SPYAIRおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

SPYAIRおすすめの曲ランキングTOP10

前向きな歌詞で爽やかな楽曲が魅力的なロックバンドです。聴いていると自分も頑張ろうと思えたり、元気をもらえます。ヴォーカルIKEのハスキーな歌声とギターUZ、ベースのMOMIKEN、ドラムのKENTAの力強く、技術の高い演奏が大好きです。ライブでのパフォーマンスも素晴らしいです。そんなSPYAIRのおすすめの曲をランキング形式でご紹介します。ぜひ聴いてみてください。

 

 

第10位.SPYAIR「SINGING」

SPYAIR 『Singing』

ライブで最後の一曲として披露されることが多いです。この楽曲を聴くと、楽しかったライブが終わってしまうという寂しさも感じますが、また明日から頑張ろうと最後には前向きな気持ちにしてくれます。ライブでの定番曲であり、SPYAIRとファンが大合唱するパートもあります。

また、サビ前のBメロでは、SPYAIRのメンバーがドラムの近くに集まって演奏するのですが、そこも大好きです。バンドだとメンバー全員で目を合わせて演奏をするという場面は少ないので、胸が熱くなります。SPYAIRとファンの繋がりを歌っている楽曲なのだと考えていますが、学生時代の友だちとの思い出が蘇るような、青春を思い出すような、どこか懐かしさも感じられる楽曲だと思います。

 

 

第9位.SPYAIR「Trust Your Anthem」

Trust Your Anthem SPYAIR

ギターのUZがラップに挑戦している楽曲です。曲中にUZがラップをする楽曲は増えていますが、この楽曲が最も好きです。正直、UZはラップ専門ではないため、ラップの技術が優れているというわけではないです。それでもくせになるようなラップ、かっこいいリリックが大好きです。

ライブでは、ヴォーカルのIKEとUZでラップバトルを行うという演出もあり、とても盛り上がります。お互いに歌っている時にかぶせでハモりパートを歌うところもあり、聴いていて楽しいです。また、この楽曲の最後のサビでは、IKEの歌声とUZのラップが重なるのですが、そこが本当にかっこいいです。

 

 

第8位.SPYAIR「Little Summer」

Little Summer

ラブソングはあまり歌っていないSPYAIRの貴重なラブソングです。SPYAIRが歌うラブソングの中でもこの楽曲が一番のお気に入りです。ヴォーカルの切なさ溢れる歌声が、この楽曲の良さを引き立てています。バラードをただしっとりと歌い上げるのではなく、力強いヴォーカルの歌声に魅了されます。

ギターのUZとのハモリも多くあり、心地の良い一曲です。歌詞思わずきゅんとするようなところも切なさを感じるところもあります。この楽曲の一番の魅力は、その場面の情景が思い浮かぶように歌詞が書かれていることだと思います。聴く度に感情移入してしまいます。

 

 

第7位.SPYAIR「My World」

SPYAIR 『My World』

ヴォーカルの音域の広さ、そして歌うことへの熱量、技術の高さを感じる力強い一曲です。この楽曲を聴いていると、力強いパワーを持った歌詞に負けないような強さを持った素晴らしい歌声に、何度も胸を打たれます。

将来への不安だったり、答えが見つからない悩みにぶつって、もがきながらも一生懸命に前に進んでいこうとする歌詞に救われて、たくさんの勇気をもらえます。また、最後のところはサビが半音上がるのですが、そこがとても好きです。ヴォーカルのハスキーで力強い歌声、音域が最大限に活かされたとてもかっこいい一曲だと思います。

 

 

第6位.SPYAIR「ROCKIN’OUT」

SPYAIR 『ROCKIN' OUT』

かっこいい!の一言に尽きますが、特にベースのかっこよさが一際目立っていると思います。曲中のちょっとしたベースのソロ、間奏での長めのベースソロが本当にかっこよく、ライブで披露されるとそこのパートではみんなベーシストのMOMIKENに目を向けていると思います。

