SOPHIA人気曲おすすめランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

SOPHIA人気曲おすすめランキングTOP10

一般的にはボーカル松岡充のキラキラしたちょっとチャラいようなタレントイメージや、ポップロックな曲調の印象だと思いますが、SOPHIAはバンドとしてものすごい。元々ビジュアル系出身ですがV系にはあまりないキーボードが入ることで音に深みと広がりもあるし、充くんの歌詞は本当に凄い。

一言で言うと、「切ない」と言う感情を表現するのがものすごくうまいところ。切ないという言葉は一切使わず、それでいてものすごく切ない気持ちになる歌詞を書くのです。ポップな曲調ほど重く、ハードな曲調ほど前向きで、ポップと思いきやものすごい皮肉が入っていたりと曲の幅もものすごく広いところも魅力。シングルとアルバム曲では全然イメージが変わります。

そんなSOPHIAのおすすめの曲をランキング形式でご紹介します。ぜひ聴いてみてください。

 

 

第10位.SOPHIA「material of flower」

material of flower SOPHIA

暗い!痛い!切ない!(笑)SOPHIAって一般的にポップで爽やかな「街」「believe」や、ひとひねりロックの「黒いブーツ」や「ビューティフル」などのシングル曲のイメージがあると思うんですが、アルバムの曲、特にアルバムの核になるような曲ほど暗くて痛くて絶望感のある曲だったりします。

特にこの曲の入った「マテリアル」や「ALIVE」あたりは本当に重い。この曲のピアノは胸に刺さります。生きていく上での孤独を綴った歌詞もこの曲は救いがなくて、それでも進んでいくこと、それを前向きでなく絶望のまま歩んでいく感じ。充くんの歌い方も胸に来る鋭さ。こういう酷く重い曲もSOPHIAの隠れた魅力です。

 

 

第9位.SOPHIA「青い季節」

02 – SOPHIA 「青い季節」 [HD]

爽やかで疾走感溢れるキラキラしたロックナンバー。青春時代のような青々とした、まさに青い季節を歌った曲。この曲が出た時既にSOPHIAメンバーも良い年の中年だったけど(笑)若者のようなフレッシュさと勢いのあるストレートな曲に歌詞。

ただ、「伸ばした両手届かないと僕らは知っていた」という歌詞にあるように、ただ夢見ただけじゃないんですよね。現実と挫折を知っている。こそが充くんの歌詞らしいというか、ただ爽やかでキラキラしているだけじゃなく垣間見える闇というかその上でのこの歌詞というのが若者には描けないなぁというところです。

 

 

第8位.SOPHIA「cod-E〜Eの暗号〜」

SOPHIA / cod-E~Eの暗号~

ボーカル松岡充くん主演の仮面ライダーエターナルの主題歌であり、都さんの癌による活動休止からの復活、そしてエイベックスへ移籍第一弾の曲。待っていたファンの気持ちに応えるかのような、ファンなら響くポイントがたくさんの曲です。まず仮面ライダーエターナル。SOPHIAのファンクラブ名はエターナル。その名前のついたライダーを充くんが演じること。

そしてこの曲の歌詞は今までのSOPHIAの曲名や歌詞がたくさん使われているんです。ファンならわかるあの曲のフレーズ…まさにEの暗号、E…エターナル、ファンクラブ会員ならわかる暗号が目一杯の歌詞。メンバーの病気、レコード会社移籍で不安なままそれでもSOPHIAを待っていたファンのための愛に溢れるロックナンバーです。

 

 

第7位.SOPHIA「坂道」

06 – SOPHIA「坂道」 [HD]

イントロのギターが印象的なゆったりとしたバラード。過ぎた別れを想う曲ですが、SOPHIAらしいなーと想う部分は「こんな僕もいつかは君を忘れる」という歌詞の部分。普通は君が僕を忘れることの悲しさを歌いがちだと思うんですが逆なんですよね。

僕の方もいつかは君を忘れてしまう、愛してた「つもり」なんです。その悲しさを表現する人ってなかなかいないんじゃないかと思うなぁ。そこが松岡充のなんとも言えない切なさの表現が上手いところ。曲調もゆったりとして、ある意味SOPHIAらしいバラードほど歌詞が悲しいパターンの曲。

 

 

第6位.SOPHIA「BANDAGE」

SOPHIA.. BANDAGE :3

バンデージ、つまり絆創膏。SOPHIAが君の傷から守るよ、癒すよ、だから恐れずに前に走り出せ!という曲です。SOPHIAにしては珍しくひたすら前向き?というか、弱音が出ていない素直な応援歌に近いです。曲はピアノが印象的な疾走感のあるロックな曲調。

