Imagine Dragonsおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

Imagine Dragonsおすすめの曲ランキングTOP10

オルタナティブロックバンドであるこのバンドだが、騒々しいだけのロックとは違ってキレイなメロディー、ポップとの融合など、真新しい音楽性が魅力だと感じています。他の有名アーティストとのコラボver.を出すこともあって、飽きがくることがありません。

 

 

第10位.Imagine Dragons「West Coast」

West Coast

Imagine Dragons「West Coast」がおすすめの理由

日本人の私たちは題名からこの曲の意味があまり理解できないと思いますが、和訳サイトなどで調べたらスッキリすると思います。の部分などにイマジンドラゴンズがこの曲にこめたメッセージが隠されていると感じます。また、歌詞に反してキャッチーなメロディーもこの曲の魅力の1つです。耳ざわりがよく、何度でもリピートできるような曲になっています。この曲が収録されているアルバム『オリジンズ』にはこのような曲が他にも入っているので気になった人にはこのアルバム自体おすすめできます。

 

 

第9位.Imagine Dragons「I Bet My Life」

Imagine Dragons – I Bet My Life

Imagine Dragons「I Bet My Life」がおすすめの理由

この曲一番の魅力は、サビのたたみかけるような部分だと私は思います。サビにはいるまえのAメロ、Bメロは比較的静かに進行しますが、サビではアップテンポに、激しく歌われます。シンガーのダンレイノルズの高く、キレイな声が堪能できる曲でもあります。題名がということで、応援ソングとして扱われることも多いです。確かに力強さが感じられます。本国アメリカでも高い評価を受けている曲です。邦楽、特に最近の日本のhiphopではないような曲ですが、日本人ウケもいい曲だと思います。万人に勧められます。

 

 

第8位.Imagine Dragons「Radioactove」

Imagine Dragons – Radioactive

Imagine Dragons「Radioactove」がおすすめの理由

この曲は、ほかのイマジンドラゴンズの曲以上にメッセージ性があるところが評価されています。比較的このバンドの初期の曲ですが、魅力がつまっていると思います。この曲が評価されたほかの理由としてはPVが挙げられます。歌詞の内容と合致するような、ダークで陰鬱としながらも、希望が感じられる映像は非常に素晴らしいと思います。折しも東日本大震災に近い年に発表されたので日本では特に注目されたという経緯があります。このバンドの中では比較的ロックに近いメロディーです。ぜひPVと合わせて視聴することをおすすめします。素晴らしいです。

 

 

第7位.Imagine Dragons「Walking on the Wire」

Imagine Dragons – Walking The Wire (Official Audio)

Imagine Dragons「Walking on the Wire」がおすすめの理由

この曲の特徴としては、歌詞の内容や歌いかたは力強いが、メロディーはきれいということが挙げられます。近年のイマジンドラゴンズはロックバンドとしての地位を確立してきており、映画の主題歌に起用されることもありますが、この曲もそれらのように万人受けしそうな曲になっています。The walkという洋画は有名ですが、この曲はその映画の内容を彷彿させるものがあります。また、イマジンドラゴンズのほかの曲と同じように、聴きやすいがメッセージ性も失われていないところも魅力です。ポップのようでロックでもあるというのがこの曲です。

 

 

第6位.Imagine Dragons「Bad Liar」

Imagine Dragons – Bad Liar

Imagine Dragons「Bad Liar」がおすすめの理由

この曲をおすすめする理由としては、誰もが共感できそうな歌詞にあります。哲学性、メッセージ性のある歌の多いイマジンドラゴンズですか、この曲は男女間の仲を描いた曲としてとらえることもできます。題名のは悪い嘘つき、ではなく嘘が下手であるという意味です。主人公がわが、相手にたいして自分は嘘が下手である、と言っている内容です。しかし、trust me darlingという歌詞もあって、曲の解釈は聴き手に任されているという感じもあります。同じアルバムにもキャッチーな音楽もあればこの曲のようなものがあることが魅力です。

 

 

第5位.Imagine Dragons「It’s Time」

Imagine Dragons – It's Time

Imagine Dragons「It’s Time」がおすすめの理由

このバンドを語るうえでこの曲は外せません。なぜなら、イマジンドラゴンズが売れるきっかけになった曲がこのIt’s Timeであり、このバンドの魅力が全てつまっているといっても過言ではないからです。メロディーライン、楽器の演奏法すべて聞きやすく、英語がわからない方だとただシンプルに明るい曲だと感じるようなこの曲ですが、実のところとても哲学的な曲だと言われていて、訳し方によっていろんな見方ができる歌になっています。しかしながらpvはこれまたファンシーなものになっており、いろんな表情をみせる音楽になっています。

 

 

第4位.Imagine Dragons「Thunder」

Imagine Dragons – Thunder

Imagine Dragons「Thunder」がおすすめの理由

このサンダーという曲は、比較的最近リリースされた歌で、日本での認知度も高く有名です。特徴としては、女性の声で入るバックコーラスのような音で、とっつきやすい音楽になっています。YouTubeにはライブバージョンもおおく上がっており、この曲の人気の高さがうかがえます。最近では、カリードいう若手のラッパーとコラボしたバージョンもリリースされており、個人的にはこちらのほうもとても面白いので強くおすすめできます。イマジンドラゴンズの中では割と理解しやすい歌詞であり、このバンドの初心者にもおすすめしやすいものになっています。

 

 

第3位.Imagine Dragons「Believer」

Imagine Dragons – Believer

Imagine Dragons「Believer」がおすすめの理由

この曲の一番の魅力は、なんといってもメロディー、歌詞が抜群にカッコいいところです。イントロの段階からイマジンドラゴンズらしさが全開であり、サンダーと同じ時期にリリースされましたが、方向性は異なると感じます。この曲も、アメリカでは有名なラッパーであるlil wayneとコラボしたバージョンも発表されており、こちらもすごくクールな出来映えになっています。二番にlil Wayneのラップが入ることで陰鬱な雰囲気があります。どちらも自信をもっておすすめできます。イマジンドラゴンズのカッコ良さが溢れています。

 

 

第2位.Imagine Dragons「Whatever It Takes」

Imagine Dragons – Whatever It Takes

Imagine Dragons「Whatever It Takes」がおすすめの理由

力強いメロディー、自分も頑張ってやろうと思えるような歌詞、すべてが完璧だと評価されています。リリースから一年がたちますが、YouTubeのコメント欄をみても未だに本国アメリカで高い評価を受けていることは一目瞭然です。ラップのような早い歌詞、サビの部分ののところなどは圧巻としかいようがありません。また、イマジンドラゴンズらしさである哲学性のある歌詞は健在であり、いろいろな解釈ができます。pvにも魅力がつまっています。

 

 

第1位.Imagine Dragons「Demons」

Imagine Dragons – Demons (Official Video)

Imagine Dragons「Demons」がおすすめの理由

この曲はや、<it’s time>がリリースされたのと同じ時期に発表されたものなので、イマジンドラゴンズの中ではすこし古い曲になっています。しかしながら未だに色褪せることのない名曲だと思います。題名のdemonsはその名の通り悪魔のことで、自分のなかにひそむ悪魔のようなものについて語っている歌だと私は解釈しています。しかし、この曲はイマジンドラゴンズのなかでも特に解釈のわかれる難しい曲として有名で、なにが正しい和訳なのかは分かりません。この難解さやメロディーのきれいさはさすがイマジンドラゴンズといったところです。