中西圭三おすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

中西圭三おすすめの曲ランキングTOP10

私が中西圭三さんを好きな理由は透明感のあるボーカル力を持ったアーティストであるということがまず1つの大きな理由です。また自身で作曲などを手掛けていて、ほかのアーティストの方への楽曲を多数提供するなど本格派のアーティストの方だというのも好きな理由の1つです。

 

 

第10位.中西圭三「素敵なことは変わらない」

中西圭三_素敵なことは変わらない

中西圭三「素敵なことは変わらない」がおすすめの理由

この曲は中西圭三さんの3枚目のアルバム「Steps」の1曲目に収録されている曲です。曲全体のイメージとしてはとても爽やかな印象を持つ曲です。歌詞の中に「Go,sail before the wind」とか「風の岸辺」、「風が吹く街」など風が多く出てくるので夏の海で風が吹く中で帆を立てているイメージが持てるのでそのように感じるのだと思います。あとタイトルの素敵なことは変わらないというのがまたまっすぐな想いが感じられていいと思います。曲調もサビの部分で盛り上がるというよりは聞き心地のいいメロディが最初から最後まで風のように通り抜けていくという風に感じられます。

 

 

第9位.中西圭三「明日はきっといい日」

中西圭三_明日はきっといい日

中西圭三「明日はきっといい日」がおすすめの理由

この曲は中西さんの4枚目のアルバム「STARTING OVER」の3曲目に収録されている曲です。この曲も全体的なイメージとしては爽やかなイメージです。ただ歌詞の内容を見てみると失恋をした女性をそばで慰めている男性の感じでありますが、サビの部分の「口笛吹いたら君も分かるよ 明日はきっといい日に決まってる」というのが爽やかさを生んでいるという感じです。失恋で落ち込んでいる女性を慰めるのに口笛吹いて楽しい明日を迎えようというのが素敵です。曲調もサビの部分で盛り上げるというよりは軽快なメロディが最初から最後まで通り抜けていくような仕上がりになっています。

 

 

第8位.中西圭三「みあげてごらん」

中西圭三_みあげてごらん

中西圭三「みあげてごらん」がおすすめの理由

この曲は中西さんの3枚目のアルバム「Steps」の5曲目に収録されている曲です。この曲も全体的なイメージは爽やかな曲という感じです。歌詞の内容から主人公は都会で過ごしているという感じですが、ビル街の中ですれ違う人たちのそれぞれの人生を思い、自分はふと空を見上げてみるとまた頑張ろうという気になるという前向きな感じが持てる曲です。曲調はサビの部分の「みあげてごらん」が耳に残るのですが、そこまでサビを強調する感じでもなくメロディがスムーズに流れていくという感じです。全体的に優しい感じが持てる曲に仕上がっていると感じます。

 

 

第7位.中西圭三「Glory Days」

Glory Days 中西圭三

中西圭三「Glory Days」がおすすめの理由

この曲は中西さんの3枚目のアルバム「Steps」の2曲目に収録されている曲であり、大手予備校代々木ゼミナールのテレビCMになっていた曲です。予備校のコマーシャルソングになっていただけあって、これからどんな輝かしい未来が待っているのかとワクワクしてしまうような曲です。タイトルにある「Glory Days」は栄光の日々と訳されますし、歌詞の中で「君の夢や生きることに卒業はない」というメッセージもしっかりと入っています。曲調はサビの部分、特にGlory Daysと卒業はないところを繰り返していますが、中西さんの作曲の良さからか聞き苦しいと感じさせないように仕上がっています。

 

 

第6位.中西圭三「あの空を忘れない」

あの空を忘れない 中西圭三

中西圭三「あの空を忘れない」がおすすめの理由

この曲は中西さんの3枚目のアルバム「Steps」の4曲目に収録されている曲であり、テレビ朝日系のバレーボール番組のメインテーマソングになっていた曲でもあります。曲の内容は何かの夢を叶えるために付き合っていた彼女が遠くに行くことになり、それを空港まで見送りに行く男性がその時に見た空の模様を歌っていると思われます。彼女の思い出とともにこの時に見た空の景色も心に焼き付けておこうという少し切ない内容です。中西さんの透明感のあるボーカルがさらにこの曲をいいものにしていて、最初から最後までとても聞き心地のいい曲になっています。

