Awesome City Clubおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

Awesome City Clubおすすめの曲ランキングTOP10

男性3名女性2名の5人編成になっています。男性ボーカルの歌声がいい意味で耳に残ります。男性ボーカルと女性ボーカルの掛け合いや、ハモりがいい感じでハマっています。メロディアスな歌のバックでアレンジがダンスミュージックっぽく、ファッショナブルでとてもオシャレです。アップテンポなチューンから、ミディアムテンポなものまで振り幅があり、飽きません。

 

 

第10位.Awesome City Club「ASAYAKE」

Awesome City Club – 「ASAYAKE」Music Video(Full ver.)

Awesome City Club「ASAYAKE」がおすすめの理由

タイトル、曲名の通り、夜が明け、朝日が昇ってくるような感じが音から伝わってきます。歌詞は単語の羅列の部分があったりして、最初は理解できませんでしたが、聴き込むとメロディーとマッチしてきます。ラストの歌の掛け合いが圧巻で、ライブでも盛り上がります。PVは衣装もバックも真っ白で、印象に残ります。vocalのporinさんは、「これまでにない直球な曲だし、私たちにもこういう曲ができるんだって。今、私たちにとって一番大事な曲であると、awesomecityclubの新たなアンセムが誕生した」と言っていました。

 

 

第9位.Awesome City Club「GOLD」

Awesome City Club – GOLD (Music Video)

Awesome City Club「GOLD」がおすすめの理由

GOLDはアルバム「Awesome City Tracks 2」に収録されるナンバーです。musicvideoはONE OK ROCKやSCANDAL、SHISHAMOなどの映像作品を手がけるフカツマサカズが監督したもので、幻想的な雰囲気の中で演奏するAwesome City Clubのメンバーが捉えられています。冒頭の歌詞が「いつか死ぬならば」となっており、衝撃的なはじまりではありますが、全体的には前向きな歌詞となっていて、ミディアムテンポの中に、前を向いて歩く、という強い気持ちがこもった曲になっています。

 

 

第8位.Awesome City Club「アウトサイダー」

Awesome City Club – アウトサイダー (Music Video)

Awesome City Club「アウトサイダー」がおすすめの理由

ボーカルのatagiさんは、「アルバムを出した後に、バンドとしての振れ幅をもっと見せたいと思いながら曲作りをしていたんですけど、そんな中で、かっこいい変な曲ではなくて、いい歌といいメロディのあるポップソングを、やりたいと思ってこの曲を作った。今までは自分で大体のアレンジまで詰めちゃうことが多かったんですけど、今回は僕のデモをモリシーがノリと直感でリアレンジしてストリングスとかを入れてくれて、かなり開けた感じになったかなと」と言っています。まさにその通りで、いいメロディの後ろでノリノリなアレンジがされていて、ライブの定番にもなっています。

 

 

第7位.Awesome City Club「今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる」

Awesome City Club – 今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる (Music Video)

Awesome City Club「今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる」がおすすめの理由

ダンサブルなデュエットナンバーです。MVではメンバーが振りを付けて踊っています。都会にはたくさんの人がいても、様々な感性があるぶん、好きなものも違い、自分のことを理解してくれる人はいない、でも、たまには許されたい。そんな日があってもいいのではという考えから、SNSで常にたくさんの人とつながっていても、理解してくれる人がいない寂しさを抱えた人たちに、「今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる」は作られたそうです。ライブでも定番中の定番になっております。ライブでは1、2位を争う盛り上がるナンバーだと言えます。

 

 

第6位.Awesome City Club「ダンシングファイター」

Awesome City Club – 「ダンシングファイター」Music Video(Short ver.)

Awesome City Club「ダンシングファイター」がおすすめの理由

ボーカルのatagiさんいわく、「ダンシングファイター”を書いたきっかけは、人から純粋に元気とか勇気をもらえることがあるんだって、最近になってやっとわかったんですよね。日ハム(北海道日本ハムファイターズ)の西川遥輝選手がすごく好きで。プロ野球界のスーパースターなんですけど、ストーリーがすごく壮絶でドラマチックで、泣けるんです。西川選手のことを知るたびに、勇気もらってるなと思って。でも、自分だけだと消化しきれないし、この勇気を誰かにあげなきゃって、初めて自然とそう思えたんです。こんな純粋に誰かに勇気とか希望を分けなきゃと思えたのが、自分としてはすごく嬉しくて。これは歌にしなきゃダメだなって思ったんですよね。」と語っています。まさに勇気がもらえる一曲です。ライブではatagiさん、porinさんが跳ねたりしています。新たなライブ定番の一曲になりそうです。

