小比類巻かほるおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

小比類巻かほるおすすめの曲ランキングTOP10

私が小比類巻かほるさんというアーティストの方が好きな理由は確かな歌唱力の持ち主であるからです。またかなりの美人の方なのですが、曲のPVなどでは美しさよりもむしろかっこいい感じが目立つという特徴を持っているのもこの方の魅力だと思います。

 

 

第10位.小比類巻かほる「コントロール」

小比類巻かほる コントロール

小比類巻かほる「コントロール」がおすすめの理由

この曲は1992年にリリースされた19枚目のシングルです。小比類巻かほるさんは歌唱力のある方なので、どのような歌でもうまく歌うのですが、この曲はバラードではなくてパワーがあふれているような感じの曲です。歌詞の内容ですが、「ルールもない暴動の夜」とか「ニュースは最後の審判の目撃者」、「同じ傷あと残すだけのバイオレンス」などかなり過激なワードが出てきます。私はこの曲を聴いた時には知らなかったのですが、当時アメリカで起こっていたロサンゼルス暴動への鎮魂への願いを込められて作った曲であるのがわかりました。曲調はサビの「心を今すぐコントロール」の部分が強調されていまして、最後の方ではセリフやシャウトも見せてくれています。英語の発音の良さと高音の伸びはすばらしいです。

 

 

第9位.小比類巻かほる「DREAMER」

小比類巻かほる DREAMER

小比類巻かほる「DREAMER」がおすすめの理由

この曲は1989年にリリースされたシングル曲であり、TDKオーディオテープSRのCMソングにもなっていました。曲はタイトルになっている「DREAMER」という歌詞がサビの部分で何度も出てくるのですが、全体的な曲調としては音の強弱はあまりつけずに力強く一気に駆け抜けていくような感じになっています。あとこの曲は音楽だけでなく、TDKのCMやPVなども一緒に見てほしいです。小比類巻かほるさんが黒っぽいジャケットを着てリズム感良く歌っているのですが、とてもかっこいいです。かなり美人の方なのですが、きれいさよりも歌のうまさとパフォーマンスのカッコよさは最近の歌手の方ではできないようなものがあります。

 

 

第8位.小比類巻かほる「リバーサイドパーク」

小比類巻かほるリバーサイドパーク

小比類巻かほる「リバーサイドパーク」がおすすめの理由

この曲は1989年にリリースされた「TIME THE MOTION」という6枚目のアルバムの10曲目の曲です。この曲はタイトルの「リバーサイドパーク」という川沿いの公園周辺をドライブしているかのような疾走感のある曲になっています。実際このyoutubeの映像でもドライブのシーンも出てきますし、小比類巻さんが黒い服を着て外国人と一緒にダンスしている映像もあり、これまたとてもかっこいいです。それからこの人の英語の発音の良さも歌唱力とともに素晴らしく、音楽、映像ともに何度でも見てみたくなってしまいます。この曲の完成度であればシングル曲としてリリースしていても良かったのではと思える仕上がりになっています。

 

 

第7位.小比類巻かほる「MIRAGE MIRROR」

小比類巻かほる MIRAGE MIRROR

小比類巻かほる「MIRAGE MIRROR」がおすすめの理由

この曲は1991年にリリースされた「silent」という8枚目のアルバムの1曲目の曲です。この曲は特に強弱をつけているわけではなく、テンポいいメロディが最初から最後まで流れていくような感じの曲調です。歌詞も特にメッセージ性を強く感じるものではないのですが、小比類巻さんのボーカル力でもって聞き心地がとてもいいです。またこの曲のyoutubeの映像も青の衣装を着てリズム感良く英語もきれいに発音して歌っています。やはりとてもかっこいいです。この曲もシングル曲でリリースしてもいいような曲なのですが、アルバムの1曲目としてテンションを上げるのには最適なような気がします。

 

 

第6位.小比類巻かほる「LA FESTA~あの日のままで~」

小比類巻かほる LA FESTA あの日のままで Mille Miglia

小比類巻かほる「LA FESTA~あの日のままで~」がおすすめの理由

この曲は1992年にリリースされたシングル曲であり、ミッレミリアというイタリアの自動車レースのイメージソングになっていた曲です。力強いボーカル力でテンションの高い曲もうまく歌いこなす小比類巻さんですが、この曲はしっとりと聴きいることができるバラード曲です。サビの歌詞の「ohあの日のままでめぐり逢えたなら風の中へ輝くこと探し続けていたい」というのが何とも言えないいい歌詞です。この曲のyoutube映像ではサックスの第一人者の渡辺貞夫さんと共演していますが、間奏の間に入る渡辺さんのサックスがまたこの曲に花を添えていて最高の仕上がりになっています。

