宮野真守おすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

宮野真守おすすめの曲ランキングTOP10

確かな歌唱力がとても魅力的です!普段は声優さんとしてお仕事されている方なので声がとても良いうえに、豊かな日本語力を持って自分で作詞されている曲も数多くあります。またMVでは高身長を生かして、パワフルでダンサブルな曲も巧みに踊ってらっしゃいます。

 

 

第10位.宮野真守「そっと溶けてゆくように」

宮野真守「そっと溶けてゆくように」MUSIC VIDEO(Short Ver.)

宮野真守「そっと溶けてゆくように」がおすすめの理由

普段はMVではダイナミックなヒップホップを踊られている宮野さんですが、ダンスの導入部分から静かでウェットな曲に合わせてコンテンポラリーに挑戦されています。シンプルなスタジオで、まるで自分と闘っているかのようなレベルの高いパフォーマンスがとても表現力豊かな宮野さんの魅力になっている楽曲です。MVにもあるように、雑踏の中にわずかな光を見出すかのような歌詞も、聴いている人たちにそっと寄り添ってくれるようなやわらかい歌声に乗せられていてとても心地よいです。いつもと違うテイストの大人びた曲になっていると思います。

 

 

第9位.宮野真守「Identity」

宮野真守「Identity」MUSIC VIDEO(Short Ver.)

宮野真守「Identity」がおすすめの理由

和楽器にのせて美しい日本語で綴られた歌詞がとても特徴的な歌です。宮野さんの当時までのMVの中では初の女性ダンサーも起用されています。バックダンサーさんや宮野さんも着物を纏い、とても妖艶でパワフルなダンスも魅力的な楽曲です。和風調の曲は兼ねてから宮野さん自身たっての希望だったようで、今までにないテイストの曲になっています。そのためライブでもよく歌われ、会場も非常に盛り上がる楽曲になっています。MVの撮影は雅叙園で行われ、豪華絢爛なセットにも注目です。バックで響く巧みな津軽三味線の音色にも耳を傾けてみてください。

 

 

第8位.宮野真守「アンコール」

宮野真守「アンコール」MUSIC VIDEO

宮野真守「アンコール」がおすすめの理由

この曲は舞台の「バックステージ」をテーマに作られた楽曲です。つらいこと、悲しいことに直面してしまったとき、何かにつまづいて諦めそうになってしまったとき、この曲を聴くと本当に元気と勇気をもらえます。宮野さんから、ファンの皆さんへ感謝の想いを込めたというこの「アンコール」のMVは、セピア調の雰囲気の中でたくさんの舞台の世界に生きる人たちがひとつになって歌を歌い上げている、とても前向きな曲です。大勢の人たちが力強く天に向かって拳を突き上げるシーンはとても印象的です。後半につれてどんどん盛り上がっていくく曲になっています。

 

 

第7位.宮野真守「NEW ORDER」

宮野真守「NEW ORDER」MUSIC VIDEO(Short Ver.)

宮野真守「NEW ORDER」がおすすめの理由

「NEW ORDER」は新体制という意味合いを持ち、とにかくカッコいい曲をと依頼され、アニメのED用に作り上げた楽曲となっています。作曲家として有名なSTYさんの得意とするトリッキーで複雑なR&Bです。とくに全編通してのアグレッシブなダンスMVは必見となっています。CDジャケットは新体制をイメージした近未来的な雰囲気に対して、MVでは旧体制を打ち壊すかのような反体制をイメージして全体を作り上げたというこの「NEW ORDER」は、ぜひ曲だけではなくジャケットとMVを合わせて見ることをおすすめします。

 

 

第6位.宮野真守「BE」

宮野真守「BE」MUSIC VIDEO(Short Ver.)

宮野真守「BE」がおすすめの理由

今から10年前にリリースされた1stアルバムに収録されていますが、全く古びていなく洗練された楽曲です。現在ではダンサブルな曲では必ずMVで技術力の高いダンスを披露する宮野さんですが、当時はまだダンスを踊るMVは少なかったためとても苦戦されたようです。とてもそのようには見えない繊細なジャズダンスをMVではバックダンサー2名を含め計3名で踊りあげています。大人っぽい曲調のジャズに合わせたムーディーでモノクロな世界観のMVもとてもおすすめです。聞いている人にも、まるで歌っている自分にも問いかけているような、一度聞いたらしばらく耳から離れない歌詞も印象的です。

 

 

第5位.宮野真守「HOW CLOSE YOU ARE」

宮野真守「HOW CLOSE YOU ARE」MUSIC VIDEO(Short Ver.)

