JAM Projectおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

JAM Projectおすすめの曲ランキングTOP10

中学生の時にニコニコ動画にハマっており、「ニコニコ動画組曲」の中で使用されている、JAM Projectの「GONG」と「未来への咆哮」を聞いたことがきっかけで、好きになりました。メンバー全員の高い歌唱力、またライブでのパフォーマンスはとても魅力的で、好きになって10年以上経ちますが、年々好きになっております。

 

 

第10位.JAM Project「In the Chaos」

JAM Project 3rd Live – In the Chaos

JAM Project「In the Chaos」がおすすめの理由

現在はJAM Projectの唯一の女性メンバーである、奥井雅美さんがメインとなって歌われている曲です。奥井さんの力強い歌声に翻弄されます。また、影山さんのコーラスが絶妙で、とても綺麗なハーモニーにうっとりします。歌詞の内容も好きで、曲を聴くだけでなく、歌詞を見ながら聞いて楽しむことができるのでオススメです。また、3分20秒過ぎからの部分で、男性パートがメインになり、奥井さんは歌わない部分があるのですが、そこで今までと曲の雰囲気がガラッと変わり、ラスサビまでもっていく勢いがあるため、曲の中で一番好きな部分です。

 

 

第9位.JAM Project「NAWABARI~背徳のシナリオ~」

[Official Video] JAM Project – NAWABARI~背徳のシナリオ~ Music Video –

JAM Project「NAWABARI~背徳のシナリオ~」がおすすめの理由

曲がカッコいいのはもちろんなのですが、ヴァンパイアがモチーフとなっており、JAM Projectのメンバーがそれぞれヴァンパイアを演じているPVはとてもカッコいいですし、見ごたえがあります。歌の部分にかかっているエフェクトも特徴的で、近未来的な印象を受けるため、新しい感じがしてとても好きです。サビまでは割と静かな感じで遷移していくのですが、サビになるとやはり5人の歌声の重圧感があり、音の厚みが出て、迫力が増し、「ヴァンパイア」を思い浮かべることができます。途中で、オオカミの遠吠えも入っているため、より臨場感を感じることができます。

 

 

第8位.JAM Project「Crest of Z’s」

JAM Project LIVE 2009 – Crest of Z's

JAM Project「Crest of Z’s」がおすすめの理由

冒頭の外国語の部分のコーラスがとても綺麗で、曲が流れた瞬間鳥肌が立ちます。そこからいきなり激しいモードにチェンジするため、一気にヒートアップします。また、そのあとすぐにきただにひろしさんのシャウトが入るため、シャウトの部分もかっこいいため、オススメです。尚、この曲のサビの部分には振り付けがあり、ライブの時はメンバー・お客さんともに楽しむことができるため、一体感を得ることができるため、ライブ映えする曲だと思っています。覚えやすい振り付けであり、片手だけでできるため、誰でも簡単にできるところがいい所だと思っております。

 

 

第7位.JAM Project「レスキューファイアー」

JAM Project – レスキューファイアー (Rescue Fire)

JAM Project「レスキューファイアー」がおすすめの理由

JAM Projectの曲の歌いだしは、基本影山さんというイメージがあるのですが、奥井さんの歌い出しで始まるこの曲は、いつもと違った勢い、熱さを感じることができます。また、掛け合いが多くあるため、「だからMotto Motto」という歌詞のあとに、ライブではお客さんが「Motto Motto」と叫びます。これが曲中で何度も繰り返されます。曲中で一緒になって声を出して楽しむことができるのが一番のオススメポイントです。また、ラストに遠藤正明さんが「爆鎮完了!」といって敬礼するのですが、それに合わせてお客さんも敬礼のポーズをします。一体感を楽しむことができます。

 

 

第6位.JAM Project「VICTORY」

JAM Project . VICTORY – Premium LIVE 2013 THE MONSTER’S PARTY

JAM Project「VICTORY」がおすすめの理由

ライブでこの曲のイントロが流れたら、VICTORYのVサインとして、お客さんは指やペンライトをVの形にします。この曲は女性と男性ボーカルが交互になって歌う箇所が多いため、それぞれの良さを楽しむことができます。また、お客さんが声を出せる部分も多く、「ガンガンガンガン!」などといった部分で声を出すのですが、熱い曲調と相まって、声を出す側もとてもテンションがあがる曲です。この曲は歌自体がかっこいいのはもちろんですが、バンドもかっこよく、ドラムや激しいギターを聞くことも楽しいので、曲全体を楽しむことができるのでオススメです。

