星野源おすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

星野源おすすめの曲ランキングTOP10

星野源さんのファンが選ぶおすすめの曲ランキングTOP10です!星野源さん初心者の方も、ファンの方もぜひ読んで、聴いてみてください!

 

第10位.星野源「桜の森」

桜の森/星野 源 cover

CrazyCrazyとの両A面シングル。ライブでギターを持たずに、ニセ明の姿で踊りながら歌っていたNHKホールがずっと印象に残っています。ストリングスの跳ねるようなリズムがすごく心地よくて、繰り返されるサビがとても印象に残り何度でも聞きたくなります。

おもわず口ずさみたくなる爽やかな1曲。両A面でMVがないのがもったいないですが、CDTV風のジャケットが横に流れるイメージ映像で笑わせてもらいました。「桜の森」というタイトルだけに、イメージカラーはピンク。暖かい春の風のしたで、桜の匂いを感じながら聞きたい1曲です。

 

 

第9位.星野源「日常」

星野源 – 日常 (Official Video)

「みんなが好きなものが好きでもそれでもいいのよ みんなが嫌うものが好きでもそれでもいいのよ」という歌詞。あまのじゃくな性格で、流行っている音楽とか、聴いてるのが恥ずかしいと思っていたけれど、みんなと同じでもいいし、みんなと違ってもいい、両方を肯定してくれる言葉にとても勇気付けられました。

共感されなくても、人と同じでも、自分が好きなことは正直にいていい、恥ずかしがらなくていいと教えてもらいました。源さんもきっとそういう悩みを持っていた時期があったんだろうなと思います。多くの人に寄り添ってくれる歌詞だと思います。

 

 

第8位.星野源「Crazy Crazy」

星野源 – Crazy Crazy (Official Video)

真っ白のスーツに身を包んだ、まさにクレージーキャッツへの思いが詰まった曲です。ピエール中野、ハマオカモト、cero荒内くんなどなどMVに登場するバッグバンドも豪華!楽しいことをしたい、彼の前向きな気持ちが詰まった明るいパンクな曲です。

スタンドマイクで伸びやかにうたう姿がとても印象的です。CDのジャケットもすごく素敵で、青いバックに帽子で顔を隠しているすがた、おもわず真似して写真をとったことがあります。笑 インディーズ時代の曲で、メジャーの曲とはMVの規模が全然違うけれど、すごくかっこいい音楽です。

 

 

第7位.星野源「アイディア」

星野源 – アイデア (Official Video)

朝ドラ「半分、青い」の主題歌。しっとりする主題歌が多い中、朝から元気になれる曲になっています。1番の2番で曲の雰囲気ががらっと変わるのもすごく面白いです。2017年の源さんの苦悩・いろいろな思いが表現されている、まさに集大成の曲。

三浦大知さんがアレンジしたダンスがすごくかっこよくて、MIKIKO先生のイレブンプレイとはまた違った雰囲気が楽しめます。MVにはまさにいろいろなアイディアがつまっていて、嵐の松潤から教えてもらった紅白幕がとくにカッコ良いと思います。いままでのジャケットのカラーがふんだんに盛り込まれていて、源さん好きには発見があって楽しいMVです。

 

 

第6位.星野源「Family Song」

星野源 – Family Song (Official Video)

「過保護のカホコ」主題歌。NHKにもレギュラー番組を持つおげんさんが登場するMVは、吉田ユニさんの世界観がとてもよく表現されています。いろんな家族の形があるけれど、大切な人のことを思う気持ちはみんな変わらず愛で溢れている、ということを歌っています。

両親がふたりともお父さんという家庭はこれから当たり前になっていくかもしれないし、いろんな家族の形があって当然。そういったすべての人たちによりそう曲になっていると思います。お母さんが男でも良いし、お父さんが女でも良い。おげんさんにもそれが込められていたということ・・・?

 

 

第5位.星野源「化物」

星野源 – 化物 (Official Video)

明るい曲なのに泣けてくる1曲です。くも膜下出血で倒れて延期になった初めての武道館ワンマンライブ。その振替公演の1曲目で演奏されました。マリンバの音が響いて、照明がバァッと明るくなって、全力笑顔の源さんを見た瞬間に興奮と涙が溢れてきました。

「奈落の底から 次の僕が這い上がるぜ」という一文。中村勘三郎さんともエピソードをもとに、病気で倒れる前に書かれた歌詞ではあるけれど、まさにその時の源さんにぴったりの言葉でした。奈落の底から這い上がり、ポップスターとなった源さん。本当にすごい。あの時の興奮が詰まった曲です。

 

 

第4位.星野源「SUN」

星野源 – SUN (Official Video)

メジャー移籍第1弾シングルのSUN。移籍する前に「もっとたくさんの人に僕の曲を聴いてもらいたい」と言っていた源さん。まさに有限実行されて、この曲が快進撃の始まりだったと思います。

楽器を持たずに踊り出したのもこの曲が初めてで、今の星野源のイメージをつくった曲になっています。バナナマンの日村さんや、マイケルジャクソンへのメッセージがこっそり入っているのも、小ネタが好きな源さんらしいなと思います。PVは見ていてすごく明るい気分になって、可愛いおかっぱさんがたくさん出ているのがイラやれます。最後の一言もほんと源さんらしい!

 

 

第3位.星野源「恋」

星野源 – 恋 (Official Video)

星野源を日本のポップスターへと導いた1曲。最初にしっかりと聞いたのは「逃げるは恥だが役に立つ」のエンディングとして。突然ビッグスマイルで踊り出すみくりさんと、無表情でキレッキレのダンスをする平匡さんに衝撃を受けて、大興奮したのを今でも覚えています。

あんなにむずかしいダンスがブームを巻き起こすなんで、作った人たちは誰も考えていなかっただろうな…・・と思います。丸2年経った今でも、ふとイントロが流れるとめちゃめちゃテンションが上がって踊り出してしまうダンスソング!いつまでも引き継がれるであろう、平成のポップソングです。

 

 

第2位.星野源「生まれ変わり」

星野源 生まれ変わり

自分の結婚式のエンディングムービーで流したほど大好きな曲です。「決してもう二度と戻らぬ日がいつまでも輝けばいいな」という歌詞。自分が子供の頃、両親と過ごしたたくさんの日々を思い出しながら、今日という日も、いつまでも輝く1日になればと思いこの曲に決めました。

自分自身に向けた前向きな歌でもあり、今まで一緒に過ごした大切な誰かに向けた、人生が輝くことを祈るうたでもあり、まだ見ぬ未来に出会う人に向けた希望のうたでもあり、いつかお別れをしなければいけない人に向けた送別のようなうたでもあり。全ての人に向けた賛美歌だと思っています。

 

 

第1位.星野源「くせのうた」

星野源 – くせのうた (Official Video)

星野源、初期の名バラード。日常の中で、大切な誰かのことをもっと知りたいという気持ち。自分に自信がないと、嫌われるんじゃないかとか、嫌がられるんじゃないかとか色々と考えてしまいます。そういった、誰もがふつふつと感じている思いが込められています。

「知りたいと思うには 全部違うと知る事だ」という歌詞にすごく考えさせられました。ライブでは主に弾き語りで披露されますが、静かな会場でなるギターに胸がぎゅっと締め付けられて、いつも泣いてしまいます。本当に優しい歌。いまの明るい源さんももちろん素敵ですが、日常を歌う源さんがやっぱり一番です。