 

 

第5位.小比類巻かほる「SUMMER FACTOR」

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

小比類巻かほる「SUMMER FACTOR」がおすすめの理由

この曲は1994年にリリースされたシングル曲であり、マックスファクターという化粧品会社の1994年のサマーキャンペーンソングになっていた曲です。曲はタイトルにあるサマーという夏のパワフルな疾走感があふれています。この曲のyoutubeの映像ではいつもの小比類巻さんの黒の衣装のかっこいいイメージではなく、化粧品会社のCM曲ということで口紅もつけていますし、衣装もOLさんに近いような感じですが、すごくきれいです。小比類巻さんの新たな魅力を発見できるような映像ですので、マックスファクターの方にも感謝しないといけないような気がします。

 

 

第4位.小比類巻かほる「両手いっぱいのジョニー」

小比類巻かほる 両手いっぱいのジョニー

小比類巻かほる「両手いっぱいのジョニー」がおすすめの理由

この曲は1986年にリリースされた2枚目のシングル曲です。この曲は小比類巻さんの初期の作品なのですが、早くも歌唱力の高さを世に知らしめたと言える曲です。Youtubeの画像では時代背景もあり、アイドル歌手のようなルックスや髪形での小比類巻さんが登場してきます。しかし歌う歌はアイドル歌手では歌えないような曲です。サビの部分「you just Stay with me」のmeでの高音の伸び具合のすばらしさは圧巻ものです。正直タイトルの「両手いっぱいのジョニー」というのがよくわからないのですが、小比類巻さんの高い歌唱力とテンポのいい曲調で最後まで自然と聞けてしまうような1曲に仕上がっています。

 

 

第3位.小比類巻かほる「TOGETHER」

小比類巻かほる Together

小比類巻かほる「TOGETHER」がおすすめの理由

この曲は1988年にリリースされた11枚目のシングル曲であり、TDKオーディオテープSRのCM曲にもなっていた曲です。この曲ですが、一言で言うならとにかくめちゃかっこいいです。アップテンポなメロディと小比類巻さんのパンチの利いたボーカルで力強い曲に仕上がっています。それから先ほどの第9位の「DREAMER」と同じくこちらもTDKのCM曲になっているのですが、このCMもまたとてもいいです。黒っぽい衣装を着た小比類巻さんがリズムを取りながら歌う姿はかっこいいとしか言いようがありません。それにしてもこの時代はTDKがカセットテープのCMを流していたのですから時代の流れを感じずにはいられませんね。

 

 

第2位.小比類巻かほる「TONIGHT」

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

小比類巻かほる「TONIGHT」がおすすめの理由

この曲は1988年にリリースされた10枚目のシングル曲であり、日本テレビのドラマ「新婚物語」の主題歌にもなっていました。この曲は全体的に少し悲しげなメロディの中で小比類巻さんの透明感ある声が色を添えているとでも言えばいいかのような曲です。特に歌詞の中の「you just follow me」が頭に残るのですが、「Tonight」のシャウトも最高に決まっていて、また「つないだ心から歩き出す歩いてく」というのが心にしみる名曲だと言えると思います。ずいぶん昔の曲なのですが、何回聞いても素晴らしくてこういうのが永遠の名曲と言える曲なのではないかと思いますね。

 

 

第1位.小比類巻かほる「Hold On Me」

小比類巻かほる Hold On Me

小比類巻かほる「Hold On Me」がおすすめの理由

この曲は1987年にリリースされた4枚目のシングル曲であり、日本テレビの土曜グランド劇場「結婚物語」の主題歌になっていた曲です。また1987年の紅白歌合戦にこの歌で出場を果たしています。この曲が小比類巻さんの代表的な曲と言ってもいいかと思います。曲調は導入部分からサビの部分に向けて段々とテンションが上がっていくような感じであり、サビで一気に爆発という感じです。歌詞は一人の相手を一途に思う恋心が存分に感じられるものであり、特に歌詞の中の「カタチのない贈り物」とか「今のままのあなたでいて」とか「本当のあなたでいて」という部分が心に響いてくる感じがあります。