Non Stop Rabbitおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

Non Stop Rabbitおすすめの曲ランキングTOP10

彼らを好きになった理由は、曲がとにかくかっこいいところです。メンバーの田口達也さんは、ドラマの主題歌になるような曲を意識して作っているとおっしゃっていました。確かに何かのドラマの主題歌なんじゃないかと錯覚するほどの力強いサウンドや優しいメロディーが彼らの曲にはたくさんあります。そのような曲たちに私は惹かれ、好きになりました。

 

 

第10位.Non Stop Rabbit「乱気流」

Non Stop Rabbit 『乱気流』 official music video 【ノンラビ】

Non Stop Rabbit「乱気流」がおすすめの理由

この曲もとても前向きになれる曲です。大人が敷いたレールに沿って育つのではなく、自分の道を見つけようと思える歌詞になっています。また、子どもの頃から他の人と同じように出来なくてはいけないと思わせられるが、そうではないと気づかされます。今、出来なくても、自分なりに頑張ればいいのだと思えます。さらに、PVではたくさんの彼らのファンがいろいろなことに挑戦している模様が描かれています。その映像を見るだけでもとても私も頑張ろうと思えるのですが、歌詞を追っていくと、もっと頑張ろうと思えるようになります。メロディーも明るく、背中を押してくれるようでとてもかっこいいです。

 

 

第9位.Non Stop Rabbit「Refutation」

Non Stop Rabbit 『Refutation』 official lyric video 【ノンラビ】

Non Stop Rabbit「Refutation」がおすすめの理由

この曲もウサギとカメがテーマになっている曲です。また、他の曲と比べると、ラップテイストでアップテンポな曲になっています。この曲のテーマでもあるウサギとカメですが、実はこのお話には続きがあります。カメが戦いに負けてしまった結果、村から恥として追い出されます。しかし、オオカミを倒した時には英雄扱いされるというお話です。このことから、人々は物事の「結果」を見てその人を評価しているということが分かります。この曲はラップを用いながら、タイトルの通り世の中への反論を歌った曲になっています。ですので、世の中に不満がある人ぜひ聞いてほしいです。

 

 

第8位.Non Stop Rabbit「夏の終わり」

Non Stop Rabbit 『夏の終わり』 official music video 【ノンラビ】

Non Stop Rabbit「夏の終わり」がおすすめの理由

この曲は恋愛のバラードです。夏らしいきれいなメロディーと歌声でとても聴きやすいです。しかし、途中でギターの田口達也さんとボーカルの矢野晴人さんの掛け合いが始まります。ここで、夏が終わる前に好きな人に伝えなくてはいけないことは伝えるべきだと気づかされます。もし、自分に好きな人がいて気持ちを伝えていないのであればこの曲を聴くと背中を押してくれます。さらに、この曲の背景は花火です。花火大会という夏の風物詩と片思いの設定なので、この曲に共感できる人も多いと思います。ですので、片思いの人にぜひ聞いてほしいです。

 

 

第7位.Non Stop Rabbit「1ミリ先の努力」

Non Stop Rabbit『1ミリ先の努力』ギター弾いてみた

Non Stop Rabbit「1ミリ先の努力」がおすすめの理由

私はこの曲を前向きになれる曲としておすすめします。特に歌詞に注目して聴くと元気づけられます。たとえば、この曲の最初の歌詞に「夢なんて叶わないよ そう思わせて」とあります。これは夢を諦めて楽になりたいという心の声が現れている思います。しかし、「履歴書に書けないようなことに 時間を割いたっていいだろ」という歌詞があります。私はこの歌詞から、学歴や資格など目に見えるものだけに努力をするだけでなく、目に見えない自分のやりたいことに時間を使ってもいいのではないかと考えさせられました。このようにこの曲はメロディーだけでなく、歌詞に注目して聴くととても勇気づけられると思います。

 

 

第6位.Non Stop Rabbit「いけないんだ、いけないんだ」

Non Stop Rabbit 『いけないんだ、いけないんだ』 official music video 【ノンラビ】

Non Stop Rabbit「いけないんだ、いけないんだ」がおすすめの理由

この曲は、小さいころに「いけないんだーいけないんだー先生に言っちゃおー」という曲があったと思いますが、その曲がアレンジされた曲になっています。もともと私たちが子どもの頃に歌っていた曲は、ただただ先生につけ口をするという曲です。しかし、彼らは歌詞にも「君自身が変わらなきゃ歌う意味もないよ」と言っているように、悪いことをしてはだめということを相手に気づかせるためにこの曲はあるのだと教えてくれました。また、子どもの頃に慣れ親しんでいた曲がかっこよくアレンジされていて、とても面白いです。パロディーに興味がある方にはとてもお勧めできます。

