遊助おすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

遊助おすすめの曲ランキングTOP10

歌詞のメッセージ性が強く、聴いていると元気になれます。そのメッセージ性の強さから、聴けば聴くほど好きになるという言葉がぴったりだと思います。素直でストレートな表現がまっすぐ心に届きます。役者やバラエティーでも活躍している方なので、表現が豊かなのも魅力です。

 

 

第10位.遊助「Yellow Bus」

遊助 『Yellow Bus』

遊助「Yellow Bus」がおすすめの理由

ライブで披露されることが多く、とても盛り上がる楽曲です。「〜な人大丈夫か」「かかってこいや」というワードがたくさん出てきますが、ここは遊助とファンとで掛け合いのように歌い合います。ライブならではの盛り上がりで、とても楽しいです。どんなことにも負けずに立ち向かっていくという強さを、アップテンポなメロディーに乗せて元気に表現しているところが遊助らしいと思います。PVでは、バスの運転手の遊助が色々な乗客を乗せ、バスが満員になると、バスを二階建てや三回建てに改造して、乗客みんなを乗せてしまうというものになっています。面白い発想で、みんなをしっかり乗せて走り出すという点でも遊助らしさを感じた楽曲です。

 

 

第9位.遊助「俺なりのラブソング」

遊助 『俺なりのラブソング』

遊助「俺なりのラブソング」がおすすめの理由

上地雄輔主演の映画、漫才ギャングの挿入歌で、とにかく男らしさ全開のラブソングです。この楽曲を聴いていると、その場面が頭に思い浮かんできます。照れ屋なところもあるけど彼女のことをまっすぐに思いっている彼氏と、そんな彼氏のことをいつも優しく見守っている彼女のことを描いた一曲なのではないでしょうか。彼氏側の目線で書かれた歌詞は、女の子からすると共感というよりも、こんな風に思ってくれているのか!という嬉しさを感じられるものになっていると思います。シングルカットはされていなく、アルバムの表題曲としてリリースされたのですが、ライブでもよく披露される楽曲で、ファンからの人気も高いと思います。PVは1つのドラマのようになっているので、ぜひ見て欲しいです。

 

 

第8位.遊助「処方箋」

遊助 『処方箋』

遊助「処方箋」がおすすめの理由

この楽曲も遊助らしいメッセージがたっぷりと込められている一曲です。バラードっぽい曲調ですが、ポップさも兼ね備えています。なにかに悩んでいる人たちの声に対して、遊助が相談に乗ってくれて、一緒に考えてくれているように感じる歌詞になっています。力強くもあり、優しくもあり、あたたかくもあり、聴いているととても勇気付けられます。この楽曲での遊助の優しい歌声の中でも、ハモリを用いている部分は特に聴き心地が良いので、ゆったりと聴きたい楽曲なのではないかと思います。なにかに悩んだ時にはぜひ聴いて欲しいと思う一曲です。

 

 

第7位.遊助「きみ」

遊助 『きみ』

遊助「きみ」がおすすめの理由

へこんだ時や元気のない時に、優しく背中を押してくれるような楽曲です。歌い出しの「生まれてから流した 涙をためたら 使い慣らしたグラス 何杯たまるんだろう」という歌詞には驚きました。悲し涙、悔し涙、嬉し涙、様々な感情の涙がありますが、本当にためてみたらどのくらいになるんだろうか、とつい考えてしまいました。特に心に響いた歌詞は、最後のサビの「君と出会い 君との思い出に 助けられる時が来るだろう どんな人にだってあるだろう」というところです。たくさんの人に出会う人生の中で、大切だと思える人に出会えたことへの感謝を持ち、大切に過ごしていきたいとこの楽曲を聴いて思いました。

 

 

第6位.遊助「たんぽぽ」

遊助 『たんぽぽ』

遊助「たんぽぽ」がおすすめの理由

PVがとても素敵な楽曲です。結婚式で、新郎が新婦や家族、お世話になった方たち、今は亡き恩師へ感謝の気持ちの手紙を読みます。そんな一生に一度の大切な日に伝えたい言葉を、遊助らしいあたたかい言葉で楽曲にしています。「最初で最後の手紙」という歌詞があるのですが、この言葉から普段照れくさくて手紙なんて書かないけど、大切な日だから、と恥ずかしながらも精一杯伝えているのだと思うと、ますます素敵だなと思います。また、サビのダンスにも注目して欲しいです。遊助本人が振り付けをしたもので、袴姿で踊る遊助が本当にかっこいいです。

 

 

第5位.遊助「サヨナラマタナ」

遊助 「サヨナラマタナ」(SHORT VER.)

