大黒摩季おすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

大黒摩季おすすめの曲ランキングTOP10

とにかく歌がカッコいいです。同じ女として憧れてしまうほどの強さが歌詞にはあります。どの曲も一度聴くと忘れられないメロディーです。なぜか聴くだけで元気をもらえるとても魅力的な歌手です。昔の曲を聴いても古さを感じさせません。

 

 

第10位.大黒摩季「永遠の夢にむかって」

永遠の夢に向かって/大黒摩季

大黒摩季「永遠の夢にむかって」がおすすめの理由

これこそ大黒摩季のカッコよさを表現しています。「何かが違う永遠の夢に向かってもう一度恋してみよう」だなんてなかなか女性は言えません。しかも、みんなが同じでいることに違和感を持ち、自分らしさを大切にするというテーマ。一見、簡単なようで大人には難しい課題。それを歌っています。あぁ、そうなりたいな。と、思わせる歌であり、ある意味背中を押してくれる歌です。どこまでも男前な大黒摩季が好きです。声も低めでカッコいいです。これだけメッセージ性のある曲を歌える女性アーティストはなかなかいない。と、思わされる曲です。

 

 

第9位.大黒摩季「別れましょう私から消えましょうあなたから」

別れましょう私から 消えましょうあなたから/大黒摩季

大黒摩季「別れましょう私から消えましょうあなたから」がおすすめの理由

とにかく題名が長いです。当時、長い題名が流行ったのを思い出します。失恋ソングでも失恋らしさを出さないのが大黒摩季も魅力です。この歌も例外ではありません。本当は寂しい。でも、それを相手には見せない強さ、最高です。マイナスだらけの未来はいらない。このセリフがカッコいいです。「明日から自由になれる。嬉しいでしょう。」なんて、負け惜しみに聞こえるのですが大黒摩季が歌えば強さになるのだから不思議です。未練なんてない。という強気な姿勢、大好きです。振られた雰囲気を出さないところが大黒摩季らしさを表しています。

 

 

第8位.大黒摩季「熱くなれ」

大黒摩季 熱くなれ

大黒摩季「熱くなれ」がおすすめの理由

まず、歌うのは無理。歌い出しから声が高すぎるしテンポも早すぎです。それでも聞くのは大好きな歌です。情熱的で好きです。ただ、ただ好き。と言うのではなく、「言葉よりもまっすぐに今その胸に」と表現しています。女性でそんな表現、珍しいです。大抵は「好き、大好き」といったフレーズなのに「もっともっと熱くなれ」とは。強い女性。カッコいいです。普通の恋愛ソングにしてしまわないのが大黒摩季の良さす。強いメッセージを感じることができ、共感したくなります。聞いていて元気をもらえる曲です。女性らしさは少ないですが同じ女として魅力を感じます。

 

 

第7位.大黒摩季「いちばん近くにいてね」

いちばん近くにいてね/大黒摩季

大黒摩季「いちばん近くにいてね」がおすすめの理由

これは、珍しい歌です。大黒摩季が恋を歌うのなら「こうあるべき」と、熱い信念を表しています。しかし、この歌は可愛いです。「あなたは私の宝物だから」なんて大黒摩季の歌詞ではなかなか聞くことができません。これまた歌うのが難しいのですが。最初の「ギラギラの太陽とピチピチのオンザビーチ」の歌いだしなんて早すぎです。それでも聞いていてなんだか「恋っていいな」と思わされます。「束縛したくないならあなたの人生今は大切にしたいから」なんて、大黒摩季の歌詞で出てくるとは本当に意外でした。ある意味意表をつかれた一曲です。

 

 

第6位.大黒摩季「恋はメリーゴーランド」

恋はメリーゴーランド/大黒摩季

大黒摩季「恋はメリーゴーランド」がおすすめの理由

年上彼女の余裕がすごく表現されています。彼氏が可愛くて仕方がない。という感じが逆に可愛いく思えます。恋をメリーゴーランド、男はジェットコースターと独特の表現が変わっていて好きです。「吐きそうでもやめられない」なんて、彼氏に夢中なのがよく分かります。年下の彼氏もいいなぁ。と、思ってしまう歌です。大黒摩季はアップテンポなのですがこの曲はそれほどアップテンポではないですが聞いていて楽しくなるメロディーなので大好きです。新しい恋のウキウキした感じがすごく感じられます。歌詞もメロディー共に大好きな曲です。

