DOTAMAおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

DOTAMAおすすめの曲ランキングTOP10

ラッパーとしてはひねくれています。ただ、それが魅力でフリースタイルのバトルでは相手に強烈なディスを喰らわせていくスタイルが好きです。楽曲もストレートに社会理念や世間をディスる歌詞が好きです。ビートも少しはまっています。

 

 

第10位.DOTAMA「音楽ワルキューレ」

DOTAMA 「音楽ワルキューレ」 Produced by Fragment

DOTAMA「音楽ワルキューレ」がおすすめの理由

歌詞は正直あまり好きではないです。ただ、ビートが凄い好きです。デビュー初期ごろにリリースされた楽曲なのであの頃のラップの雰囲気がフリースタイルと似ていて面白い楽曲になっています。ダサい曲のはずなのに、なぞの中毒性がなぜかある曲です。本当に何が伝えたいのか分かりません。ただ、中毒性がなぜかある。所々でストレートだなあと思うときがあるのでちょっと面白いです。フロウが自由に入ってるので、一辺倒ではないラップですが、日本語ラップ初心者におすすめするにはあまり向いてないので中級者とかDOTAMAがちょっと好きになった人にはお勧めしたいと思います。

 

 

第9位.DOTAMA「謝罪会見」

DOTAMA「謝罪会見」(Official Music Video)

DOTAMA「謝罪会見」がおすすめの理由

世間でやらかした人の気持ちをストレートに表現されていると思います。曲として面白いものになっています。ビートも気に入ってて、ミュージックビデオを見ながら聴いていると伝えたい事がストレートに来ます。特に、「くそったれ」と会見中に言っているところはストレート過ぎて驚きました。なのにサビでは、「謝りたい」とか「誠に申し訳ありません」とか矛盾してる部分があります。ディスっといて何言ってんだという感じですが、そこも面白いところです。非常に面白く出来ていて、驚かされるところもあるのでぜひとも聴いてほしいです。

 

 

第8位.DOTAMA「音楽ワルキューレ2」

DOTAMA『音楽ワルキューレ2』(Official Music Video)

DOTAMA「音楽ワルキューレ2」がおすすめの理由

10位の音楽ワルキューレの第2弾です。音楽ワルキューレのようなちょっとうざったくて謎の中毒性があるのに比べて少しすっきりした曲になっています。音楽ワルキューレのときの歌詞がそのまま入っていたり伝えたい事がちょっとわかるようになったような気がします。且つすっきりした曲の雰囲気になったので日本語ラップ初心者にすすめても全然問題ないと思います。ただ、音楽ワルキューレと同じように何が言いたいんだと思うようなところもあります。そこは、気にせずビートに乗ってるDOTAMAの声を聴いてほしいとは思います。スッキリとしているのでぜひとも聴いてほしいと思います。

 

 

第7位.DOTAMA「TECHNICS」

DOTAMA『TECHNICS』feat. MAKA, SAM, NAIKA MC(Official Music Video)

DOTAMA「TECHNICS」がおすすめの理由

フィーチャリングしているメンバーが好きです。すごくかっこいい楽曲です。なかなかDOTAMAはクールな楽曲を出さないのですが、この曲はクールさもNAIKA MCやMAKAによる暑さがあります。DOTAMAやSAMもクールにラップをかましていて全員ノリがよくて好きです。暑さと涼しさのミックスが最高です。DOTAMAが入る楽曲にしてはかっこよすぎるかもしれませんが、個人的には結構好きです。この楽曲をきっかけに他の三人の楽曲とかフリースタイルのバトルも見てみたいと思うようになりました。本当に好きなのでラップ初心者についつい勧めてしまいそうな曲です。

 

 

第6位.DOTAMA「WINNERS~Monsters War~」

DOTAMA feat.掌幻,Dragon One 『WINNERS~Monsters War~』 (Official Music Video)

DOTAMA「WINNERS~Monsters War~」がおすすめの理由

フリースタイルダンジョンのMonsters Warの時の話も入っていて三人の強さが出てくる楽曲だと思います。曲だけで強そうです。DOTAMAのネタが入ってたり、掌幻やDragon Oneの正統派のラップも入っていたりといい感じにミックスされてて最高です。気分も上がって暗い時にちょっと聴いておこうかなっていう時にはいいです。決して応援ソングとかではないのですが、ビートにのって気分を上げて歌詞を堪能して気分を上げれます。この曲もラップ初心者に勧めるのにはいい楽曲だと思います。この三人での楽曲がもっと出ればいいと思います。

