加藤ミリヤおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

加藤ミリヤおすすめの曲ランキングTOP10

高校生の時爆発的に人気があり、そのころから大好きです。なんといっても歌詞に共感できるのが加藤ミリヤの魅力だと思います。歌声も、曲によって変わるので悲しい歌だけでなくかっこいい歌も好きです。 当時恋愛で嫌なことがあったときによく聞いては泣いていました。曲を聴いて明るくなれるわけではなく、もっと落ち込むのですが……それでもなぜか聞きたくなる曲が加藤ミリヤの曲でした。今でも出勤前に必ず聴いています。

 

 

第10位.加藤ミリヤ「Aitai」

加藤ミリヤ 『Aitai』

加藤ミリヤ「Aitai」がおすすめの理由

約10年前に大ヒットした曲。20代後半の人の中では、「加藤ミリヤ」という歌手を知ったきっかけになった曲かもしれません。「会いたいのに会えない」「私だけを見てほしい」。そんな切ない歌詞がとにかく心に響きます。最初はそこまで好きな曲ではなかったのですが、liveに行った時、生で聴いた時に鳥肌が立つほど感動しました。そこから大好きな1曲です。片思いの女性だけでなく、彼氏がいる女性でも、喧嘩した時や不安になった時に聴くと心に響くはずです。当時高校生の私は、失恋した時によくこの曲を聞いて泣いていました。共感しすぎて落ち込みます(笑)失恋後、明るい気持ちになりたいときには不向きですが、とことん落ち込みたいときにおすすめの1曲です。

 

 

第9位.加藤ミリヤ「WHY」

加藤ミリヤ 『WHY』

加藤ミリヤ「WHY」がおすすめの理由

最低な男性を好きになってしまった女性が、あんたなんかいらない!という気持ちと、本当は好きなのに……という気持ちが入り混じった1曲です。この曲の男性はいわゆる「ダメ男」です。散らかった部屋にタバコの臭い、皮のソファーというなんとも「ダメ男」を彷彿とさせる歌詞がたくさん出てきます。この歌の中の二人は、付き合っておらず、体だけの関係だけ。そして女性が一方的に好きになってしまった……そんな感じがします。好きな人や彼氏の相談を友達にしても「そんな男やめときなよ」と言われたことがある人は、とても共感できると思います。

 

 

第8位.加藤ミリヤ「ロンリーガール」

Katou Miriya (Miliyah Kato) – Lonely Girl (Tradução)

加藤ミリヤ「ロンリーガール」がおすすめの理由

寂しいけど寂しいと言えない、優しくされても突っぱねてしまう思春期の女の子の気持ちが表現されています。この曲を聴いていた当時、私も高校生だったので、周囲(特に家族)に強がる気持ちがすごく共感できました。悩みがあってもなかなか言えない、ちょっとしたことでイライラする、そんな年代だったと思います。うれしいことも表現できず、ムスッとしている方がかっこいいと勘違いしていたのかもしれません(笑)また、冒頭とラストの歌詞でたくさん名前が出てきますが、これは過去にいじめられた人の名前と聞いたことがあります。嘘か本当かは分かりませんが……。なお、2017年にはロンリーガールをアレンジした曲「新約ディアロンリーガール feat. ECD」がリリースされています。そちらもおすすめです。

 

 

第7位.加藤ミリヤ「Love Forever」

加藤ミリヤ×清水翔太 『Love Forever』

加藤ミリヤ「Love Forever」がおすすめの理由

加藤ミリヤと清水翔太のフィーチャリング曲です。好きな理由は、テンポがとても良く、歌詞も覚えやすくて共感できるからです。清水翔太の声もそこまで低くないので女性でもカラオケで歌えると思います。個人的には、カラオケの鉄板ソングだと思っています(笑)。いろいろと衝突して別れそうになった過去を乗り越えた二人。その当時の二人(彼氏・彼女)の想いが歌詞として歌われています。特に耳に残るのが、サビの「君に出会えてよかった」という歌詞。当時の恋愛事情を思い出したりして、聴くたびに「あぁ、この曲聴いて泣いたな~あの人元気かな~」と考えることがあります(笑)

 

 

第6位.加藤ミリヤ「HEART BEAT」

加藤ミリヤ 『HEART BEAT』

加藤ミリヤ「HEART BEAT」がおすすめの理由

コカ・コーラのCMソングとして知られる応援ソングなので、加藤ミリヤを知らない人もCMで聴いたことがある1曲だと思います。失恋ソングを歌う加藤ミリヤのイメージが覆されるくらい、かっこよくて明るい歌です。「HEART BEAT」の好きなところはとにかくテンポが良いところ。カラオケで歌っても必ず盛り上がる曲です。また、仕事で嫌なことがあった時や朝の出勤前に聴いて元気をもらっています(笑)オリンピックのテーマソング且つコカ・コーラのCMソングのこの曲は、いまや運動会や体育祭の歌としても多く使われているんだとか。

