The Beatles(ザ・ビートルズ)おすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

The Beatles(ザ・ビートルズ)おすすめの曲ランキングTOP10

好きな理由はかっこいいの一言に尽きます。しかも、60年代〜70年代に作られた楽曲が本当に素晴らしい。今の時代じゃThe Beatlesのようなレトロな感じは絶対に生まれません。尊敬の意を込めてThe Beatlesは本当に好きで愛しています。

 

 

第10位.The Beatles(ザ・ビートルズ)「Love Me Do」

Love Me Do ( Live )

何度もLove Me Doを繰り返すところが好きです。また、Doは動詞なため普段では英文の後ろにつくことはありません。しかし、The BeatlesのLove Me Doでは最後に動詞がついています。これは、歌詞中にでてくる I love youの韻を踏んだため最後に動詞がきたそうです。

60年代〜70年代にこのような洒落たことができるのThe Beatlesしかいなかったでしょう。ほんとうに素敵だなと改めて感じてしまいました。また、歌詞が印象的で一度聴いたらついつい口ずさんでしまうのがLove Me Doの好きなところでもあります。

 

 

第9位.The Beatles(ザ・ビートルズ)「Penny Lane」

The Beatles – Penny Lane

これを聴くとゆったりとした気分になれるからです。忙しいときや、追い込まれているときこのPenny Laneを聴くと落ち着くことができます。歌詞の意味からも焦るなと諭されているように感じるのがまた好きなところです。

Penny Laneのところがつい耳に残ってしまい何度も聴きたくなってしまう中毒性のある曲です。また、ありふれた日常の中にあるような曲なのでこれを聴くと幼い頃を思い出して優しい気分になれます。また、好きな人や恋人とゆったりしたドライブデートにオススメの曲でもあります。曲調がいいかんじなので夜などにオススメです。

 

 

第8位.The Beatles(ザ・ビートルズ)「Hello,Goodbye」

The Beatles – Hello, Goodbye

曲名からもわかる通り好きな人への愛の気持ちが諦めきれていないところがこのHello,Goodbyeの特徴です。 You say yes, I say noから始まる歌詞がとても印象深いと思います。歌詞の意味を理解するととても切なく心が痛みます。

失恋ソングです。しかし、この曲調から暗いイメージがないので失恋後でもこの曲なら少しスッキリできるのではないでしょうか。わたしの憶測ではありますが、HelloとGoodbyeの関係が次に繋がっていくと考えられるので失恋ソングですが気持ちがスッキリします。気持ちに区切りがつく曲です。

 

 

第7位.The Beatles(ザ・ビートルズ)「Oh!Darling」

Oh! Darling (Reprise)

歌い出しからはじまるOh!Darlingが印象的で何度も聴いてしまい中毒性があるのがこの曲の特徴なのではないでしょうか。力強いOh!Darlingと歌うところがかっこよくて何度も聴きたくなります。歌詞にI’ll nver do you no harmは二重 否定であり絶対に傷つけないという意味がまたThe Beatlesの素晴らしいところでもあります。

また、一番初めの曲名はOh! Darling(I’ll nver do you no harm)でありました。それほどI’ll nver do you no harを強調したかったのだなと感じます。絶対に傷つけないとあるところから愛する人に送るにはもってこいの曲です。

 

 

第6位.The Beatles(ザ・ビートルズ)「Help!」

The Beatles – Help!

Help!から始まるためかなり印象が残るのではないでしょうか。また、テレビ番組のオープニングでもよく使われる曲なので誰しもが耳にしたことのある曲であるのではないかと思います。せっかく多くの人が知っている曲なのですから是非最後まで聴いてほしいです。そして、歌詞の意味を理解してほしいなとつくづく感じる曲です。

テンポがいい曲なためポジティブに聴こえますが、本当に誰かに助けてほしいという曲です。世の中に対して、どうしようもなくなったときに誰かに助けてほしいときに聴くにはもってこいの曲です。シンプルで歌いやすいですし、ドライブで流してもいいと思います。

