久保田利伸おすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

久保田利伸おすすめの曲ランキングTOP10

歌声そのものでパワーを得られる稀有なアーティストであり、日本に独自の音楽性を確立したことでR&Bもファンクも身近になったことで、おしゃれで奥の深い音楽に触れられるようになりました。初期のバラードが今でも秀逸すぎるのですが、小刻みなテンポの良い楽曲は近年の方が素晴らしいので、むしろこれからの時代にも期待しています。

 

 

第10位.久保田利伸「流星のサドル」

久保田利伸 『流星のサドル』

久保田利伸「流星のサドル」がおすすめの理由

激しいビートとキャッチーなメロディーで、知らなくても歌えてしまうインパクトの強い楽曲です。まだアルバムを聴いたことのない時期にコンサートへ出かけたのですが、一緒に歌っていたのを思い出します。疾走感とスピード感が、どこか宇宙的であると同時に、なにやら精神世界にも通じる要素を感じていたのを思い出します。歌詞の世界が難解な部分が多く、拡大解釈しても良いのか、言葉の通りだとどういう意味なのか迷ったのを覚えていますが、それだけ友人との会話も活発になったので、たくさんの刺激を受けられるアーティストです。この曲で、一気に盛り上がれます。

 

 

第9位.久保田利伸「CRY ON YOUR SMILE」

久保田利伸 『CRY ON YOUR SMILE』

久保田利伸「CRY ON YOUR SMILE」がおすすめの理由

カラオケで歌いたいのに、いざ歌ってみると難しすぎて挫折するという経験が続きましたが、そのたびに何度も聞き返してイメージトレーニングしていたのを思い出します。自分の中にはファンキーさはありませんでしたから、完全に久保田利伸の音楽を聴いたことでファンキーさやR&Bの世界を知ることができたのです。パラーとを聴いていると、とくにリズム感の大切さを痛感できます。なぜならば、日本のフォークソングやニューミュージック系のアーティストは、歌い崩してしまうことが多くて、しっとり歌い上げることで演歌のようになってしまうことが多かったのに、久保田利伸のバラードは逆で、声を大きく張り上げて歌っているのに、しっとりさが健在なうえに、カラッとしていて演歌でもフォークソングでもなく、まさに新しい地平線を発見したかのような衝撃でした。

 

 

第8位.久保田利伸「Indigo Waltz」

久保田利伸 『Indigo Waltz』

久保田利伸「Indigo Waltz」がおすすめの理由

日本人アーティストという表現ではなく、純粋にアーティストです。世界に通用する存在になった今でも、この曲を歌っているときの姿と声量は圧倒的です。バラードを聴いているのに、激しいビートのナンバーが流れているのではないかと感じるくらいの熱量を感じます。知らない曲を聴いているときでも、耳をそばだててしまうほどでしたから、歌い方そのものが違うのだろうと感じていました。バラードなのに激しくて、まるで慟哭のようにも感じられるのですが、どこかで聞いたことがあるような懐かしさを感じられるのに、今までにない音楽でした。衝撃のバラードです。

 

 

第7位.久保田利伸「夢 with You」

久保田利伸 『夢 with You』

久保田利伸「夢 with You」がおすすめの理由

トレンディドラマのテーマソングでありながらも、普遍性を感じさせる胸に熱く迫ってくるバラードです。魂を揺り動かすように、体の芯から響き渡って来る躍動感を歌声に感じることができます。とにかく久保田利伸と言えは゛バラードの素晴らしさが格別なのですが、この歌に限っては、囁いているように聴こえてくるのが特徴です。ドラマの中では、主人公が歌っていましたが、そちらも独特のテンションで凄みの効いているバラードでした。革新的なアレンジでありながらも、マニアックになり過ぎていないのがポイントです。バラードであることが特別なのではなく、実に自然なリズムとメロディーの歌です。言葉が、すうっとしみてきます。

 

 

第6位.久保田利伸「Cymbals」

久保田利伸 『Cymbals』

久保田利伸「Cymbals」がおすすめの理由

この曲が発表された当時よりも、現在の久保田利伸の方が歌いこなしている印象があります。ご自身で作られているのですが、音楽の密度が高すぎるのか。録音された歌声には満足できなかったのを覚えています。ところが何年か経過して、生で聴く機会があったのですが、楽曲そのものの素晴らしさに圧倒されてしまいました。思い出しながら聴いてみると、当時は薄く感じた歌声も魅力的です。成長することで、成長する以前の歌声の素晴らしさも再発見できたのです。青春の未熟さにも似ていて、懐かしくて仕方なくなる楽曲です。昔よりも今の方が、心にしみてくる、スイングを感じるバラードです。

