工藤静香おすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

工藤静香おすすめの曲ランキングTOP10

高い歌唱力が印象的なアーティーストで、女性の内面や気持ちを上手く歌詞とサウンドに織り交ぜてある曲が多く、カラオケでもとても歌いやすい曲ばかりです。過去の曲でも名曲が多く、女性が歌いたくなる曲が沢山あります。工藤静香の強気でかっこいいイメージがより感じられ、とても好きなアーティストです。

 

 

第10位.工藤静香「Blue Velvet」

Kudo Shizuka – Blue Velvet

工藤静香「Blue Velvet」がおすすめの理由

工藤静香のセクシーで妖艶な色気を感じさせる曲で、カラオケで女性に絶大な人気を誇り、とにかく盛り上がることのできる曲です。歌いやすいキーとリズムで強い女性をイメージさせる歌詞です。作詞は工藤静香自身が手掛けており、女性の恋愛の心情がとてもリアルに伝わってきます。またシャ乱Qのはたけが作曲を手掛けており、曲中のギターの音がとてもかっこよく、ロック調のサウンドと歌詞が絶妙にマッチしています。アニメのドラゴンボールGTの主題歌だったこともあり、子供から大人まで幅広い年代の人に愛された工藤静香の人気曲の一つではないでしょうか。

 

 

第9位.工藤静香「抱いてくれたらいいのに」

抱いてくれたらいいのに  工藤静香

工藤静香「抱いてくれたらいいのに」がおすすめの理由

当時17歳だった工藤静香の通算3枚目のシングルです。17歳とは思えないほどに大人びた歌詞が印象的な曲で、歌詞もさることながらその圧倒的な歌唱力に驚かされます。工藤静香の名前が世間に注目されるきっかけとなった曲と言ってもいいほどの名曲です。伸びやかな高音、そして力強い歌声はこの曲にとてもよく合っており、工藤静香のバラードの中でも女性の素直な恋愛の心情が歌われており、彼のことをもっと知りたい、彼の側にいつまでもいたいと願う切なくもあり、強く愛するという健気な気持ちが表れている、人気の高い名曲だと思います。

 

 

第8位.工藤静香「嵐の素顔」

嵐の素顔 / 工藤静香

工藤静香「嵐の素顔」がおすすめの理由

工藤静香の通算7枚目のシングルとしてリリースされた曲で、顔の横でL字に動かす手の振りが当時話題となりました。工藤静香のモノマネをする際によく披露される曲としても知られています。工藤静香の代表曲の一つと言ってもいいほどで、工藤静香らしい強い歌詞が印象的です。失恋の曲で、一人でも気丈に前を向こうとする一方で誰でもいいからこの切ない気持ちを受け止めて抱きしめて欲しいという女性の弱さも感じる歌詞が多くの女性にとって共感できるのではないでしょうか。女性の強さと弱さの両方を感じさせる曲で、カラオケでも人気の高い曲です。

 

 

第7位.工藤静香「くちびるから媚薬」

くちびるから媚薬 / 工藤静香

工藤静香「くちびるから媚薬」がおすすめの理由

工藤静香の通算9枚目のシングルとしてリリースされた曲で、出だしの「ちょっと待ってよねぇ」は当時の工藤静香の口癖だったというエピソードがある曲です。少しミステリアスで意味深な歌詞が印象的な曲で、くちびるから媚薬という曲名からも愛する人と一緒に居たいと思う女性の気持ちや艶感を感じる曲です。工藤静香の歌唱力の高さ、そしてリズミカルな曲調がとても心地よく、カラオケでもとても歌いやすく、人気の高い曲だと思います。作詞や作曲でも工藤静香の雰囲気や歌唱法の特徴をよく掴んでおり、工藤静香にとてもよく合う名曲です。

 

 

第6位.工藤静香「in the sky」

Shizuka Kudo – In The Sky

工藤静香「in the sky」がおすすめの理由

工藤静香の32枚目のシングルとしてリリースされた曲で、フジテレビ系ドラマ『神様、もう少しだけ』の挿入歌に起用された曲です。作詞・作曲はLUNA SEAの河村隆一が手掛けたことで話題となりました。河村隆一の独特の世界観がよく表れており、綺麗なメロディーに工藤静香の歌唱力が見事にマッチした曲となっています。ドラマの挿入歌ということでドラマの内容にリンクした切なさと愛しい気持ちが交錯するとても感動的な曲です。この曲は河村隆一もセルフカバーしており、工藤静香の歌声とまた違った雰囲気を感じることができます。工藤静香のどこか切なく、哀愁漂う歌声と絶妙にマッチしたこの曲は陰の名曲だと思っています。

