メレンゲおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

メレンゲおすすめの曲ランキングTOP10

優しい声質で斬新な曲調から構成されているところが好きなところになります。似ているアーティストでいうとスピッツ。友達に聞いても知らないと言われますが実はタイアップ曲は多く、アニメや映画の主題歌にもなっています。

 

 

第10位.メレンゲ「うつし絵」

メレンゲ 「うつし絵」 PV

メレンゲ「うつし絵」がおすすめの理由

新垣結衣の楽曲提供した曲であり、新垣結衣が歌っているのも好きでしたが、歌詞が好きな曲です。新垣結衣というと女優のイメージしかないと思いますが、歌も上手く、声もいいので合っていました。しかし、曲調はいいですが、メレンゲ自身が歌うとさらにいい部分が強調される感じで聞いていて落ち着くし、何度も聞きたいという感じで聴いていました。新垣結衣の歌っているほうでなにかタイアップされていましたが、メレンゲではタイアップはなし、ただ有名な方に楽曲提供をしていたので、たしかに実力がありそれが認められたという曲だと思います。

 

 

第9位.メレンゲ「スターフルーツ」

メレンゲ – スターフルーツ

メレンゲ「スターフルーツ」がおすすめの理由

アップテンポで始まりますが、そこまで激しいというわけではあえいません。しかし、しっかりとファンのこころはつかんでおり、曲調は激し目ですが、声と歌詞のおかげで落ち着いて聴いて入れる一曲となっています。過去の過ちを含め切ない気持ちになりますが、心が安らぐと言った感じで、切ないながらも優しい気持ちになれる一曲に仕上がっています。ギターソロのところも一度聞いたら何度でも聞きたくなるといった特徴的なイントロと歌詞の持っていき方で構成されており、ますますメレンゲの歌詞や曲調、そういったところに焦点はいくいい曲でした。

 

 

第8位.メレンゲ「すみか」

メレンゲ – すみか

メレンゲ「すみか」がおすすめの理由

哀愁漂う一曲に仕上がっておりこちらもなにかタイアップされていたと思いますが、忘れました。10年近く前の曲でせつなさを前面に出した歌詞でクボさんの声とマッチしておりさらにせつない気持ちにさせてもらえます。聴いているとどんどん哀愁漂ってきて涙が止まりませんでした。下手すると鬱状態になるくらいの曲調で続けて聴くということはあまりありませんでしたが、トータルでみると何回も聞いていたことになります。メレンゲは切ない歌詞と曲調せ間違いありませんでしたがそれが群を抜いて強い印象のする曲だと思いました。いい曲です。

 

 

第7位.メレンゲ「underworld」

merenge-「underworld」 PV

メレンゲ「underworld」がおすすめの理由

映画の主題歌にもなった曲で、たしか女優の田中なんとかさんが主演で出ていました。曲としてもとてもまとまっており、何度聞いてもあきない一曲に仕上がっています。最初は落ち着いた曲調で始まり、メレンゲ独特な世界観というかそのようなものが醸し出されています。やっぱりこれを聞いたらメレンゲだなという感じで哀愁漂う感じとせつない、これは切ない感じだという曲でぼーっと聴くのが1番おすすめです。ぼーっと聴くと自分の世界に入れます。そんな曲を作れるクボさんはすごいなあと感心した曲でもあり、ますますメレンゲが大好きになりました。

 

 

第6位.メレンゲ「アオバ」

メレンゲ – アオバ

メレンゲ「アオバ」がおすすめの理由

悲しい気持ちになりますが聞いた後はなぜかすっきりします。とても優しい気持ちになれます。リードギターのイントロ部分は大好きで曲は柔らかい感じがしますが歌詞なども尖っており、これもメレンゲらしさが溢れていました。かなり古い曲になりますが、聴くと虚無間があふれる一曲となっています。なにかのタイアップ曲としてあげられていたと思いますがメレンゲとしては有名な方で、まとまっている曲だと思います。過去に戻るとしたらまたこの曲をライブハウスで聞いてみたいと思いますし、何度でも聞いていたい一曲になっていると思います。

