the pillowsおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

the pillowsおすすめの曲ランキングTOP10

それまであまりロックに興味のなかったわたしが、初めて彼らを知ってから、ロックってかっこいいし、いいものだなと思えるようになった、ロックを聴くきっかけをくれたアーティストであり、世界観がまた独特だからです。

 

 

第10位.the pillows「コミックソニック」

the pillows / Comic Sonic

the pillows「コミックソニック」がおすすめの理由

スケットダンスというアニメのエンディングで、アニメのために書き下ろされた曲ときいて更にすきになりました。友情ありの青春ギャグ漫画という漫画にぴったりの歌詞に、テンポ感、駆け抜けていく学生時代、という場面や雰囲気がうかんでくる曲調に胸がどきどきしてしまう、漫画原作を読んで作られたのだなぁと伝わってくる曲です。あまり特徴のないビートのロックだなぁともはじめは思いましたが、聴けばきくほどに、アニメ作品を視ればみるほどに、噛めば噛むほど味のでるスルメイカのように好きになってしまうような、不思議な曲です。

 

 

第9位.the pillows「空中レジスター」

The Pillows Born Again Live – #3 空中レジスター

the pillows「空中レジスター」がおすすめの理由

こちらも最初きいたときはなんのへんてつもないロックで正直微妙だなぁとおもいましたが、何度もききなうちに歌詞がぐるぐると脳内にはいりこんできてしまうような、不思議な曲です。わりとゆるくてぬるいビートなのですが、途中からそれすらもここちよくなってしまう、そしてそのゆるゆるとしたビートに乗ってしまっている自分がいるという魔法がこの曲にはあると思います。それ以外にもこの曲には、このメンバーでありきの輪が伝わってくるというか、彼らだからこそのグループ故のグルーヴ感がひしと伝わってくる、そんなよさがあり、改めてこの3人、すごいなと思わされてしまいます。

 

 

第8位.the pillows「サードアイ」

The Pillows Born Again Live – #13 サードアイ

the pillows「サードアイ」がおすすめの理由

とにかくテンポがよくて聴いていてとても気持ちがよくなる曲です。ランニングしながらきいてもとても気持ちよくなれるような、風を切る爽やかさがあります。流れる調子で曲も淡々と進んでいくのですが、歌詞は本当にメッセージ性があって、とくに中間のDメロからサビまでが、歌詞をきくととくにうわーっと盛り上がるというか、この曲に出会えてよかった、とすら思えるほどぐっとくるものがあります。メロディやビートは同じなのに、ここまでの盛り上げやメッセージを伝えてくれる彼らは、音楽性にしても、メッセンジャー性にしても、本当に天才だなと思わされました。

 

 

第7位.the pillows「カモン ゴースト」

the pillows – Come on, Ghost (Live)

the pillows「カモン ゴースト」がおすすめの理由

割と腑抜けと曲というイメージですが、なんだかノリガよいとかんじるのは私だけでしょうか、何度も繰り返して聞きたくなる曲です。サビのうまい感覚のリズム感、まとまり、全体的に文節がはっきりしているきょくだなぁというイメージで、聴きやすい曲、といったらわかりやすいかもしれません。軽いのりで、ふらりと聴ける、いい気分のときに何故か口づさんでしまう、そんな曲です。カモンゴースト、カモンビースト、とインを踏んでいるところもそんな気持ちにさせてくれるポイントな野かもしれませんが、一度聴くと一度では短くかんじてしまう、リピート曲です。

 

 

第6位.the pillows「スケアクロウ」

the pillows / スケアクロウ

the pillows「スケアクロウ」がおすすめの理由

スケアクロウというのは、どうやら、仲間、みたいな意味でつけられたタイトルのようなのですが、コード進行やリズム感からも何となく仲間どうしのつながり、これまでの歩みを感じられる、頷けるのがこの曲です。最後にもう一度、メロディを繰り返して、「なぁ、そうだろう??」みたいにみんなで問いかけあってる感を受けるのは私だけではないような気がします。歴や下積み、音楽性の確立までが長かったアーティスト故の思い入れをこの曲に詰め込んだのではないのではないかな、と思います。スケアクロウ、この言葉の意味を教えてくれた素敵な曲です。

