THE ORAL CIGARETTSおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

THE ORAL CIGARETTSおすすめの曲ランキングTOP10

偶然ラジオでかかっており、その曲が気に入って調べてみたところその他の曲もポップやロック調の軽快なサウンドで耳馴染みの良さもありながら感情に強くに直接訴えかけてくるような歌詞や風刺的な歌詞の曲多くなかなか居ないバンドだと思ったため。

 

 

第10位.THE ORAL CIGARETTS「気づけよBaby」

THE ORAL CIGARETTES「気づけよBaby」MusicVideo

THE ORAL CIGARETTS「気づけよBaby」がおすすめの理由

ミュージックビデオの作りもよく、曲調はポップス寄りでこれから聞き始める人には親しみ易く歌詞にも共感しやすいと思うので第10位に選びました。イントロからサビまでテンポも一貫して比較的ゆったりしておりカラオケ等で歌いたい人にもオススメできる曲。今好きな人が居る人現状に迷っている人あのときこうしていれば何か変わったのかなと思い悩んでいる人に是非聴いてみてほしい1曲。きっと何か感じるものがあるはずミュージックビデオの作り的に10代~は現状に重ね合わせ、20代以降~は学生の頃を想起できるのでは無いかと思います。

 

 

第9位.THE ORAL CIGARETTS「起死回生STORY」

THE ORAL CIGARETTES「起死回生STORY」MUSIC VIDEO

THE ORAL CIGARETTS「起死回生STORY」がおすすめの理由

イントロのリズミカルなギターとドラムが特徴的な1曲。Aメロの独特の詰まった歌い口からサビ入る時の間奏の間の取り方やのびやかな歌声がまさにTHE ORAL CIGARETTSらしくてオススメです。歌詞は前向きさを感じさせつつも押し付けがましく無くもどかしさの中で現状の自分を認めつつ展開していきます。起死回生とありますがどこか泥臭い人間臭さを感じるようなそんな曲です。ミュージックビデオも戦う少女をモチーフに少しポップに作られていて面白いと思います。現代に生きる人々、とりわけ失敗ばかりだと感じている、今まさに起死回生を望んでいる全ての人々に是非とも聴いてほしい1曲です。

 

 

第8位.THE ORAL CIGARETTS「リコリス」

THE ORAL CIGARETTES 「リコリス」 Music Video

THE ORAL CIGARETTS「リコリス」がおすすめの理由

出だしからのび上がる声がインパクト大な1曲。誰もが一度は考えたことがある明日とは未来とはという行き先の不安に、時にはもうなにもかも嫌になるときもあると思います。そんな人に特にオススメできるのがこの曲。無理に前を向かせようとせず気持ちを肯定してくれるような歌詞で心にストンと落ちるものがあると思います。生きる意味とは、生きた証とは、と問いかける歌詞もはっきりとしたメロディーラインのおかげで重たくなり過ぎずにスッと聞けるのでオススメです。一面を彼岸花が赤く多い尽くした丘で演奏する姿を映したミュージックビデオも特徴的で合わせて観ることをオススメします。

 

 

第7位.THE ORAL CIGARETTS「PSYCHOPASS」

THE ORAL CIGARETTES「PSYCHOPATH」Music Video(Short ver.)-4th AL「Kisses and Kills」6/13 Release-

THE ORAL CIGARETTS「PSYCHOPASS」がおすすめの理由

イントロからの重めなギターのサウンドとは裏腹に歌い出しは軽くリズミカルでハードロックとポップスを融合したようなノリの良い1曲。歌詞も独特でTHE ORAL CIGARETTSの曲の中でも風刺色のかなり強い曲になっています。サイコパスという言葉がメジャーになった昨今について時に茶化し、そして突き刺さるような言葉の連続なので好みは別れそうな曲ですが、時代に媚びず敢えてサイコパスと世間を風刺するスタイルが好ましく感じ、是非多くの人に聴いてほしいと思います。アップテンポな曲が好きな人、ちょっと変わった曲が聴いてみたいと思う人にもオススメです。

 

 

第6位.THE ORAL CIGARETTS「狂乱Hey Kids!!」

<ノラガミARAGOTO>OPテーマ THE ORAL CIGARETTES「狂乱 Hey Kids!!」MusicVideo

THE ORAL CIGARETTS「狂乱Hey Kids!!」がおすすめの理由

アニメーションのオープニングテーマにもなった曲なので知っている方も多いかもしれません。甲高いギターとアップテンポかつバラバラのようで統制されたメロディーが癖になる1曲。ミュージックビデオもチカチカと素早く移り変わってゆき、映像作品としても楽しめると思います。まずはメロディーに合わせてサラッとノリ良く聴いてみて2回目以降に歌詞を見ながら聴くのがオススメです。言葉遊びや語呂の中に様々な意味や解釈を見出だせると思います。歌詞、メロディー共にゴチャゴチャと散らかっているようで見事に纏め上げている曲。とにかくノリが良くアップテンポなので夜のドライブ等のシーンにもオススメできます。