 

 

第5位.大黒摩季「スキなんだもんしょうがないジャン」

スキなんだもんしょうがないジャン (カラオケ) 大黒摩季

大黒摩季「スキなんだもんしょうがないジャン」がおすすめの理由

こんなにも前向きな恋、素敵だな。と、思います。とにかく社内恋愛がダメでも彼女がいても全てを「スキなんだもんしょうがないジャン」と、明るく吹き飛ばす。そんな前向きな姿が大好きです。「失敗全敗は気にしない」「上昇気流に乗って」なんていい言葉。しかも、彼女がいても平気。戦法を変えてまず友達から。しかも、「愛じゃ負けない勝負はこれから」なんて強すぎます。逆に彼女からしたらとても怖い存在ですが。しかし、それが大黒摩季らしい全てが前向きな歌です。無邪気だけれど計算高い女性。でも、どこか憧れる女性を描いた曲です。

 

 

第4位.大黒摩季「ららら」

大黒摩季 – ら・ら・ら 歌詞付き

大黒摩季「ららら」がおすすめの理由

こんなにも恋愛を歌うなんて大黒摩季にしては珍しすぎます。「気がつけばもうこんな年だし親も年だしあなたしかいないしねぇ」だなんてある意味大黒摩季らしくはありません。自分からグイグイ引っ張るタイプの歌を歌う大黒摩季が今回は相手の気持ち待ち。それはレアです。でも、それがまた新鮮で好きです。「やっぱり今日も明日もあなたに会いたい。ずっとずっとずっと一緒にいようね」なんて、素直な言葉。言ってみたくてもなかなか言えない言葉です。しかもいつものアップテンポではなくしっとりと可愛いらしく歌っているのが意外で好きです。

 

 

第3位.大黒摩季「白いgradation」

白いGradation/大黒摩季

大黒摩季「白いgradation」がおすすめの理由

こんなにも女々しい大黒摩季はすごく珍しいです。「予告なしでおしかけて部屋中眺めて安心したジェラシー」こんな歌詞大黒摩季で聞いたことがありません。それでも、意外すぎる切ない歌に逆ひ惹かれました。「好きだからもう追いかけないあの頃のような私には戻らない」恋の終わりを感じて自分から身を引くバラードです。そこでいて何故か自立をしようとする雰囲気を曲に出しているのがやはり大黒摩季です。ただ、悲しい、辛い。そんな後ろ向きなことばかり並べない。次のステージに目を向けている。そんな強さも感じられます。共感さえしてしまいます。

 

 

第2位.大黒摩季「夏がくる」

夏が来る/大黒摩季

大黒摩季「夏がくる」がおすすめの理由

なんでもできる強い女が残される。選ばれるのは何もできないお嬢様。そんな現実を表しています。負け組の現実が痛いほど表現されています。普通なら強い女の方が有利だと思いますが、結局はその逆でした。器用な女よりもか弱い何も出来ない女の方が選ばれる。その現実に直面する曲です。そんな一見強い女でも、それでも夏がくる。「真っ白な馬に乗った王子様がやってくる」と信じる実は強い女でも弱さを持っている。そして、意外と夢を持っている。でも、それを表に出せない。それでも前向きに生きていく葛藤が現れています。聞いただけで元気をもらえる歌です。

 

 

第1位.大黒摩季「あなただけ見つめてる」

あなただけ見つめてる/大黒摩季

大黒摩季「あなただけ見つめてる」がおすすめの理由

やっぱり大黒摩季といえばこの歌です。イケイケ女子が好きになった人に合わせて無理をしていく歌です。とにかく目立たなく、地味な女を目指すイケイケ女。一見、それだけ人を好きになった。いう感じの歌詞ですが、実はそんな女を皮肉った歌です。強い女がテーマの歌が多い大黒摩季らしい歌詞です。それでも、あの独特のイントロ。聞いただけですぐに「あなただけ見つめてる」と分かります。しかも歌いだしからサビだなんてテンションが上がってしまいます。やはり最後の「行け夢見る夢なし女」の歌詞です。やっぱり皮肉だったんだ。と、確信しました。