しいような一人の夜とかににふときいてみて、感傷に浸れるような曲だと思います。曲はキャッチーなポップチューンだと思うのですがとても静かで落ち着いていて、この歌詞はとても深みがあります。

 

 

第4位.くるり「ジュビリー」

くるり – ジュビリー

PVを見るとメンバーがみんな珍しくロック調なファッションなので、ゴリゴリのロックかと思いきや聴いてみるとそうでもなく穏やかなのにどこか深い闇を感じるような不思議な印象の曲です。こちらもチオビタドリンクのCMに使われていたので、おそらく耳にしたことがある人は多いんじゃないかなぁと思います。

この曲もふと、昔を思い出させてくれるような懐かしさを感じます。ちょっとサイケを感じるような不思議な不安定さを感じるメロディがあるところもすごく印象的です。途中で入ってくるストリングスが私はとても気に入っています。

 

 

第3位.くるり「男の子と女の子」

くるり – 男の子と女の子

この曲は岸田繁さんのアコースティックギターによる弾き語りのような形で始まる、とても優しくて甘い曲です。ハナレグミがカバーしていることでも有名だと思います。曲名の通り男の子と女の子のことを歌っていて、私はこれをとても優しいラブソングだと思っています。

途中からズドンとバンドが入ってくるところが鳥肌が立つくらいかっこよくて気に入っています。くるりはこのような素朴な曲も味があってとても素晴らしい曲が多いです。そして、少年が書いたような歌詞に甘酸っぱさと切なさを感じました。こちらも、とても懐かしくなるような曲です。

 

 

第2位.くるり「言葉はさんかく、心は四角」

くるり – 言葉はさんかく こころは四角

こちらもとても有名な曲だと思います。映画「天然コケッコー」でも使われていました。サビの言葉はさんかくで心は四角だなという歌詞がとても印象的で、なんだか聴いていると涙がこみ上げてくるような優しい曲です。

曲調もとても穏やかで優しい雰囲気なのですが、歌詞も柔らかくて優しく包み込まれるような気持ちになります。そして、自分自身もなんだか優しい人間になれたような気がしてくるのです。曲の構成も全体的にシンプルなのですが、サビがとても耳に残り印象的です。歌声も柔らかく、優しい歌声なので寂しい時にきいてあたたかい気持ちになれます。

 

 

第1位.くるり「赤い電車」

くるり – 赤い電車

こちらもくるりの中では有名な曲なのでは、と思っています。私が初めてくるりと出会ったのはこの曲からでした。テレビで歌っている姿を見て、そしてこの曲に惹かれました。この曲を聴いていると、本当にどこまででも行けるようなふわふわとした気持ちになります。

この曲でくるりをして、いろんな曲を知ったきっかけの曲なのでとても思い入れが深い大事な一曲になります。当時は中学生くらいだったので、今聴いてみると勝手にその頃のことも思い出されて、懐かしいような戻りたいような気持ちにもなります。私も赤い電車に乗ってみたいです。