 

 

第5位.メレンゲ「クレーター」

メレンゲ「クレーター」MV アニメ「宇宙兄弟」オープニングテーマ

メレンゲ「クレーター」がおすすめの理由

アニメ宇宙兄弟の曲ということでメレンゲではかなり有名な曲となります。実際にアニメで流れた際はとてもテンションが上がりました。アニメのストーリーにもマッチしており、曲調と歌詞はとてもいい曲でした。アニメだと短くなっていますがフルで聴くとまた違った一面をもっており、とても優しい気持ちになれます。リードギターのイントロ部分もとても好きで独特の曲の入れ方は一度聞いたら病みつきになること間違いなしでライブでもよくこの曲が使われていました。聴いているとなぜか自分も頑張らないとという気持ちが芽生えてきていました。

 

 

第4位.メレンゲ「輝く蛍の輪」

メレンゲ 輝く蛍の輪

メレンゲ「輝く蛍の輪」がおすすめの理由

デビュー近くの昔の曲。曲調はメレンゲで1番激しいのではないかという曲調で、出だしのシンセサイザーの音もすごいインパクトがあります。イントロでこの曲はという感じでライブはよく鳥肌が立ちました。「夏草がゆれて雨が上がった午後」など歌詞はせつないかんじで始まり、それでいてかなり激しいのでそこのギャップがたまらなく好きでした。テンションをあげたい時は必ず聞いており、何か集中したいことがあると最初に聞いてそこからやる気スイッチを押してました。とても思い出深い曲であの頃の思い出が蘇ってきます。こちらもおすすめな曲です。

 

 

第3位.メレンゲ「夕凪」

メレンゲ – 夕凪

メレンゲ「夕凪」がおすすめの理由

デビュー最初のほうのアルバムに入っていた曲で、どちらかというとアップテンポの曲調です。ライブ映えのする曲でいつもメレンゲのクボさんが盛り上げたい時に使っていた曲となります。そんな中でも歌詞は切なく、声も切ないのでそこもギャップがあり、わりと激しいのに心地よく聞こえてしまうマジックがそこにはありました。10年くらい前ですが当時大学に行っていた際に友人におすすめされそこからメレンゲにはまった曲でもあるので思い入れがとてもあります。最近もまた聞きたくなるという中毒性もあり、聴くとのりのりでテンションが上がります。

 

 

第2位.メレンゲ「きらめく世界」

メレンゲ – きらめく世界

メレンゲ「きらめく世界」がおすすめの理由

一位にしようか迷った曲。この曲も切ない声と歌詞で涙腺に訴えかけてきており、何回も聞きました。サビではフレーズを繰り返し言うので「グラデーション」というフレーズを繰り返し最高に高まる曲です。リードギターもうまく、絶妙なリズムでサビに最高潮に持ってきます。でもなぜか切ない曲調なのでしんみりともしており、サビ同様ほんとうに何度でも再生して聞きたくなるような曲です。かなり昔の曲ですが、今でもドライブに言った際は必ず聞く曲になっていて始めて聞いた友達も誰の曲という質問がくるくらい素敵な曲調と歌詞と声をしています。

 

 

第1位.メレンゲ「願い事」

願い事ーメレンゲ

メレンゲ「願い事」がおすすめの理由

切ない曲調で、サビではフレーズを連呼して最高にかっこいい曲です。何度でも聞きたくなる曲に仕上がっており、ライブではよく演奏されていました。まさにメレンゲを象徴する曲で中毒性があります。美しいような切ないような、それでいてしっかりと歌詞でこちらにうったえてくるようなそんな曲で「光ってるのにいまはもうない星 ぼくの方からはきえないでいるんだよ」とかなり切ない歌詞であるにもかかわらず、穏やかなきもちに聞いているとなります。サビではフレーズが頭から離れなくなり最高の一曲です。メレンゲと言ったらこの曲を聞いてほしい。