MANISHおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

MANISHおすすめの曲ランキングTOP10

私がこのMANISHさんというアーティストの方が好きな理由は、女性の2人組というのが珍しいということとボーカルの方の声がとても澄んでいて聞き心地がいいということが理由です。あとはアップテンポな曲が多くてノリノリになれる曲が多いということです。

 

 

第10位.MANISH「恋人と呼べないDistance」

5 恋人と呼べないDistance MANISH(マニッシュ)

MANISH「恋人と呼べないDistance」がおすすめの理由

この曲はMANISHの最初のシングル作品であり、テレビ朝日の番組「ついておいでよ男たち」のエンディングテーマになっていた曲です。この曲はMANISHのお二人が納得いく作品ではないという理由から早い段階で廃盤になったということですが、そこまで悪い作品とは思えないです。タイトルにある通り恋人とは言えないようなdistance(距離)でいつでも気ままにダイヤルできる間柄ですが、女性の方が密かに男性への想いを募らせているという心情を描いたいい曲だと思います。ボーカルの高橋さんの声が爽やかでいつまでも聞いていられるような曲になっています。

 

 

第9位.MANISH「君の空になりたい」

君の空になりたい MANISH

MANISH「君の空になりたい」がおすすめの理由

この曲はMANISHの12枚目のシングル曲であり、テレビ朝日の「トゥナイト2」という番組のエンディングテーマになっていました。曲調は軽快なメロディが最初から最後まで流れていくような感じであり、特にサビの部分を強調するような感じではありません。主人公の女性が男性である君にとっての癒しの存在になりたいという想いが伝わってくる曲です。特に強いメッセージがあるような歌詞ではなく、ボーカルの方の歌い方も癖が強くないのですが、耳障りな感じを持つことなく聞いていられるような癒し系の曲にうまく作っているという印象を持つ曲です。

 

 

第8位.MANISH「DREAM AGAIN」

7 DREAM AGAIN MANISH マニッシュ

MANISH「DREAM AGAIN」がおすすめの理由

この曲はMANISHの2枚目のシングル「声にならないほどに愛しい」のカップリングの曲です。正直この曲はカップリングの曲にはもったいないような完成度の高さです。曲の内容は歌詞の中に「卒業式」、「校舎」が出てくるのでまず中学か高校かの卒業式の場面だと思われます。そして「いつも大人達とうまくやれないそんなあなた好きだった」とあるのである不器用な男子生徒への淡い恋心が感じられます。歌詞を見る限り告白はしなかった感じですが、青春時代の貴重な思い出のシーンを歌っていてとてもいいです。この世界観とボーカルの高橋さんの爽やかな歌声がぴったりはまっていてとても聞きやすい曲です。

 

 

第7位.MANISH「眩しいくらいに…」

MANISH 眩しいくらいに… (single ver)

MANISH「眩しいくらいに…」がおすすめの理由

この曲はMANISHの10枚目のシングル「煌めく瞬間に捕われて」のカップリングの曲です。この曲もカップリングにはもったいないような完成度です。曲の内容としては好きな人ができてスーツを着てみたり、言葉使いを変えてみたり、料理が得意なふりをして頑張っては見るものの、最終的にはそのことで空回りに気づいて自分のペースで再出発をするというものです。曲調的にはそれほど強弱がないのですが、ボーカルの高橋さんの爽やかな歌声がサラサラと流れていくようにとても聞きやすい1曲に仕上がっています。「眩しいくらいに輝いていた」というのがまたいいフレーズだと思いますね。

 

 

第6位.MANISH「だけど止められない」

だけど止められない MANISH

MANISH「だけど止められない」がおすすめの理由

この曲はMANISHの6枚目のシングル曲です。この曲が1993年にリリースされているのですが、歌詞の内容を見ると時代の流れを感じます。というのも曲の歌詞の中で眠れない夜に声が聞きたくなって電話をかけたが留守電だったというのがあるからです。各人が携帯電話を持っているのが当たり前となった今の時代ではちょっと作れない歌詞ですが、こういったことも含めてこの時代の恋愛の良さだったとも言えます。歌詞を見る限りではこの二人がうまくいったのかどうかはわからないのですが、夢が叶うまで止められない終わらせないと言っているので前向きなことは間違いないです。高橋さんのボーカルもこの曲では少し強弱をつけてサビを強調しているような感じでインパクトがあります。

