DREAMS COME TRUEおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

DREAMS COME TRUEおすすめの曲ランキングTOP10

DREAMS COME TRUEの大ファンの私がおすすめの曲をランキング形式で紹介します!ぜひ聴いてみてください!

 

第10位.DREAMS COME TRUE「未来予想図II」

DREAMS COME TRUE – 未来予想図 Ⅱ ~VERSION‘07~ (from Live from DWL 2015 Live Ver.)

出会いから両想いになるまでの恋愛曲で、楽しいことも喧嘩したりもするけど、どんな事があっても、気持ちは変わらない。ずっと好きという内容が心温まる歌詞で、憧れのカップル像だと思うのでぜひ聴いてほしい曲です。シングル曲ではないが、ドリカムの代表曲の一つであり、数多くのアーティストにカバーされている。

DREAMS COME TRUEで演奏時間が最も長い曲で(7分20秒)、「未来予想図」と共に吉田が高校時代に作っていた曲だという。2年後の1991年に発売された4thアルバム『MILLION KISSES』に「未来予想図」が収録されるが、曲が出来たのはそちらの方が先だった為、そのままのタイトルでリリースされている。

 

 

第9位.DREAMS COME TRUE「ア・イ・シ・テ・ルのサイン ~わたしたちの未来予想図~」

DREAMS COME TRUE – ア・イ・シ・テ・ルのサイン ~わたしたちの未来予想図~ (from DWL 2015 Live Ver.)

「ア・イ・シ・テ・ルのサインわたしたちの未来予想図」は、老若男女全ての人に愛されるDREAMS COME TRUEの隠れた名曲で、未来予想図Ⅰ、Ⅱは皆もご存じかもしれませんが、この曲はⅠⅡの「今」を描いた曲なのです。

メロディーがゆっくりした曲で歌いやすいので、カラオケでぜひ歌ってみて下さい。このシングルに収録されている曲すべてが映画『未来予想図 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』の主題歌及び挿入歌です。単に続きものとしての 「未来予想図III」 を作るのではなく、「未来予想図」および「未来予想図II」のカップルの“今”を思い描いて作られた、クラシック系バラードです。

 

 

第8位.DREAMS COME TRUE「マスカラまつげ」

DREAMS COME TRUE – 「マスカラまつげ」

別れ話をしにいく彼女、最後に1番きれいな姿を見てもらおうとばっちりマスカラを付けて挑んだのに、結局泣いてしまった。「最後に愛する人の記憶に残った自分は見事なパンダ顔ね」と自虐的に歌う、大人のバラードです。。

当初は「はじまりのla」をA面に2004年3月に発売される予定だったが変更された。2曲とも12thアルバム『DIAMOND15』に収録。さらにミュージックビデオが作られ、『DIAMOND15』の初回盤DVDに収録されている。「マスカラまつげ」には、加藤ローサ・本上まなみ・千崎若菜・尚玄が出演している。

 

 

第7位.DREAMS COME TRUE「晴れたらいいね」

DREAMS COME TRUE – 晴れたらいいね (from DWL 2011 Live Ver.)

DREAMS COME TRUEのシングルとしては唯一カセットテープも発売されました。NHK朝ドラ「ひらり」のテーマソングでした。いつもドリカムの歌には元気が出ますが、これもパッと明るく前向きな気分になります。小さい頃は母親に叱られもしたけれど今は友達のように遊びに行ったり話をしたりしようと微笑ましい母子関係が見えます。

発売からおよそ26年後である2018年には、再び連続小説ドラマ『まんぷく』の主題歌(タイトルは「あなたとトゥラッタッタ♪」)として、タッグを組むこととなった。同局の連続テレビ小説として26年振りの提供に伴い、同曲も26年振りに歌い直されたリメイクバージョン(「〜VERSION ’18〜」)が同シングルに収録されている。

 

 

第6位.DREAMS COME TRUE「空を読む」

空を読む

世代問わず、多くの人びとから愛される、DREAMS COME TRUEで、ボーカル・吉田美和の圧倒的な歌唱力と、誰もが魅了される楽曲でヒットを飛ばし続けている、日本を代表する音楽グループのひとつです。そんなDREAMS COME TRUEの隠れた名曲が、「空を読む」で穏やかなメロディーに乗せられた歌詞には、思い通りにいかない現実とせつない恋心が描かれています。

歌詞に何度も出てくるこのフレーズは、愛している想いを伝えたい、伝わってほしいという気持ちと上手くいかないことへのイラ立ちとの間で、どこか投げやりになっている感情が伺えます。 辛い恋愛でも希望を持とうという気持ちと同時に、なんで諦められないんだろうという自分への疑問。空を見上げたって、前向きな気持ちにはなれないし、わからないことばかりが増えていくのに。そして、相手の気持ちを必死に知ろうとする姿が目に浮かびます。

 

 

第5位.DREAMS COME TRUE「悲しいKISS」

DREAMS COME TRUE – 悲しいKiss (from DWL 2015 Live Ver.)

