神聖かまってちゃんおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

神聖かまってちゃんおすすめの曲ランキングTOP10

歌詞がストレートすぎて感動する。普通の歌手はおかしくない歌詞しか書かないけど、神聖かまってちゃんはおかしいと思われることもそのまま書くから好き。言葉の使い方がおっ!ってなることがよくある。文才があるんだと思う。

 

 

第10位.神聖かまってちゃん「ズッ友」

神聖かまってちゃん-ズッ友/ Shinsei Kamattechan-Zuttomo

神聖かまってちゃん「ズッ友」がおすすめの理由

PVはボーカルのの子(男)がセーラー服着ています。の子自身は同性愛者ではありませんが、同性愛を表現してるんだと思います。いつもマイノリティの見方なんだと思います。否定的な意見なんてどうでもいい、お互いが良ければそれでいいみたいな愛がいいですね。PVもおもしろいのでPVを見ながら聴いてほしいです。「神は罰するか~」のところが神がかっています。クイーンの『ボヘミアンラプソディー』を思い出しました。思い出したっていうのは、パクリって意味ではなくて神感がです。日本人が歌う歌にはない曲調だなと思います。日本人は型にはまってる曲が多いなと思います。

 

 

第9位.神聖かまってちゃん「映画」

映画 PV 神聖かまってちゃん 【デモ音源版】

神聖かまってちゃん「映画」がおすすめの理由

『映画』というタイトルの通り、映画を映画監督として撮影しているような曲です。本当に自分が映画監督になったような気分になります。内容は学生時代の恋した瞬間です。これは絶対に初恋の歌だと思います。の子の初恋を実際に見てるような気がするくらい情景が浮かびます。恋をした時に聴きたい曲です。また学生時代みたいな純粋な恋愛をしたいなと思います。の子のなんとも言えない歌い方とピアノの音が切ないです。の子はうまく不協和音を使っているなと思います。ヘタウマというか(笑)ただきれいな曲はきれいだとは思っても後に残りにくいと思います。

 

 

第8位.神聖かまってちゃん「22才の夏休み」

22才の夏休み  PV 神聖かまってちゃん

神聖かまってちゃん「22才の夏休み」がおすすめの理由

22才の夏休みっていうと普通は大学の夏休みや社会人の夏休みだと思いますが、これはニートの夏の歌だと思います。ニートなので本当は夏休みという区切りがない長期の夏休みです。「22才の僕は 22才の君より 22才してない」という歌詞がすごいなと思います。22才してないとか本当はないはずですが(22才になれば自動的にみんな22才するので)、この歌詞で他の人より22才という一番楽しいはずの時期を全然楽しめていないっていうのが伝わってきます。切ない曲です。こういうところがすごく文才があるなと思います。歌詞に注意して聴いてほしいです。

 

 

第7位.神聖かまってちゃん「いかれたNeet」

いかれたNeet PV神聖かまってちゃん

神聖かまってちゃん「いかれたNeet」がおすすめの理由

曲も歌詞もいかれてておもしろいです。こんないかれたものを作る人って他にいないと思います。でも、完成されてるんです。私もニートだから感性が同じなんでしょうか。普通の人が聴くとただ変な歌で終わってしまう気がします。音楽は感覚的にしかわかりませんが、これこそ不協和音なんじゃないかなと思います。ニートの不安定さが出ています。ニートと日記をかけてるとこははずしてる感じでかわいいと思います。要は絶妙な感じでバランスが取れてて、すごい曲です。自分でいかれてるってわかっているのにニートから抜け出せないのが悲しいです。

 

 

第6位.神聖かまってちゃん「男はロマンだぜ! たけだ君っ」

神聖かまってちゃん / 男はロマンだぜ!たけだ君っ

神聖かまってちゃん「男はロマンだぜ! たけだ君っ」がおすすめの理由

個人的にカラオケで歌うのが楽しい曲です。「そうだ くたばる時まで男のロマンを追い求めようぜ 誰彼理解できない事に金と時間を費やそう」のとことが好きです。自分は女なのでわからない部分もありますが、男ってこんなこと思ってるのか~って思います。もし自分の息子がいて遅くまで帰ってこなくてもしょうがないなって思ってしまいそうです。『進撃の巨人』のエレンのテーマらしいです。『進撃の巨人』のエレンも好きなのでやっぱりこの曲好きです。疾走感もあっていい曲です。夢や目標がある人に聴いてほしいです。やる気が出ます。