 

 

第5位.中西圭三「タンジェリン・アイズ」

sho sugiyama ~my romance~ keizo nakanishi ‘‘‘Tangerine Eyes‘‘‘

中西圭三「タンジェリン・アイズ」がおすすめの理由

この曲は中西さんが最初にリリースした曲であり、テレビ朝日系の「君といつまでも」の「主題歌になっていた曲でもあります。中西さんはのこの曲のリリース以前にも他の歌手の方のコンサートツアーに同行したり、楽曲提供はしていましたが中西さん本人としては最初のリリース曲です。正直タイトルにある「タンジェリン・アイズ」がどういう意味かはよくわからないのですが、中西さんの透明感のあるボーカル力にドはまりしてしまったという感じがします。サビの部分の「du du du Like the Tangerine eyes 」というのが連呼されるのですが、軽快で聞きやすいメロディで頭にこびりついてしまう感じがあります。また曲の最後の方で中西さんのシャウトがあるのですが、きれいな高音でありこれからの中西さんが活躍するであろうという予感を十分に感じさせてくれる曲になっています。

 

 

第4位.中西圭三「Ticket to Paradise」

中西 圭三  Ticket To Paradise

中西圭三「Ticket to Paradise」がおすすめの理由

この曲は中西さんの5曲目となるシングル曲ですが、中西さんの代表的な曲と言ってもいいかと思います。曲はいきなりサビの部分の「whole Holy Holy heart’s Ticket to Paradise」から始まりますが、いきなりテンションが上がってしまうような曲調です。このサビの部分が繰り返し流れるのですが、直訳して楽園までの切符という楽しそうなメロディが最初から最後まで流れていきます。とにかくテンションが上がって楽しい気分にさせてくれる曲ですのでドライブなどの時には必要な曲だと思います。そして中西さんの透明感のあるボーカル力はもちろんこの曲でも最大限に発揮されています。

 

 

第3位.中西圭三「片想いのバースデイ」

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

中西圭三「片想いのバースデイ」がおすすめの理由

この曲は中西さんの2枚目のシングル曲になっています。この曲は男2人、女1人がいて主人公の彼はその女性が好きなのですが、その女性はもう1人の男性とキスしてしまうというとても切ない内容です。この3人はおそらく幼少期からの幼馴染であり、愛を告げると自分の好きな女性と親友を同時に失うという怖さから告白できないというつらい内容です。中西さんの高いボーカル力はこの曲でも健在であり、高音の伸びは素晴らしいので歌詞の内容ほどの暗い感じにはなっていないのがこの曲の特徴ともいえます。この曲をカラオケなどでうまく歌えたら気持ちいいだろうなと感じるような難易度の高い曲だと思います。

 

 

第2位.中西圭三「君のいる星」

君のいる星 中西圭三

中西圭三「君のいる星」がおすすめの理由

この曲は中西さんの7枚目のシングルとしてリリースされた曲であり、NHKの「救え!かけがえのない地球」という番組のイメージソングになっていました。中西さんは1992年の紅白歌合戦でこの曲を歌うなど、中西さんの代表的な曲の1つです。曲の内容はまっすぐに彼女を想う気持ちがストレートに伝わってくる歌詞の内容であり、サビの部分でそれが強調されています。「君のいる星」、「君のいる風景」がいいというストレートな歌詞と全体的に優しい曲調で仕上げていて、この曲でも中西さんの透明感のあるボーカル力が存分に発揮されています。何回でも聞きたくなるよう癒される感じがある曲でもあります。

 

 

第1位.中西圭三「次の夢」

中西圭三「次の夢」

中西圭三「次の夢」がおすすめの理由

この曲は中西さんの20枚目のシングルになっている曲であり、日産自動車のステージアという車のCMソングになっていました。曲は静かなピアノの演奏から始まり、中西さんも静かなボーカルから入っていきます。そしてサビに向かうにつれてどんどんと声量があがっていってサビをじっくりと聴かせてくれます。歌詞の内容的にはふたりで「次の夢」や「新しいステージ」を目指していくという内容ですが、中西さんの透明感のあるボーカル力が聞き心地がいいです。この曲は中西さんの曲の中でもかなり難易度が高いと思われますが、カラオケなどでうまく歌えたら相当に気持ちいいだろうなと思うような曲です。