パクボムおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

パクボムおすすめの曲ランキングTOP10

パクボムの「声」がなんと言っても大好きです。個性的で唯一無二とも言える彼女の声は、国境を超えファンに支持されています。パクボムのユニークでなんとも言えない中毒性のある歌声は一度聞いたらすっかり虜になります!スキャンダル等ありましたが、彼女のパワーボーカルは何度聴いても飽きがくるどころか、もっともっと聴きたくなってしまいます。

 

 

第10位.パクボム「All I Want For Christmas Is You」

BOM&HI – ALL I WANT FOR CHRISTMAS IS YOU P/V

パクボム「All I Want For Christmas Is You」がおすすめの理由

この曲は皆さんお馴染み、米国出身シンガーマライアキャリーの代表作を、パクボムとかつてのボムの所属事務所の後輩、イハイとカバーした一曲です。この曲に関して言うと、正直ボムの声質にベストマッチした曲とは言い難いのですが、ボムが歌手を目指した原点とされるマライアの曲をカバーした記念すべき一曲なので、ランキングに入れさせて頂きました。ボムは米国で過ごした少女時代にマライアの音楽と出会い、歌手になろうと決意したと言います。ボムの声は、強いけれど柔らかさのあるマライアとは異なりとにかくストレートでパワー溢れる歌声ですが、イハイの癖のない歌声が上手くバランスを取っていて、全体に聴きやすい一曲に仕上げています。マライアのバージョンももちろん良いですが、クリスマスシーズンにはボム&ハイバージョンのAll I Wan For Christmas Is Youも良いですよ。

 

 

第9位.パクボム「Bad」

[MP3/DL] Bad – Tablo ft. Park Bom

パクボム「Bad」がおすすめの理由

こちらはYGエンタテイメント所属グループエピックハイ(Epic High)のTABLOの楽曲のボムがフィーチャーした一曲です。非常に表情豊かに歌い上げるボムのボーカルが印象的な曲です。この曲は、過去に韓国女性歌手ジンスルともコラボした曲ですが、フィーチャーした女性シンガーによって、大きく曲風が異なっているのが興味深いポイントです。繊細な歌声で悲しみを表現したジンスルのBadに対して、ボムの圧倒的なパワーボーカルで歌われたBadは悲しみより怒りの感情を強く出していて、好みが分かれるところではありますが、私個人としては、怒りのエネルギーの中に隠された悲しみを歌っているボムのバージョンがイチオシです。この曲では珍しいボムのファルセットも聴くことができます。ボムの歌手としての幅の広さも感じられる一曲でオススメです。

 

 

第8位.パクボム「Oh Yeah」

GD&TOP – OH YEAH MV feat. BOM [HD]

パクボム「Oh Yeah」がおすすめの理由

こちらもBIGBANGのG-DragonとTOPとコラボした、ノリノリごきげんなダンスチューンです。パクボムのBIGBANGとのコラボレーション曲は比較的落ち着いた楽曲が多い中、この曲の持つハッピーでノリの良いサウンドは聴いていて元気がもらえます。やはりボムの歌声は男性ラッパーとの相性抜群だなと再確認させられる曲でもあります。また、ボムの声は一般的に低音のグルービーな曲が合うと書きましたが、個人的にはOh Yeahのボムのパートのようなハイトーンのボーカルも非常によく声に合うと思いますし、オススメです。とにかくそのパワフルでエネルギッシュな歌声に聴き惚れてしまいます。クラブミュージック系の音楽が好きな方にも気に入ってもらえる曲だと思います。

 

 

