Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)おすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)おすすめの曲ランキングTOP10

恋人に愛を囁くようなロマンティックな曲が多く、作り出されるメロディーと彼の甘い歌声がめちゃくちゃセクシーです。一方で、ノリの良いファンク系の曲も多くて、本人やバックバンドのhooligansがダンスでキメてくれるのもかっこいいです。

 

 

第10位.Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)「Runaway Baby」

Runaway Baby with Bruno Mars – The X Factor 2011 Live Results Show 3 – itv.com/xfactor

Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)「Runaway Baby」がおすすめの理由

この曲が始まったら最初から最後までぶっ通しでノれます。ロック調で軽快なテンポとスタンドマイクのパフォーマンスが癖になりますね。MVはなかったので、X factorのステージを紹介しておきます。間奏部分でBrunoがとんでもなくかっこいいステップを披露するので絶対に見てください!バンド皆んなが揃って足踏みするところもアツいです。ベースラインがズンズン響くし、runawayなので拡声器使って話す時もあるのですが、とにかく存在全てがかっこいい…。惚れます。カラオケで歌うならタンバリン要員必要です。とにかく叩き続けるメンバー選んで歌ってください。

 

 

第9位.Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)「Locked Out Of Heaven」

Bruno Mars – Locked Out Of Heaven (Official Video)

Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)「Locked Out Of Heaven」がおすすめの理由

恋人と過ごすが最高オブ最高で、まるで天国にいるような気分になるっていう曲です。恋人と愛し合っているとそこは楽園だって歌ってます。帰らずに、楽しんだ夜の後もそのまま一緒に過ごそうよっていうくらい最高の夜だったんでしょうね。それほどに最高の女に向けたような曲です。パフォーマンスでいうとスーパーボウルのハーフタイムショーの最初の曲だったのですが、めちゃくちゃテンション上がりましたね。hooligansの皆との息のあったステージは一生忘れません。MVは古いライブ映像風で、VHSに記録したようなテイストがあえてセクシーさに繋がっているように感じます。小さいライブハウスのステージで観客と一体となって熱狂している感じもアツく感じる要素なのかも知れません。

 

 

第8位.Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)「The Lazy Song」

Bruno Mars – The Lazy Song (Official Video)

Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)「The Lazy Song」がおすすめの理由

デビュー初期のレゲエとポップの融合のようなテイストで、爽やかな曲ですね。文字通り何にもしたくない日に流して、ゴロゴロしながら聴くのが最高ですよ。本当に電話にも出たくない、何もしたくないよ〜っていう歌です。基本的にMVはホームビデオ風なのですが、Brunoとチンパンジー御一行が普通の家の一室でゆるーくやってる感じが心地よい脱力感を誘います。振り付けも可愛いし、歌ってる間にチンパンジー達がわちゃわちゃになってるのも可愛いです。皆お揃いのチェックシャツとか着て、余興のステージなんかでやっても盛り上がりそうな曲だと思います。

 

 

第7位.Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)「Finesse (Remix) Feat. Cardi B」

Bruno Mars – Finesse (Remix) (feat. Cardi B] [Official Video]

Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)「Finesse (Remix) Feat. Cardi B」がおすすめの理由

元は24K MagicにBruno単体で収録されていた曲ですが、Cardi Bちゃんとコラボしたことで余計に魅力的になりました。これは昨年の24K Magic TOURの1曲目で、イントロかかった時点で、本人を目の前にすると思ったら感極まって泣いたのをよく覚えています。めちゃくちゃノリの良い曲なんですけどね。MVはBボーイ?っぽいテイストですね。スタジオのセットだというのがあえてわかるような感じが逆に良いです。こちらもダンスがキレッキレなので、一生見てられます。リズムに乗って自分も踊りだしたくなる感情が身体の奥から沸き起こります。私は一人の時に聴いてたら踊ってます。

 

 

第6位.Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)「Uptown Funk」

Mark Ronson – Uptown Funk (Official Video) ft. Bruno Mars

Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)「Uptown Funk」がおすすめの理由

Mark Ronsonとのコラボ曲です。これを聴いていれば果てしなくイカしててノリノリな気分になれます。歌詞の通り、Brunoは通報モノでドラゴンは自信喪失するレベルで、めちゃくちゃホットです。自分も超イケてるUptownの女になってBrunoに一目置かれたい。MVのピンクのジャケットも、強めなテイストの中にキュートさがあるのでちゃんとチェックしてください。ただ軽い感じでステップ踏んでるだけでイケてます。パーマかけてる姿だけでもイケてます。パーティーなどの盛り上がってる場に流せば更に盛り上がること間違いなしです。ベースも結構効いてる感じなので大音量でガンガンかけましょう。

