サザンオールスターズおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

サザンオールスターズおすすめの曲ランキングTOP10

サザンオールスターズは言わずと知れた、数々のヒット曲を持つ日本を代表するポップロックバンドです。ボーカルの桑田佳祐の超個性的な、しゃがれつつも甘く色気のある声が大好きです。また、せつないメロディーのスローバラードが多くあり、そこも好きな理由の一つです。

 

 

第10位.サザンオールスターズ「愛の言霊」

愛の言霊 ~Spiritual Message~ / サザンオールスターズ (Cover) [高音質] フル

サザンオールスターズ「愛の言霊」がおすすめの理由

愛の言霊を好きな理由としては、まず歌詞とメロディーの譜割がしっかりはまっていて、日本語をまるで英語のように聴かせるかっこよさ、がある所です。ミドルテンポのちょっとハーフシャッフルした軽快なリズムに、桑田さんの歌が絶妙なはまり方をしていると思います。また、歌詞の内容もいわゆる韻を踏む箇所が随所に用意されており、リズムのアクセントとしてとても有効に作用していてかっこよく、そんなところもお気に入りです。さらに、中間部のラップ、そしてスキャット部分がとにかくアレンジがかっこよくて好きです。オルガン、トランペットなどを効果的に使っていてとてもクールです。

 

 

第9位.サザンオールスターズ「Oh!クラウディア」

サザンオールスターズ-Oh! クラウディア

サザンオールスターズ「Oh!クラウディア」がおすすめの理由

この曲の好きなところはたくさんありますが、最初にあげたいのは、そのせつない歌詞です。遠くなりつつある記憶の中に誰しもが持っているような、せつない思い出、せつない恋心、会いたい気持ち、などを非常に、誰にでも共感できるような表現で書かれたその歌詞は、ほんとに好きで感動します。また、この歌を歌っている時の桑田さんの声、素晴らしいです。甘くしゃがれた色気のあるその声でせつなく歌い上げています。歌っている姿、表情も、歌詞につられるかのようにとても感情的に映り、聴くもの、見るものの心を揺さぶります。そんなところも大好きです。

 

 

第8位.サザンオールスターズ「Ya Ya あの時代を忘れない」

Ya Ya(あの時代を忘れない) サザンオールスターズ カラオケcover

サザンオールスターズ「Ya Ya あの時代を忘れない」がおすすめの理由

この曲を好きな理由は、まずはこの歌を歌っている時の桑田さんの高音部分のシルキーなファルセットボイスです。桑田さんと言えば、独特のハスキーボイスで知られていますが、実はファルセットボイス(裏声)がとてもきれいなんです。サビ前にあるこの曲のファルセットボイス部分は、桑田さんのこの強みがとても生かされていて、最高です。
また、サビの歌詞、「シュガシュガヤーヤー」のところですが、メロディーと歌詞が絶妙な相性でミックスされていて、聴いていてとても印象に残り、ここもお気に入りの部分です。耳に残る歌詞、メロディーといった感じです。

 

 

第7位.サザンオールスターズ「真夏の果実」

真夏の果実/サザンオールスターズ.cover collabo by taka & makigon

サザンオールスターズ「真夏の果実」がおすすめの理由

真夏の果実は、まず好きなのがメロディーの良さです。大変ヒットした曲なので、サビのメロディーはとても有名ですが、ほんとにどなたでも口ずさんでしまうようなせつなく感情あふれる、そして覚えやすいメロディだと思います。ほんとに大好きな部分です。また、そのメロディーを存分に生かした歌詞も素晴らしいです。夏の恋を切なく描いたその歌詞は適度に英語のフレーズを散りばめることで、それがこの曲に独特のかっこよさ、せつなさをもたらしていると思います。さらに、編曲も素晴らしいと思います。特にイントロのエレクトリックピアノのフレーズは素晴らしいです。

 

 

第6位.サザンオールスターズ「いとしのエリー」

いとしのエリー/サザンオールスターズ.cover by taka

サザンオールスターズ「いとしのエリー」がおすすめの理由

いとしのエリーの好きなところですが、まずはその切なくも甘い、メロディーです。特にAメロのちょっとリズムを崩してブルージーに歌うところなどは、本当に桑田さんの歌唱センスの素晴らしさを感じられ、感動すら覚えてしまいます。日本語をこんなに自由自在に崩して歌える才能というのは、桑田さん以外ではなかなか見つけられないと思います。
また、最後の「エリー!」の絶叫部分は、桑田さんのハスキーボイスがばっちりはまっていて、その感情的な印象とあいまってかとても耳に残ります。この部分もこの曲に欠かせない部分だと思います。

