槇原敬之おすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

槇原敬之おすすめの曲ランキングTOP10

槇原敬之さんの美しい透き通るような声と、ストレートにつづられた歌詞が大好きです。恋愛の歌もメッセージソングも心に染み渡り、少し落ち込んだときも自分らしく頑張っていこうと前向きになれたり、幸せな気持ちにしてくれたりします。

 

 

第10位.槇原敬之「冬がはじまるよ」

槇原敬之 – 冬がはじまるよ

槇原敬之「冬がはじまるよ」がおすすめの理由

冬を明るく迎えるための歌って案外少ないと思います。夏を心待ちにしたり、夏を明るく盛り上げるための歌はごまんとあると思うんですけどね。冬は本来、寒くて暗い季節ですが、この曲を聞くと、冬が来るのも悪くないなと思えてしまいます。槇原敬之さんの歌は恋人を大切に思う気持ちが歌詞につづられた曲がとても多いのですが、この曲もそんな歌のひとつです。恋人と過ごせる幸せを当たり前だとは思っていない。恋人と過ごせる幸せを噛み締めて、恋人のことも恋人との時間も、すべて大切に考えていとおしく思う気持ちが表現されています。

 

 

第9位.槇原敬之「SPY」

槇原敬之 – SPY

槇原敬之「SPY」がおすすめの理由

SPYは、彼女の浮気現場を尾行する男性の話をドラマディックに描いています。まるで、ドキュメント番組を見ているようにドキドキ。彼女の浮気現場を見てしまっていても、なんとか信じたいと願ってしまう男性の気持ちが切なくて、心がぎゅっと痛くなります。しかもこの曲は槇原敬之さんの実体験だと言われているのでますます興味が湧いてきますね。(笑)
ポップなメロディと槇原敬之さんの透き通るような声と独特の状況を描いた歌詞がアンバランスに絡み合っていて、すごくおもしろいです。一度聞いたら、サビがなかなか頭から離れません。

 

 

第8位.槇原敬之「遠く遠く」

遠く遠く – 槇原敬之

槇原敬之「遠く遠く」がおすすめの理由

夢をかなえるために、田舎をはなれ上京したことがある人ならば、この曲は涙が止まらなくなると思います。
私は、残念ながらその経験はないのですが、田舎を出ていった友人のことを思い浮かべながら聞いています。都会へと旅立った友人は今、こんな気持ちでいるのかなと、その友人のことを想像し、頑張ってほしいなと心の中で応援しています。そしてまた、この曲は槇原敬之さん自身の気持ちを歌った歌でもあるんだろうなと推測しています。槇原敬之さんがこんな気持ちで東京で活動し、歌を歌っているんだなと思うと、心が熱くなってきます。

 

 

第7位.槇原敬之「GREEN DAYS」

[NEW] Green Days 槇原敬之

槇原敬之「GREEN DAYS」がおすすめの理由

この曲は「牛に願いを」というドラマの主題歌になりました。夢に向かって歩んでいく若者の背中を押してくれるような歌詞と、キャッチーなメロディがドラマを大いに盛り上げました。特別奇抜な歌詞が使われているわけではありませんが、自分の前には、限りない可能性と未来が広がっていると明るい気持ちになれる曲です。
槇原敬之さんが意欲的に音楽活動をしていた時期を少し過ぎたときに発売された曲なので、曲のクオリティーの高さに感動したことを覚えています。槇原敬之さんの才能や歌声がまだまだ健在であることを実感でき、とても嬉しかったです。

 

 

第6位.槇原敬之「どうしようもない僕に天使が降りてきた」

槇原敬之 – どうしようもない僕に天使が降りてきた

槇原敬之「どうしようもない僕に天使が降りてきた」がおすすめの理由

この曲は日本中の男性に聞いてほしい!と思ってしまいます。この曲の歌詞に出てくる彼女さんはなかなかにヒステリックです。彼氏が気に入って使っていた元カノからのプレゼントである目覚まし時計をある日突然叩き割り、お布団まで破れて羽毛が飛び散るという衝撃的なお話です。しかしこの曲はその状況をとてもドラマチックに描いていますし、主人公がその彼女さんをかわいくいとおしく思っている気持ちがひしひしと伝わってきます。その彼女さんの気持ちを「壊れた目覚まし時計よりも痛かった」と表現している優しさにキュンとしてしまいます。

