SILENT SIRENおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

SILENT SIRENおすすめの曲ランキングTOP10

読者モデル出身の4人組ガールズバンド。アイドル性もありながら、表現力・演奏力にも長け、音楽に対してとても真剣にかつ楽しく取り組んでるのが印象の注目バンドです。ファンの方を「サイファミ」(サイレントサイレンのファミリーという意味)と呼んでおり、ファン限定イベントでは、居酒屋で飲み会や、フリーマーケットなど、距離がとても近く、ファンがいかに楽しんでくれるのかを真剣に考えてくれていて、かつ実際にイベントとして開催してくれている。最近では対バンイベントなど、常に新しいものを創造してくれており、今後も目が離せないバンドです。

 

 

第10位.SILENT SIREN「フジヤマディスコ」

SILENT SIREN – フジヤマディスコ(FUJIYAMA DISCO)

SILENT SIREN「フジヤマディスコ」がおすすめの理由

ギターのすぅ(Vo,Gt)から始まり、ベースのあいにゃん(Ba)のスラッピングがとても印象的でかっこいいこの曲は、ライブでも盛り上がり必至の1曲。みんなで扇子を振りながら盛り上がればそこはまるでディスコクラブ。和と洋の要素を織り交ぜたこの曲はサイファミの中でも定番の曲となっており、演奏力が上がったなと思わせてくれる。本人達もこの曲へのこだわりも強く、所々に彼女達のアピールポイントがあり、初めてライブに行く方は必ずこの曲は何度も聞いて完全コピーしてから望むべし。この曲が含まれているアルバム「GIRLS POWER」もこの曲から始まっており、爆発力のある名曲。

 

 

第9位.SILENT SIREN「KAKUMEI」

【Silent Siren】「KAKUMEI」MUSIC VIDEO FULL ver. 【サイレント サイレン】

SILENT SIREN「KAKUMEI」がおすすめの理由

イントロのすぅのギター音がとても耳に心地よく残る曲。この曲はタイトル通り、彼女達にとっても何かを成し遂げたい想いが詰まった曲で、自分に対しても、周りに対しても、よしやるぞ!という気持ちにさせてくれる。立ち止まって、悩んで、迷って、それでもまた立ち上がって前に進む。彼女達自身の等身大の想いがストレートに突き刺さる名曲。この曲から彼女達を知った方も多いのではないでしょうか。曲調の変化はそこまでないものの、それが逆に一筋のぶれない想いと重なり、そこもまたよい。彼女達のKAKUMEIはまだまだ止まらず、この曲を想いながら新たに作った曲が、後にリリースされる「クリームソーダ」という曲です。

 

 

第8位.SILENT SIREN「恋のエスパー」

SILENT SIREN – 「恋のエスパー」MUSIC VIDEO

SILENT SIREN「恋のエスパー」がおすすめの理由

2019年最初のアルバム「31313」に入っている曲。アップテンポで、間違いなくライブでの定番曲となることが予想される曲で、彼女達が考えた「エスパーポーズ」での振り付けがあり、振り付け動画もyoutubeにアップされているので、必ず覚えてからライブ参戦すべし。合いの手の「ワンツーサンシ!」「エスパー!」というフレーズもみんなと一緒に叫ばない手はない。曲自体は乙女達の可愛らしい想いが表現されており、彼女達にぴったりな一曲。これからどうサイファミにも愛されていくかも必見だが、まずはリリース後初お披露目となる「SILENT SIREN LIVE TOUR 2019『31313』〜 サイサイ、結成10年目だってよ 〜 supported by 天下一品」での演奏は要チェック。

 

 

第7位.SILENT SIREN「八月の夜」

【Silent Siren】「八月の夜」MUSIC VIDEO full ver.【サイレントサイレン】

SILENT SIREN「八月の夜」がおすすめの理由

SILENT SIRENを知っている人で、この曲を知らない人はいないくらいホットチューンナンバー。彼女達は若い世代の恋愛に関する曲が多いが、夏の乙女達の甘酸っぱい初恋の想い出をうまく表現している。好きな人の事をいつも考えてしまう、もっと話していたい、もっと一緒にいたい、どうしたら次に繋がるかなぁ、でもこれ嫌いかなぁ、などなど誰もが感じたことのあるような経験を歌にしているところからも、みんなに親しまれるのも納得が出来る。ZONEのシークレットベースも8月になると聞きたくなる曲ではあるが、この曲も夏のライブでは必ず歌われる。何故だか口ずさんでしまうような中毒性もある。

 

 

第6位.SILENT SIREN「KNiFE」

SILENT SIREN – KNiFE MV (5TH ALBUM「GIRLS POWER」収録曲)

