w-inds.おすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

w-inds.おすすめの曲ランキングTOP10

小学生の頃、当時TVを見ていて衝撃を受けたのがw-inds.でした。洗練された雰囲気とダンス、中性的な歌声を初めて見た時には、言葉に出来ない衝撃を受けました。その時から今に至るまで、ずっとファンで居続けています。

 

 

第10位.w-inds.「Love is message」

Love is message(MUSIC VIDEO Full ver.) / w-inds.

w-inds.「Love is message」がおすすめの理由

曲の入りから、keitaに語り掛けられているような錯覚になる、とても癒される曲です。誰かを思う曲を歌った、とてもナチュラルな雰囲気の曲です。keitaの歌声は、この曲のようにゆったりとした優しい雰囲気にも、とても合います。アルバムの中の曲にはバラードなども収録されていますが、こういう雰囲気のシングルは、この曲が初めてです。サビは繰り返しが多いので覚えやすく、耳に残ります。この時期のw-inds.は、3人とも歌パートがあって歌声が聞けるので、とても嬉しい曲でもあります。格好良い曲から、癒し系の曲まで幅広く表現できるところが素晴らしいです。

 

 

第9位.w-inds.「Long Road」

Long Road(MUSIC VIDEO Full ver.) / w-inds.

w-inds.「Long Road」がおすすめの理由

歌詞が一番好きなのが、この曲です。彼らの曲には前向きな曲がいくつかありますが、この曲には前向きなメッセージだけでなく、少し迷いも含まれています。その迷いが決心に変わる過程が歌詞の中に描かれていて、すごくイメージがしやすいので好きです。後悔や迷いを抱きながらも前に進んでいこうという、物語のようなものがとても浮かんでくるので、素晴らしいです。高い声を伸ばすようなパートが多いので、keitaの声にとても合っていると思います。この曲を聴いたら、前向きになって何か始めたくなるような、そんな力があると思います。

 

 

第8位.w-inds.「Dirty Talk」

Dirty Talk(MUSIC VIDEO Full ver.)/ w-inds.

w-inds.「Dirty Talk」がおすすめの理由

かなりハイトーンボイスに挑戦していると感じる曲です。サビまでの部分はずっとkeitaの高音での歌声が続きます。最新の曲の作りを取り入れた、過去の楽曲とは全く異なる雰囲気の曲です。しかし、これも新しいw-inds.だと受け入れられるほど、彼ららしさは残っています。プロモーションビデオでは、3人が肩を持ちながら並んでダンスを披露するシーンがあり、ぴったりと揃うところを見ると、とても嬉しくなります。結成から長い月日が流れていても、デビュー当時のように3人で踊っている姿は、変わらないなと感じます。自分で歌うにはかなりハイレベルなので、keitaの歌声だから成り立つ曲とも言えます。

 

 

第7位.w-inds.「Another Days」

Another Days(MUSIC VIDEO Full ver.) / w-inds.

w-inds.「Another Days」がおすすめの理由

失恋をテーマにした、切ない雰囲気の曲です。メロディと歌詞はとても大人っぽく、keitaが歌うことで、不思議な雰囲気になります。幼さが残るような歌声ですが、どこか大人びたようにも聞こえて、子供だった当時の自分は、この曲にも衝撃を受けました。10代の青年が、ここまで切なさを表現できる歌い方ができるというのは、未だに驚きます。この曲では、ダンスはそれほど激しいものではなく、あくまでも曲の雰囲気をメインにしています。この時、メンバーの髪の色がそれぞれ大きく変わったこともあり、またイメージを大きく変えた曲でした。

 

 

第6位.w-inds.「try your emotion」

try your emotion(MUSIC VIDEO Full ver.) / w-inds.

w-inds.「try your emotion」がおすすめの理由

爽やかさと前向きな歌詞がとても良い曲です。彼らにとって初めてと言って良い、明るいテーマのシングルです。彼らの曲には、強いメッセージ性が込められていることが多いですが、この曲はそういう曲の1つです。ボーカルの声が透き通っていることもあり、そのメッセージがまっすぐ伝わってくると思います。また、この曲のダンスはサビの部分でダイナミックな振り付けがあり、そこが全員揃うととてもわくわくします。この時期には、まだまだ幼さと初々しさが残っていますが、曲のメッセージ性の強さは大人になって聞いても色あせることがなく、未だに励まされます。

