関ジャニ∞おすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

関ジャニ∞おすすめの曲ランキングTOP10

関ジャニ∞は様々な顔が見れる最高のアーティストです。様々な方からの楽曲提供で色んな関ジャニ∞が見られ、またキラキラしたアイドルソングだけでなく、失恋や泥臭さや男らしさ、可愛らしさやかっこよさ、切なさ、バンドスタイルの曲などどのスタイルでも合うところが大好きです。また前向きにさせてくれる曲が多いので本当に元気が出る、そんな関ジャニ∞のおすすめの曲をご紹介します!ぜひ聴いてみてください!

 

第10位.関ジャニ∞「ここに」

「ここに」 関ジャニ∞ ベストヒット歌謡祭

6人体制になって初めて出した曲です。WANIMAの楽曲提供ですが、渋谷すばるが脱退し、6人体制になった状況をWANIMAが代弁して書いてくれたような現在の状況にとても合う楽曲になっています。憧れた未来に向かって出会い別れはいつも背中合わせという歌詞がありますが、6人でのスタート、仲間との別れ、Aメロにぎゅっと不安と新しい状況になったことが詰められてる気がします。

そして、「また会えたら歌おう」という歌詞に込められた想いがとても響きます。また、ひとりひとりがすごく力強く歌ってるのが印象的です。強い思いを込めて歌っているのが感じられてとても心に響く一曲です。

 

 

第9位.関ジャニ∞「TAKOYAKI in my heart」

TAKOYAKI in my heart 【LIVE MONSTER】

JUKE BOXのアルバムのリード曲で収録されている前山田健一さん提供の楽曲です。前山田健一さんらしさと関ジャニ∞のわちゃわちゃしたいいところが一曲にぎゅっとつまっています。

一人一人のパーソナルな部分に沿った歌詞、突然の転調、メンバー同士の掛け合い、曲にあるとは考え難い規制音、普段からギャグをよく言う丸山さんのパートに関しては曲ではなくギャグソロ、沢山のエンターテイメントが一曲にぎゅっと詰まっています。関西出身だからこその大阪への愛情を楽しく歌っていて聴いてると楽しくなります。また、オチがついているのもポイントです。

 

 

第8位.関ジャニ∞「がむしゃら行進曲」

関ジャニ∞ がむしゃら行進曲 2018.07.06 OA

丸山隆平主演の地獄先生ぬ〜べ〜の主題歌です。ぬ〜べ〜にちなんで曲がとても先生目線になっているのがこの曲のおすすめの理由です。歌詞に背中を押してれる言葉が沢山散りばめられていて、迷ったり悩んだりするときに聞くと元気が出ます。

自分に嘘をついたり、人に嫉妬したりして悩んだり落ち込んだり悔しくなったりすることは日々の生活の中であると思います。そういった状況に対して自分自身を信じてと訴えてくれる素敵な一曲で、悩んだりすると聴きたくなる曲です。曲中に学校のチャイムの音階が入っているのもドラマの主題歌として合っていてとても好きです。

 

 

第7位.関ジャニ∞「DO NAI」

関ジャニ∞ DO NA I

おしゃれな曲調とは裏腹に、一人一人自分が主人公!とパートを奪い合うようなテンポが印象的な一曲です。パートの歌詞も個人個人が歌うべきはパートを振ってあるので聴いていて楽しいですし、君を楽しませるのが俺たちの楽しみというアイドルらしい面も見せてくれる曲です。

また、ラップや攻めた歌詞、タイトルは関西で使うどないをローマ字表記したもので遊び心を感じる事ができます。また、あの子を取り合うような歌詞にもかかわらず、最終的にはじいちゃんもばあちゃんも巻き込んじゃっているのが関ジャニ∞らしくて、とても素敵な一曲に仕上がってると思います。

 

 

第6位.関ジャニ∞「罪と夏」

FNS エイト 「罪と夏」

夏に聴きたくなるアッパーチューンです。個人的に夏のドライブに行くときに聴いたらワクワク感が募っていくような曲調の一曲だと思います。要約で、一夏の恋をして夏を謳歌しようかと歌っているにもかかわらず、2番で本気で好きになっちゃって懇願しているような歌詞になっているのが関ジャニ∞の曲っぽくてとてもいいなと思います。

