MONKEY MAJIKおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

MONKEY MAJIKおすすめの曲ランキングTOP10

洋楽と邦楽のハイブリット。ただただカッコイイ。曲の構成もお洒落な曲が多く、曲の展開に驚かされることが多い。ボーカル兄弟の歌声もそれぞれ味があってとても良い。また、様々なアーティストとコラボしたり、様々なイベントを行っていて、アーティストとしての活動以外にも注目できる。

 

 

第10位.MONKEY MAJIK「SAKURA」

MONKEY MAJIK / SAKURA

MONKEY MAJIK「SAKURA」がおすすめの理由

とても良い歌詞。メロディー。泣ける。しかし、PVがとてつもなくシュール。どうした。(笑)曲のみを聴いたら、とても感動的でメロディーも切ない感じなのに、PVを見ながら聴くと、泣いていいのか笑っていいのか分からなくなってしまう。しかし、こういった遊び心があるところも、MONKEY MAJIKを好きな理由の一つ。1番の歌いだしの歌詞の「僕らが近づいて、時間が短くなっていく。周りが大きく変わっても、僕らは変わりたくなかった」というところなど、とてもハッとさせられてしまう。それなのに、なぜこのPVなのか。何度見ても疑問しか浮かばない。

 

 

第9位.MONKEY MAJIK「Gandhara」

Monkey Majik – Gandhara

MONKEY MAJIK「Gandhara」がおすすめの理由

ゴダイゴの名曲ガンダーラをMONKEY MAJIKがカバーした曲。曲自体素晴らしい曲で、もともとこの曲が大好きだったが、このカバーバージョンは、しっかりとMONKEY MAJIKらしさもあり、数十年前の曲というのに、古臭さを全く感じない仕上がりになっている。また、youtubeにはゴダイゴとMONKEY MAJIKがコラボした動画がアップされており、とても感動したことを覚えている。曲自体、とても名曲なのは分かりきっているが、MONKEY MAJIKのアレンジもとても素晴らしく、何度も聴き返してしまう。

 

 

第8位.MONKEY MAJIK「Delicious」

MONKEY MAJIK / Delicious

MONKEY MAJIK「Delicious」がおすすめの理由

ダントツで元気になれる曲。おふざけな曲かと思いきや、聴けば聴くほどに曲の構成に驚かされたり、メロディーラインのすばらしさに気づかされる。特にCメロの展開が素晴らしく、ドキッとする展開になっていて感動した。MONKEY MAJIKの曲は展開やアレンジがとても考えられていて、聴くたびに発見がある。また、PVが昭和のエアロビのような映像になっていて、ハイレグのボディースーツを着た女性や、マッチョなさわやかイケメンが踊っている中、メンバーも紛れて踊っていて、とても面白い。演奏中の服装に対しては、なぜそうなった!とツッコミを入れたくなる。しかし、曲とマッチしているのが不思議。

 

 

第7位.MONKEY MAJIK「魔法の言葉」

MONKEY MAJIK / westview 魔法の言葉

MONKEY MAJIK「魔法の言葉」がおすすめの理由

メロディーラインがものすごくカッコイイ。とてもカッコイイサビのメロディーに、Aメロのラップがとても合う。どうやったらこんなメロディーラインが出てくるのだろうか。。。これが才能か。聴いていてドキドキする曲。また、歌詞もとてもすばらしく、それをサラリと歌い上げるボーカル兄弟の声に聞き入ってしまう。曲はサビ頭となっているが、本サビのメロディーとは少し違っていて、頭のメロディーがとても好きなだけにもっと聴きたい!となるが、逆にそうすることによって、冒頭のメロディーが引き立たされていると思うし、本サビのメロディーも聴けば聴くほどに良さを感じる。

 

 

第6位.MONKEY MAJIK「虹色の魚」

MONKEY MAJIK / 虹色の魚

MONKEY MAJIK「虹色の魚」がおすすめの理由

正統派なキャッチーな曲。聴いていてとても明るい気持ちになれる。ノリノリになりたいとき、元気を出したいときによく聴いている。「君にあって、ぼくに無くて」のフレーズがとても好き。また、サビ前の「大きく吸うのさ。高く飛ぶために」のフレーズは、自分がなにかするときに、力をためるように、この曲もサビに差し掛かるにあたって、大きく息を吸って力をためて、あのパワフルなサビにつながっているような感じがする。車などで見通しの良い道を走るときに、この曲を流しながら(歌いながら)走行すると、とても心地よい気分にさせてくれる。