 

 

第5位.工藤静香「MUGO・ん…色っぽい」

工藤静香 = MUGO・ん…色っぽい =

工藤静香「MUGO・ん…色っぽい」がおすすめの理由

工藤静香の通算5枚目のシングルとしてリリースされた曲です。作詞は中島みゆきが手掛けており、独特な色っぽさを感じる歌詞が印象的な曲です。この曲で工藤静香はNHK紅白歌合戦には通出場を果たしており、工藤静香の代表曲の一つとも言える曲です。片想いを感じさせるような初々しさも感じる曲で、自分がなかなか意中の人に話しかけられず、言いたいことを言えないもどかしさや意気地のなさを嘆く歌詞が同じ心境の女性にはとても共感できます。サビの振りもよくモノマネされており、工藤静香の可愛らしさをとても感じる曲として人気の高い曲です。

 

 

第4位.工藤静香「めちゃくちゃに泣いてしまいたい」

めちゃくちゃに泣いてしまいたい / 工藤静香

工藤静香「めちゃくちゃに泣いてしまいたい」がおすすめの理由

工藤静香の通算15枚目のシングルとしてリリースされた曲です。大切な人に逢えなくて切なく寂しい気持ちに気付いて欲しいという女性の健気な気持ちが切ないバラードです。めちゃくちゃに泣いてしまいたい気持ちと泣けない女心を分かって欲しいという歌詞がとても心に染みます。工藤静香のどこか切ない歌声がこのバラードにとてもよく合っています。この曲は明石家さんまも大好きな曲と言っているほどで、男性も女性も聴くと心が落ち着く感じになるのではないでしょうか。歌唱力の高い工藤静香の名バラードの一つで、しっとりと歌いたくなる曲です。

 

 

第3位.工藤静香「慟哭」

工藤静香 – 慟哭-1-1

工藤静香「慟哭」がおすすめの理由

工藤静香自身も出演したフジテレビ系月曜9時枠ドラマ『あの日に帰りたい』の主題歌に起用された曲で、作詞は中島みゆきが手掛けています。工藤静香自身最大のヒット曲となっており、工藤静香の代表曲の一つになっています。好きだと思っていた男性に「好きな人ができた」と言われ、ショックな気持ちを抱えながらも強気で突っぱねる、当時の強い女性の工藤静香のイメージそのままの歌詞が印象的です。彼のことを好きな気持ちを悟られないように、でも彼は自分の彼ではないという辛く切ない歌詞が、この「慟哭」という曲名で十分理解できるので、とても悲しさが伝わってきます。同じ気持ちを経験した女性はとても共感できる名曲です。

 

 

第2位.工藤静香「黄砂に吹かれて」

工藤静香 =黄砂に吹かれて=

工藤静香「黄砂に吹かれて」がおすすめの理由

工藤静香の通算8枚目のシングルとしてリリースされた曲で、工藤静香の代表曲の一つとして知られている曲です。女性の失恋がテーマになっており、終わらせた恋だけどまだ忘れられない未練を感じます。お互いに気持ちが通じ合っていると思っていたのに、そう思っていたのは自分だけだったのかもしれない、という女性の切なさが歌詞に溢れています。彼に似ている人や、彼よりももっと優しくいい人もいると思うけど、この悲しみや切なさを癒してくれるのは異国を旅することしかないような感じにさせてくれる、どこか異国の要素も含んだ曲になっているのが印象的です。 失恋した時に聴きたくなる工藤静香の名曲の一つです。

 

 

第1位.工藤静香「Ice Rain」

Ice Rain / 工藤静香

工藤静香「Ice Rain」がおすすめの理由

工藤静香の通算23枚目のシングルとしてリリースされた曲で、作詞は「愛絵理」というペンネームで、工藤静香本人が手掛けています。工藤静香のバラードの中でも特にメロディーが綺麗で心に染みる歌詞とサウンドが印象的です。ハッピーな人で溢れる年末の街の中にある小さな出来事、悲しみ、切なさに着目した歌詞で、沢山の人の中から運命的に出会った2人がうまく一緒の道を歩めなかった悲しみを感じます。工藤静香の歌唱力の高さとどこか哀愁を感じる声がよりこの曲を引き立てているように思えます。工藤静香の曲の中でもゆっくり、じっくり聴きたくなる名曲です。