 

 

第5位.The Beatles(ザ・ビートルズ)「Yellow Submarine」

The Beatles – Yellow Submarine

The Beatlesが歌っている後ろで波の音が聞こえてきたり、人々が楽しんでいる様子の音が聞こえてきたりするのでなかなか面白い曲です。仕事や勉強で一息ついたときにどうしても聴きたくなってしまいます。歌詞の意味は単純に和訳すると潜水艦の歌なのですがしっかり歌詞の意味を理解すると、やっぱThe Beatlesはひと味違うなと感じてしまいます。

Yellowは臆病や嫉妬深さというニュアンスが言葉自体にあります。緑の海のGreenには若いや成熟してないという無垢な意味が込められてるのを知ると、この歌はまるで「宇宙船地球号」のようなイメージを先取りしていたように聞こえてきます。

 

 

第4位.The Beatles(ザ・ビートルズ)「Can’t Buy Me Love」

The Beatles – Can't Buy Me Love

イントロがなく、いきなりタイトルを叫ぶポール・マッカートニーのシャウトから始まり、最後もタイトルを連呼して終わるのが印象的な曲です。Can’t buy me love, love Can’t buy me loveと愛はお金で買えないと何度も繰り返します。

とてもインパクトの残る曲です。洋画のイエスマンで主人公が好きな人へ向けて突然歌い出したのを聴いてから好きになりました。メロディに注目して聴いてもいいと思うのですが、歌詞に注目して聞いてみるとよりThe Beatlesの素晴らしさがわかる一曲です。今の世の中にもってこいの曲ではないでしょうか。

 

 

第3位.The Beatles(ザ・ビートルズ)「All You Need Is Love」

Love Is All You Need – Beatles

この歌は自分に思い入れ強すぎる歌です。以前お付き合いしていた彼が私に向けて送ってくれた曲でした。とにかくLoveがたくさん登場してきます。愛する人へ送る曲にはもってこいの曲なのではないでしょうか。しかし、この曲のLoveは愛ではなく愛情です。また曲題歌詞の意味は愛こそすべてという意味です。

歌詞にあるThere’s nothing you can do that can’t be doneは二重否定でnothingをyou can do(出来る事)にかけると「出来なかった事で、君が出来る事なんて無い」という意味になります。要するに「出来ない事は出来ないんだ。出来る事をすればいい。」ということです。なにかに迷ったときこの曲を聴くと、元気がでて自分の可能性を信じてみようという気持ちが湧いてきます。

 

 

第2位.The Beatles(ザ・ビートルズ)「Come Together」

The Beatles – Come Together

歌詞関係なく聴いていてかっこいいと思える曲です。Come Togetherの出だしがなんとも言えないないかっこよさです。「シュッ」と聴こえるのはShoot meで俺を撃てという意味になります。歌詞は日本語に直訳すると意味不明なため1976年に再発された歌詞カードには対訳不可能とあったそうです。

現在では和訳されていますがあまり何を伝えたいのかがはっきりしない気がします。しかし、この歌詞よりもなによりもメロディに注目して聴いてほしいです。不思議な世界に入り込んでしまったような気持ちになります。刺激が欲しい方にオススメな一曲です。

 

 

第1位.The Beatles(ザ・ビートルズ)「Here Comes The Sun」

The Beatles – Here Comes The Sun (Original Audio)

出だしのギターがたまらなくカッコいいです。歌詞は短く何度も同じことを繰り返しているため歌詞は簡単に覚えることができます。和訳は簡単に言うと、長い冬が終わり春がやってくるぞという意味になります。実にシンプルな曲です。

これまでやってきたことに節目をつけるときに聴くと自分の努力が報われた気分になります。また、新しいことに挑戦したいときに聴くとやる気やこれから生活に希望が持てる気分になります。ゆったりとした曲調からテンポが速くなったりと楽しめる一曲です。一人でゆっくりしたいときに聴くのがオススメです。BGMとして流すのにもってこいな曲です。