宮野真守「HOW CLOSE YOU ARE」がおすすめの理由

宮野さん自身が主人公を演じているアニメ「亜人」のED曲となった曲です。亜人の世界観にマッチした歌詞と、MVでは切なく退廃的なコンテンポラリーダンスが物悲しくも儚い楽曲です。しかし元々は以前ロサンゼルスを訪れた際に提供された楽曲で、当時は発売すら未定だったようです。テーマ曲の依頼を受けた際に、世界観に適していることから起用が決まったという裏話があります。絆をテーマにした本楽曲はアニメにおいても重要な、「どんなに離れていても、君は僕のそばにある」というメッセージが込められていて、人と人との普遍的な愛が表現されています。

 

 

第4位.宮野真守「FRONTIER」

宮野真守 「FRONTIER」MUSIC VIDEO(Short Ver.)

宮野真守「FRONTIER」がおすすめの理由

前作からおよそ2年ぶりに発売された5枚目のオリジナルアルバムの楽曲です。カルフォルニアにあるドライレイクにて、マジックアワーと呼ばれる、日の入りたった数十分の時間帯の美しいグラデーションの空をバックに、ワンカットで撮影された挑戦的なMVがとても魅力的です。宮野さん自身の「新境地に立ちたい」という思いが強く込められたこの壮大な曲は、まさにこれからの幕開けにふさわしいと自身でも評しています。歩くような速さと言われるアンダンテのテンポにのせて、ゆっくり、けれどしっかり大地を踏みしめる宮野さんの力強い歌声に注目してください。

 

 

第3位.宮野真守「The Birth」

宮野真守「The Birth」MUSIC VIDEO(Short Ver.)

宮野真守「The Birth」がおすすめの理由

宮野さん自身が主人公を演じているアニメ「亜人」の劇場版の主題歌に起用されています。静かな前奏と反してかなり激しいロックテイストの曲調のこの楽曲は、主人公を演じた宮野さんだからこそ歌える楽曲にしたいという作曲者の思いが込められています。MVでは拘束衣を身に纏い「解放への願望」や「抑圧への抵抗」を表現したそうです。歌詞はアニメにも同じようにリンクする「生まれた意味を見つける」内容になっており、MV撮影は内容的にも過酷だったようです。この今までよりも過激なMVは当時話題になりました。圧倒的な表現力と説得力のこの楽曲もMVとあわせてぜひたくさんの人におすすめしたいです。

 

 

第2位.宮野真守「POWER OF LOVE」

宮野真守「POWER OF LOVE」MUSIC VIDEO(Short Ver.)

宮野真守「POWER OF LOVE」がおすすめの理由

曲調は宮野さんの楽曲の中でも少し珍しいゴスペル調の楽曲です。この曲の特徴的なところは、2017年6月に実施された「Lough & Peace ファンクラブイベント Vol.5」内にてファンクラブの会員たちも参加してMV撮影が行われたという点です。6枚目のアルバム内に収録されているこの楽曲は、アルバムタイトルにもある「THE LOVE」をいかにも象徴するかのような、ファンと宮野さんとの力強い愛と絆を表した楽曲といえるのではないでしょうか。MV後半で見られる、宮野さんの立つステージの周りを囲む幻想的な光はすべてファンクラブ会員の掲げる光でとても幻想的な仕上がりです。

 

 

第1位.宮野真守「J☆S」

宮野真守「J☆S」MUSIC VIDEO(Short Ver.)

宮野真守「J☆S」がおすすめの理由

宮野さんの楽曲の中でもファンに圧倒的な人気を持つこの曲は、過去に行われてきた数々の人気ランキングの中でも不動の1位となっています。10年前に発売された3rdシングルのこの曲は元気の出る楽曲として長い間ファンに愛されている楽曲です。歌詞の一文の「忘れないでよ、その笑顔に救われる人がここにいる事を」は、宮野さん自身もラジオやライブでファンへ向けてよく口にされていて、明るくポップな曲調とこの前向きな歌詞が多くの人たちがこの曲を愛する理由になっているのではないでしょうか。ライブでは必ずといっていいほどセットリストに含まれるのでおなじみとなっています。