 

 

第5位.w-inds.「Backstage」

Backstage(MUSIC VIDEO Full ver.) / w-inds.

w-inds.「Backstage」がおすすめの理由

この曲はとにかく夏には必ず聞きたいです。歌もダンスもかなり完成された時期の彼らの、ちょっと楽しくダンスをしてみたというような雰囲気が好きです。ダンスのスキルもかなり上がっていて、目にも鮮やかです。足動きや、3人のダンスの揃い方は、見ていてとても気持ちが良いです。プロモーションビデオでは、オーディエンスのエキストラがかなり大人数出演していて、ダンス対決のようなシーンもあります。アップテンポな曲に合わせて、ストーリー性のあるプロモなので、見ているとあっという間に感じます。大人数での揃ったダンスも圧巻で、最後はみんなでパーティのような雰囲気になるので、3人の自然な笑顔も見ることができて非常に良いです。

 

 

第4位.w-inds.「Addicted to love」

Addicted to love(MUSIC VIDEO Full ver.) / w-inds.

w-inds.「Addicted to love」がおすすめの理由

このアーティストのイメージをがらりと変えたのが、この曲です。爽やかさが曲の中にあったw-inds.ですが、この楽曲では一転して、セクシーな面を見せています。曲はアップテンポで、イントロからノリノリです。怪しい歌い方を見事に表現していて、また進化した彼らを見ることができます。決して背伸びではなく、大人になって成熟した彼らだからこそ出せる雰囲気だと思います。その色気がとても格好良く、プロモーションビデオは目が離せない仕上がりとなっています。しっかりとダンスもあるので、こういう雰囲気のある曲をバシッと踊ることのできる彼らは、やはり素晴らしく、実力の見せどころなのだと思います。

 

 

第3位.w-inds.「十六夜の月」

十六夜の月(MUSIC VIDEO Full ver.) / w-inds.

w-inds.「十六夜の月」がおすすめの理由

このアーティストの良さは、ダンスばかりではありません。この曲はしっかりと聴かせるタイプの曲で、このような曲にもとても良さがあります。keitaの透き通るハイトーンボイスは、切ない曲にはとても相性が良いです。プロモーションビデオを見ると、より曲のイメージが湧きやすくなります。彼らのキャリアの中では中期のあたりになるこの時期では、デビュー当時と比べると声質も少し大人びて、外見も大人になります。年齢を経ながら、曲の雰囲気の出し方も変わっているところが、非常に聞き所だと思います。切なさの中にも、爽やかさの宿る曲です。

 

 

第2位.w-inds.「NEW PARADISE」

NEW PARADISE(MUSIC VIDEO Full ver.) / w-inds.

w-inds.「NEW PARADISE」がおすすめの理由

プロモーションビデオも是非併せて見て欲しい曲です。ダンサブルな曲で、ほとんどがダンスシーンのプロモです。ダンスは、デビュー当時の曲に比べるとかなり複雑になっていて、スキルが上がっていることが分かります。曲の聞き所は、メンバーのryohei、ryuichiも本格的にラップのパートを歌い始めたという点です。この曲の以前は、keitaが全てのボーカルを担ってきましたが、この曲からは3人が歌に本格的に参加します。彼らの若々しさと、ダンスの格好良さと、彼らに合った楽曲とが見事に整合したのがこの曲だと思います。

 

 

第1位.w-inds.「Paradox」

Paradox(MUSIC VIDEO Full ver.) / w-inds.

w-inds.「Paradox」がおすすめの理由

子供の頃に初めて自分のお小遣いを貯めて買った思い出の曲です。それほどまでに衝撃を受けて、どうしても欲しかった思い出があります。当時TV出演していたアーティストの中ではダントツに格好良いと思いました。女の子のような外見のボーカルkeitaですが、歌声は力強く、どこか切なくも聞こえます。歌詞の内容は、タイトルの「Paradox」つまり葛藤についてですが、複雑な歌詞を見事に歌い上げていてとても好きです。またプロモーションビデオも、黒を基調とした暗い雰囲気の水場でのダンスというところで、とてもクールな印象があります。