FLOWおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

FLOWおすすめの曲ランキングTOP10

最初に知ったときは、勢いのある学生気分にあふれているロックバンドだなと思ったのですが、社会人になって、成長していく姿を見ているようで、とても親近感を覚えています。活動期間が長いのですが、まったく初期衝動を見失っていないかのような疾走感も魅力です。神曲を連発しているのも最高。そんなFLOWのおすすめの曲をランキング形式でご紹介します。

 

 

第10位.FLOW「音色」

FLOW 『音色』

情景が浮かんできて、想像力をかりたてられる音楽です。よく聞いていると、歌詞も魅力的で、なんだか日常風景が神秘的なものに感じられてしまう不思議さに満ち溢れています。どこか知らない世界で、知らないはずの相手に既視感を覚えてしまうような、迷い込んだ感覚も満載なので、ちょっとしたトリップ気分を満喫したいときに聴きます。

必要以上に、さまざまなアイデアをそぎ落としてきたのではないかと感じるくらいに、どこストイックさを秘めている音楽なので、聴いているだけで精神的にダイエットできてしまいます。無駄を削り落として、スリムに生きようと思えてきます。

 

 

第9位.FLOW「INNOSENSE」

FLOW 『INNOSENSE』(Short Ver.)

人生そのものがドラマチックなのだということを教えてくれる作品です。誰も違うけれども、誰とも分かち合える感情があるんだと、勇気を与えてくれる歌です。オープニングの緊張感は美しくて、どんなに眠いときでも覚醒してしまうほどの勢いのある旋律です。

ストリングスを背景にした美しさが似合うロックバンドなので、これからもカッコよく年を取って欲しいと願っています。カッコよさに年齢は関係ないよな、と実感させてくれる歌なので、自分でも日々の鍛錬に流すことの多いナンバーです。ギターのリズム感も素晴らしいと思っていますので、ときどき耳を澄ましてしまいます。

 

 

第8位.FLOW「ありがとう」

FLOW 『ありがとう』(Music Video Short Ver.)

いちばん大切にしたい気持ち、いちばん優先させたい想い、決して忙しさや正義感で見失ってはいけないものを、そっと静かにに耳打ちするみたいに教えてくれる歌。ありがとうを伝える歌は多いけれど、この歌は本当に耳打ちするみたいに、はっと気づかせてくれるんですよね。

調子に乗り過ぎていないか、と諭してくれているようにも聞こえてきますし、だからと言って説教くさいんじゃなくて、どこか優しくて温かくて、嬉しくて泣いてしまいたくなるような感情に満ちている気がしています。低音域を響かせて聞いていると、ベースラインのカッコ良さに魅了されます。

 

 

第7位.FLOW「ONENESS」

FLOW 『ONENESS』FLOW LIVE BEST 2019 in日本武道館~神祭り~ テーマソング Music Video

リリカルでタイトな空気感に、聴きながら心地良く緊張しています。背筋をピンとしてしまう歌なので、ぼーっと生きてんじゃねえよと自分で自分にカツを入れるときのテーマソングです。ドラムのリズム感が、絶妙にペースト掛け合いをしているように聴こえてくるのですが、ここまでマニアックなアレンジをしているのにもかかわらず、自然に気持ち良く響いてくるのですから素晴らしいなと思います。

圧倒的なリズムに支えられて、容赦なく美しいメロディーを歌い叫ぶ展開は、このうえなく最高にエキサイティングです。気づいたら何度も繰り返し聴いてしまうほど、どこかに中毒性も秘めています。

 

 

第6位.FLOW「Howling」

FLOW×GRANRODEO 『Howling』(Music Video Short Ver.)

グランロデオとのコラボレーションにより、普段とは明らかに違うテンションの高さと、磨き上げた日本刀のような光り輝く凶暴さも秘めている作品です。歌の力強さを、極限にまで高めているかのようにも聞こえますし、異種格闘技のようにも見えてきます。音楽性の素晴らしさは文句なしですが、これは映像で観たい作品だと感じています。

なぜならば、バンドメンバーそれぞれが見せ場を持っているので、いつ、どこで、誰が魅せてくれているのかをキャッチせずにはいられないからです。コラボレーションの素晴らしさと、決して誰にも負けることのないオリジナリティを両者に感じられる音楽です。

 

 

第5位.FLOW「BURN」

FLOW 『BURN』Music Video(Short Ver.)