第7位.パクボム「We Belong Together」

BIGBANG – WE BELONG TOGETHER M/V

パクボム「We Belong Together」がおすすめの理由

こちらもBIGBANGの曲にパクボムが参加した一曲です。アップテンポで明るくキュートな印象のこの曲は、ボムが練習生時代にリリースされた曲です。初期の頃の、自然でナチュラルな雰囲気のボムが魅力です。男性目線と女性目線のどちらからも描かれた恋心を歌ったこの曲は、とにかく可愛らしい曲です。ミュージックビデオの、まだ2NE1デビュー前のフレッシュで清楚な印象のボムと、BIGBANGのG-Dragonが扮するカップルはとてもキュートです。またWe Belong Together はそんな爽やかで、誰が聴いても聴きやすい曲でありながら、ボムのユニークな声質を存分に発揮できるR&B曲でもあります。やはり彼女の声質の良さを最大限引き出せるのポップやバラード、ロック調の楽曲ではなく、この曲のような流れるようなリズムを持った、王道のR&B調の曲だということを再確認させられます。

 

 

第6位.パクボム「What would have been」

【TVPP】Bom(2NE1) – What would have been (with Psy), 박봄(투애니원) – 어땠을까 @ Psy Summer Stand Concert Live

パクボム「What would have been」がおすすめの理由

この曲は、2NE1時代の所属事務所YGエンタテイメントの先輩歌手PSYのライブパフォーマンスの際に、フィーチャー参加した一曲です。一躍世界のスターとなったPSYの貫禄ある歌声はもちろん、無理ない安定した音程で聴かせてくれるこの曲は、ボムの唯一無二の、個性的で魅力的溢れる歌声をじっくり味わえます。パクボムは歌唱力という観点で見ると、もしかするとそんなに高いわけでないかもしれません、ボイスコントロールも苦手と言えるかもしれません。しかしボムの声には、中毒性ともいうような不思議な魅力があります。高くも低くもない、東アジア人には珍しい、ソウルフルでパワフルなボムの声は、世界中のファンを虜にしています。スキャンダルにより音楽活動を実質的に中止してからも、ファンはボムが再び歌うのを心待ちにしています。そんなボムの声の魅力を存分に味わえるのがこの曲です。コンサート映像でのボムのそれはそれは楽しそうなこと!歌うのが好きなんだなあとこちらも嬉しくなります。誇らしげにボムを見守るPSYも素敵です。是非、コンサート映像と一緒にこの曲を聞いて見てください。

 

 

第5位.パクボム「Black」

G-Dragon ft. Park Bom 「 Black 」

パクボム「Black」がおすすめの理由

この曲はBIGBANGのG-Dragonをフィーチャーした一曲です。近年、BlackPinkのジェニとのフィーチャー版も発表されましたが、個人的にパクボムとの曲の方が好きです。この曲はR&B的でもあり、ポップ的でもあるので、大変聴きやすく、また歌詞が日本語なのもオススメポイントです。G-Dragon、パクボムとも非常に綺麗で自然な発音で、日本語歌詞に変な違和感もありません。適度に英語歌詞を散りばめていて、今聴いてもおしゃれでクールな印象です。この曲はグルービーすぎることもなく、また変に振り絞ったような無理な高音パートもなく、かつボムの伸びやかな魅力溢れるボーカルを、思う存分味わえます。2NE1ではメインボーカルとはいえ4人で歌っているため曲によってはパクボムのパートが少なかったりもするのですが、ソロ曲(ソロとしての楽曲参加)では、じっくりとボムの声を聴けるので良いですね。

 

 

第4位.パクボム「Forever With You」

BIGBANG – FOREVER WITH U M/V

パクボム「Forever With You」がおすすめの理由

パクボムが練習生時代に、事務所の先輩であるBIGBANGのG-DragonとTOPの歌う楽曲にフィーチャー参加したこの曲は、初期の頃のパクボムの良さを存分に味わえる一曲です。低音で無理のない発声、畳み掛けるように歌い上げるその様は、G-DragonとTOPのラップパートにも決して引けを取りません。2NE1時代の彼女のパワー溢れる、その優れた声量を存分に使った歌唱法とは異なり、声を張りあげることなくあくまでローキー、肩の力を抜けた発声で歌っているので、曲の持つ重い雰囲気とは逆に流れるような歌声が大変心地よいです。またミュージックビデオでの初期の頃のピュアで清楚な雰囲気のボムが印象的です。癖のない曲でどなたにもオススメできる曲です。

