Juice=Juiceおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

Juice=Juiceおすすめの曲ランキングTOP10

デビュー前のインディーズから珍しく見ていたアイドルです。こんなアイドルもいるんだなぁと言う感じで最初は見ていましたが、デビュー時の歌に衝撃を受けてそれ以降すっかりファンになってしまいました。なによりメンバーの1人の金澤朋子さんの歌声の虜です。癖になるなかなかない声をもっています。

 

 

第10位.Juice=Juice「銀色のテレパシー」

Juice=Juice 04. 銀色のテレパシー 2017中野 1080p

Juice=Juice「銀色のテレパシー」がおすすめの理由

前奏が壮大でJuice=Juiceのハーモニーの惹き付けられます。そしてようやくAメロに来たかと思うと宮本佳林ちゃんと言うセンターの子のソロの綺麗な声。出だしの「屋根登り〜」を何回も繰り返して聞いてしまった程。掴みの全てが完璧過ぎます。こんなにゆったりと入る曲ですが、サビのメロディーラインは割と明るい感じになっています。この曲はみんなが綺麗な歌声を持っているJuice=Juiceだからこそ輝ける曲だと思っています。遠く離れた人を思う寂しい気持ちがリズムと声をのせてダイレクトに伝わってきます。先程も言った通りサビが明るい感じなので、1曲聞いただけで2つの曲を楽しめる感覚になっています。会えない日々を綴っている曲ではあるのですが、相手を信じている、常に感じている。だから寂しくないよと一途な乙女心が大好きな1曲です。

 

 

第9位.Juice=Juice「素直に甘えて」

Juice=Juice / 素直に甘えて【2018.08.01 パレットプラザ】

Juice=Juice「素直に甘えて」がおすすめの理由

ちょっと大人過ぎないか?と言った1曲になっていますが、下品になり過ぎないセクシーさでJuice=Juiceが仕上げてくれます。とくに段原瑠々ちゃんが歌い方やダンスの魅せ方がどこをとっても決まっていて目が離せません。歌詞はこっちからアプローチ駆け引きは面倒臭い、素直になって短い人生楽しもうよと刺激的な歌詞です。駆け引き面倒臭いと言いつつめちゃくちゃ誘うような歌詞になっていますが。なによりサビのリズムがキャッチャーで弾むように進むので聴いていて心地がよくなります。聴いてよしライブで見てよしの最高の1曲となっております。

 

 

第8位.Juice=Juice「チクタク 私の旬」

Juice=Juice 『チクタク 私の旬』

Juice=Juice「チクタク 私の旬」がおすすめの理由

アイドルの王道らしい曲のメロディーラインをしています。可愛らしくポップです。歌詞も「時を食べちゃう魔物」など遊び心が散りばめられています。なによりサビの「私バカじゃないの自覚もしてる賞味期限チクタク女の旬」が20中盤に差し掛かっている私にダイレクトに響きます。素直にならないともう取り返しのつかない事になってしまう・・・。2番の歌詞の「私は個人主義それで?が口癖」よは女の子なら、あぁあるあると共感できるポイントにもなっているのではないのでしょうか?そしてこの後の「なのに、ねぇ、あなたはなぜ私を見つけてしまったの?」と強がりの中にある少し弱気な伺うような心が垣間見れてより素直になれない女心を表していると思います。なによりサビの「私バカじゃないの」が萌えポイントでオススメです。

 

 

第7位.Juice=Juice「Girls Be Ambitious」

Juice=Juice 「Girls Be Ambitious」 (The Girls Live 20160523)

Juice=Juice「Girls Be Ambitious」がおすすめの理由

Juice=Juiceメンバーの自己紹介曲です。作詞作曲は私が大好きな中島卓偉さんが行っています。出だしの歌詞から「こうなったらマジで痩せてやる宣言!」とアイドルに歌わせるのはハロプロぐらいじゃないでしょうか。2番の「もちろんダイエットは継続。もうスイーツなんていらない・・・やっぱり嘘」と歌詞もお茶目さがあって面白いです。この曲の良いところはライブ中に歌っているとJuice=Juiceメンバーも楽しそうに時々メンバー同士でちょっかいかけあっているので、見ていて楽しい聞いていて楽しいそんな曲です。年によって歌詞もかわっていたり、メンバーが増えるとまた新しい魅力が出来て同じ曲を何度聴いても飽きさせません。そこがオススメポイントになっています。出来れば毎年取り直してCD収録してほしい曲です。

 

 

第6位.Juice=Juice「風に吹かれて」

Juice=Juice『風に吹かれて』[Blown by the Wind] (Promotion edit)

Juice=Juice「風に吹かれて」がおすすめの理由

曲調のせいか分かりませんが、もの悲しいような寂しくなるような曲です。リズムがとてもぱきぱきして歌いにくいですが淡々と進んでいくのでこのリズムが心地よいです。歌詞は女の子らしい気持ちを綴っています。哀愁漂う雰囲気が好みなので聞いてすぐ好きになりました。最初、サビの「風に吹かれて」の部分の振り付けがイマイチかな?と思っていたのですが風にしなやかさをイメージしている振り付けなのかと気がついて、これが年々しなやかさがましていくのでこう言う振り付けもいいな!と考えさせられました。リズムが本当にとれにくい曲ですが、だからこそ逆に癖になる曲です。Juice=Juiceメンバーみんなの綺麗な声にとてもマッチしています。アイドルのシングルB面にありそうなマイナー曲な感じですがとてもオススメな1曲です。

 

 