カッコよさを極限にまで描いている音楽性でありながらも、優しい微笑みに満ち溢れているような温かさを感じられる楽曲です。これからの人生を楽しみに感じられるので、未来に向けて希望を感じたいときに似合う曲です。もしかしたら、いえ、もしかしなくても人生の主役は自分自身です。私も、あなたも。

たとえ見せかけのドラマの中では入訳が決められてしまって固定している状態だとしても、歌を聴いている瞬間は、自分こそが人生の主人公なのだと言い聞かせてみましょう。そんな勇気ある提案に聞こえてくる歌なので、理屈抜きに前向きになれる音楽です。

 

 

第4位.FLOW「Sign」

FLOW 『Sign』(Music Video Short Ver.)

痛みにみちあふれてしまう現実の中で、もがきながらも自分を見失うことなく生き抜きたいときに聴くと、本当に涙があふれてくる歌。こんなにも激しいのに、なんだか世界中がシーンと静まり返っているように感じてしまうことがあります。

自分か゛取り残されてしまっているようで、けれども焦る気持ちにすらなれなくて、なんでなんだろうなと思っていたら、そうか、今はこうやって静かに誰かを待つタイミングなのかもしれないなと気づきます。いつも自分を支えてくれている人が、大切なメッセージを届けてくれていますので、そのことに気づいてあげなくては、と気づかせてくれる歌です。

 

 

第3位.FLOW「Answer」

FLOW 『Answer』(Music Video Short Ver.)

謎があるからこそ、解き明かしたい気持ちに駆り立てられるのでしょうが、もともと問題がなんであろうとも、正解はひとつだけとは限りませんから、あまり意固地にならないようにしなくてはいけないなと自覚させてくれる歌です。調子に乗ってはしゃぎたくなる自分を抑えるためにこそ、無駄なエネルギーを発散させてしまおうと考えるときに、装着するみたいに聴く音楽。

秘密兵器を自分の体に装着するみたいに、音楽も身にまとうことができます。メロディーとリズムと、美しいメロディーと激しいシャウトが、オーラのように体を丸ごと包んでくれるからです。勇気をもって行動したくなる、そんな気持ちにしてくれる音楽です。

 

 

第2位.FLOW「GO!!!」

FLOW 『GO!!! ~15th Anniversary ver.~』(Music Video Full Ver. コメント入り)

何回聞いたか、何回歌ったか、何回叫んだか、人生の伴奏者ともいえる楽曲にして神曲。この歌を自分の心の味方にして、仕事に挑んでいた時期があります。もしも、あなたが自分の実力に戸惑っていて、実力不足を嘆いているのだとしたら、安心してください、この歌をバックにして一歩づつ歩いて行けば、必ず目的地に到達できます。そんなふうに励ましてくれている歌です。

人間は年齢に関係なく成長していますから、いつでも好きな音楽を思い出すだけで、やる気をよみがえらせて、新しいことを学ぼうという意欲を意識できるのではないでしょうか。よくこんな音楽を作れるな、と思いつつ、神々しさに圧倒されます。

 

 

第1位.FLOW「DAYS」

FLOW 『DAYS』(Music Video Short Ver.)

アーティととしての神曲だけではなく、世界に誇れる神曲。ついに降臨したか、と思わずにいられない楽曲であり、全編見事なまでに日本語でつづられている詞の世界ですが、外国人にも自信を持って薦められる楽曲です。日本のアニメが好き、日本の文化に興味を持っている、そんな人たちならば、きっと熱狂的に受け入れてくれるのではないかと感じるくらいに、神曲です。

アニメが放送されているときに、このオープニングのイントロが流れてきただけで歓喜に満ち溢れてきました。アニメのドラマとリンクしていて、本当に勇気をもらって曲です。ありがとう、と伝えたくなるし、いまでもガンガンにヘビーローテーションしている歌なんです。