 

 

第5位.MANISH「君が欲しい全部欲しい」

君が欲しい全部欲しい MANISH

MANISH「君が欲しい全部欲しい」がおすすめの理由

この曲はMANISHの4枚目のシングル曲です。この曲の歌詞の内容を見てみると自分が思いを寄せる相手からただの仲間でいいやつと言われて悲しくなる自分に気づき、わがままに素直にLovin’Youと伝えようとしています。またタイトル通り「君が欲しい全部欲しい」と言っていますが、歌の中では結末は見えていません。MANISHのお二人はボーカルの高橋さん、キーボードの西本さんともにかなりの美人の方なのでそのような方からここまで想われたら男冥利に尽きるだろうなという妄想までしてしまうようなまっすぐな想いが感じられる1曲です。曲調はあまり強弱がなくて最後まで突き進んでいくような感じになっています。

 

 

第4位.MANISH「明日の Story」

明日のStory MANISH

MANISH「明日の Story」がおすすめの理由

この曲はMANISHの8枚目のシングル曲です。この曲は恋愛に対するまっすぐな想いがよく感じられる内容です。歌詞の中に「わがままな恋がいい どんなに傷ついても」とか「君だけをつかみたい」、「半端な気持ちで流されたくない」などがあるからです。また「砕け散ってもtry again」とまで言っています。今の時代であればこういう気持ちのまま突き進めばストーカーになりかねませんが、ボーカルの高橋さんの見た目の印象と爽やかなボーカルがそのような感じを持たせずに最後まで聞いていられるような1曲になっています。曲調もアップテンポのまま最初から最後まで行くのでスッキリと聴けるようになっています。

 

 

第3位.MANISH「煌(きら)めく瞬間(とき)に捕われて」

MANISH 煌めく瞬間に捕われて.

MANISH「煌(きら)めく瞬間(とき)に捕われて」がおすすめの理由

この曲はMANISHの10枚目のシングル曲であり、テレビ朝日のアニメ「SLAM DUNK」のエンディングテーマにもなっていた曲です。MANISHの曲では恋愛の曲が多いイメージなのですが、この曲はスポーツアニメのエンディングテーマになっていることもあって応援歌的な位置づけです。歌詞を見てみても「後悔する素敵じゃない」、「夢中でいたい」、「終わらぬ旅に時を費やせるから」など後悔することがあっても立ち止まらずに前に進んでいこうというメッセージ性を強く感じます。そしてなによりタイトルにもなっている「煌めく瞬間(とき)」というフレーズがとても素敵です。何年たっても聞き続けていたい名曲です。

 

 

第2位.MANISH「素顔のままKISSしよう」

素顔のままKISSしよう MANISH

MANISH「素顔のままKISSしよう」がおすすめの理由

この曲はMANISHの3枚目のシングル曲です。この曲では最初は君(男性)の前でいつもより念入りなトリートメントをしたり、履きなれないヒールを履いたりしていたが、Tシャツ、BLUE JEANS、Gジャン、スニーカーの姿になり、しかも素顔のままでKISSしようという飾らない女性の姿を前面に押し出しています。MANISHの高橋さんや西本さんほどの美人であればどんな服装でも似合うでしょう?ということも感じますが、とにかく自然体でいることの魅力がいっぱい溢れている曲です。この歌詞と高橋さんの爽やかな歌声がぴったりマッチしていてとても聞きやすい1曲になっています。

 

 

第1位.MANISH「声にならないほどに愛しい」

声にならないほどに愛しい MANISH

MANISH「声にならないほどに愛しい」がおすすめの理由

この曲はMANISHの2枚目のシングル曲であり、テレビ朝日の「‘93パリ・ダカールラリー」のテーマソングでもあります。この曲はMANISHの曲の中では珍しく導入部分とサビの部分が明確に分かれている感じがあるのですが、それもそのはず作詞はWANDSというバンドの上杉昇さん、作曲は織田哲郎さんというアーティストの方が担当しているからです。それにしても「声にならないほどに愛しい」という表現はいいですね。本当に好きな人には好きと言えないという感じでしょうか?またこの歌はかなり難易度が高いと思うのですが、ボーカルの高橋さんは最後まで涼しい顔をして歌いきっていますのでさすがの歌唱力だと感じさせられました。