 

 

第5位.槇原敬之「もう恋なんてしない」

槇原敬之 – もう恋なんてしない

槇原敬之「もう恋なんてしない」がおすすめの理由

日本でも屈指の失恋ソングだと思います。彼女が家を出ていき、途方に暮れている男性の姿はありありと浮かんできて、切なくなります。不器用な男性が家の中で困り果てていて、ゴミ箱を抱えてうずくまっている様子がありありと浮かんできて、一本のドラマを見せられているような気分になります。この曲を聞くたびに、なぜこの歌の中の彼と彼女は別れてしまったのだろうといつも考えてしまいます。この曲を初めて聞いたときはまだ小学生だったのですが、失恋の歌であるにも関わらず、恋をしてみたくなるようなそんな不思議な曲だと思いました。

 

 

第4位.槇原敬之「ズル休み」

槇原敬之 ズル休み

槇原敬之「ズル休み」がおすすめの理由

槇原敬之さん史上、一番切ない曲なのではないでしょうか。ズル休みというタイトルから、コメディソングを想像してしまいそうになりますが、すごく情感のある寂しい歌です。失恋をして、自信をなくした主人公が月曜日から会社をズル休みするというストーリーですが、ただの怠け者の話ではありません。今日ズル休みをしなかったら心が折れて、二度と動けなくなってしまうという切迫感のようなものを感じます。しかし、1日ズル休みをして、心を解放させたことにより、主人公は少し前向きな思考に至ります。明日からはちゃんと会社に行くんだろうなという余韻を残しているところが
この曲の素敵なところです。

 

 

第3位.槇原敬之「No.1」

槇原敬之 – No.1

槇原敬之「No.1」がおすすめの理由

恋をするたびに、私はこの曲をずっと思い出してきました。恋をするからには、世界一素敵な恋がしたいし、その人を世界一愛したいし愛されたいし、その人とずっと一緒にいたい。青くささも恋愛史上主義もここまで吹っ切ると逆に深いと思うし、かっこいいと思います。この曲も世の中のすべての男性に聞いてほしいと思うし、恋愛をするならば、これくらいの気持ちでひとりの女性を愛してほしいと思います。この曲を聞いて以来、長く連れ添った夫婦がなんとなく顔や雰囲気が似てたりするのを見ると、ほほえましくなり、うらやましく思うようになりました。

 

 

第2位.槇原敬之「世界に一つだけの花」

世界に一つだけの花 – SMAP

槇原敬之「世界に一つだけの花」がおすすめの理由

日本人なら誰でも知っている曲だと思うし、日本一完成度の高い曲のひとつだと思います。自分が生きる意味に悩むとき、自分なんて…とくじけてしまいそうになるとき、必ず自分を励ましてくれる歌です。自分と誰かを比べる必要なんてないし、また、人のことを勝手に比べてあーだこーだ言うことだって本当はおかしい。私たちはすべて、自分が自分らしく生きていることだけに意味を見いだしていればいいんだからということに気づかせてもらいました。SMAPを代表する曲として有名ですが、槇原敬之さんの歌唱で聞くこのもとても素敵だと思います。

 

 

第1位.槇原敬之「どんなときも。」

槇原敬之 – どんなときも。

槇原敬之「どんなときも。」がおすすめの理由

やはり、槇原敬之さんと言えばこの曲!デビュー曲にして最大のヒット曲であり、名曲だと思います。メロディも歌詞のインパクト、こめられたメッセージも完璧だと思います。どう生きるべきかどうあるべきかと考えたとき、その答えはすべてこの曲の中にあると思います。とりあえずそんな気分ではないときも鏡の前で笑ってみること。好きなものを好きだと言うこと。難しいことや複雑なことを考える余裕がなくて行き詰まってしまったときも、それだけは実践しようと、それだけはできれば大丈夫かなと思っています。これから大人になる人に聞いてもらいたい曲です。