NEWSおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

NEWSおすすめの曲ランキングTOP10

ジャニーズなのに、歌唱力が高く、音楽番組やコンサートで口パクではなく生歌なところに惹かれました。デビュー当時は9人でしたが、次々にメンバーが抜けていき現在は4人で活動しています。メンバーが脱退するごとに困難や批判などがありながら乗り越えてきた彼らの歌う応援ソングに勇気と元気を貰います。そんなNEWSのおすすめの曲をランキング形式でご紹介します。ぜひ聴いてみてください。

 

 

第10位.NEWS「ポコポンペコーリャ」

Nightcore – ポコポンペコーリャ(NEWS)

ドラマ『花のズボラ飯』の主題歌の曲です。ズボラな主人公が簡単にご飯を作る話なので、歌詞にも食べ物がいっぱい入っています。おなかがすいた、という曲です。歌詞カードはひらがなで可愛いです。聞いただけでは何のこと?となってしまうような単語が多かったのですが、歌詞カードを見たり調べたりして理解しました。

この曲はCDで聞くよりもコンサートで見て聞くことがおすすめです。初披露したライブではメンバー4人が子供のような可愛い振り付けで可愛く歌っています。簡単そうな振り付けなので誰でもなんとなく真似することができると思います。

 

 

第9位.NEWS「愛言葉」

NEWS 愛言葉 《高画質》

NEWSが4人になってから、初めてメンバーで作詞・作曲した曲です。10周年を記念して制作され、10周年記念ライブでサプライズで初披露されました。自分が歌うパートを自分で作詞しているのですが、決してラクではなかった10年間の想いが詰まっています。特に注目の歌詞は、加藤シゲアキさんが歌うパートです。

小説を出版しているだけあり、悔やむを986と表現したり(メンバーが9人8人6人と減っていきました)幸せを4合わせと表現したり(現在のメンバーが4人です)ゴロ合わせが注目ポイントです。サビにある『てずてってとって』は増田貴久さんが考えましたが、てを抜くとずっとになります。

 

 

第8位.NEWS「HAPPYENDING」

【SEVENTEEN】 – 0515 Happy Ending フル 歌詞付き 【日本語/세븐틴/セブチ】

タイトルにあるようにハッピーエンディングにふさわしいような柔らかいメロディーに癒されます。最初の入りが歌が抜群に上手い手越祐也さんのソロから入るところで引き込まれます。また、この歌詞のサビは『幸せはいつも心のままに』『1人だなんて思ったら許さない』と落ち込んだときに元気をくれるような歌詞です。

他のAメロBメロにも落ち込んでいるときに聴くと元気をもらえる歌詞になっています。コンサートの1番最後に歌われることが何回かあり、サビでは会場にいるファンのみで歌うこともありました。これから先の不安にも立ち向かえる気持ちになります。

 

 

第7位.NEWS「NYARO」

NEWS NYARO 2016-07-02

ワコールのブラジャーのCMで使われていた曲です。曲名のニャロは、コンニャローという意味でつけられたそうです。この曲もコンサートで聴いて、歌って楽しむことがおすすめです。サビに何回かある『NYARO!』はファンがみんなで掛け声をするところになっていてメンバーに向かってみんな叫んでいます。

振り付けがとても可愛いのでコンサートのDVDで何回も見ています。サビの最後のあたりの各フレーズで、4人でハートを作る決めポーズのようなところがあり、そこが1番の注目ポイントです。Aメロで『右から3番目の彼女』というフレーズがありますが、小山慶一郎さんが指をさしてくれます。

 

 

第6位.NEWS「チャンカパーナ」

NEWS チャンカパーナ

NEWSが4人になってから初めてリリースしたシングル曲です。チャンカパーナとは造語で『愛しい人』という意味が込められているそうです。変わったタイトルが印象的ですが、NEWSには珍しくスタンドマイクで振り付けをする曲で、手だけの振り付けが多いので真似しやすい曲だと思います。

おすすめのポイントはサビのあとにある4人の『美しい恋にするよ』というセリフです。その時によって言い方やタイミングや顔など違うので見逃せないポイントになっています。4人になってからのコンサートでは欠かさず歌っていて、そのときによってアレンジがあり飽きません。

 

 

第5位.NEWS「BYAKUYA」

NEWS LPS

たぶんNEWSでは初めてミュージカルを意識した雰囲気の曲になっています。これもCDで聴くよりも、映像でみながら聴くことがおすすめです。曲調に合わせて、コンサートでもテレビでもかっこよくヘアメイクと衣装を決めていて、今までの空間ではない、別空間に来たような気持ちになります。

曲を聴かず歌詞だけをみると過激な感じかな?とも思いましたが、そんなことはなくて、かっこいいクールな曲になっています。あまり踊りが少ない曲ですが、メンバー4人も他の曲とは違う歌い方、表情で歌っているので、そこも見逃せないポイントです。

 

 

第4位.NEWS「weeeek」

NEWS weeeek

Greeeenから提供された初めての曲です。6人のときに発売されたので何年も経ちますが、NEWSの代表曲の1つと言っていいほど有名な曲だと思います。コンサートでも必ずと言っていいほど歌われて、会場のみんなでジャンプをして歌いながら盛り上がります。

ファンではなくても知ってる人が多いし、盛り上がる曲なのでカラオケで歌えば間違いなしの鉄板の曲です。日曜の夜、明日から学校や仕事など嫌だなあと思う日も、この曲を聞くと『明日からまた日月火水木回って金土日曜』とノリノリになってきてあっという間だなあと感じます。

 

 

第3位.NEWS「フルスイング」

NEWS フルスイング

NEWSが4人になって初めて発売されたシングル、チャンカパーナのB面に入っていた曲ですが、ファンの間ではとても有名で、24時間テレビなどでも歌われたので知名度が少しあると思います。

当時の4人の心境、状況を表していると思っていて、中心メンバーだった2人が抜けてからどうなっていくのか?模索していたときに歌詞にあるように『立ち止まっていたとしたって、ここで終わりじゃなくて』という気持ちで活動に向かったんだなあと思います。フルスイングで願いを叶えている彼らが歌うと説得力があるように思えて、わたしたちも元気をもらいます。

 

 

第2位.NEWS「UR not alone」

NEWS U R not alone

この曲もGreeeenから提供された曲です。未来の自分から手紙が届いたような歌詞になっていて、とにかく励まされるし元気がでるような歌詞になっています。『例えばこの声が届くならば誰でもいい』と続く歌詞からは特におすすめポイントで、悩んでいたり落ち込んでいたり辛いときに聞いてほしいと思います。

コンサートで特に元気をもらえます。サビからはファンも一緒に歌うパートになっていて、ファンの声とメンバーの声が一緒になって会場が1つになります。メンバー4人が全力で歌い切る姿、歌声にも元気をもらえます。泣いてしまうファン続出です。

 

 

第1位.NEWS「生きろ」

Love music NEWS 「生きろ」フル

曲名にある通り、シンプルに『生きろ』というメッセージを前面に押している曲です。今がどんなに辛くても、悩んでいても、とにかく生きろ!というメッセージ性のある歌詞を全力で歌う4人からパワーをもらえます。

この曲が発売されたときに、NEWSのメンバーが問題を起こしてしまったので活動が続けられるのか危ういときがあったのですが、そんなことはなくて問題を抱えながらも乗り越えて歌う姿にまた、元気をもらいました。『生きろ何万回言ったって何万回聞いたって負けそうにまたなるけど』というところにまた共感できます。とにかくおすすめです。