T.M.Revolutionおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

T.M.Revolutionおすすめの曲ランキングTOP10

西川貴教さんと言えば、圧倒的な声量と力強いロックサウンドで魅了していますが、私も魅了された一人です。ちょうど高校生ぐらいの時に、友人からアルバムを借りてそれ以来、すっかりファンになってしまいました。当時も現在も、西川サウンドには勇気や元気を頂いております。熱く、強いメッセージ性があると思っているので、本当に見事としか言えませんね。

 

 

第10位.T.M.Revolution「WILD RUSH」

T.M.Revolution 『WILD RUSH』

T.M.Revolution「WILD RUSH」がおすすめの理由

1999年2月5日発売 11th シングル 「資生堂 ティセラジャングル・ジャングル」 テーマソング。奇抜な格好が印象的のミュージックビデオで有名です。一部のシーンは、CMでもそのまま使われていました。シャンプーのCMだったので記憶に残りやすかったです。イントロや歌詞などで、幻想的なジャングルが頭の中にイメージされて、その世界観に浸るのは心地よく、疾走感溢れるサウンドは気分も高めてくれます。多分、一番最初に意識したTMRの楽曲だったと思います。懐かしさの中に、いろいろな記憶が甦ってくるような気がします。

 

 

第9位.T.M.Revolution「革命デュアリズム」

水樹奈々×T.M.Revolution「革命デュアリズム」MUSIC VIDEO(Full ver.)

T.M.Revolution「革命デュアリズム」がおすすめの理由

2013年10月13日発売 「革命機ヴァルヴレイヴ」 第二期テーマソング。レコード会社の垣根を越えて実現した夢のコラボ第二弾。今作は水樹奈々さんがホストでした。アニメの主題歌ながら、当のアニメは見ておらず、よく知りません(笑)ただ、楽曲に魅了され、さらに今作のミュージックビデオも中世のコロシアムをイメージしたかの作りで圧巻でした。どちらも声量が並外れているので、歌唱力とサウンド、さらに独特の世界観がマッチングしていて素晴らしかったです。本気で歌おうとすると血管が切れそうで、かなり負担がかかるのではないかと心配です(笑)

 

 

第8位.T.M.Revolution「WHITE BREATH」

T.M.Revolution 『WHITE BREATH』

T.M.Revolution「WHITE BREATH」がおすすめの理由

1997年10月22日 6th シングル。すごく大人っぽい楽曲です。全体的にセクシーであり(結構ギリギリ?)、激しいロックサウンドで聞くもの、見るものを圧倒していきます。大サビ前のギターソロはたまらない‼あんな風に演奏できる人がいるのかと思うと脱帽です。初めて聞いた頃は、ただかっこいい曲だと思ってましたが、だんだん歌詞を注意して聞くと何とも…。男の妄想大爆発といった感じで、共感できるようなできないような…。細かいことは抜きにしても、ひたすらにカッコいいロックサウンドは今もなお、多くの方を魅了しているはずです。

 

 

第7位.T.M.Revolution「Vestige ヴェスティージ」

T.M.Revolution 『vestige-ヴェスティージ-』

T.M.Revolution「Vestige ヴェスティージ」がおすすめの理由

2005年8月17日 21th シングル 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」エンディングテーマ。ガンダムの人気シリーズの特別エンディングテーマといった位置づけの楽曲です。ローテンポながら、サビにかけての力強さは圧巻の一言。登場人物たちの葛藤(特に三人の主人公)がよく見える。西川さんの御自身も「ハイネ・ヴェステンフルス」という役で出演されています。兄貴分に良いキャラクターでした(最期は気の毒でしたが…)。発売当時はアニメの内容重視で、楽曲に惹かれたのはアニメが終わった後だと思います。楽曲とセットで見ると、文句なしですね。

 

 

第6位.T.M.Revolution「FLAGS」

T M Revolution – FLAGS LIVE

T.M.Revolution「FLAGS」がおすすめの理由

2011年6月22日 25th シングル 「劇場版 戦国BASARA THE LAST PARTY&戦国BASARA CHRONICLE HEROES」テーマソング。戦国BASARAには欠かせない、TMRサウンド。アップテンポで力強く、和楽器とロックサウンドがうまくマッチしていて、すごく心地良いです。ゲームの方では至る所で流れ、ストーリーを盛り上げてくれます。曲が流れると一気にテンションが上がっていきます。エンディングではフルコーラス流れるので、聞き入ってしまいます。武将たちの熱き足跡をたどる、ゲームコンセプトに見事に合致していました。