 

 

第5位.サザンオールスターズ「働けロックバンド」

働けロック・バンド(Workin' for T.V.)/サザンオールスターズ.cover by taka

サザンオールスターズ「働けロックバンド」がおすすめの理由

働けロックバンドの好きなところは、まず、サザンオールスターズというバンド自体を、桑田さん達自身が愛しているんだよ、というメッセージがひしひしと伝わってくるその歌詞です。自嘲気味に自分たちを描きつつも、バンド活動への飽くなき情熱を歌っていて、とても心に沁みます。桑田さんのきれいで、切ないファルセットボイスを堪能できる部分も外せません。また、間奏の泣きのギターソロがとてもメローで心にきます。とても好きなアレンジです。さらには、キーボーディストの原さんがサビでコーラスとしてハモるのですが、そこもとてもかっこいいです。

 

 

第4位.サザンオールスターズ「ラチエン通りのシスター」

ラチエン通りのシスター – サザンオールスターズ (cover♪)

サザンオールスターズ「ラチエン通りのシスター」がおすすめの理由

ラチエン通りのシスターはとても好きな曲です。理由は、曲全体のブルージーなリズムのかっこよさ、そしてメロディーのよさ、さらにはハーモニカのアレンジの素晴らしさ、こんなところです。イントロなど、随所で聴くことができるブルージーなハーモニカのフレーズがこの曲を、ただの切ないバラードで終わらせずに、ブルースフィーリングにあふれた、エモーショナルなブルージーバラードに仕立て上げていると思います。また、なんといってもサビ高音部分での伸びやかで、ちょっとしゃがれた桑田さんの声が
歌詞との相乗効果でノスタルジックな気持ちにさせてくれて、そんなところも大好きです。

 

 

第3位.サザンオールスターズ「栞(しおり)のテーマ」

栞のテーマ cover サザンオールスターズ

サザンオールスターズ「栞(しおり)のテーマ」がおすすめの理由

この曲を好きな理由ですが、まずは、曲冒頭の歌詞「彼女が髪を指で分けただけ・・」の部分をカラオケで歌うのがたまらなく気持ちいい、ところです。また、ゆったりとしたリズムに桑田さんの甘く、しゃがれたボーカル、情熱的な恋を歌った歌詞が色気たっぷりにのっかるところ、最高です。万人受けする親しみやすいメロディーでカラオケでもすごく歌いやすいところ、もとても気に入ってます。ギターのカッティング音がドラムのスネアの音と同じタイミングでリズムを刻み、さらにそこにピアノの伴奏がのっかるアレンジ、素晴らしいです。体がリズミカルに自然に動き出してしまいます。

 

 

第2位.サザンオールスターズ「思い出のスターダスト」

思い出のスター・ダスト(サザンオールスターズ カバー) 井手隊長バンド @ 新横浜ラーメン博物館

サザンオールスターズ「思い出のスターダスト」がおすすめの理由

この曲を好きな理由は、なんといっても歌詞に自分が昔、住んでいた町の名前が出てくるところです。いろんな出来事が思い出されて、とても胸が熱くなってしまいます。また、サビなどの印象的な女性コーラスが桑田さんのハスキーボイスを包み込み、なんとも言えない独特のレトロ感を出していて、そんな部分も素晴らしいです。編曲も素晴らしく、オルガンの使い方がオーソドックスなブルーススタイルでありながら、とても効果的で感動を覚えます。ロングトーンを多用したホーンセクションも、この曲に欠かせない要素の一つであり、フレーズひとつひとつが最高です。素晴らしい出来栄えの曲です。

 

 

第1位.サザンオールスターズ「海」

海/サザンオールスターズ.cover by taka

サザンオールスターズ「海」がおすすめの理由

この曲が好きな理由は、ずばり、この曲のメロディー、歌詞、リズム、アレンジなどからあふれでる、独特の浮遊感です。素晴らしいです。聴いていると、ほんとに穏やかな波間に小さな小船に乗って、ゆったりとした時間を過ごしながら揺られている感覚におちいります。切ない恋心を歌う歌詞でありつつも、独特の浮遊感が曲全体に感じられるので、あまり感情的にはならず、穏やかな心のまま聴くことができます。また、アレンジのエレクトリックピアノが素晴らしく、揺れるような音色で海の穏やかな風景を鮮やかに表現しています。そんな部分も大好きです。