スピッツおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

スピッツおすすめの曲ランキングTOP10

高音の綺麗な声と、安定感のあるメロディと、独特な世界観のある歌詞とPVで多くの世代に認められているバンドだと思います。有名な曲から、カップリング曲やアルバム収録曲まで、素晴らしい曲ばかりでハズレなし。そう思える数少ないバンドなので大好きです。そんなスピッツのおすすめの曲をランキング形式でご紹介します。ぜひ聴いてみてください。

 

 

第10位.スピッツ「春の歌」

スピッツ / 春の歌

爽やかなロックナンバー、春の歌はスピッツの曲の中でも有名な曲です。今までに何度も色々なCMに使われたので聞けば誰でもわかると思います。こんなに使われるのは、やっぱり春の歌がいい曲だからに他ならないと思います。愛も希望も作り始めるこのフレーズだけでも爽やかな春のイメージが伝わってきます。青春、という言葉がぴったりな一曲です。草野さんの声が本当に伸びやかで綺麗で、この歌を歌っている時の高音は本当にすごいなと思います。カラオケで真似したくても、すぐ裏声になってしまうので…。歌うと春を感じて気持ちが軽くなる曲です。

 

 

第9位.スピッツ「スピカ」

スピッツ / スピカ

スピカは楓と同じシングルに収録されています。確か両A面だったはず。楓があまりに有名なので影に隠れているように感じますが、ものすごくいい曲です!スピカは別の漫画で星の名前だと知っていて、星の曲なのかと思いきや、楓同様歌詞と曲名のつながりがわかりません笑。題名と曲の感じはぴったりな気がするので、草野さんのセンスかな〜と理解しています。そして、この曲の何が一番いいかというとこの歌詞です。幸せは途切れながらも続くのです本当にそうだと思いました。時には嫌なことは誰にでも起こるけど、幸せも必ず起きるはずだと思います。落ち込んだ時に書くと勇気が出る曲です。

 

 

第8位.スピッツ「魔法のコトバ」

スピッツ / 魔法のコトバ

映画「ハチミツとクローバー」の主題歌として、話題になりました。原作の漫画のファンであったため、より聴く機会が多く、好きな一曲になりました。書き下ろしということで、ハチクロの世界観が見えるような歌詞がいいです。若い2人のかわいい恋が見えるようです。魔法のコトバとは2人にだけわかる秘密のコトバです。そして、大学生というのは大人の一歩手前。この曲は大人になったあとも続くであろう2人の歌なので、数あるスピッツの恋の歌の中でもあったかい感じがするメロディと歌詞です。PVも曲に合わせて静かなセピア色です。私はこのPVもホッとするので大好きです。

 

 

第7位.スピッツ「涙がキラリ☆」

スピッツ / 涙がキラリ☆

歌詞が好きです。スピッツはメロディがキレイなので、何となくで聞けてしまうのですが、よく歌詞を見ると、草野さんの独特のな感性で書かれるストーリーも魅了的なんです。そして、この涙はキラリ☆の歌詞は何かの比喩だろうと思われるワードがちょこちょこカタカナで登場します。私は曲を聴くとき、なるべく意味を考えて聴くようにしているので、この曲の歌詞に出てくるコウモリやガイコツって何だろう?と考えました。多分、恋人となかなか会えない男性なんだろうと解釈したのですが、そうだとしたら、なかなかずっと一緒にいられない恋人の歌に聞こえてくるんです。だから、涙がキラリ☆なのかな、と思います。別れを惜しむ2人の綺麗な物語だと思って聴くとなおさらメロディが生きてくる曲です。

 

 

第6位.スピッツ「さわって・変わって」

スピッツ / さわって・変わって

スピッツの今までの曲と比較して、明らかに新しい試みが感じられる一曲であることと、当時中学生であった自分にとって衝撃だった歌詞で心に残る曲です。最初のフレーズは天神駅の改札口で 君のよれた笑顔、行き交う人の暗いオーラがそれを浮かすなんですが、この、よれた笑顔って言うのが、くたびれた大人な感じがして、すごい惹きつけられたんです。中学生だった私でも、さわって・変わっては、どうも色っぽい歌であることはわかって、ドキドキしたのを覚えています。今までのスピッツは爽やかなイメージがすごく強かったので、この曲で新しいスピッツを見せてもらった気がします。