この曲を聴くとパート分けが数人ごとというのが多くてソロがすくなく、わちゃわちゃした印象を受けるのもこの曲にあっていていいパート分けだなと思います。また、安田さんの上ハモ、大倉さんのオクターブ下の声がガヤガヤ感の中にしっかりハマってよく聞こえてくるのもとても好きなポイントです。

 

 

第5位.関ジャニ∞「なぐりガキBEAT」

関ジャニ∞なぐりガキBEAT

破門の主題歌に使用された曲です。曲の入りのトランペットが響き始まる軽快なスカサウンドが心地いい一曲です。
関ジャニ∞さんらしい前向きな気持ちや、頑張ろうという気持ちにさせてくれる歌詞が印象的です。

2番の歌詞に「ガムシャラにもがくその手にきっかけの糸がかかる」という歌詞があるのですが、やってみなければ始まらないし、やってみてもがいているうちに、何かのスタート地点に変わるのではないかとすごく思わせてくれる歌詞だと思います。緊張して進めないとき、不安で一歩踏み出す事が怖いと思っているときに聞いて己を奮い立てる曲としてよく聴いています。

 

 

第4位.関ジャニ∞「無責任ヒーロー」

無責任ヒーロー FNS

関ジャニ∞と言ったらこの曲となったときに半数が思い浮かぶ曲の1つではないかと思います。難しく考えないで行こう!と思える曲です。自分の人生は自分のものだし、昔はこうだったと言われても自分にはそこまで関係ない事です。

何とかなるのスタンスで生きていれば何とかなるんじゃないかなと思わせてくれます。みんな知っているであろう有名な曲ですし、振り付けも覚えやすくて、カラオケでも盛り上がるので盛り上げソングとしてもおすすめです。最近はバンドスタイルで演奏される事も多く、かっこよさも感じられるまさに関ジャニ∞!という曲です。

 

 

第3位.関ジャニ∞「今」

今 関ジャニ∞

星野源扮するニセ明が楽曲提供した一曲です。今いる場所から旅立っていく仲間を歌った曲です。いつまでもここにいたいけれど旅立つ夢を見てしまったことをと言う歌詞が、今の渋谷すばるさんと重なってすごく意味のある一曲だと感じられます。

楽曲の発表は脱退前でしたが、アルバム発売当時と、今聞くのでは違う気持ちで聴いてしまう一曲だなと思います。今いる場所からの旅立ちというのは大多数経験する事だと思います。送る人がいて送られる人がいる。その上でまた会えたときに笑い合えるかなと歌う曲はすべての人に当てはまる素敵な曲なんじゃないかなと思います。

 

 

第2位.関ジャニ∞「ローリング・コースター」

Rolling Coaster

puzzleというアルバムに収録されている一曲です。シングルでもリード曲でもありませんがとても好きな一曲です。理由としてはまず歌詞、曲共に可愛いことです。ストーリー性がしっかりあって、でてくる男女の設定もしっかりしています。

彼女のために色々してあげたい男の子はご飯が好きな彼女のためにグルメガイドを読んだり、好物を出してあげたいというピュアさを持ち、食べたら寝ちゃったり話聞いてなかったりとそんな男の子の方を振り回す女の子の曲なのですが、その男の子の心がタイトルにあるローリングコースターなのです。心をそのまま綴ったような歌詞で可愛さがぐっと出ているところが良いです。またバンドスタイルで演奏されることが多いところも好きです。

 

 

第1位.関ジャニ∞「NOROSHI」

NOROSHI 関ジャニ∞

とにかくかっこいいです。PVではフェスで歌っているようなゴリゴリロックのスタイルで、バンド演奏がとてもかっこいいです。出だしのベースの音から引き込まれます。ストレートにマジョリティの批判であったり現代の社会に物申してるような歌詞で、人の向いている方を見たり、他人を批判する人に対してそれであなたはどこにいるの?と問いかける歌詞がすごく印象的です。

サビでは「行くべき道はそう君の踏み出した先にある」というフレーズがあり、一歩踏み出すことに対して勇気をくれるフレーズだなと思いました。人と同じ事が正解だと考えがちですが、そうじゃないんだなと思わせてくれる素敵な曲です。