SOPHIAはポップな曲調の時ほど歌詞は切なく、逆にハードな曲調の時ほどストレートに前向きな歌詞な印象。傷も痛みもあるけどSOPHIAが守ってやるから走り出せ!と心強く背中を押してくれる曲です。この曲の入ったアルバムはBAN DAGE。バンデージ(絆創膏)とバンドエイジ(バンド世代)他のダブルミーニングです。

 

 

第5位.SOPHIA「ポトス」

SOPHIA philosophy-II 4/16 ポトス

「チュッチュッチュールララ!」っという歌い出しから始まるアルバムの中の名曲。可愛い。この歌い出しも含めとにかく可愛い曲。ライブでも充くんの可愛いダンス?が見れます。歌詞は夢見がちでちょっと抜けてる女の子を愛している気持ちを歌う曲。

歌詞も意識してかかなりメルヘンチックで可愛いらしい感じです。「夢の中に出てくる王子様なりきれない僕だけど」と、可愛い二人の恋模様?に、時々SOPHIAらしい皮肉というかシニカルな感じが混ざってくる所が可愛らしさ一辺倒じゃないところ。曲調もかなりポップで充くんの声も高めです。

 

 

第4位.SOPHIA「one summer day」

SOPHIA-one summer day(Live)

夏の終わりの別れをイメージさせるノスタルジックな曲。この曲はSOPHIAから離れてしまったファンへの想いを歌った曲と言われています。アーティストが応援してくれているファンへ向けた曲はよくあると思いますが、離れてゆくファンへの気持ちを描いた曲ってなかなかないんじゃないかと思います。

その点がまずすごい。夏の終わりとともに自分から離れて歩き出す相手を静かに見送るような歌詞も本当に切ない。そして、この曲の一番凄いところは最後の歌詞。「綺麗で 優しくて 悲しいね」というフレーズですが、切ないという言葉を使わずにこんなに上手く表現することができるなんて。素晴らしすぎます。

 

 

第3位.SOPHIA「Believe」

[PV] SOPHIA Believe

ファンにはお馴染みすぎるSOPHIAの代表曲であり、始まりの曲。ライブでもイントロのコーラスが流れた瞬間にウワーッと盛り上がります!歌詞は君を守り続けるよ、という王道ラブソング。王道も王道過ぎてよく見るとちょっと恥ずかしいくらいです。

MVもメンバー若過ぎて恥ずかしいくらいです(笑)若い頃作った曲なので…。でもその王道具合が皆に愛される定番曲である理由でもあると思います。メロディも初期SOPHIAらしいギターとシンセの音色が目立つ王道切なポップ。ライブではクライマックスでよく披露され、終わりのサビでファンが大合唱してとにかく盛り上がります。

 

 

第2位.SOPHIA「float」

Float

ベースの黒柳さん作曲のアルバムの隠れた名曲。イカついイメージのクロちゃんですがこの曲は緩やかでかつ切ないメロディラインが特徴です。この曲の好きなところは何と言っても歌詞。出会いと別れを繰り返す日々の切なさを歌っていますが、よく歌われる出会いと別れの日々を前向きに捉えるような歌詞ではなく、「出会いと別れの繰り返しそんなものが人生というならば叫んで逃げたくなるよ」とそこから逃げたくなる、辛いものだと明かしているところ。

過ぎた日々、失った戻れない日々を嘆いている心の叫び、切なさが痛いです。ラストの「霞んでく戻れないのかこんなに苦しいのにこんなに愛してるのに君を」という部分、充くんの歌い方も切な過ぎて胸が締め付けられます。

 

 

第1位.SOPHIA「Eternal Flame」

SOPHIA – 「Eternal Flame」

サビのメロディ、ジルくんのイントロからのアコースティックギター、都さんのピアノ、そして充くんの歌詞、全てが切なくて泣けます!SOPHIAの結成初期からある曲で、音源としては大ヒットしたシングル「街」のカップリングで一般にはあまり知られていないですが、ファンには馴染みの深い名曲です。

サビの「この空高く広がる思いのままに全てを愛せたならば…」と歌う充くんの声も伸びやかで、割とスケールの大きい歌詞ですがそこに入るピアノの音色も相まってとにかく美しい!野外ライブで聞いた時は本当に空に広がる歌が美しくて泣けました。