 

 

第5位.THE ORAL CIGARETTS「CATCH ME」

THE ORAL CIGARETTES 「CATCH ME」 MusicVideo

THE ORAL CIGARETTS「CATCH ME」がおすすめの理由

イントロのリードギターのメロディーが特徴的な1曲。孤独と自由、善と悪というありがちなテーマを短い曲中にここまで複雑かつ、大胆に散りばめた曲はそうそう無いと思います。難解ながらも聴きにくさを感じさせないメロディーに一気に捲し立てていくようなサビは思わず口づさむこと請け合いです。じっくりと歌詞に向き合って解釈したい人にも、サクッと聴きたい人にもオススメできる中立的な1曲。妖しく始まるリードギターからきれいに纏まっていく様は圧巻です。ミュージックビデオはシンプルながらも映像技術をいかした極彩色と退廃的な雰囲気が背中合わせになった素晴らしい作りだと思います。

 

 

第4位.THE ORAL CIGARETTS「5150」

THE ORAL CIGARETTES 「5150」 Music Video

THE ORAL CIGARETTS「5150」がおすすめの理由

イントロからボーカルの歌声で始まるシンプルな曲。メロディーは全体的に綺麗に纏まっていてとても聴きやすいつくりになっています。自己の葛藤や、やるせなさ、闇雲にもがき続ける苦しみや怖さ、運命に対してどう相対していくか、諦めはしない諦めきれないといった複雑な人生感をシンプルにストレートにな曲投げ掛けてくる歌詞に深く考えさせられます。今を生きる全ての人々に直球に投げ掛けてくるこの曲はオススメ。シンプルなだからこそ是非とも歌詞に注目してほしい1曲。ミュージックビデオはドラマ風になっており、とても凝っていて制作者のこだわりを感じられます。

 

第3位.THE ORAL CIGARETTS「カンタンナコト」

THE ORAL CIGARETTES「カンタンナコト」MV

THE ORAL CIGARETTS「カンタンナコト」がおすすめの理由

ミュージックビデオと歌詞のシンクロ性が見事な1曲。風刺性が強く聞く人のライトな曲調ながらもエッジがきいていて感情に直接訴えかけてくる歌詞が特徴です。人間と現代社会を弾丸のように鋭く生身の温さを感じるほどの生々しい言葉の数々に如実に描写し撃ち込んでくるようなこの曲は曲調こそ若い世代向けではありますが全ての世代の人に聴いてもらいたいオススメできる曲です。ラストの畳み込むようなメロディーと歌詞はまるで永久未完の映画を見終わったような感覚で人間の人生そのものを投影したように思え、THE ORAL CIGARETTSの曲の中でも完成度の高さを感じます。未視聴の方には是非とも視聴して頂きたいです。

 

 

第2位.THE ORAL CIGARETTS「容姿端麗な嘘」

THE ORAL CIGARETTES「容姿端麗な嘘」Music Video -4th AL「Kisses and Kills」6/13 Release-

THE ORAL CIGARETTS「容姿端麗な嘘」がおすすめの理由

色使い、演奏、題材の全てに纏まりのあるシンプルなミュージックビデオと艶かしいイントロのリードギター、アウトロまで全ての音響の統率のとれた調和が特徴の1曲。曲調と歌詞の調和はTHE ORAL CIGARETTSの曲の中でも群を抜いています。誰もが持つ心の内面、自分本位な雰囲気を思わせながら、他人ひいては世界の本質、自分自身の本質にまで迫っていき自己とは何か答えのない問いのなかで幸せで有りたいと願う人の心の奥深さを感じる歌詞を読み解いていく感覚は素晴らしく、オススメです。ロックとポップスの両方のノリの良さも感じられ飽きが来ないので、プレイリストに追加して通勤通学時の日々のローテーションに加えてみるのもオススメです。

 

 

第1位.THE ORAL CIGARETTS「ワガママで誤魔化さないで」

THE ORAL CIGARETTES「ワガママで誤魔化さないで」Music VIdeo<TVアニメ「revisions リヴィジョンズ」OPテーマ>

THE ORAL CIGARETTS「ワガママで誤魔化さないで」がおすすめの理由

テンポのいい思わず体でリズムを取りたくなるような曲。ミュージックビデオではシンプルな背景から始まり、曲が進むに連れてあちこちに入れ込まれた情景描写や切れ味のあるダンスも必見。バンドでありながら、非常に完成度の高い楽曲とダンスを構成するのは素晴らしいと思います。新しい要素を取り入れながらもTHE ORAL CIGARETTSらしさは失われておらず、アップテンポかつダンサブルなメロディーとは裏腹に人間の生々しさやその情景、人生の中での悲しみや空虚さを明確にイメージさせる歌詞は健在で、じっくり聴きたい人にもダンスミュージック、ロック、ポップス好きな人にも幅広くオススメできると思います。