遊助「サヨナラマタナ」がおすすめの理由

伝えられる時に、伝えたいことをしっかりと伝えようというメッセージが込められている楽曲です。サビの歌詞が特に心に響きます。普段は照れくさくてなかなか伝えられない思いも、伝えられる今がチャンスだと気が付かせてくれました。特に好きなところは、落ちサビ前の「消えそうになって気付く君 そんなことわかってるのに 遠回りばかり」という歌詞です。この部分で音程も上がるので、聴いていて心地良いです。この楽曲を聴くと、両親や友だち、恋人すなど大切な人に会いたくなります。切なさもありながら、温かい気持ちになるハートフルな一曲だと思います。

 

 

第4位.遊助「イナヅマ侍」

遊助 『イナヅマ侍』

遊助「イナヅマ侍」がおすすめの理由

とにかくかっこいい楽曲で、初めて聴いた時にすぐ好きになりました。サビ以外は低音で歌われており、どっしりとした音が響いています。自分的には、遊助史上最もクールな楽曲だと思っています。日本人の心をテーマに歌っていて、歌詞には四字熟語がたくさん使われていたり、英語も使われていたりと、聴けば聴くほどクセになります。歌詞を覚えてくると、口ずさみたくなるような楽曲です。また、PVでは現代社会と侍の時代がリンクしているような作品になっており、スーツ姿の遊助と侍の格好をした遊助が見ることができます。ライブでも披露されるのですが、とても盛り上がります。

 

 

第3位.遊助「わがまま 遊turing TEE」

遊助 『わがまま 遊turing TEE』

遊助「わがまま 遊turing TEE」がおすすめの理由

遊turingというのは、featuring遊助の意味で、遊助オリジナルの言葉です。他のアーティストとコラボレーションする時は、この言葉を用いています。毎回アルバムに1、2曲は遊turingの曲があるのですが、この曲が最もお気に入りです。この楽曲はお母さんへの思いを歌ったもので、タイトルのわがままというのはワガママな息子から“我がママ”へという意味が込められているそうです。ハートフルで遊助らしい楽曲であり、ギターやピアノの優しい音が心地良い一曲です。誰でも共感してしまうような言葉が、遊助とTEEの優しくてあたたかい歌声に乗せられ、心に響きます。

 

 

第2位.遊助「俺と付き合ってください。」

遊助 『俺と付き合ってください。』(SHORT VER.)

遊助「俺と付き合ってください。」がおすすめの理由

穏やかな曲調、遊助の優しい歌声で始まる楽曲です。ラブソングも多く歌っている遊助ですが、その中でもこの楽曲は特にきゅんとします。ストーリー性があるので、聴いていると次はどうなるんだろう、と曲中の主人公と一緒にドキドキして、ドラマを観ているような気持ちになります。楽曲のタイトルにもまっすぐな思いを込めていますが、歌詞もストレートで、きゅんとするところがたくさんあります。ライブに来ているファンのことを思って作った楽曲だそうで、「最近よく目が合うのはなんでだ? それは俺が君を見てるせいか」という歌い出しは、ライブをしている時にファンと目が合うことをヒントにしたと言っていました。恋をしている女の子にも男の子にも、おすすめしたい楽曲です。

 

 

第1位.遊助「ライオン」

遊助 『ライオン』

遊助「ライオン」がおすすめの理由

夢をテーマに歌っている遊助の代表的なラブソングです。もしも郵便ポストが恋をしたらどんな気持ちになるのだろうか、と想像して歌詞を書いたそうです。叶うことのない片思いの切なさ、胸がぎゅっとなる気持ちを表現しています。両思いになりたいという気持ちを持ちながらも、「生まれ変わってもまた僕にして」と好きな人を近くで見守れる友だちという立場を肯定しています。また、最も印象的なのは、「まだ叶えてないから夢見れる 叶えられないならずっとみれる」という歌詞です。切ないのに、どこか前向きなところが遊助らしい楽曲だと思います。