 

 

第5位.Non Stop Rabbit「私面想歌」

Non Stop Rabbit 『私面想歌』 official music video 【ノンラビ】

Non Stop Rabbit「私面想歌」がおすすめの理由

この曲は私がNon Stop Rabbitの中で初めて聴いた曲です。この曲は彼らのYouTubeの動画のエンディングなどでも使われている、彼らの代表曲と言ってもいい曲です。しっとりした曲ではありますが、サビが印象的です。サビの歌詞では、「一人じゃ私を愛せなかった 二人重ねあった感情」のところがあるのですが、ライブでも指で数字を表現したりします。最初はボーカルのソロから入り、聞いている人を惹きつけます。ボーカルもギターもドラムも周りの楽器を邪魔しないのに、目立つところは目立っていてかっこいいです。サビなどのメロディーは一度聴いたら絶対に忘れないです。

 

 

第4位.Non Stop Rabbit「PLOW NOW」

Non Stop Rabbit 『PLOW NOW』 official music video 【ノンラビ】

Non Stop Rabbit「PLOW NOW」がおすすめの理由

この曲はバンド名にもあるように、うさぎとかめのお話から出来ています。かめはコツコツ頑張り、さぼっていたウサギに勝つというお話でしたが、彼らはウサギがさぼらなければ、ウサギが最強になれるのではないかと考えこのバンド名にしたといいます。PLOW NOWはこのことを基に作られた曲です。したがって、この曲の歌詞には「最高速度ぶっ飛ばして止まらないからあの日勝負に敗れたウサギだって眠れない夜に思うはず ここで終わってたまるかって分かっているから」とあります。このように、小さいころから馴染みのあるうさぎとかめのお話も交えながら、とても前向きになれる曲なので、たくさんの人におすすめしたい一曲です。

 

 

第3位.Non Stop Rabbit「これだけ」

Non Stop Rabbit 『これだけ』 official music video 【ノンラビ】

Non Stop Rabbit「これだけ」がおすすめの理由

この曲はしっかりバンドテイストですが、メロディーに優しさも感じる聴きやすい曲です。この曲もボーカルがとても高音できれいです。また、歌詞の中の「また足跡辿ってしまう君が 二度と後ろを振り向かないように 行く先の道を照らしてくから 僕ら先に行くよ」から、バンドで有名になるという強い意志を感じ嬉しかったです。この曲を聴くと、自分が信じて進んできたことは間違っていないと思わせてくれる歌になっていて勇気づけられます。もし、将来のことで不安なことがある人がいるならば、この曲を聴いたら彼らが未来へ引っ張ってくれる前向きな歌です。

 

 

第2位.Non Stop Rabbit「君と最後に選ぶ言葉」

Non Stop Rabbit 『君と最後に選ぶ言葉』 official music video 【ノンラビ】

Non Stop Rabbit「君と最後に選ぶ言葉」がおすすめの理由

この曲は、恋愛のバラードの曲です。冬を連想させるメロディーでどこか悲しく、切なくなります。ですので、切ないバラードを聴きたい人におすすめします。最初は静かな感じでスタートしますが、「バイバイバイ」のところから盛り上がり、力強くなります。ギターソロからのボーカルソロがとてもきれいで感動します。サビにかけて高音の歌声になるところがまた素敵です。歌詞では、恋愛の中でも別れを想像させる歌詞ですが、最後に「天の川二人の思い繋いで 空に描く 愛してるよ」と愛を伝えているところに感動しました。PVを見ていただくと分かりますが、出演者の切ない表情から涙をそそります。私はこの曲がバラードの中で一番感動しました。

 

 

第1位.Non Stop Rabbit「UNorder」

Non Stop Rabbit 『UNorder』 official music video 【ノンラビ】

Non Stop Rabbit「UNorder」がおすすめの理由

この曲は、とてもロック調ではありますが、途中のギターソロからジャズのようなオシャレな音楽になるところがかっこいいです。また、ボーカルの矢野晴人さんの高音の良さがとても引き出されています。最後の方では、とても男の人が出した声とは思えないほどの高音な歌声があります。私はこの歌声を聴いて感動しました。また、歌詞も前向きになれる歌詞で、とても元気付けられます。特に、「誰かに首輪を付けられてしまわないで 選ぶ道が僕らだけだとしても」という部分に感動しました。なぜなら、この歌詞は大人の言うとおりにせず、自分のやりたいことをやれという意味だと私は解釈し、嫌なことも頑張ろうと思えたからです。だから、私はこの曲が一番好きだし、おすすめします。