ナナヲアカリおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

ナナヲアカリおすすめの曲ランキングTOP10

まず、声がとてもかわいらしいです。それでいてどこか気だるげな、脱力感のある歌声が特徴的です。「ポップに生きてるダメ天使」が彼女のテーマで、自分の無力さに落ち込みつつも、私たちを応援してくれる姿は天使そのものです。メジャーデビューから間もないですが、実力のある歌手です。

 

 

第10位.ナナヲアカリ「んなわけないけど」

んなわけないけど / ナナヲアカリ

変わりたいけど変われない、自分の苦しみがつづられています。がんばれ、やればできるというメッセージで応援してくれる歌詞かと思いきや、サビの終わりには、タイトルにもある「んなわけないけど」というフレーズでぐっと現実に引き戻されます。だれもが持ちうる変わりたいという現状を打破したい気持ちと、それを応援するフレーズが対比されています。みんな苦しんでいる、だから自分も頑張ろう、という思いを「んなわけないけど」で突き放すという斬新さは他の曲は持たない特徴ではないでしょうか。気持ちを揺さぶってくる力のある一曲です。

 

 

第9位.ナナヲアカリ「妄想ハッピーエンド」

妄想ハッピーエンド / ナナヲアカリ

Aメロ、Bメロ、サビと曲調がガラリと変わる点が印象的な曲です。甘くささやくような歌い方と、パワフルで厭世観の垣間見える歌い方の両方を楽しめます。甘い表現のほうは、彼女のもつ声のかわいらしさが強調されていて、思わずきゅんときてしまいます。一方、力強い表現のほうは、こちらにつかみかかってくるのではないかというほどの感情の込められ方で、非常にパワーがあります。表情豊かな彼女の歌い方を存分に楽しめる一曲です。少々難解でメッセージ性のある歌詞なので、何度も繰り返し聴いてそれを解釈するのもまた一つの面白さです。

 

 

第8位.ナナヲアカリ「ハノ」

ハノ【Live ver.】 / ナナヲアカリ

高音がとてもきれいで聞き惚れてしまいます。ナナヲアカリさんの曲はちょっと病んだものやポップなものが多いので、この曲のような儚くもろい印象のものは珍しいです。悲しいラブソングではありますが、曲調は重苦しくなく、さらりと聴けます。作曲はバルーンさんという非常に有名な方が担当しており、切なく、それでいて力を失わない彼女の歌い方とのマッチが素晴らしいです。全体的に音が高く、歌うのがとても難しい曲だと思いますが、それを見事に歌い上げる彼女の歌唱力にも注目です。一人で部屋にいるときに、じっくり聴きたい一曲です。

 

 

第7位.ナナヲアカリ「ハッピーになりたい」

ハッピーになりたい(I want to be happy) / ナナヲアカリ

歌詞、PVともにちょっと病んだ感じのある曲です。大衆は言いたい放題なのに現実は思い通りにいかない。幸せになれない今を問いかけてきます。不安や心配に苛まれる日々を憂う歌詞は、辛く苦しい毎日を送る人にきっと刺さるでしょう。サビ前のセリフパートは、声優さながらの名演技で、苦しく重い感情が全面に押し出されており、ついドキッとしてしまいます。「ハッピーになりたい」、とサビで力強く訴えかけてくるので、メッセージ性が強い曲です。YouTubeに投稿された彼女の曲のなかで最も古い曲であり、ナナヲアカリさんの原点と言えます。

 

 

第6位.ナナヲアカリ「メルヘル小惑星」

メルヘル小惑星 / ナナヲアカリ

宇宙がテーマになっている曲です。曲中の二人称が「ダーリン」となっており、聴き手にドキッとさせる効果があると思います。「あなたと二人」という歌詞は、柔らかく優しい歌い方によってさらに艶めいて聴こえます。「宇宙を漂い続けて」という歌詞があるところから、もしかして小惑星目線の歌詞なのではないか?と解釈の幅があって面白いです。普段の歌い方に加え、歌声に少しこもったような加工を施しているところがあり、宇宙と交信をしているかのような気分になります。PVもパステルカラーでまとまっており、曲と非常にマッチしています。

