DEENおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

DEENおすすめの曲ランキングTOP10

子供の頃によく見ていたアニメやゲームの主題歌を歌っていたので、その頃に見ていたアニメやゲームを思い出すことができ、とても懐かしい気持ちになれるから。元気になれる曲、前向きな気持ちになれる曲も多いのと、ボーカルの歌い方と声が好きです。

 

 

第10位.DEEN「翼を広げて」

DEEN – 翼を広げて (Live)

DEEN「翼を広げて」がおすすめの理由

ベストアルバムSINGLES+1に収録されており、日本テレビのサッカー中継のイメージソングとしても使われていたことからもよく耳にする曲でした。作詞はZARDの坂井泉水さん、作曲は織田哲郎さんであり、ZARD自身も後にセルフカバーしている曲です。DEENの曲にもZARDの坂井泉水さんや大黒摩季さんなどがコーラスとして参加しており、コーラスだけでも非常に豪華なメンバーとなっています。歌詞はとても切なくなるような失恋ソングですが、別れた相手のためにそっとエールを送るという部分がとても気に入っています。

 

 

第9位.DEEN「永遠をあずけてくれ」

DEEN-永遠をあずけてくれ LIVE JOY break 4

DEEN「永遠をあずけてくれ」がおすすめの理由

ベストアルバムSINGLES+1に収録されている、クリスマスソングです。一般的には知名度は低いかも知れませんが、個人的にはクリスマスが近づくと聴きたくなる曲のひとつです。また、歌詞の内容からも結婚式などにもぴったりの曲だと思います。永遠の愛を誓い合う二人にはとてもお似合いの曲だと思います。私としては妻と出会い、結婚する時が近づいて来た頃を思い出すことができ、とても共感できるとともに懐かしい気持ちになれる曲です。恋愛、結婚などで良い思い出がある人にオススメの曲です。きっと楽しかった思い出が蘇って来ることと思います。

 

 

第8位.DEEN「Teenage dream」

Teenage dream 【DEEN】

DEEN「Teenage dream」がおすすめの理由

タイトル通り、10代の頃の夢見ていたことやあの頃の気持ちを忘れずにまたいつか故郷に帰りたいという気持ちを歌った曲です。歌詞がとても良いので気に入っています。若い頃には親友とその彼女と3人でいつも一緒に過ごしていたんだけど、自分は実は親友の隣で笑う彼女のことを好きだった。しかし、彼女のことは好きなんだけど、親友との仲を応援もするし彼女が傷ついた時は慰めたり、親友が都会に行って変わってしまってもあいつはイイ奴だからあきらめないでなどと言っていて、自分がものすごいお人好しな感じがよく伝わってきます(笑)

 

 

第7位.DEEN「君がいない夏」

DEEN – 君がいない夏

DEEN「君がいない夏」がおすすめの理由

作詞作曲が小松未歩であり、小松未歩自身もセルフカバーしている。小松未歩と言うと子供の頃に名探偵コナンの主題歌などでよく聴いた思い出がある。本楽曲もアニメ名探偵コナンのエンディングテーマ曲として使用されており、かなり初期の頃の名探偵コナンを思い出すと共に当時はよくアニメを見ていたなあという思いが蘇ってくる。この曲の歌詞も昔を懐かしむような歌詞であり、哀愁を感じられる曲になっています。青春時代の甘酸っぱい恋の思い出や片思いなんだけどやはり親友のことを考えて自分は身を引くというあたりが、なんとも切ない気持ちにさせてくれる名曲です。

 

 

第6位.DEEN「未来のために」

DEEN – 未来のために

DEEN「未来のために」がおすすめの理由

未来に向かって、今は辛いかもしれないけど前向きに希望と勇気を持って君と共に頑張りたいという曲であり、元気を出したい時や勇気が欲しい時に聴いています。社会人になり、都会に風が冷たく感じられるときもありましたが、この曲を聴くともう少し頑張ろうかなと言う気持ちになれるため、少し落ち込んでいる人やしんどくなってしまった人にオススメの曲です。DEENにとってはメンバーが初めて作曲を担当した曲であり、オリコンチャート1位を記録したヒット曲です。当時、ミュージックステーションで初めてテレビ出演を果たした記念の曲でもあります。

