小田和正(オフコース)おすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

小田和正(オフコース)おすすめの曲ランキングTOP10

ソフトで澄んだ小田和正さんの声がめちゃくちゃ好きです。さらにひと言ひと言をめちゃくちゃ丁寧に、大切に歌うところが、さらに大好きです。コンサートなどでは、ステ-ジを一杯につかって近くに来て歌ってくれる優しさにはめちゃ感謝です。そんな小田和正さんのおすすめの曲をランキング形式でご紹介します。ぜひ聴いてみてください。

 

 

第10位.小田和正(オフコース)「愛を止めないで」

愛を止めないで – オフコース(フル)

とてもスローな始まり“君の人生が 二つに分かれてる その一つが真っ直ぐに 僕の方へ…”から入り、少しずつテンポが速まり、迫力あるサビへと入っていきます。こんな感じの楽曲は本当に珍しく貴重だと思います。

この楽曲で私が一番大好きなところは、終盤の“愛を止めないで そこから逃げないで すなおに涙も流せばいいから ここへおいで くじけた夢をすべてその手にかかえたままで”この盛り上がり…最高です。めちゃくちゃ余韻が残ります。この余韻は凄く心地良いんです。ド迫力に思いっきり押される感じです。何度聴いても全く飽きません。

 

 

第9位.小田和正(オフコース)「YES・NO」

Yes No – オフコース(フル)

超小さい、かすかな音から曲がスタートし、段々迫力あるビ-トになり歌詞に入ります。初めて聴いたとき、始まりの歌詞に驚いた事を覚えています。恋愛ソングで、いきなり“今、何て言ったの? 他の事考えて 君の事 ぼんやりしてた”驚愕でした。

優しい声で凄い失礼な事をしてるなあと思い、この後どういうふうに歌詞が進んでいくのか、期待度がめちゃくちゃ高くなりました。そのようにして始まった歌が、サビへと入ると、いきなり、“君を抱いていいの? 好きになってもいいの?”でエンディングへと向かっていきます。これがタイトルになったんだろうなあと思います。何か素敵なストーリーだと思います。名曲です。

 

 

第8位.小田和正(オフコース)「言葉にできない」

小田和正 本人 言葉にできない フル

この楽曲は本当に名曲だと思います。聴けば聴くほど、心に響いてくるものがあるんです。この楽曲を初めて聴いたのは、私が中学生の時でした。だから、この歌詞の示す趣旨がほとんどわかりませんでした。

“終わるはずのない愛が途絶えた…”って悲惨な状態を歌い、味わった事など無いのに、“命つきていくように…”と喩えています。不思議な歌詞でした。ちょっといや、かなり暗くなりました。しかし、ラストでは、“ひとりでは生きてゆけなくて また誰れかを愛している”と続き、“あなたに会えて ほんとうによかった 嬉しくて 嬉しくて 言葉にできない”で、安堵しました。今、聴くと必ず涙してしまいます。

 

 

第7位.小田和正(オフコース)「さよなら」

さよなら – オフコース(フル)

世間一般の評価が示したように、小田和正さん(オフコース)のNo.1ソングだと思います。とにもかくにも、らしさがたくさん詰まった名曲です。この歌詞にある“君が小さく見える”とは、どういう状態なのだろう。彼女は病気にでもなったのかな?とは思ったけれど、定かでは無いのですが…。

この楽曲で一番大好きな歌詞は、2番にある、“僕がてれるから 誰も見ていない道を 寄りそい歩ける寒い日が 君は好きだった”、最高の歌詞ですよね。他人に見られると照れるし、恥ずかしい…でも、彼女の好きを叶えられる幸せの表現だと思うのですが、最高です。

 

 

第6位.小田和正(オフコース)「確かなこと」

たしかなこと – 小田和正

好評だったですよね。当時私は、外資系生命保険会社で営業活動を、生業としていたのですが、明治安田生命保険会社の契約者は、抽選で小田和正さんのコンサートに優待されるというサ-ビスがあり、凄い人気だった事を覚えています。その時の明治安田生命保険CMソングだったのが、この楽曲“確かなこと”だったのです。