 

 

第5位.the pillows「雨上がりに見た幻」

the pillows / 雨上がりに見た幻

the pillows「雨上がりに見た幻」がおすすめの理由

スケアクロウとコード進行が似ている感じの曲なのですが、こちらは歌詞のメッセージがまた大分違うからか、切なさがたっぷりと伝わってくるものになっており、最後にかけての盛り上がりかたも大きく、ヴォーカルの山中さんの叫ぶような最後のメッセージに胸がきゅーっとなるものがあります。例えば冬の夜空の下で、遅くなって帰る家路の途中に一人で孤独を味わいながら聴きたくなってしまう、孤高のための曲のような気がします。沢山のものと戦いながら負けずに歩いている、自分をもつ全てのかたに、メッセージにふけりながら聴いていただきたい曲です。

 

 

第4位.the pillows「トウキョウバンビ」

the pillows / Tokyo Bambi

the pillows「トウキョウバンビ」がおすすめの理由

こんなにキュートでおちゃめさんな曲があったのか、という、彼らの意外性を感じた曲です。この曲の主人公になってる女の子、バンビちゃんのことが、聞いているこちらも好きになってしまうほど、彼女のキャッチーな魅力が伝わってきてしまう、ラブなポップソングです。聴いていて跳び跳ねたくなるような途中のアレンジやアドリブ、恋する、人を好きになるってこんなにポップでたのしいものなんだよー、というメッセージを彼らは伝えたかったのでしょうか。テンションの上がらない朝に、また、恋人に会いに行く途中に、うきうきしながら聴きたい曲です。

 

 

第3位.the pillows「ロデオスターメイト」

the pillows / Rodeo star mate

the pillows「ロデオスターメイト」がおすすめの理由

スティッチのアニメの曲らしく、それ故にかなりポップで、カントリーな曲調のロックです。まるでテーマパークのBGMのような、受かれていて楽しい、老若男女に愛される曲というイメージを受けました。かなりスピーディーで短い曲ですが、ハッピーでお腹いっぱいになってしまう、本当にお気に入りのポップソングです。プロモーションビデオも見やすくてハッピー感が満点なのでぜひぜひ視ていただきたい、視ても聴いても楽しめる作品だと思います。こちらもラブソングなのですが、ねちっこさのない、万人受け愛されラブソングなのかなと思います。

 

 

第2位.the pillows「my foot」

The Pillows – My Foot (Full Album) (2006)

the pillows「my foot」がおすすめの理由

MY footという同名アルバムの中の一曲目に入っている曲なのですが、まさにスタートにふさわしい曲というか、この曲からのスタートありきで、それからつづく盛りだくさんの個性的な曲たちがきわだってるようなきがします。それほどに聴きやすい、耳馴染みしやすい、リズム感も歌詞もとてもポジティブで平均的です。歌詞のメッセージはやはり彼らでこそ、すばらしいなぁと感じるものがあり、前にむかって歩いていくわたしたちすべてに元気をくれる、わたしたちはみんな冒険者だ、みたいな少年心を戻してくれる、毎日に魔法にをかけてくれる曲です。

 

 

第1位.the pillows「ファニーバニー」

the pillows / Funny Bunny

the pillows「ファニーバニー」がおすすめの理由

この曲はわりと有名な曲なのではないかなぁとおもいますが、とにかく歌詞、メッセージがすばらしいです。とくにテンポが善いわけでもない、ロック感溢れてるわけでもない、元気でもなくわりとセンチメンタルな部類の曲になるのでしょうが、ただただ素直に、そのままが泣けてくる、誰もの心にひびく曲なのではないかなぁとおもいます。サビの歌詞はとくに、口ずさんで、よみ上げて、自分に語りかけ、きかせてあげたくなる、そのままの格好よくない自身に元気と自信をぎゅうっと与えてくれる、そんな曲です。自信がないときこれをきくと泣けてきてしまうほどに、メッセージが強いおすすめの曲です。