 

 

第5位.加藤ミリヤ「Love is…」

加藤ミリヤ 『Love is…』

加藤ミリヤ「Love is…」がおすすめの理由

悲しい恋愛事情を歌うことが多い加藤ミリヤには珍しい、バラード曲です。結婚式・披露宴の定番ソングとして知られています。もう12年前の歌なので、今の彼女の歌とはまた違ったメロディや曲調を楽しめます。歌詞からは、交際を重ねたふたりがいろんな試練を乗り越えて一生を誓う、そんな描写が見えます。加藤ミリヤ=悲しい歌ばかりと思われがちですが、この曲は本当に純粋に相手を想って歌われているので、ある意味レアな曲かもしれません。また、今や「ネオギャル」として知られる彼女ですが、この頃暗い髪色にロングヘア。PVではそんなレアな加藤ミリヤが見ることができます!

 

 

第4位.加藤ミリヤ「19 Memories」

加藤ミリヤ 『19 Memories』

加藤ミリヤ「19 Memories」がおすすめの理由

安室奈美恵の名曲「sweet 19 blues」モチーフにした1曲です。サビが似ています。加藤ミリヤの19歳のリアルを綴った1曲とのこと。好きな理由は、なんといっても歌詞に共感できるから。私が特に好きな歌詞は、サビの「大人になんかなりたくはないでも子供扱いしないで」という部分です。一般的に大人とされる年齢である19歳の気持ち・葛藤がうまく表現されています。これを聴くと学生時代の楽しかった思い出、辛かった思い出が蘇るので、懐かしい気持ちに浸りたい時に聴いています。高校生から20代前半の人にピッタリの1曲です。

 

 

第3位.加藤ミリヤ「眠れぬ夜のせいで」

眠れぬ夜のせいで

加藤ミリヤ「眠れぬ夜のせいで」がおすすめの理由

YouTubeで加藤ミリヤの曲を聴いていた時にたまたま流れてきて、一瞬で好きになりました。2000年代前半の加藤ミリヤの曲は歌詞に惹かれることが多かったのですが、この曲はテンポと彼女の感情移入されすぎた声に惹かれました。冒頭の「I cry~」がかっこよすぎて何度聴いても鳥肌が立ちます。歌詞を見る限り、相手のことが好きすぎて、自分が狂うほど恋愛に浸かってしまった女性の歌のようです。歌詞だけ見るといわゆる「メンヘラ」に感じるかもしれませんが、曲のテンポが良いのと加藤ミリヤの美声でそんなことは忘れさせてくれます(笑)

 

 

第2位.加藤ミリヤ「DESIRE」

加藤ミリヤ 『DESIRE』

加藤ミリヤ「DESIRE」がおすすめの理由

liveで聴いてから大好きになりました。この歌の好きなところは、曲に疾走感があふれているところです。「加藤ミリヤの曲=病んでいる」というイメージを持っている方もいらっしゃるかと思いますが、この曲は違います。とにかくカッコイイです。冒頭の「calling~」からかっこよすぎて、聴くだけでテンションが上がります。特に夏に聴いてほしい1曲。この頃くらいから、病んでいる曲だけでなく、カッコイイ系の曲も増えてきた気がします。また、カッコイイのは歌だけではありません。ダンスもキレキレ、なおかつ簡単。皆で覚えて踊れるのもこの曲のいいところです。カラオケでは必ず盛り上がります。

 

 

第1位.加藤ミリヤ「AIAIAI」

加藤ミリヤ 『AIAIAI』

加藤ミリヤ「AIAIAI」がおすすめの理由

聴いただけでテンションが上がる1曲です。曲調がカッコイイ。歌詞も覚えやすく、毎朝聴きながら口ぐさんでいます(笑)カラオケに行くと必ず盛り上がる曲のひとつです!「Aitai」「WHY」やがヒットした頃の曲は、若い女性がダメな男性を好きになってしまい、傷つけられることが想像される歌詞が多かった気がします。しかし、これがAIAIAIの頃になると、女性側に「大人の女」を感じるようになりました。泣きわめくのでなく、寂しがるのでもない。おとなしいけどどこか芯がある女性。加藤ミリヤ自身がイイ女風な女性に成長したのかな?と勝手に解釈してしまう1曲です(笑)