 

 

第5位.JAM Project「HERO」

JAM Project「HERO」
15th Anniversary Premium LIVE THE STRONGER’S PARTY #JAMProject #HERO

JAM Project「HERO」がおすすめの理由

この曲は、JAM Projectではどちらかというと珍しいバラードなのですが、歌詞がとにかく深い内容であるため、歌詞に注目して頂きたいです。「昔好きだったヒーローのことを忘れてしまったか」や、「忙しい日々の中で笑うことさえ忘れていた」「今こうして生きている意味が見えなくなる」というような内容の歌詞が出てくるため、大人になるにつれて歌詞の深さや、意味を理解できるようになってきました。昔の気持ちを忘れずに生きていくことの大切さや、夢を持ち続けることの大切さを教えてくれる曲だと思っており、いつも勇気や元気をもらっています。元気になりたいときにオススメの曲です。

 

 

第4位.JAM Project「SKILL-2015-」

[Official Video] JAM Project – SKILL-2015 –

JAM Project「SKILL-2015-」がおすすめの理由

JAM ProjectといえばSKILLといっても過言ではないくらい、ファンの間では有名かつライブの鉄板曲です。「I can fly (hey!) You can Fly (hey!) We can fly! (hey!) (Motto Motto」という部分がサビのラストにあり、この部分は曲中に何回も何回も出てくるのですが、ライブのときは、Hey!の部分に合わせてジャンプし、Motto Mottoの部分は声を出します。激しさ、熱さ、勢い、盛り上がり、全てを兼ね備えた最高の曲だと思っており、かっこよくて激しい曲が好きな人にはオススメです。

 

 

第3位.JAM Project「The Brave」

[Official Video]JAM Project – The Brave –

JAM Project「The Brave」がおすすめの理由

勇者ヨシヒコの主題歌になっていたため、JAM Procjectやアニメソングのファンではない方も聞いたことがあるかもしれません。疾走感があるかっこいい曲ですし、歌詞に「ヨシヒコ」と出てくるため、勇者ヨシヒコの曲なんだなと感じる曲です。サビの奥井さんの高音のハーモニーがとても綺麗で、いつも聞いていたくなるようなカッコイイサビです。2分22秒あたりからの部分の掛け合い、ハーモニーがとても聞きごたえがあり、これが5人でのコーラスというものなんだな、と強く感じることができます。優しいコーラスではあるのですが、5人ならではの重圧も感じることができるため、オススメの部分です。

 

 

第2位.JAM Project「The Gate of the Hell」

The Gate of the Hell/JAM Project/15th Anniversary Premium LIVE

JAM Project「The Gate of the Hell」がおすすめの理由

JAM Projectの男性メンバーのみで歌っている曲です。男性のみということで、低音パートのかっこよさが引き立っており、特にきただにさんの低音は、普段5人で歌っている曲では聞けないような低さで聞くことができるため、とてもカッコいいです。男性のみならではの落ち着いた雰囲気、安心感がある中で、JAM Projectならではの熱さもしっかりとあるため、何から何まで楽しむことができると感じております。「地獄」や「裁き」などといった闇を感じられるような歌詞が中心的なので、そういった曲が好きな人にもオススメできると思っています。

 

 

第1位.JAM Project「TOKYO DIVE」

[Official Video]JAM Project – TOKYO DIVE –

JAM Project「TOKYO DIVE」がおすすめの理由

曲調はもちろんなのですが、PVにネオンが使われていたりと、かなり近未来的な印象を抱く曲です。サイバーな雰囲気の曲はなかなかなかったため、今までと違う印象を受け、一番好きな曲です。サビの部分の勢い、疾走感はJAM Projectの数ある曲の中でもNO1だと思っており、自然と体が動いてノリノリになってしまうような曲です。アニメソングにはないような曲調だと感じ、クラブなどでかかっていても違和感がないのではと思っています。曲のエフェクトも特徴的で、何度でもリピートして聞いていたくなるような曲のため、自信をもってオススメできます。