雅-miyavi-おすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

雅-miyavi-おすすめの曲ランキングTOP10

歌声もさることながらなんといってもずば抜けたギターテクニック。雅が簡単に弾いているからといって誰もが真似できるようなことではありません。強面で近よりがたい見た目ではありますが、とてもフレンドリーな人柄で素敵な方です。

 

 

第10位.雅-miyavi-「ピンクスパイダー」

「Pink Spider (Remix) / MIYAVI vs hide」Music Video

この曲は雅のオリジナル曲ではなくカバー曲になります。XJAPANのhideさんのソロプロジェクトをしているときに出した曲を雅-miyavi-がカバーしています。hideさんが完成させたこの曲をいろんなアーティストがアレンジしカバーをしていますが、どのアーティストも違和感があったりしてそれはちょっとピンクスパイダーじゃないよって感じるものが多かったです。でも、雅-miyavi-のピンクスパイダーは雅-miyavi-らしさがすごく出ているのにhideさんのピンクスパイダーも全く壊していなくてカッコいい1曲です。

 

 

第9位.雅-miyavi-「祈りを」

MIYAVI祈りを

メロディがゆったりしているし最初の方の歌詞も切ない感じがあって、最後まで切ない曲なのかと思いきや、最後は明るい一筋の光が入るって感じの優しく背中を押してくれる1曲です。嫌なことが続いていると毎日涙が止まらず泣き続けたりしてつらいです。先が真っ暗で前が見えなくなる日々もあります。だけど、必ず光が差して前を向ける日がくるっていうメッセージを感じる曲です。ただ明るく頑張ろうぜとか、落ち込むなよって感じの曲じゃないから落ち込んでるときに聴くと優しく心にすぅっと入ってくる1曲です。落ち込んでるときって強引に明るい方にもっていくと失敗しちゃったりするので。

 

 

第8位.雅-miyavi-「歌舞伎男子」

MIYAVI – 歌舞伎 男子(Kabuki Danshi) -Kavki Boiz- (PS Company 10th aniversary Peace&Smile Carnival)

落ち込んでるときに聴くと気分が上がってくる1曲だと思います。どうしても周りと比べて自分は違うって思ってしまって個性を出せなかったり、周りから変な目で見られたりはじかれないようにするために周りの意見に合わせてしまうことってよくありますよね。1人1人ちゃんと自分の意思は持ってるはずなのに。周りから浮いたり変わり者だと思われたってときには自分らしく個性を出すことも大切だよって教えてくれる曲です。自分を隠してばかりいると確かに疲れる。疲れてばかりの人生は楽しくない。だったら自分らしさも大切にしなきゃなって思える1曲です。

 

 

第7位.雅-miyavi-「徒然なる日々なれど」

「徒然なる日々なれど」

当たり前のことなのに、当たり前すぎて誰もが忘れてしまっている言葉がたくさんつまっている曲です。そして多くの人が1度は考えてしまうような歌詞もあります。どうして生きているのかわからなくなることがたくさんあります。でも、生きてる意味ってあるようでないし、ないようである不思議なものだと思います。でも落ち込んでるときって答えの出ないことの答えを求めてしまってずっと悩んでしまいます。そんなときにこの曲を聴いたらなんとなく前を向けます。人生はいろいろあって当たり前。だけどいつか笑える日がくる。そう思える1曲です。

 

 

第6位.雅-miyavi-「君に願いを」

雅-miyavi- – 君に願いを

自分が苦しいときやつらいときに支えてくれた人っていますよね。自分はその人がいてくれたからこそ前を向いて進めたりもした。だけど逆にその人がつらいときに自分は支えてあげれているのか、助けてあげれているのか、考えてしまいます。何かをしてもらわなくても、そばにいてくれるだけで力になってるってこともあります。だけど、その人がいなくなってしまったときこんなに自分は助けてもらったのに、自分は何もしてあげれなかったって後悔してしまうことがあります。支えられたり助けられたりするだけじゃなくて、後悔する前に自分も誰かの支えになり助けにならなきゃなって考えてしまう曲です。自分がどんなに支えてもらったとしても、その人がいなくなってしまった後ではできないことがたくさんあるから。