 

 

第5位.T.M.Revolution「Ignited」

T.M.Revolution 『ignited -イグナイテッド-』

T.M.Revolution「Ignited」がおすすめの理由

2004年11月3日 20th シングル 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」 第一期オープニングテーマ。圧巻のハイテンポサウンド。一気に引き込まれていく。ガンダムシリーズの主題歌の中でも上位クラス。もちろん、他にもたくさん名曲はありますが、「TMR=ガンダム」といったイメージを植え付けた、そんな楽曲であることは間違いありません。「壊れること、変わることを恐れるな。」そんなメッセージが込められていて、作品と合わせて、すこし考えさせられるところはありました。人は悩み、傷つき、葛藤して大人になるんだなと思い知らされました。

 

 

第4位.T.M.Revolution「BOARDING」

T.M.Revolution 『BOARDING』

T.M.Revolution「BOARDING」がおすすめの理由

2001年2月7日 15th シングル ドラマ「別れさせ屋」テーマソング。ドラマの主題歌のようですが、肝心のドラマは見ていないので知りません(笑)後に出たアルバムを聴いて好きになりました。ドラマも楽曲も別れがテーマですが、どこか前向きなメッセージが込められていて、悲しいとか寂しいとか、そういった気持ちにはならないので、聞き終わったあとはどこか清々しいです。中間部のギターソロはシビれます。「愛する人、愛した人にそっと手を振って見送る…。」すこし哀愁を感じさせつつ、未来に向かうさまは潔くも感じます。大人ってことなんでしょうか…?

 

 

第3位.T.M.Revolution「Preserved Roses」

T.M.Revolution×水樹奈々 『Preserved Roses(Short Edit)』

T.M.Revolution「Preserved Roses」がおすすめの理由

2013年5月15日「革命機ヴァルヴレイヴ」第一期テーマソング。レコード会社の垣根を越え実現した夢のコラボレーション。第一弾は、T.M.Revolutionがホストでした。声量オバケ同士の圧巻の歌唱力とユニゾン。テンポもよく、力が溢れてくる。ミュージックビデオを先に見ましたが、近未来を舞台に西川さんと水樹さんが緊迫のドラマを繰り広げていて、その世界観に非常にマッチングしていて、見て聞いて魅了される素晴らしい作品です。初めてのコラボとは思えないぐらい二人の歌声がマッチしていて、驚かされた一曲でもあります。

 

 

第2位.T.M.Revolution「crosswise」

T.M.Revolution crosswise POP JAM

T.M.Revolution「crosswise」がおすすめの理由

「戦国BASARA」テーマソング カップリング曲だったと思います。記念すべきBASARAシリーズ第一作目のテーマソング。ソフトを買ったその日、プレイをしたその日に見事にはまりました。ゲームを進めると入手できるアイテムでBGM設定にして、終始聞きまくり。楽曲を聞くたびに、自分やキャラクターが強くなっていくようだった気がします。力強さに加え、戦国の儚い世界観が盛り込まれ、聴くものを奮い立たせてくれる、そんな一曲であることは間違いありません。自分が歌うとすれば、この曲がナンバーワンだと思います。総合的には一位の楽曲です。

 

 

第1位.T.M.Revolution「Naked Arms」

T.M.Revolution'14 Naked arms/Flags

T.M.Revolution「Naked Arms」がおすすめの理由

2010年8月11日 25th シングル 「戦国BASARA3」テーマソング。ミュージックビデオは血が滾り、胸躍る、圧巻のパフォーマンス‼命を懸けて、何かにぶつかってみたくなる。そんな気にさせる楽曲です。どんな世でもいい、生き様を刻み込みたいといったら大袈裟ですが、それぐらい強く訴えかけてくるメッセージが込められていると思います。ゲーム本編も戦国に懸ける思い、野望に懸ける思い、友情に懸ける思いなど、さまざまな思惑が交錯しているので、楽曲と共に一気に引き込まれていくのが分かります。今は比較的平和だけど、かつては明日をも知れない日々が続いていたかと思うと、どこか切ない気になります。しかし、楽曲は文句なしの満点‼TMR、此処に極まれりといった感じです。