RYUJI IMAICHI人気曲おすすめランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

RYUJI IMAICHI人気曲おすすめランキングTOP10

歌手の夢を追いかける為に高校を中退し、100回以上のオーディションに落ちたにも関わらず諦めずに夢を叶えた心の強さがかっこいい。
三代目としてデビューしてからも、天狗にならず努力し続ける姿勢と歌一本と決めている信念の強さが歌声に表れている。表現力も歌唱力も男性ソロシンガーとしてずば抜けていると思う。日本では売れることが難しいとされているR&Bシンガーとしてソロデビューした決意を応援し続けたい。そんなRYUJI IMAICHIのおすすめの曲をランキング形式でご紹介します。ぜひ聴いてみてください。

 

 

第10位.RYUJI IMAICHI「LOVE HURTS feat.ブライアンマックナイト」

RYUJI IMAICHI feat. Brian McKnight / LOVE HURTS (MUSIC VIDEO)

今市隆二が神だと尊敬している海外R&Bシンガーのブライアンマックナイトとの曲。2018年にLAへ3ヶ月ブライアンマックナイトの自宅へ留学し、憧れの歌手と一緒に作ったというこの曲。悲しいラブソングですが、ブライアンと今市隆二の声のハーモニーが切なくて、どこか優しい気持ちにさせてくれます。

今市隆二初の全歌詞が英語という曲ですが、英語が分からない人にも雰囲気で曲調を伝えられる表現力はさすがだとおもいます。さいたま公演での本人と共演したラストステージでの圧巻の歌声は会場を涙で埋め尽くしました。今市隆二を知らない人にも聞いてほしい一曲です。

 

 

第9位.RYUJI IMAICHI「catch my light」

RYUJI IMAICHI / Out of the Darkness 〜 Catch my Light (MUSIC VIDEO / YouTube ver.)

この曲はどんなに暗闇に落ち込んでいる人にも、信じ続ければ光が見えるという事を強く伝えてくれる曲です。今市隆二自身が、デビューまでの道は険しく100回以上のオーディションを落ちながらも最後と決めたLDH主催のオーディションで見事合格し、夢のデビューを果たすというストーリーを持っています。

その事実を知っているファンからすれば、今市隆二本人がどんなに暗闇に包まれていても、信じ続けていればいつか光が見えるよ。と歌ってくれれば、それ以上勇気づけられる歌はないと思います。私自身も落ち込んだ時にいつも聞きたくなる曲です。

 

 

第8位.RYUJI IMAICHI「ONE DAY」

RYUJI IMAICHI / ONE DAY (Music Video)

今市隆二がソロシンガーとしてデビューしてから初めて出したシングル曲です。R&B感が強く、今まで三代目ジェイソウルブラザーズとしての今市隆二しか知らなかったファンからすると、このONE DAYという曲は衝撃でした。

今市隆二は本当はこんな音楽がやりたかったんだ。こんな表現力があったんだ。と初めて気付かされた部分が大きかったからです。ONE DAYは恋人との最後の1日を表しています。この最後の1日は今まで特に気にしたことのなかった夕日や毎日眠るベッド、寝息、全てが君となら特別になる。という意味が込められており、今市隆二の切ない歌声、表現力が存分に生かされている曲です。

 

 

第7位.RYUJI IMAICHI「angel」

RYUJI IMAICHI / Angel(Music Video)

この曲は日産アクアのCMにも起用されており、今市隆二がソロデビューする3年も前から世に放たれていた曲です。CMの15秒間ですら凄く話題になりました。この曲は運命の出会いから人が恋に落ちる瞬間のワクワクした気持ちやどれほどの奇跡かという事をアップテンポな曲調に合わせて歌っています。

ライブでも凄く盛り上がる曲で、後ろにダンサーを構えての振り付けも評判高く真似するファンも多いです。今市隆二にしては、凄く可愛い曲で辛い恋や楽しい恋などたくさんのことを経験してきたからこその歌詞だろうなーと思わされる部分がたくさんあり聞いていて楽しい曲です。

 

 

第6位.RYUJI IMAICHI「out of darkness」

RYUJI IMAICHI / Out of the Darkness 〜 Catch my Light (MUSIC VIDEO / YouTube ver.)