 

 

第5位.神聖かまってちゃん「夕方のピアノ」

☆夕方のピアノ 神聖かまってちゃん☆PV

神聖かまってちゃん「夕方のピアノ」がおすすめの理由

「死ね 佐藤」という歌詞の衝撃的な曲です。ボーカルは佐藤という人から学生時代いじめられていたみたいです。死ねって言葉は良くない言葉ですが、いじめっ子が言う「死ね」といじめられっ子が言う「死ね」はまったく別物だなと思いました。いじめられた記憶ってなかなか消えないと思うので、その記憶の消したさから「死ね 佐藤」と叫んでいるんだと思います。この曲でいじめられていた過去を発散しているように思います。むかつく人がいる人はこの曲を聴いて発散してほしいです。
「しね」って思うまでは仕方ないです。殺してはだめなので、この曲を聴いてください。

 

 

第4位.神聖かまってちゃん「Os-宇宙人」

神聖かまってちゃん – Os-宇宙人 2018.12.15 Net Generation.'18

神聖かまってちゃん「Os-宇宙人」がおすすめの理由

人とのコミュニケーションが苦手なことや社会に馴染めないことを宇宙人に例えてるのが面白いです。でも、その宇宙人のテレパシーを1人だけ受信できる人がいたっていう恋の歌でもあります。まぁその人も宇宙人なんですが(笑)高校中退したこととかパジャマ着てるとかボーカルの過去や普段の生活を知ってるとそのままなので面白いです。アニメ『電波女と青春男』の主題歌にもなった曲で声も声を変える機械で高い声になってて、曲調はかわいく仕上がってます。コミュ障の私が共感できる曲なので、同じくコミュ障の人には聴いてほしい曲です。

 

 

第3位.神聖かまってちゃん「まいちゃん全部ゆめ」

神聖かまってちゃん – まいちゃん全部ゆめ

神聖かまってちゃん「まいちゃん全部ゆめ」がおすすめの理由

ボーカルはの子って言うですが、本名は大島亮介って言います。それを知ってこの曲を聴くとおもしろいです。「亮介君は大島君に 教えてあげなくっちゃ」って部分があるんですが2人いるように書いていますが、どっちも自分なんです(笑)本名知らなかったら聞き流してしまうところだと思います。孤独を表しているのかなと思います。すごい表現だなと思いました。ただ薬飲みたいとかみんな殺してとかやばい曲ではあります。これも最近の曲なんですが、最近丸くなってる可能性があるので、もしかしたらやばい人ぶってる可能性もあります(笑)

 

 

第2位.神聖かまってちゃん「イマドキの子」

神聖かまってちゃん『イマドキの子』MUSIC VIDEO

神聖かまってちゃん「イマドキの子」がおすすめの理由

最近の曲です。最近よく売れて丸くなったと言われてますが、これは丸くなったのがいい意味で出てる曲だと思います。「東京で何にもできない存在もしない 夕暮れの中で love me love me」のところがすごく共感します。本当に東京に出てきて何もできていないので自分と被ってしまいます。いきなり「テリヤキハンバーガー」って単語が出てくるのもおもしろいです。東京(本当は千葉出身ですが)で過ごしてる自分の普段のことを歌っているんだと思います。イマドキな歌詞だなと思います。曲調は優しくて聴いてて落ち着きます。

 

 

第1位.神聖かまってちゃん「ロックンロールは鳴り止まないっ」

神聖かまってちゃん/ロックンロールは鳴り止まないっ PV

神聖かまってちゃん「ロックンロールは鳴り止まないっ」がおすすめの理由

この曲を聴いて私は神聖かまってちゃんを知りファンになりました。神聖かまってちゃんの原点的な曲だと思います。ドラマの『モテキ』でも流れたのですが、とてもかっこよかったので見てほしいです。心の叫びって感じで、タイトルの通りロックンロールだなって思います。歌詞を見ると、こうやってボーカルのの子がロックンロールを好きになって行ったんだなというのがわかります。セックスピストルズを聴いて何がいいんだか全然わからなかったのにいつの間にか鳴りやまなくなっていたというところが好きです。はじめて神聖かまってちゃんを聴くならこの曲を聴いてほしいです。