ライバル会社とはいえ、良いものは良いんです。良い楽曲だなあ…と私もファンでした。この楽曲で私が大好きだったのは、“忘れないで どんな時も きっとそばにいるから そのために僕らは この場所で 同じ風に吹かれて 同じ時を生きてるんだ ”です。ハッとして我に返りました。何か当たり前と思い込み過ぎてたなと、思い出させて貰えました。ありがとうございます。

 

 

第5位.小田和正(オフコース)「YES・YES・YES」

YES-YES-YES(オフコース 2013.6.30武道館)

1982年6月10日に通算24枚目のシングルとして、発売された曲です。ここで特筆すべきは、5人のオフコース時代の最後のシングルだという事です。5人最後の武道館10日間公演で、コンサートはすでに終了したのに、お客さんがなかなか帰らなくて、客席からこの「YES-YES-YES」を大合唱をしたという思い出の名曲です。

この楽曲の歌詞で大好きなところは、“振り返らないで 今 君はすてきだよ WOO…僕のゆくところへ あなたを連れてゆくよ 手を離さないで”というところです。オフコース自らの決意表明のように思えて、とても素敵でした。

 

 

第4位.小田和正(オフコース)「秋の気配」

オフコース「秋の気配」

ちょっと黄昏てしまう、別れがテ-マの歌です。きれいな思い出なのか、それとも…“あれがあなたの好きな場所…”何か意味深な歌詞からスタートするんです。何かゆったりした時間の流れを感じます。そしてサビへと入り“こんなことは今までなかった 別れの言葉をさがしてる”もう元のようなは戻れない事が伺えます。

そして、“ああ嘘でもいいから ほほえむふりをしてぼくのせいいっぱいのやさしさを あなたは受けとめる筈もない”心が完全に離れてしまったんだ…。毎年、秋になるとこの楽曲が聴きたくなるんです。格好いいけれど、寂しい感があり過ぎです。

 

 

第3位.小田和正(オフコース)「眠れぬ夜」

眠れぬ夜 / オフコース

ゆったりとしたスローバラ-ドの楽曲です。このイントロから突然、スッゴいきつい歌詞…。情景を想像すると結構怖いですよね。“僕は君のところへ 二度とは帰らない”というように歌っていたにもかかわらず、2番の歌詞は、“それでも今 君が あの扉をあけて 入って来たら僕には 分からない”となり、最後には、“眠れない夜と 雨の日には 忘れかけてた 愛がよみがえると、なります。

ちょっと勝手というか、まだ少し未練があることが判ります。小田和正さんも、追っかけられると迷ってしまうのかな?でも、小田和正さんの恋愛経験の数はどれだけ多いのだろう。

 

 

第2位.小田和正(オフコース)「ラブストーリーは突然に」

ラブ・ストーリーは突然に – 小田和正

敢えて2位におすすめしました。しかし、この楽曲は流行りましたよね。テレビドラマ”東京ラブストーリー“のテ-マソングという事もあって、喫茶店、百貨店、商店街等様々な施設でこの音楽が流れていました。

オフコース時代からも含めて、かなりのアップテンポの曲です。しかも、小田和正さんの声がひとつの楽器のように心地良くハ-モニ-になっていました。きっちりと、変調での“聞かせ処も”盛り込まれていて最高の曲調でした。平成30年になってもめちゃくちゃ新しい最高の名曲です。冬に聞いても何処か暖かい曲ですよね。運命的出会いって体験されましたか?

 

 

第1位.小田和正(オフコース)「きらきら」

キラキラ – 小田和正

ゆらゆらゆらという柔らかい歌詞で始まるこの歌。ちょっと大人になった恋愛ソングという印象です。この歌の歌詞で大好きなところは、“今はただ目の前の 君を抱きしめていたい 明日の涙は 明日流せばいい ”というところです。

何と言っても凄い前向きな歌になっていると思います。とにもかくにも、まずは今!という考え方は凄い素敵だと思います。この歌を歌っている小田和正さんには、何か余裕を感じる事ができました。その為かとってもジェントルマンに感じました。今まで小田和正さんに出会えて良かったと思いますし、これからも小田和正さんを応援していきたいと思います。