 

 

第5位.Awesome City Club「Don’t Think, Feel」

Awesome City Club – Don’t Think, Feel (Music Video)

Awesome City Club「Don’t Think, Feel」がおすすめの理由

awesome city clubの代表曲と言っても過言ではない一曲です。この曲で一気に有名になったと思います。テレビのバラエティーでも、この曲を使用している番組も結構ありました。awesome city clubの要素が全て詰まった曲になっていて、ダンサブル感、オシャレ感、メロディアス感、歌詞のキラキラ感がすべてマッチしています。
MVは夜のGAPが舞台になっていて、映像と曲の一体感が素晴らしく、MVを通して聴くと、この曲の良さがよりわかるかと思います。夜のドライブ時に聴くとぴったりで、最高に盛り上がることでしょう。

 

 

第4位.Awesome City Club「涙の上海ナイト」

Awesome City Club – 涙の上海ナイト (Music Video)

Awesome City Club「涙の上海ナイト」がおすすめの理由

この曲はなんといってもイントロとアウトロのシンセサイザーが肝となってきます。何度も聞きたくなるくらい癖になってきます。それくらい印象的なフレーズになっています。MVはプロのダンサーらしき人達が曲に合わせて踊っています。これもまたダンサブルなチューンとなっています。歌詞にはふんだんに中国を匂わす単語、フレーズがちりばめられており、異国感漂う雰囲気を醸し出しています。間奏も、シンセサイザー主体のアレンジになっており、間奏終わりのポリンさんの「チントンシャンテントン」というセリフがたまらなくいいです。

 

 

第3位.Awesome City Club「SUNNY GIRL」

Awesome City Club – 「SUNNY GIRL」Lyric Video

Awesome City Club「SUNNY GIRL」がおすすめの理由

今っぽいシティーポップのように感じられるし、逆にどこかノスタルジックさも感じられる一曲になっていると思います。今までのawesome city clubさをいい意味で裏切っていて、切なさやダンサブルさが少ない代わりに、とにかくポップさをどこまでも追求しているような曲で、曲自体がキラキラして輝いているように聞こえます。でも嫌味は感じられず、スッと聴き込むことができます。
歌詞はある女性への思いをひたすら語っています。明るくてキラキラしたサニーガールに思いを寄せる男性の気持ちをポップなメロディ、アレンジにのせて、清々しい気持ちで聴けるナンバーになっていると思います。

 

 

第2位.Awesome City Club「8月とモラトリー」

Awesome City Club – 「8月とモラトリー」Lyric Video

Awesome City Club「8月とモラトリー」がおすすめの理由

モラトリーとはモラトリアムの語源となった単語だそうです。よって、モラトリーとは大人になりたくない気持ちのことだと捉えました。イントロがなく、すぐに歌が入ってくるのが印象的で、リピートできくと、曲終わりがなく、永遠に曲が続いている感じになります。それが意図されたものかはわかりませんが、日々はずっと繰り返し続いていくよ、という意味を表しているのではないか、と感じました。夏の終わりを青春の終わり、夢見ることの終わりに例えた歌詞に、ポップなメロディがハマり、ハンパなく切ない気持ちにさせます。間奏のポリンさんのハミングがこの曲をさらに引き立てています。

 

 

第1位.Awesome City Club「青春の胸騒ぎ」

Awesome City Club – 青春の胸騒ぎ (Music Video)

Awesome City Club「青春の胸騒ぎ」がおすすめの理由

ミディアムテンポで、アコースティックな、アンプラグドな曲調になっています。そこにawesome city clubっぽさのアレンジがミックスされ、クラブなどで流れいても違和感がないと思います。ギターのリフ、フレーズがとても印象的です。MVは、冬の北海道が撮影地となっており、8ミリビデオカメラで撮影されています。
MVが曲と絶妙にマッチしており、冬の寂しさ、切なさをさらに引き立ています。決して戻ることのできない青春時代をやり直せたらいいのに、という誰でも思う永遠のテーマを、切ないメロディに乗せて歌っています。雪の降る街を歩きながら聴くと、涙が出るくらい切なさが押し寄せると思います。