 

 

第3位.パクボム「Baby Boy」

Lexy – Baby Boy feat Park Bom

パクボム「Baby Boy」がおすすめの理由

Baby Boyは実力派韓国人ラッパー・レクシーの楽曲にフィーチャー参加した一曲です。おそらくパクボムファンにもあまり知られていないマイナーな曲だと思いますが、彼女のファンのみならず、特にオールドファッションなR&Bやヒップホップが好きな音楽ファンの方に是非聴いてほしいイチオシ曲です。個人的に、パクボムがかつてボーカルを務めていた韓国女性グループ2NE1の楽曲やボムがフィーチャー参加した数ある楽曲の中で、この曲ほど彼女の良さを引き出している曲はないと思います。パクボムの声質は、この曲のようなローキーでグルービーな曲調に非常によく合うのです。レクシーの低音ラップとボムの低めではあるけれど女性らしさもあるユニークな声がよくマッチして、大変心地よいサウンドを聴かせてくれます。私はパクボムの歌う高音も好きなのですが、この曲で聴かせてくれるリラックスした流れるようなボーカルは、R&B好きのパクボムファンにはたまりません。

 

 

第2位.パクボム「DON’T CRY」

PARK BOM – DON'T CRY M/V

パクボム「DON’T CRY」がおすすめの理由

Don’t Cryはパクボムのソロとして発表されたセカンドシングルです。こちらもYou And Iとともに是非聴いてみて欲しい一曲です。この曲はYou And Iよりさらにポップ要素が高まった曲で、恋人との別れを歌った曲ですが、別れの悲しみをつとめて明るく歌い上げた曲です。駆け出しの低音パートから、徐々にキーが上がりサビに向けて徐々に盛り上がっていくパートでは、珍しいボムのファルセットも聴けます。地声で歌い上げるのが彼女の基本的な歌い方と言えますが、個人的に彼女のファルセットはとても好きです。そして「It’s ok baby, please don’t cry」とサビに入るのですが、ボムのよく伸びる、ユニークで美しいボーカルが楽しめます。サビの冒頭部分が英語歌詞なのも、世界のファンにとって嬉しいですね。つい一緒に口ずさんでしまいます。ちなみにYouTubeに上がっている、この曲のアコースティックバージョンも聴きやすくオススメです。

 

 

第1位.パクボム「YOU AND I」

PARK BOM – YOU AND I M/V

パクボム「YOU AND I」がおすすめの理由

パクボムを聴く上でまず押さえておきたい楽曲がこちらです。パクボムのソロデビュー曲で、Gaon(ガオン)チャートで一ヶ月に渡り連続一位を取得したこの曲は、彼女が得意とするR&B音楽をベースにした曲ながら、ポップ的でとても大衆的で聴きやすい曲です。JPOPの曲のようでもあるので日本の方にも大変オススメな曲です。アップテンポでハッピーな曲調とは裏腹、悲しいストーリーを歌った曲ですが、ボムのパワフルな歌声でカラッと歌い上げるその様が、かえってこの曲の深い悲しみを強調しています。一見、 ポップ調で歌いやすそうな曲ではありますが、実はアジア人離れしたボムの圧倒的なパワーボーカルあっての曲です。YouTubeで他歌手がカバーし歌った映像が上がっていますが、その差は歴然です。またミュージックビデオでの、パクボム扮する、病気のボーイフレンドを献身的に支えるキュートで明るい女の子がとても可愛いです!少し下手なその演技も、圧倒的な歌声とのギャップがあってキュートです。とにかくKPOPファン出ない方にも是非聴いてみて欲しい一曲です。