 

 

第5位.ナナヲアカリ「ディスコミュ星人」

ディスコミュ星人(Discommunication alien) / ナナヲアカリ

周りの人とうまくコミュニケーションがとれない、という共感性の高い曲です。会話を電波交信に例え、それがうまくいかないのだというメルヘンな歌詞です。2番の「弱音は儚い」という歌詞は、吐かないと儚いがかかっています。上手に会話をするということがいかに夢のようで儚いか、でも弱音は吐きたくないという思いが込められていて印象的です。周りの人々にちやほやされると思ったら妄想だったというちょっと悲しい歌詞も、キラキラした曲調でまとまっており、笑い飛ばせる感じです。SNSを活用する世代にとっては、コミュニケーションを直接取ることが難しいのでは?という点に注目した曲です。

 

 

第4位.ナナヲアカリ「お釈迦になる」

お釈迦になる / ナナヲアカリ

人気のイラストレーターとコラボして作られた一曲です。PVがなんとも賑やかで、何度も見てしまいます。「死」というテーマがこれでもかと言うくらいポップに表されています。生きていることの面倒くささは誰もが同意できるものです。だったら死んでしまおう!と思わぬ方向にポジティブなのが特徴です。それでいて「葬式はこんな感じでよろしく」といった暗くならない歌詞なので、楽しく聴けます。若干ぶっきらぼうな感じの歌い方ですが、かえって歌詞や曲調にはよくあっていると感じます。サビの高音がとても心地よく、きれいに響きます。

 

 

第3位.ナナヲアカリ「マンネリライフ」

マンネリライフ(boring life) / ナナヲアカリ

引きこもりの立場から書かれた、なんとも面倒くさがりな歌詞が印象的です。いつかは自分も救われるんだ、という他力本願さに非常に同意できます。毎日の生活がいかに面倒で疲れるものか、改めて考えてしまいます。通常こういったテーマの曲は、やっぱりこのままじゃいけないから少し頑張ってみようかな、という結末を迎えがちですが、この曲は最後まで同じ姿勢を貫きます。その変わらない点に、逆にかっこよさを感じてしまいます。コールアンドレスポンスもあり、ライブ映えする一曲ではないでしょうか。ギターの音色がとてもかっこよく、スタイリッシュな感じもあります。

 

 

第2位.ナナヲアカリ「ダダダダ天使」

ダダダダ天使 / ナナヲアカリ

彼女の歌手としてのテーマとなっている曲です。ダメダメな自分だけど愛してよ、そんなメッセージを伝えてくれます。自分の悪いところを隠さず、それでも頑張るから見ていてね、という歌詞は、彼女のひたむきさが表れています。ファンのみんなの愛を受けて飛ぶ天使だ、という歌詞は、ファンのみならず聴く人みんなに夢を与えてくれます。ナナヲアカリさんの力になりたいと感じる心が強く育つ一曲です。コールアンドレスポンスがとても楽しい曲です。「エンジェル!」と全力で叫べば、ナナヲアカリさんへの思いを届けられると同時に、自分の気持ちもすっきりすることでしょう。

 

 

第1位.ナナヲアカリ「ワンルームシュガーライフ」

ワンルームシュガーライフ / ナナヲアカリ

アニメの主題歌にも使われた曲です。「感情がキラキラ」、明るく夢のあるフレーズから始まりますが、すぐに曲調が変わり、ダークな印象になります。可愛さとかっこよさの二面性が非常に魅力的な曲です。途中にあるラップパートも彼女の甘い声で見事に奏でられています。今の甘い生活が嘘になってしまうならこれ以上のことなんていらない、といメッセージは、恋人を持つ人にとってはとても共感できるものではないでしょうか。安定した生活に対する不安が垣間見えます。メロディーが全体的にキャッチ―なので、カラオケで歌いたくなります。