第5位.Juice=Juice「Magic of Love(j=j 2015Ver.)」

Juice=Juice 「Magic of Love (J=J 2015Ver.)」

Juice=Juice「Magic of Love(j=j 2015Ver.)」がおすすめの理由

太陽とシスコムーンが原曲のカバーソングです。やっぱり原曲のイメージってなかなか抜けないし超えるのって難しいと思うのですが、これが原曲を感じさせないJuice=Juice色に見事にそまっています。逆にこのぐらいの年齢の子が歌っているからこそ、この曲のお茶目さがでてるのでしょうか。サビに入る前の「Magic of My Love」と歌うところが太く歌い上げるのですが、かっこいいし気持ちがいいです。そし2番のところを「どうしよう何処にいるの」と金澤朋子ちゃんが歌うのですが、そこをファンが合いの手で「ここだよ朋子!」と言うのがたまらなく好きです。最後1番のポイントは高木紗友希ちゃんがフェイクをしているのですがアイドルと感じないぐらい決めてくるので、アイドル聞いたことないと言う人にもオススメできます。

 

 

第4位.Juice=Juice「ロマンスの途中」

Juice=Juice 『ロマンスの途中』 [Romance is on its way] (MV)

Juice=Juice「ロマンスの途中」がおすすめの理由

メジャーデビューシングルです。インディーズからなんとなくこのグループの曲を聴いていたぐらいだったのですが、この曲を聞いて革命きた!と本気で思いました。と言うかこれ、流行らない事あるの?とまで思っていました。ちょっとそのぐらい勢いがある曲です。このグループすごいかも
、こんなグループを最初から応援できる私幸せももんだと宝箱を見つけたみたいにテンションが凄いあがったのを覚えています。サビの「愛してるわと言え!」と言う歌詞につんく♂さんらしさが詰め込まれているいます。なによりこの後の「すごい やばい」もつんく♂さんらしいのですが。歌詞に彼女たちのこれからのエールみたいなものも散りばめられていて愛のあるメジャーデビューシングルになっていると思います。どんなにいい曲が出ようともこの曲はやっぱり特別な感情のある1曲です。

 

 

第3位.Juice=Juice「愛・愛・傘」

Juice=Juice 『愛・愛・傘』

Juice=Juice「愛・愛・傘」がおすすめの理由

私の好きな人が作詞作曲を担当しています。まずなによりメロディーラインが好みです。雨の憂鬱な気持ちがぎゅっと詰め込まれているんじゃないんでしょうか。サビの途中まで「愛・愛・愛・傘」なのに3回目来た時には「愛・愛・愛・愛がさ」と変化する歌詞がぐっと心を掴まれます。もの悲しい曲なのですが、可愛らしい女の子の気持ちが書かれていて、例えば「照れたほっぺを髪で隠すから顔が見れないの」「聞きたい言葉はひとつだけ。分かるでしょ?意地悪!」など学生の青春なような歌詞があるのも特徴です。そして2番Bメロが来てサビに入らず変調になるのですが、ここがこの音楽の中で一番好きな音の部分です。落ちサビまでの盛り上げに大切な少し静かな部分になるのですが雨がしとしと降っている時の静けさが表せられていてでもなんだか暖かくなるメロディーです。

 

 

第2位.Juice=Juice「Goal〜明日はあっちだよ〜(Album Version)」

Juice=Juice – Goal〜明日はあっちだよ〜

Juice=Juice「Goal〜明日はあっちだよ〜(Album Version)」がおすすめの理由

なかなかCD収録されず、ようやく最近CD収納された曲です。Juice=Juiceは割と狭い箱でliveをしていたのですが武道館liveが決まってからこの曲も歌われるようになりました。出たしの歌詞から「夢のあの扉を開けたあの日から何度目の季節が来ただろう」と語りかけてきます。サビの「ゴールが見えたと笑って!ゴールじゃないよと笑って!」のフレーズとリズムが自然と力が入ってしまう疾走感のある曲です。ようやくたどり着けた武道館だけれど、歌詞にあるように「まだまだ探そうよ」更なる飛躍を求めてきています。2番のサビの「ゴールはどこだ?と泣いてゴールは無いよと泣いて見上げた雲の群れ」の歌詞にはただ泣いているだけじゃなく、上を向いて涙を零れないようにしている強さと儚さが込められているんだと勝手に解釈をしています。全力でひたすら走り抜ける青春をぐっと詰め込んだ作品です。Juice=Juiceの努力の結果がこの曲になって、より感動的な歌になっています。胸が踊る素敵な音楽です。

 

 

第1位.Juice=Juice「大人の事情」

「大人の事情」Juice=Juice ~最高~

Juice=Juice「大人の事情」がおすすめの理由

少し古い曲のようなメロディーラインです。在り来りの歌詞やリズムをしていますがこれが耳から離れません。女の子なら割と誰でも好きな曲になっていると思います。歌詞はいけない恋をしている女の子を描いたものになっています。それをアイドルに歌わせる事によってよりリアルさや悲しさが漂ってこの曲が輝きます。「大人の事情が理解できるほど大人になれないよ。会いに行きたい」「大人の真似して恋しただけだよ」このフレーズがより儚さを表しているんじゃないかと思います。ただ好きで傍にいたい女の子の気持ち、誰にも邪魔されず自由に恋愛したいそのピュアな恋愛観が悲しいメロディーラインで綴られています。自由で恋愛したいけれど、出来ないもどかしさ。アイドルじゃなくても誰でも共感できる部分になっているので感情移入がしやすく、歌う時など歌いながら心が悲しくなっています。何度でも歌いたくなる忘れられない曲なのでこちらの曲を1番に選ばせてもらいました。