この曲は今市隆二がソロシンガーとしてデビューしてから初のソロアルバムに初めて収録された一曲です。冒頭の鏡の奥の自分に嘘をついていただけ。といフレーズから始まり、最愛の恋人との居心地の良い場所から離れて自分が目指す新しい場所へ目指すという決意と心意気を表している曲です。

今市隆二はデビュー前に7年付き合っていた彼女がおり、運命を変えたLDHのオーディションを勧めたのは彼女だそうです。しかし、オーディションに受かって三代目としてデビューするまでの間に別れを告げたそうです。理由は夢が叶ってから彼女に寂しい思いをさせてしまう。と言っていました。その情景が目に浮かぶようなこの曲が大好きです。

 

 

第5位.RYUJI IMAICHI「thank you」

RYUJI IMAICHI / Thank you (Music Video)

今市隆二は人間としてぶれない部分があります。それは周りへの感謝。デビューできたのもスタッフや家族、友人、一緒に苦楽を分かち合ってきたメンバーのみんな、そしてなりよりデビュー当時から自分のことを応援し続けてきてくれているファンの存在。

その全てに感謝を忘れなていない人間です。ライブのMCでも毎回必ずこのことを来場したファン達に伝えてくれます。そんな今市隆二が自分の言葉で自分の歌詞で表現してくれたのがこの曲です。毎回ライブのアンコール後の1番最後に感情を込めて歌ってくれるのですが、毎回会場が涙に包まれます。

 

 

第4位.RYUJI IMAICHI「rainy blue」

[Kara + Engsub] Rainy Blue – Ryuji Imaichi

この曲は言わずと知れた名曲で徳永英明さんのものです。この曲は今市隆二としての初のソロツアー、LIGHT DARKNESSで歌唱されたもので、なおかつ今市隆二がデビューする際に受けたLDHのオーディションの第二次選考で歌った歌です。

歌詞の内容は別れた彼女を街の色んな場所に思い出してしまう、切ない男性の気持ちを描いたものです。徳永英明さんの歌うRAINY BULEももちろん素晴らしいのですが、今市隆二として表現したRAINY BULEも感情の表現力が素晴らしいので知らない人にも聞いてほしいと思います。

 

 

第3位.RYUJI IMAICHI「夜明け前」

RYUJI IMAICHI LIVE TOUR 2018 “LIGHT≻DARKNESS” 今市隆二

この曲はまだ世間的には未発表の作品です。今市隆二のインスタグラムのストーリーでは発表されており、それより前の今市隆二の初のソロツアー、LIGHTDARKNESSでは歌唱されています。ライブでは今市隆二本人がピアノを弾きながら弾き語りとして歌っており、ソロシンガーとしての腕を魅せていました。

ピアノは幼い頃から習われているとのことで、ガテン系の見た目からは想像もつかない優しい音色と歌声で会場を魅了しておりました。夜明け前は三代目の大ヒット曲RYUSEIなどを手掛けているSTYさんが作った曲なので、世間に公表されてからが楽しみです。

 

 

第2位.RYUJI IMAICHI「very special」

[Engsub] Very Special – Crystal Kay ft. Ryuji Imaichi

この曲は今市隆二としてのソロデビューした後の発表曲ではなく、三代目の今市隆二として発売した曲です。史上初の女性とのコラボレーションです。大先輩であるLDH所属のクリスタルケイさんとのコラボレーションで、いつにもなく甘い歌声で歌っています。

PVもクリスタルケイさんとのスタンドマイクでのパフォーマンスで、三代目ジェイソウルブラザーズのメンバー以外に見せる甘い顔にこのPVを見てから今市隆二のファンになったひとも多いと思います。クリスタルケイさんにも負けないくらいの甘い歌声を是非聞いてほしいのでおススメです。

 

 

第1位.RYUJI IMAICHI「ALL LOVE」

[All LOVE] 今市隆二

この曲は今市隆二という人間を一番表している曲だといえます。今市隆二は常に愛に溢れているひとです。ファンや家族、友人、恋人、さまざまな形の愛がありますが、自分が愛を持って接していれば相手も愛で返してくれる。ライブでも人類愛や、少し嫌なことや争いがあっても、相手は生まれた時には愛で囲まれていて、そうなった経緯にはそうさせてしまった誰かがいる。

だから自分が我慢してその場を愛で返せばみんなが愛で溢れる。と伝えてくれました。そんな愛に溢れた生き方を実際に自分で表現し、歌として伝えてくれる。そんな今市隆二を表しているこの曲を一位に選ばしてもらいました。本当にみんなに聞いてほしいと思う曲です。