アカシックおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

アカシックおすすめの曲ランキングTOP10

現代女性らしい口調と文学的な表現が特徴の歌詞が魅力的なアーティストです。 楽曲も、キャッチーで可愛らしいメロディーのものやセンチメンタルなバラ―ドまで幅広く、演奏レベルも高いです。 90年代に流行ったJPOPのような、親しみやすさとインパクトのある楽曲が多いです。

 

 

第10位.アカシック「you&i」

アカシック『you&i』

アカシック「you&i」がおすすめの理由

哀愁が漂う雰囲気のメロディーに、ゆったりとした優しいテンポの演奏が、聞く人間をあたたかく包んでくれます。 小さい頃から聞いていた曲のような懐かしさがある楽曲です。 歌詞は、幸せを祈る繊細な気持ちを描いており、相手のことを誰よりも理解し、思い続けるひたむきな気持ちがよくあらわれています。 月あかりをテーマにした部分がとても美しいです。 普段は強がって生きているような人でも、この曲を聞けば自分の弱さを出せるような、救われるような気持ちになることができます。 何度聞いても飽きの来ない、じんわりとした良さがある曲です。

 

 

第9位.アカシック「今日から夜は家にいるよ」

アカシック 「今日から夜は家にいるよ」

アカシック「今日から夜は家にいるよ」がおすすめの理由

この曲では、今まで夜遊びなど自分の好きなように生きてきた女性が初めてひたむきに一人の恋人に向き合う姿が描かれています。 SNSを彼の前では見ないと宣言したり、彼の健康を気遣った料理を作ると決意したり、若い女性の方であればどなたでも共感できるような本気の恋愛に立ち向かう様子がテーマになっています。 今まで、誰かに愛し愛されることのなかった女性が、慣れない幸せに感動して狂いそうになっている部分の描写は見事です。 演奏は、優しくて切ないピアノの演奏が中心になっています。時々入るギターの音がとても切ないです。

 

 

第8位.アカシック「いちかばちかちゃん」

アカシック『いちかばちかちゃん』 MUSIC VIDEO

アカシック「いちかばちかちゃん」がおすすめの理由

この曲の歌詞は、一見猟奇的で、とても恐ろしいように感じられます。 しかし、それはあくまで表現のひとつで、描かれている主題は他の女性に嫉妬する気持ちや結婚したいと夢見る気持ちなのです。 女性なら誰しもが夢見る理想と、それをかなえたいがために気持ちが高ぶり狂ってしまう寸前に追いやられる様子が表現されています。 「威嚇ファボ」という、男性から他の女性を引き離すために、自分のいいねを他の女性のSNSに押すことで存在を示す方法が歌詞中に出てきます。 まさに現代ならではの恋愛がにじみでています。 演奏も激しいロック調でライブ映えする曲です。

 

 

第7位.アカシック「マイラグジュアリーナイト」

アカシック『マイラグジュアリーナイト』

アカシック「マイラグジュアリーナイト」がおすすめの理由

絶望や悲しみなど、人生でいろいろなことを経験してきた女性がテーマの歌詞です。 「生き様」というキーワードから、辛い夜も乗り越えて自分の思うがままに生きていこうとする真剣な様子が描写されています。 悲しみを感じているとき、絶望に打ちひしがれているときの情景描写が見事で、小説を読んでいるような気持ちになります。 綺麗なメロディーのピアノと、はりつめるようなギターサウンドが特徴的です。 自分らしく、強く生きていこうとするリアルな姿が描かれたこの曲は、アラサーと呼ばれる世代の女性にとてもピッタリの曲だと思います。

 

 

第6位.アカシック「CGギャル」

アカシック「CGギャル」

アカシック「CGギャル」がおすすめの理由

独特のベースリフから始まる非常に激しいテンポのこの楽曲は、アカシックのライブでは必ず演奏されている定番曲です。 とても早口なメロディーに、「ギャル」というタイトルに似合う現代女性ならではのキーワードがぎゅうぎゅうにつめこまれています。 じっくり聞くというよりは、ライブで騒ぐことに適した曲です。一度聴いたら忘れられません。 歌詞自体は、独特の表現が多く一見メッセージ性が伝わりにくいですが、ところどころで「本当の気持ち教えて」など、切迫した恋愛中の女性のリアルな感情が伝わります。 節々に挿入される語彙からは知性も感じられます。