グループ名がそのままタイトルに採用された1stアルバムに収録されている楽曲で、ギターのいい感じに隙間を作ったフレーズがお洒落なバラード曲です。失恋した女性の最後の悪あがきが詰まっており最後の「誰も見ないで 足を止めないで 声をかけないで 構わずに行って」というサビが胸に刺さります。

本当はもっと好きという気持ちに素直になれたら良かったのに、それを言わない方が良い事だと思う時ってあります。せつない歌詞の中には、過去の自分が彼の言う一言一言に素直に反応できず、それをひそやかだと思い込んでいたけれど、今思うと本当は臆病なだけだったと気づき苦しんでしまうのです。

 

 

第4位.DREAMS COME TRUE「ねぇ」

ねぇ / DREAMS COME TRUE / ドリカム "komako"

ドリカムの失恋に寄り添う名曲で、失恋したあとは、自分の身の回りの物すべてに恋人との思い出があふれています。もちろん洋服だってそう。この曲では、恋人との思い出が詰まった洋服を中心に歌詞が書かれています。失恋した自分を少しづつ励ましてくれるようなこの歌詞に勇気づけられます。

日本を代表する6人の豪華女優(蒼井優、鈴木京香、竹内結子、田中麗奈、仲間由紀恵、広末涼子)が主演する映画『Flowers』(公開:2010年6月12日/企画・製作総指揮:大貫卓也)のためにDREAMS COME TRUEが書き下ろした楽曲「ねぇ」他を収録したシングル。`いつの時代も日本の女性は美しい`という映画のテーマに沿って、深いメッセージをなにげない言葉で表現した心に響く作品です。

 

 

第3位.DREAMS COME TRUE「うれしい!たのしい!大好き!」

DREAMS COME TRUE – うれしい!たのしい!大好き! (from URAWAN 2016 Live Ver.)

「うれしい!たのしい!大好き!」はDREAMS COME TRUEの3rdシングル「うれしはずかし朝帰り」に収録されており、江崎グリコ「ポッキー」CMソングに起用されています。この曲は、アルバムには’EVERLASTING’VERSIONとして収録されています。

もう27年愛されている名曲ですが、アルバムバージョンとシングルバージョンだいぶ違います。歌声も結構違うから多分別収録、アルバムバージョンは結構出回ってますけど、シングルバージョンはこれだけなんです。この曲を初めて聴いたのは20歳の頃で、曲の完成度と歌唱力に圧倒された思い出があります。また曲名がすごくかわいいと思いました。

 

 

第2位.DREAMS COME TRUE「サンキュ.」

DREAMS COME TRUE – サンキュ. (from DWL 2011 Live Ver.)

上がり下がりの少ないゆったりとした曲調なので、一定のテンションで歌えばさまになる1曲で、歌いやすいと感じる人は多いはずです。歌詞のとおり、友だちに語りかけるような気持ちでおだやかに歌いましょう。

この曲は阪神・淡路大震災のチャリティーシングルとして緊急発売された。作詞:吉田美和、作曲:吉田美和・中村正人、編曲:中村正人で、バッキング・トラックはパット・メセニー・グループ風で、「レター・フロム・ホーム」に収録されている「スリップ・アウェイ」風のリズムをベースにメセニー風の音色のギターやライル・メイズ風のシンセが聞かれる。

 

 

第1位.DREAMS COME TRUE「LOVE LOVE LOVE」

20060224 BoA x Dreams Come True – LOVE LOVE LOVE (OUR MUSIC)

ドリカムの名曲中の名曲で、あまりに有名な曲なので、音をはずしても意図せず自分のアレンジが加わってしまったとしても、まったく曲の雰囲気が壊れません。歌うことが苦手な方でも安心してセレクトできる1曲です。

TBS系ドラマ『愛していると言ってくれ』主題歌&挿入歌で、『愛していると言ってくれ オリジナル・サウンドトラック』には主人公のテーマ曲として制作され収録されている。本作の原曲は中村がデビュー前の20代の頃に当時の彼女へ、バレンタインデーのお返しのために作詞作曲した「ホワイトデー」という曲であった。上記ドラマ主題歌のオファーを受けた際、吉田にこの曲を聴かせたところ、吉田はこの曲を引き受けて歌詞を書き換え完成した。