SILENT SIREN「KNiFE」がおすすめの理由

5thアルバム「GIRLS POWER」の中の一曲。あいにゃんが作曲している曲で、言葉遊びや曲調の変化など特徴がある。比較的アップテンポで明るい一面を持つ曲が多いが、この曲は逆に闇の部分を表現しており、どちらかというと「マイナス」な部分にクローズアップしている。人の恨み・妬み・辛みなど、ある意味人間らしい部分を表現し、MVでも基本笑顔は見せず、シックなイメージが残るが、「本音」をさらけ出すことは間違っていないよいう彼女達の意図を彷彿とさせる。この曲はあまりライブで披露されることはないが、コアなファンも多い曲です。(私もその一人です)

 

 

第5位.SILENT SIREN「チェリボム」

【Silent Siren】「チェリボム」MUSIC VIDEO full ver.【サイレントサイレン】

SILENT SIREN「チェリボム」がおすすめの理由

この曲もSILENT SIRENというアーティストを一躍有名にさせた1曲ではないだろうか。なんといってもMVがとても可愛すぎる。好きで好きでどうしようもない、その爆発しそうな想いが詰まったこの曲は、ライブでも必ず演奏される曲。独特な振り付けもあり、サイファミの人は全員踊れるであろう。「男の子も~女の子も~」という部分は、特にライブでそれぞれ男子女子と分かれて叫べる部分だが、ここから一気にボルテージは最高潮に達する。まさに大爆発出来るこの曲は、女の子の抑えられない気持ちを上手く相重なっており、男子より女子をも虜にしている一曲です。

 

 

第4位.SILENT SIREN「Go Way!」

SILENT SIREN – 「Go Way!」MUSIC VIDEO

SILENT SIREN「Go Way!」がおすすめの理由

「GIRLS POWER」のツアーライブで初披露されたこの曲も、「Yeah Yeah!」という部分の振り付けがあり、ライブでもみんな一斉にやるのが定番となっている。とても爽快感と躍動感のあるこの曲は、応援ソングとしても聞いている方も多い。終盤のキーが上がる所も彼女達の曲らしい。みんなが楽しくなれることを常に考えており、それは彼女達自身が楽しんでやっているから尚更見ている聴いているこちら側も自然と笑顔になってくる。この曲にはカップリング曲として「クリームソーダ」と「Melty」の3曲構成になっているのだが、3曲ともシングルとしてリリースしてもおかしくないくらいの名作。

 

 

第3位.SILENT SIREN「恋い雪」

【Silent Siren】「恋い雪」MUSIC VIDEO short ver.【サイレント サイレン】

SILENT SIREN「恋い雪」がおすすめの理由

彼女達のバラードの中でも唯一無二の名曲。冬を題材にした甘く切ない想いがこもったこの曲は、リピーター続出で、「ライブでやって欲しい曲」の中でもI×Uと共に常に上位にいる名曲。聴いていると、ほろり涙が出てきそうだが、とても癒される。彼女達の優しさが伝わり、儚く切ない中にもしっかりと愛情があり、心温まるこの曲は何度もリピートして聴いていたい曲です。ライブでの演出も白銀の世界にみんなをいざなってくれ、幻想的な世界が広がり、聴いている全ての人が静かに聴き入っている様子が印象的で、バラード曲でそのアーティストの良さや考え方が分かると言われている中で、オススメの曲です。

 

 

第2位.SILENT SIREN「女子校戦争」

【Silent Siren】「女子校戦争」MUSIC VIDEO 【サイレントサイレン】

SILENT SIREN「女子校戦争」がおすすめの理由

タイトル通り、女子校で起こる場面を表現しているこの曲は、特に歌詞にもインパクトがあり、アゲアゲな一曲。女子校で巻き起こっているある意味紛争的な事件(恋のライバルとの闘いや女の子達の裏の顔など)を、みんなが「あるある!」と共感できるような形で表現しているところも、聴いていて爽快です。女の子のあざとさや肉食的な部分を全面に歌に乗せて歌っているところも、彼女達でないと表現しきれない部分であり、若い世代と近い存在の彼女達だからこそ歌える曲なのかもしれない。リリースされてから結構時が経ってはいるが、今でもライブでも演奏されているところから見ても、支持者が多くいる、かつ本人達も演奏したい曲なのだろう。

 

 

第1位.SILENT SIREN「Starmine」

Silent Siren「Starmine」MUSIC VIDEO short ver.

SILENT SIREN「Starmine」がおすすめの理由

彼女達の3rdシングル「ビーサン」の2曲目に入っている名曲。なぜこの曲が2曲目?!と思うくらい、それぞれシングルで出しても全く遜色ない神曲。あいにゃんがコーラスなどではなく、長い時間歌っている曲でもある。今となってはサマー曲を多く歌っているが、「ビーサン」と共に彼女達の初サマーソングで初めてオリコン10位以内に入ったことから、このシングルから彼女達の勢いは一気に加速していくキッカケとなった曲。MVではまだ初々しい彼女達が見れ、すぅの突き刺すようなハイトーンボイスがサビの最後で聴け、上手く上手く歌おうというより、楽しく楽しくを意識したような雰囲気がメンバーの満面の笑みから垣間見える。シンプルに聴いていて楽しくなれる神曲です。