 

 

第5位.DOTAMA「インターステラー」

DOTAMA『インターステラー』feat.関取花(Track by RhymeTube)

DOTAMA「インターステラー」がおすすめの理由

スッキリとした雰囲気の楽曲です。フィーチャリングしているのが関取花で二人とも変わったような楽曲ばっかりだしているので変化球のような楽曲でとてもこんな楽曲を出しそうな感じではないです。あまりにもすっきりしているのでDOTAMAに対しては「こんな人が謝罪会見とか出してたりフリースタイルのバトルで強烈にディスってんのか」と思うぐらい意外性があります。関取花もいい味出してるので美しい声と一緒に心地よい楽曲を感じる事ができます。正直、DOTAMAにしては意外すぎる楽曲なので表現が下手くそなんですが、とにかく心地よい曲です。

 

 

第4位.DOTAMA「Monster Vision」

MonsterVISION

DOTAMA「Monster Vision」がおすすめの理由

フリースタイルダンジョンというテレビ番組でモンスターをして、卒業する時にDungeon Monstersとして出した曲です。今聴いても思うのが、メンバーが凄く豪華です。フロウが気持ちいいCHICO CALITOや若手でラップが上手いT-Pablow、ディスのDOTAMA、和む雰囲気があるサイプレス上野、貫禄のある漢a.k.aGAMI、ライムもフロウも全てがトップクラスのR指定、ラスボスの般若と好きなメンバーです。豪華すぎてもう一回みたいと思ってしまうのですが、なかなかメンバーが顔そろえて番組に出る事が無いので少しさびしいです。いつかモンスターをやってほしいです。

 

 

第3位.DOTAMA「悪役」

DOTAMA『悪役』(Official Music Video)

DOTAMA「悪役」がおすすめの理由

「さすがDOTAMA!」っていう感じの楽曲です。ひねくれた歌詞にミュージックビデオのドラマ性、すべてにおいてひねくれた楽曲としては一番好きといっても過言ではないです。ビートも凄く好きなのでフリースタイルのバトルでもいつか使ってほしいぐらいの楽曲です。世間の悪役への怒り?や悪役を面白がる人間へのディスがちゃんと決まっている楽曲だと思います。何より説得力があります。ミュージックビデオを見ていても共感できるところが所々あり納得できます。ミュージックビデオとCDでの感情の入れ具合が違うのでそこに注目しながら聴いてもいいと思います。

 

 

第2位.DOTAMA「My city」

DOTAMA「MY CITY」【栃木県佐野市公式PV】

DOTAMA「My city」がおすすめの理由

DOTAMAの地元愛が込められられた楽曲だと思います。ひねくれたラッパーとは思えないぐらい素晴らしい楽曲です。意外性がありすぎてもしも地元が一緒だったら涙を流しながら聴いてたかもしれません。結構ガチで言っています。それぐらいいい曲です。ゆったりとしたビートに栃木県佐野市に対する愛が込められた歌詞。とてもDOTAMAがラップしているように思えません。ミュージックビデオでもさのまると一緒に出ているのですが、地元に帰ってくるところから地元のために働いている姿まで、地元愛がミュージックビデオのすべてに愛が込められていると思います。

 

 

第1位.DOTAMA「音楽ワルキューレ3」

DOTAMA『音楽ワルキューレ3』(Official Music Video)

DOTAMA「音楽ワルキューレ3」がおすすめの理由

あまりにもスッキリとした曲で聴いてて気持ちよすぎて意外でした。でも、途中で狂い始めたのでビビりました。この曲もミュージックビデオとCDで感情の入れ具合が違います。本当に聴き比べしてほしいです。音楽というもの自体に投げかけ、且つファンに対しても投げかけてる楽曲だと思うのでファンになった人にはぜひとも聞いてほしいです。3を聴いてから2、1と遡っていってほしいです。2と1のギャップはありますが、そのギャップが良くて、曲のつくりが一新されたかんじがしてすごくいい曲だと思います。DOTAMAの歴史を少し感じれる曲だと思います。