 

 

第5位.スピッツ「バニーガール」

Spitz – Bunny Girl/スピッツ – バニーガール

初めて買ったスピッツのアルバム「インディゴ地平線」に収録されています。アルバムで初めてきいたので後から知ったのですが、あのチェリーのカップリング曲です。そう考えると、かなりお得なCDだなぁと思います!バニーガールはスピッツの中では地味な部類に入るのかもしれませんが、私的にはかなりオススメの曲です。かなりメロディがよくて、元気になります。これをカップリングでだすスピッツ…。歌詞は草野さんらしい、よく聞かないとわからない感じなんですが笑。何度聞いても私には曲の真意は不明でしたが、とにかく、不思議な魅力を持った一曲であることは確かです。前の曲ですが、色褪せない名曲だと思います!

 

 

第4位.スピッツ「君が思い出になる前に」

スピッツ / 君が思い出になる前に

友人がCDを持っていて、借りたのをきっかけに好きになった曲です。歌詞の中に忘れないで 二人重ねた日々は、この世に生きた意味を越えていたことをというものがあるのですが、これだけで、この歌の中の2人がどんなに大切な日々を過ごしていたかわかります。メロディもここの部分とマッチしていてここが一番好きです。ただ、全体としてはおそらく思い出になる前に、というくらいなので、別れの歌になると思います。草野さんの作る歌は、現実にあったことをよくモデルにしているので、この曲もそうなのかな?と思うと、より切ないなと思いました。

 

 

第3位.スピッツ「正夢」

スピッツ / 正夢

壮大なPVも歌の雰囲気もメロディも大好きです。サビに入る前から、いい曲であることはすぐわかるくらい、最初から素晴らしいと思います。歌詞も、スピッツの中では非常にわかりやすいため、入り込みやすいです。大切な人の夢を見たので、正夢にならないかな、と願っているんですが、主人公である男性の気持ちが痛いほど伝わってくるんです。ずっとまともじゃないってわかってるのところで、その気持ちの強さが表されていると感じます。でも、歌詞としては実際に会うことはできていません。切ない一曲です。カラオケではどうか正夢〜のところで、マサムネ〜って替え歌にして盛り上がりました。確か、ご本人もやっていような?

 

 

第2位.スピッツ「楓」

スピッツ / 楓

割と最近、CMでも起用されていたので若い方でも知っているのではないかと思います。実は1998年発売なので結構古い曲になってしまうと思うのですが、それでもなお色褪せない凄い曲です。スピッツの曲は、時間が流れても古いって感じがしない曲が多いのですが、楓はその中でも特にそうだと感じます。メロディは寂しい感じで、最初は暗いなぁと思った記憶があります笑。同時収録されているスピカの方も凄いいい曲なのですが、なぜかいつの間にか楓をきいてしまっている…という感じのクセになる名曲です。ちなみに、曲名が楓ですが、個人的には楓の意味は?って最後までわからず。でも、楓って言われたら楓でぴったり!と思えてしまうのが不思議です。草野さんのセンスがいいなって思いました。

 

 

第1位.スピッツ「チェリー」

スピッツ / チェリー

大好きな一曲です。私が子供の頃には既にこの曲は大ヒットしていましたが、当の私はサビくらいは知っている程度の認知度でした。でもこの曲を合唱することになり、最初から最後まで聞いた時、サビ以外も含めてこの曲の素晴らしさを実感しました。サビ以外のメロディから秀逸で、ここまで完成度が高い曲は個人的に少ないと思っています。曲の最初の方の歌詞きっと想像した以上に騒がしい未来が僕を待ってるってところが特に好きです。当時、中学生だったので、この歌詞が妙に自分と重なったのかもしれません。PVもとってもかわいいです。草野さんといえばこの髪型!ってくらいハマってますね。だいたいみんながスピッツと言えばチェリーというのが納得できる名曲だと思います。