 

 

第5位.MONKEY MAJIK「ただ、ありがとう」

MONKEY MAJIK / ただ、ありがとう

MONKEY MAJIK「ただ、ありがとう」がおすすめの理由

曲調がとても明るい気持ちになれる曲。曲自体は失恋の曲なのかもしれない。しかし、それを敢えて明るく歌い上げることで逆に元気をもらえる曲だと感じる。また、ありがとうを伝えたいというフレーズがとても耳に残り、ありがとうを伝えることの大切さを改めて感じさせてくれる。歌ってみると、何度も出てくるあ「ありがとう」のおかげで、なんとなくポジティブな気持ちにさせてくれる曲。個人的には、結婚式で流したい曲の一つ。要因に、Cメロの最後は空耳ではあるが、「ハッピーウエディング」にも聞こえる。感謝の気持ちを感じさせてくれるこの曲は、結婚式におすすめだと感じる。

 

 

第4位.MONKEY MAJIK「Fly」

Monkey Majik-Fly ( Full Version )

MONKEY MAJIK「Fly」がおすすめの理由

とても爽やかで元気の出る曲。聴くとついつい身体がノってしまい、知らず知らずの内に歌い出してしまいたくなる曲。CDなどに収録されている通常バージョンもとても良いが、個人的には、ライブでやっていたアコースティックバージョンもとても好き。それもとても良い。アコースティックバージョンでは、二人のコーラスが際立っており、聴いていてとても耳触りが良く心地よい気分になることができる。アコースティックバージョンについては、武道館ライブ時のDVDに収録されていたはず。さわやかな朝などに。コーヒーを飲みながら聴きたい曲。

 

 

第3位.MONKEY MAJIK「アイシテル」

MONKEY MAJIK / アイシテル

MONKEY MAJIK「アイシテル」がおすすめの理由

個人的に最高のバラード。歌詞がとても素晴らしい。「愛しているの言葉の意味を教えてくれた」というフレーズに何度となく泣かされた。また、この曲の歌詞にもあるように、本の些細なすれ違いで戻れなくなってしまう過去があることを考えさせられた。失恋したときに聞いたらとてもグッとくる曲。絶対に号泣してしまうと思う。また、大切なパートナーがいるならば、その人を大事にしたいと改めて思わせてくれる曲。「アイシテル」良く目にする言葉だけど、カタカナ表記にすることによって、心の中に不安定さが一気にこみあげてくる。また、カナダ人の二人が歌うからこそ、カタカナ表記でも違和感を感じない。むしろ、良いアクセントになっていると思う。

 

 

第2位.MONKEY MAJIK「Around The Wourd」

MONKEY MAJIK / Around The World

MONKEY MAJIK「Around The Wourd」がおすすめの理由

ドラマ、西遊記の主題歌。西遊記の主題歌だったためか、中華テイストな曲調になっていて、オリエンタルなテイストを感じる。それでいて、カッコイイRAPがあり、キャッチーなサビにつながるのが素晴らしい。この曲を聴くと、いつも冒険に出かけたい。知らない道を通りたいという欲望が出てくる。険しい山道などを車で走行するときにこの曲を聴くと、言葉にできないワクワク感を感じることができる。余談だが、サビの最後の歌詞が空耳だが「目ガサ覚メタラ晴れ」に聞こえ、冒険の旅立ちを天気も背中を押してくれているように感じて好き。

 

 

第1位.MONKEY MAJIK「空はまるで」

MONKEY MAJIK / 空はまるで

MONKEY MAJIK「空はまるで」がおすすめの理由

透き通るように晴れた日のドライブには欠かせない曲。キャッチーなサビメロに日本人では思いつかないような、ベタな殺し文句を乗せてさわやかに歌い倒している。初めての夏フェスでMONKEY MAJIKを見たときに、この曲を夕日で空が赤く染まる中で見たことを、いつ聞いても思い出させてくれる曲。そのときは、会場全体が真っ赤に染まり、振り返ると何千もの人々が同じように手を左右に振っていて、その中で、「空はまるで 君のように」と歌い上げるMONKEY MAJIKの姿に、当時MONKEY MAJIKをよく知らなかった自分でさえ感動を覚えて、涙したのを思い出す。