椎名慶治(SURFACE)おすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

椎名慶治(SURFACE)おすすめの曲ランキングTOP10

応援ソングや前向きソングが多いです。とは言え、椎名さんが自身に向けて歌っているような曲ばかりなので押し付けがましさはまったくありません。しかし心の底からとても共感できる。良くも悪くも人間くさい曲ばかりです。迷ったり立ち止まったりした時に聴きたくなります。

 

 

第10位.椎名慶治(SURFACE)「人生スパイス-go for broke-」

椎名慶治/人生スパイス-go for broke-

椎名慶治(SURFACE)「人生スパイス-go for broke-」がおすすめの理由

まさに題名の通りです。ラクに楽しく生きていたいんだけどそうもいかない現代社会に疲れた時にオススメ。日々をなんとなくこなしつつ「なんか楽しいことないかなぁ」と思いながら生きてる人に響くと思います。現実ってこんなもんだよねと思いつつ諦めきれない何かが胸をくすぶってたりしたらドンピシャです。想像していた未来はコレですか?という歌詞の通り、人生を楽しむにはどうしたらいいのか考え始めるキッカケになるのではないかと思います。ラクに生きてるだけじゃ物足りないよね、人生にスパイスはつきものだよね、じゃあどうしようか?と訴えかけてくる曲です。

 

 

第9位.椎名慶治(SURFACE)「イッツオーライ」

SURFACE / イッツオーライ  Last Atraction  Final Live 2010

椎名慶治(SURFACE)「イッツオーライ」がおすすめの理由

いつでもファンの元気を出そうと頑張ってくれてる椎名さんの曲です。疲れてる時に聴くと、あーもっと笑わないとなぁと思わせてくれます。だからと言って無理に笑うわけではなく、自然と笑顔にさせてくれます。疲れてなくても響く歌詞ですが疲れてる時が本当にオススメです。椎名さんお得意の叱咤激励でも前向き応援ソングでもなく、ただひたすらに元気付けてくれようとしている印象です。椎名さん自身も実は疲れてヨレヨレだけどファンの為に大人の余裕を見せてカッコつけている姿がとても可愛いです。笑ってくれりゃイッツオーライと言う椎名さんに己の疲れも吹っ飛んで、よーし笑顔を見せにいってやるか!という気持ちになります。

 

 

第8位.椎名慶治(SURFACE)「MY LIFE IS MY LIFE」

椎名慶治/「MY LIFE IS MY LIFE」Short Ver.

椎名慶治(SURFACE)「MY LIFE IS MY LIFE」がおすすめの理由

椎名さんご自身が今までの己を戒めてる曲なのですがその戒めが聴き手にもとても響きます。人生に迷いつつ苦しくて辛い時に聴くと底力が湧き上がってきます。恐らく挫けそうになった際に鼓舞したくて作られた曲なのだろうと思いますが、その挫折も鼓舞もとても共感できる感情です。だけど終われない、まだ終わらせない、と力強く先を見据えている歌詞に心が震える思いです。逃げ出すのも投げ出すのもやめようという己の戒めになります。頑張れ頑張れと言われてるわけじゃないのに頑張らなければという気持ちにさせられる、苦しくも素敵な曲です。

 

 

第7位.椎名慶治(SURFACE)「WAIT!」

椎名慶治/WAIT!-transit mix- from 男性限定ライブ「I & key EN-MEN-」

椎名慶治(SURFACE)「WAIT!」がおすすめの理由

言い訳ばかり探して「だから無理だよな」とすぐ諦めてしまうような人がドキっとする曲です。例えば年齢を言い訳にしたり環境を言い訳にしたり。椎名さん自身も曲の中で「気付きゃ30」と歌ってますが「だから何?」と言われている気持ちになります。石橋を叩いて渡るのも大事ですが渡らなければ意味がないと気付かせてくれます。諦めたくなくても諦めなければならない事は沢山あると思いますが、その全ては本当に諦めなければならなかった事なのか、言い訳する前に本気でがむしゃらに頑張ったと言えるのか?と己を見直すのにうってつけ。スタートの銃声はもうとっくに鳴ってんだ!と力強く言い切ってます。

 

 

第6位.椎名慶治(SURFACE)「ゴーイングmy上へ」

Surface "ゴーイング my 上へ" 2008 LIVE

椎名慶治(SURFACE)「ゴーイングmy上へ」がおすすめの理由

究極の応援ソング。周囲を伺いすぎたり空気を読みすぎたりしてしまう人、考えすぎてがんじ搦めになってしまう人、ゴーイングマイウェイどころか更に上に向かっていっちゃおうぜ!と言ってくれてる曲です。自信が持てなかったりすぐビビって縮こまってしまうことがいかに馬鹿げているか気付かせてくれます。やりたいことをやりたいようにやるのすらなかなか厳しい現代社会において、負けるな負けるなと叱咤激励してもらえます。悩みなんか三角コーナーへポイッだし、不安なんかシュレッダーにかけちゃってポイッです。心が折れそうな時に聴くと効果てきめんのパワーソングです。