 

 

第5位.Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)「Just the way you are」

Bruno Mars – Just The Way You Are [Official Video]

Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)「Just the way you are」がおすすめの理由

言わずと知れたデビュー曲。もうこれはイントロのコーラスを聴いただけで涙出そうですね。恋人のことをとにかく愛しているというのがひしひしと伝わってくる歌詞です。その人のままでとても素敵で魅力的なのだということを言い聞かせてくれてる感じが、もう好き…ってなります。愛する人の瞳や髪の毛、全てがどんなものよりも美しく素晴らしいと歌っています。きっと日本人はここまで愛情表現をする人は少ないと思うので、めちゃくちゃ憧れてしまいますね。MVはカセットテープの中身のテープを伸ばしてアニメーションを作っているのが凝ってる感じがしました。恋人の目の前で引き語りをして、あんな視線で歌われるのも惚れ惚れしてしまいます。

 

 

第4位.Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)「when I was your man」

Bruno Mars – When I Was Your Man (Official Video)

Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)「when I was your man」がおすすめの理由

MVは一昔前のTVスタジオでの収録のような雰囲気で、全体的に色褪せたような色彩が切ないメロディーによく合った演出だと思います。元恋人に何をしてあげればよかったのか、付き合っていた当時はまだ若く、気づいてあげられなかった後悔を歌っています。花を贈ったり、時間の限りを彼女と過ごし手を握って、どんなパーティーでも一緒に踊ってあげればよかった…という後悔ですね。そして今自分の目の前で彼女は違う男性と踊っている(付き合っている)という悲しい内容です。Brunoのピアノの引き語りがフルで見られる上に、去り際までなんだか胸が締め付けられる程に切ない曲です。彼の甘い歌声がここまで切なさを引き出してきたかと驚かされます。

 

 

第3位.Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)「that’s what I like」

Bruno Mars – That’s What I Like (Official Video)

Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)「that’s what I like」がおすすめの理由

2018年賞レースのステージではこの曲のパフォーマンスが多かったです。ノリの良さとセクシーで落ち着いた雰囲気の両方があると思います。2番の歌詞でPuerto Ricoというワードが入ると伴奏のテイストがチャチャ風になるところも好きです。Brunoの高いキーの見せ場が多いのも聴き入ってしまうポイントでも有ります。オチサビ前の間奏のバックコーラスとのハモりもとても綺麗です。MVは背景に何も無くシンプルですが、逆に考えれば彼のダンスをよく見せることの出来ている内容でめちゃくちゃかっこいいです。コマ撮りのように後付けのアニメーションに合わせてマイムのような動きもキレキレでキメてます!

 

 

第2位.Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)「treasure」

Bruno Mars – Treasure (Official Video)

Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)「treasure」がおすすめの理由

アップテンポでかなりノリの良い曲です‼️バンド全体で格好いいステップや振りを統一してるのも真似したくなります。MVは70年代風のディスコの雰囲気で、なんとなく画質もあえて古そうな感じで仕上がっています。ミラーボールや照明などの背景の煌めきが眩しい感じも良いです。スーパボウルのハーフタイムショーでもバックライトが眩しいほどに輝いていた演出が格好よかったです。大切な女性のことをtreasureと表現するストレートさにも惹かれます。you are my golden starとも歌っていて、自分にもそうささやいて欲しいという願望すら覚えます。

 

 

第1位.Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)「Versace on the floor」

Bruno Mars – Versace on the Floor (Official Video)

Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)「Versace on the floor」がおすすめの理由

BrunoとzendayaのMVでは二人が隣同士の部屋へ入るときのアイコンタクトだけで、それ以降は別の部屋で歌い始まって彼からzendayaへのアプローチが始まるという演出が魅力的でした。実際にコンサートで聞いた中でも、この曲が一番セクシーでロマンティックなメロディーと歌詞ですね。これから恋人が愛し合うであろう雰囲気がよく伝わってきてドキドキしてしまいそうな曲です。デートやパーティーの良いムードを演出するにはぴったりだと思います。身に付けていたヴェルサーチのアクセサリーやドレスが落ちていくという、文字通り裸になってしまおうというフレーズにも燃えます!