 

 

第5位.久保田利伸「Club Happiness」

久保田利伸 『Club Happiness』

久保田利伸「Club Happiness」がおすすめの理由

世界に飛び出していった久保田利伸の、良い意味での日本的なキャッチーな旋律が印象的な楽曲です。バラードでありながらも、しっかりと踊れるファンクなナンバーです。とてもカラッとしていて、ニューヨークの街角やコンクリートの匂いを彷彿とさせるナンバーなのですが、田園風景にも不思議と合いますのでドライブにも最適な音楽です。世界を肌で感じてきたアーティストだからこそ生み出せる、極限のアレンジに感じられます。良い意味での空白感が、歌のあちこちに散りばめられていて、気合の入っている歌声なのにリラックスできてしまうのです。リラックスタイムやコーヒータイムに聴くとも本当に落ち着きます。

 

 

第4位.久保田利伸「Missing」

久保田利伸 『Missing』

久保田利伸「Missing」がおすすめの理由

時代を象徴するバラードです。他のアーティストが歌っても名曲なのですが、久保田利伸が歌うバージョンは断トツで圧巻です。初期から完成していたサウンドでありながらも、いまだに色あせることなく聴き続けられるナンバーです。ポップスの名曲と呼んでも良いと思うのですが、ジャンルを含めて何かの形容詞を拒むようなプライドの高さも感じられる楽曲です。久保田利伸の音楽は、久保田利伸という名前のジャンルです。圧倒的な存在感と、唯一無二の才能を感じさせる一方で、年々ますます進化しているのを実感できるので、これからも新しいアレンジで聞かせて欲しいと願っています。

 

 

第3位.久保田利伸「LA・LA・LA LOVE SONG」

久保田利伸 『LA・LA・LA LOVE SONG (with NAOMI CAMPBELL)』

久保田利伸「LA・LA・LA LOVE SONG」がおすすめの理由

テレビドラマの主題歌で、200万枚を超えるセールスを記録している大ヒットでありながら、時代の空気とは別格の存在感を持ち続けている神曲です。歌を聴いていても、自分て゛歌っていても元気になります。ドラマも主題歌も、頂点を極めていたので、時代の移り変わりの中で薄らいでいってしまうのではないかという予感も下のですが杞憂でしたね。素晴らしいミドルテンポの楽曲で、バラードのように胸にしみるのに、ファンキーな曲のように体が踊り出してしまいます。まさにあの時代の空気感いっぱいであり、懐かしくなってきてしまうのですが、ノスタルジーというよりも現在もなお楽曲そのものの素晴らしさを思い知らされて、圧倒されて、体が勝手に動いてしまいます。目がヒット曲なのに、まるで自分のためだけに存在している歌のように感じることができる、身近な親近感の備わっている名曲です。

 

 

第2位.久保田利伸「LOVE RAIN ~恋の雨~」

久保田利伸 『LOVE RAIN ~恋の雨~』

久保田利伸「LOVE RAIN ~恋の雨~」がおすすめの理由

日本での大活躍と圧倒的な指示を受けながらも、ニューヨークへと旅立って挑戦し続けてきた久保田利伸の、良い意味で肩の力を抜いているかのような秀逸な楽曲です。誰もが知っているような大ヒットナンバーではないのですが、聴いた人は久保田らしさを瞬時に理解できると思います。なによりも楽曲そのものがキラキラとしていて、雨粒に反射されている都会のネオンの輝きのようにも感じられます。砂漠な感覚の都会ではなくて、潤いと愛にあふれている都会のサウンドだと感じています。東京に似合う音楽であり、東京のイメージを、ガラリと変えてくれる美しい音楽です。

 

 

第1位.久保田利伸「STAR LIGHT」

久保田利伸 『STAR LIGHT』

久保田利伸「STAR LIGHT」がおすすめの理由

久保田利伸の成長かが止まらないことを、しっかりと醸し出している作品です。メロディアスでファンキーで、ものすごく活気に満ちているサウンドです。どこかテクノロジーを感じさせるPVでありながらも、古き良きアメリカのテイストを感じるPVも素晴らしいです。躍動感は全身全霊に伝わってきます。年齢を重ねたからといって落ち着いてしまうのではなく、いつまでも放浪し続けている自由人の気質すら感じます。地球規模のスケールの大きさを感じられる音楽であり、しっかりと都会的なセンスが磨かれているのも見逃せません。この歌を聴いていると、自分が時代の最先端を走っているような感覚になれるので、インターネットで未知の分野を学んでいるときのテーマソングにしています。久保田利伸本人が神なのではないかとさえ感じてしまう、素晴らしい歌唱です。