 

 

第5位.雅-miyavi-「素晴らしきかな、この世界」

雅-miyavi-. – 素晴らしきかな、この世界-WHAT A WONDERFUL WORLD-

人生を生きてく中でつらいことや苦しいことがたくさんあります。悩んだ結果死を選ぶ人もいます。歌詞に使われている言葉自体は少しきつい表現かもしれません。だけど、温かいメッセージが書かれていると思います。何回失敗したっていい、悩んだっていい、だから生きろって強いメッセージを感じる曲です。世界は常に回っていて、時は止まらず進んでいく。生きていれば苦しいことやつらいこともたくさんあるけど、いいことや素敵なことだって必ずあるんだから気楽にいこうぜっていう雅-miyavi-らしいメッセージが込められている1曲です。

 

 

第4位.雅-miyavi-「陽の光さえ届かないこの場所で」

雅-miyavi- – 陽の光さえ届かないこの場所で  ft. SUGIZO

人それぞれの価値観というものは違っていて仕方のないものだけど、価値観の違いから偏見をもたれること、もってしまうこともありますよね。自分の何かに対して偏見をもたれたとき、その偏見が原因で落ち込むことや傷つくこともたくさんあります。周りが敵だらけに感じることもあります。でもそんな中でも1人でも味方がいると真っ暗だった自分の世界に光が差したように、不思議と心も明るくなるっていう経験があります。1人でも味方がいてくれると本当に心強くてなんでもできる気がします。改めて味方のいる心強さを感じれる曲です。きっと誰にだって味方が必ずいます。

 

 

第3位.雅-miyavi-「愛しい人」

雅-miyavi-. – 愛しい人(ベタですまん。)-2006 ver.-

大好きで大切な恋人から言われたら嬉しいなぁって言葉がつまった曲です。お互いを大切にしていても不安になるときがあります。悩むこともたくさんあります。そんなときに面倒くさがらずに隣にいて優しい言葉を言ってくれたらますます好きになっちゃいますよね。その大切で大好きな人の隣にいるのがずっとわたしならいいのにって考えてるとき、相手も同じ気持ちでいてくれたら本当に幸せだと思います。どんな感情も2人で分け合えばいいことは倍になるし、嫌なことは半分になれるから。淡くキュンとするような1曲です。この曲何回聴いても何度でもこの言葉言われたいって思ってしまいます。

 

 

第2位.雅-miyavi-「咲き誇る華の様に」

雅-miyavi- – 咲き誇る華の様に-Neo Visualizm-

雅-miyavi-さんの強さが出てる1曲です。ヴィジュアル系って見た目の派手さなどから誤解をされやすいジャンルだと思います。偏見ももたれやすいです。ファンは曲を聞いたりLIVEやイベントで接したりして人柄とかにも少しだけど触れてたりするからいい部分も知っています。誰もが見た目ではわからない中身のいい部分があるはずなのに、見た目などの第一印象で決めつけられることもたくさんあります。でも、中身をちゃんと見てくれている人もいる、自分のいいとこをそのまま信じて前に進もうという力強いメッセージがある曲だなぁと感じています。

 

 

第1位.雅-miyavi-「ママゴト」

下克上2007-ママゴト( ex:消去と削除) 雅-miyavi-

大切な人が常にそばにいてくれると、この人なら何をしても許してくれる、自分からは離れていかないと思い込んでしまって気付かないうちに傷付けてしまっていることってありますよね。相手がたくさん我慢をしていることにもなかなか気付いてあげれなかったりいして。相手から別れを告げられてからやっと自分がしてきたことに気付く。それじゃあ遅いのに。どれだけ大切な人を傷付けてきたのか、どれだけ大切にしてあげれていたのか。今まで考えたことのないことまで別れがきたときに考えだしてしまう。考えても考えても後悔ばかりっていう恋ありますよね。すごく切ない1曲です。