楽曲全体としても、かっこよさもアップテンポさも兼ね備えているため、ライブでは体が勝手に飛び跳ねるくらいの盛り上がりです。サビの歌い出しの「ROCKIN’OUT」のところは、ファンも一緒に歌って楽しみます。ライブでこの曲が披露して欲しいと思っているファンも多いのではないかと思います。

 

 

第5位.SPYAIR「WENDY 〜It’s You〜」

SPYAIR 『WENDY ~It's You~』

ロックバンドらしさもありながらも、ポップさも併せ持つ素晴らしい楽曲です。聴いていると楽しくなります。サビはキャッチーなので、聴いているとつい口ずさみたくなってしまうところも大きな魅力だと思います。掛け合いをするパートもあるため、ライブでも披露されることが多いです。

あまりロックバンドの楽曲は好まない、あまり聴かないという友だちにおすすめしたことがあるのですが、この楽曲はとても気に入ってくれました。軽快でリズミカルにすすんでいくメロディーがとても心地良いです。最後は後奏なしでスパッと終わるところも好きです。

 

 

第4位.SPYAIR「Naked」

SPYAIR 『Naked』

SPYAIRを好きになったきっかけの楽曲です。素直で真っ直ぐで、力強い楽曲です。特に歌い出しの「ひとりが好きなわけじゃない ただ、誰といても分かりあえる気がしなくて」というところが印象的で、初めて聴いた時に心にグッと響きました。

誰もが感じたことがあるであろう、人との関わりの中で、ありのままの自分でいることの難しさにぶつかりながらも、自分らしく素直に生きていきたいというSPYAIRからのメッセージだと思っています。切なさも感じられる楽曲ですが、全て聴き終える時には不思議と前向きな気持ちになれる素敵な一曲です。

 

 

第3位.SPYAIR「We’ll Never Die」

We'll never die SPYAIR

毎年夏に行なっている富士急ハイランドでの野外ライブ、JUST LIKE THIS2018のテーマソングです。会場限定で販売されたCDに収録されています。和楽器とロックのコラボレーションが最高にかっこいいです。

また、ファンの中でも年に一度のお祭りとして、親しまれているJUST LIKE THISのテーマソングということで、SPYAIRが毎年行う野外ライブへの熱い思いを込めてこの楽曲を制作したことがとても伝わってきます。歌詞の中にもJUST LIKE THISを思わせるワードがたくさん入っていて、聴いているとワクワクします。

 

 

第2位.SPYAIR「MIDNIGHT」

SPYAIR 『MIDNIGHT』

初披露したのは、毎年夏に行っている富士急ハイランドでの野外ライブでした。良い意味でSPYAIRらしくはない曲で、初めて聴いた時にはとても驚きました。良い意味で、今までのSPYAIRの楽曲のイメージをひっくり返すような一曲です。

SPYAIRにとって新たなチャレンジとなったジャズ調の曲になっています。ヴォーカルのハスキーな歌声がジャズ調にうまくマッチしており、とても素敵です。また、歌詞も聴いている人をグッと引き寄せると思います。人が他人にあまり見せないような素直で正直な思いも、そのまま表現しており、どこか切なさを感じます。

 

 

第1位.SPYAIR「アイム•ア•ビリーバー」

SPYAIR 『アイム・ア・ビリーバー』TVアニメ『ハイキュー!! セカンドシーズン』OPテーマ

SPYAIRらしい前向きな歌詞と爽やかな曲調が素晴らしい曲です。アニメハイキューの主題歌にもなっており、これぞ青春の一曲だと思います。好きなことに一生懸命になること、自分を信じて突き進むということが大切だと改めて気がつかせてくれました。

この楽曲を聴いていると中高生時代の部活を思い出します。大人になると忘れてしまうような気持ちをまた思い出させてくれます。仕事がうまくいかない時や、落ち込んでいるときに聴くと本当に元気をもらえます。私は出勤前に聴いて気持ちを盛り上げています。サビでは、掛け合いをするパートもあり、ライブでも盛り上がります。