 

 

第5位.椎名慶治(SURFACE)「RABBIT-MAN」

椎名慶治/RABBIT-MAN HD

椎名慶治(SURFACE)「RABBIT-MAN」がおすすめの理由

椎名さん自身が曲中で「何度目の自分の干支か」と歌ってしまう位にはなかなかのお年頃なのですが、でもそんなの関係ねぇ!と一蹴している曲です。聴き手を励ますと言うよりは椎名さん自身が己を奮い立たせ叱咤激励している姿が目に浮かびます。そんな姿がまた聴き手の励ましに繋がるような感じです。辛い時は椎名さんの前向きソングが痛い事もあるのですが、どうやらご本人も己の歌詞に打ちのめされることがあるようだとこの曲で知れました。そんな所も共感性が高いと思ってます。いくつになっても歯を食いしばって飛び跳ねようと足掻いてもがいている様は、足並みそろえて年相応に振る舞おうとせず自分らしく生きてこうと思わせてくれます。

 

 

第4位.椎名慶治(SURFACE)「まあいいや」

SURFACE / まぁいいや   Last Atraction  Final Live 2010

椎名慶治(SURFACE)「まあいいや」がおすすめの理由

悩んだりゴチャゴチャ考えすぎたりしてる時に、題名の通り「まぁいいや」という気持ちにさせてくれます。でもそれは諦めの意味を込めた、仕方ないもんね〜という意味の「まぁいいや」ではないのがミソです。まぁいいや〜とヘラヘラ笑いながらも腹の底には虎視眈々とした負けず嫌いが生きてます。必死になりすぎると視野が狭く心も荒んでしまいがちですが、もっと余裕もってこうぜという意味での「まぁいいや」です。この曲は諦めや妥協を推奨してるわけではなく、頑張りつつ気持ちをフラットにする事ができる曲です。肩の力を抜きたい時にオススメ。

 

 

第3位.椎名慶治(SURFACE)「なにしてんの」

SURFACE / なにしてんの   Last Atraction Final Live 2010

椎名慶治(SURFACE)「なにしてんの」がおすすめの理由

ついつい先延ばしにしてしまう時に叱咤されてる気分になります。まさに題名の通り自分に対して「なにしてんの?」と呆れてる時に聴けばグサグサ刺さります。このままでいいのか?いや、よくない!とケツに火をつけてくれる曲です。やりたいことをやって暮らしてるなんて言ってやれることだけやってただけでしょう?なんて言われれば本当にビクっとしてしまいます。見透かされてる感がハンパないです。でもそれを否定するわけでもなく手を差し伸べてくれています。好きなことがあるならウダウダせずにやれるだけやっちまいな!と心に訴えかけてきます。目隠しして本心誤魔化して生きてたって人生楽しくないもんね。

 

 

第2位.椎名慶治(SURFACE)「キミスター★」

SURFACE / キミスター★   Last Atraction  Final Live 2010

椎名慶治(SURFACE)「キミスター★」がおすすめの理由

叶えたい夢がある人にとてもオススメしたい曲です。どんな不恰好でも夢にがむしゃらに向かって走っていこうと思えます。諦めたらそこで試合終了ですよと言われてるような気持ちになります。走り続けてると息切れをしてしまいますが「まだまだいけんぞ!」とハッパかけてもらえます。でもそこで無理して走り続けて苦しくなっても意味がないんだぞという事にも気付かせてくれます。本当に心からアナタは笑えていますか?本当に心から今を楽しめていますか?そんな言葉にドキッとします。がむしゃらに頑張っていきたいけど追い込みすぎも良くないと冷静に熱くなれます。いつ聴いても思わず涙がこぼれてしまう、とても良い曲です。

 

 

第1位.椎名慶治(SURFACE)「ゴゾウ☆ロック」

椎名慶治/ゴゾウ☆ロック

椎名慶治(SURFACE)「ゴゾウ☆ロック」がおすすめの理由

椎名さんがスランプに陥りつつ絞り出した曲です。むりやり生み出した割には今までの集大成のような歌詞の羅列に、ここまで頑張ってきてよかったな、これからも頑張らないとな、と前向きになれます。歳を重ねれば重ねるほど悟りを開くというか物事に対しての情熱が薄れゆく感覚を覚えますが、そんな情熱をいつまでも燃やして生きてゆきたいなと思わせてくれます。自分の好きなことに一直線に生きてきた人に響くと思います。そしてこれからもそのままひたむきに一直線でいいんだよねと再確認できます。今までの曲を聴き続けてきた人にはとても嬉しくなるような曲です。