 

 

第5位.DEEN「瞳そらさないで」

瞳そらさないで 【DEEN】 hitomi sorasanaide

DEEN「瞳そらさないで」がおすすめの理由

ポカリスエットのCMソングであり、とても爽やかな気分になれる曲です。この曲も作詞坂井泉水さん、作曲織田哲郎さんというコンビであり、ZARDによるセルフカバーもされています。DEENとしては初のオリコンチャート1位を獲得した曲でありミリオンセラーも記録しているため、ご存知のかたも多いかと思います。歌詞がとても好きな曲で、失恋前の寂しい気持ちとまだ別れたくないという気持ちが混じった複雑な感情を表現しています。最後にはいつまでも君がそばにいてくれると信じてるとか言っちゃうんですけどね。なんとか報われて欲しいなと思わせてくれる歌詞です。

 

 

第4位.DEEN「君さえいれば」

DEEN 君さえいれば(Kimisaeireba)

DEEN「君さえいれば」がおすすめの理由

アニメ中華一番のオープニングテーマ曲。作詞作曲は君がいない夏と同じく小松未歩。恋愛がテーマの曲で、君がいてくれればどんな時でも力が湧いてくる、どんな勝負も勝ち続けるという前向きな気持ちになれる曲。自分も彼女が出来たばかりの頃を思い出すと、なんでも出来る、何も辛いことなんてないという気持ちだったので、すごく共感出来ます。アニメ自体は恋愛ではなく、料理勝負がメインの作品だったので、 この曲を聴いているだけでお腹が空いてくる気もします。勝負事の時や何か大切な仕事の時に聴くと、どんな状況でも勝つことが出来るような気分になれるので、受験生などにもオススメの曲です。

 

 

第3位.DEEN「このまま君だけを奪い去りたい」

このまま君だけを奪い去りたい 【DEEN】 konomama kimidakewo ubaisaritai

DEEN「このまま君だけを奪い去りたい」がおすすめの理由

DEENのデビュー曲にして最大のヒット曲。ミリオンセラーを記録したことからも、歌番組で紹介される機会も多く、今の若い人でもどこかで耳にしたことがある人は多いかと思われます。長いタイトルが特徴的ですが、歌詞の内容がとても深く、愛は消えゆくのにいつまでも愛する人を守ろうとするところなど、DEENの曲には相手はもうこちらを愛していなくともこちらは一途に思い続けているというものが多いように思います。このまま君だけを奪い去りたいというちょっと危ない気もするタイトルですが、とても純粋に1人の女性を愛しているという気持ちが伝わってきます。

 

 

第2位.DEEN「夢であるように」

夢であるように テイルズオブデスティニー テーマ曲

DEEN「夢であるように」がおすすめの理由

プレイステーションのゲーム、テイルズオブデスティニーの主題歌。同ゲームにはDEENも参加しています。テイルズシリーズの初期の頃の作品ですが、このあたりから物凄く人気が出て、その後何作も続く作品になった印象があり、今でもDEENの曲と共に心に残っています。夢であるように何度も願ったという歌詞を聴くと、確かに人間は信じられないような出来事や信じたくないことが起きてしまった時には、夢じゃないかとか夢であって欲しいと思うものだなあと共感できます。しかし、現実を受け入れて前向きに生きていくしかないので、また頑張ろうと思えるような曲です。

 

 

第1位.DEEN「ひとりじゃない」

ひとりじゃない DEEN

DEEN「ひとりじゃない」がおすすめの理由

アニメドラゴンボールGTのエンディングテーマ曲であり、最も思い出に残っている曲です。当時、アニメドラゴンボールの人気は凄まじく、今でもアニメの中で最も面白かったのはドラゴンボールだと思っています。その作品が、マンガの内容をドラゴンボールZまでで放送し終えてしまい、喪失感で一杯になっていたところ、マンガには無い続編がアニメで放送されるとなり、飛び上がるほどに嬉しかった思い出があります。自分の中ではDEENのひとりじゃないがドラゴンボールの主題歌の中で最も好きな曲です。楽しかった頃の思い出がたくさん蘇ってくるので、頻繁に聴いています。