 

 

第5位.アカシック「プリチー」

アカシック「プリチー」MV

アカシック「プリチー」がおすすめの理由

相当な「ギャル」文化に染まった女性の、非常にリアルで生々しい感情描写が描かれています。 男なんてどうせ、というやけくその気持ちが遠慮なく詰め込まれております。 演奏も非常にインパクトの強い、速いテンポの楽曲であっという間に曲の世界にひきずりこまれます。 しかし、時々出す甘い声やゆったりとしたテンポの中に、少し弱さや本音が垣間見えます。 強がっている「ギャル」も一途な乙女なんだということがよくわかります。 演奏のキャッチ―さはこのバンドの楽曲内でも随一のものです。 演奏技術の高さに驚くことは間違いありません。

 

 

第4位.アカシック「アルカイックセンチメント」

アカシック【アルカイックセンチメント】

アカシック「アルカイックセンチメント」がおすすめの理由

いかにも王道なJPOPのメロディーなのですが、明るいのに切なくて複雑な感情が描かれています。 歌詞はとても文学的で、小さい頃に夢見ていた結婚という人生のイベントをアラサー女性が改めて考えるような内容になっています。 昔憧れていたような人生も結婚も実現できていないけれども、自分の思い描くような人生と恋愛がしたいと考える現代女性のありのままの願いが巧みに表れています。 ギターがとてもエモーショナルな演奏になっており、バラード調の楽曲ではないのについ涙が出てしまうような楽曲に仕上がっています・ 切ない気分をスッキリさせたいときにおすすめです。

 

 

第3位.アカシック「終電」

アカシック 終電

アカシック「終電」がおすすめの理由

本当は好きな人と一緒に過ごしたいのに、うまくいかずに終電に乗って帰る女性がこの曲の題材です。 誰でも一度は経験したことのあるような苦い思い出を、非常にリアルな歌詞にしています。 東京という都会を舞台に、独りぼっちで帰る寂しさがよく表れています。 共感をすることなく聴くことはできない同世代女性必聴の1曲です。 悲しいシチュエーションを描いているはずなのに、どこか明るくて覚えやすいサビのメロディーが耳に残ります。 ギターやベースの音がシンプルに伝わってくる演奏で、よりいっそう歌詞の世界の切なさを引き立てます。

 

 

第2位.アカシック「サイノロジック」

アカシック「サイノロジック」

アカシック「サイノロジック」がおすすめの理由

いかにも1990年代に大流行したJPOPサウンドが復活したような楽曲です。 JUDY AND MARY、ELT、Do As Infinityなどのバンドが好きな方におすすめです。 明るくてかっ飛ばすようなメロディーに、少し寂しい雰囲気が乗っかります。 歌詞も、「最高潮」という耳に残るキーワードと、小説や歌謡曲のような渋い情景描写がまざりあってアカシックにしか出せない雰囲気が出ています。 甘い声と優しい声、パンチのある声などが使い分けられているのも印象的です。 ギターソロは誰もが胸を熱くするような完成度です。

 

 

第1位.アカシック「8ミリフィルム」

アカシック「8ミリフィルム」

アカシック「8ミリフィルム」がおすすめの理由

数年前、aikoがMUSIC STATIONでこの曲を絶賛し、人気が出た曲です。 結婚したいとまで考えていた恋人と別れることになり、強がってサヨナラを告げた女性が題材です。 テーマ自体は珍しいものではないのですが、別れることになった恋人を「才能のある人」と表現したり、新しい恋だけはしないでほしいと願う切実な思いが表れていたりと、その表現が秀逸で共感せずにはいられません。 メロディーが非常に魅力的で、歌詞とメロディーが抜群にマッチしています。 ギターソロとピアノソロが連なる間奏部分の完成度も高く、演奏力が優れていることもわかります。