竹内まりやおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

竹内まりやおすすめの曲ランキングTOP10

女性への応援ソングが多くて元気付けられます。多くの女性が共感できるような歌詞と、流れるようなメロディーが聴きやすく、心の中に入ってきます。おしゃれな雰囲気の楽曲も多く、その世界観にどっぷり入り込むことができるのが魅力です。

 

 

第10位.竹内まりや「純愛ラプソディ」

竹内まりや(Mariya Takeuchi) – 純愛ラプソディ(Jun-ai Rhapsody) | Fantabulous 魅惑の音 ケンリック製作バロン KENRICK's JBL Baron

竹内まりや「純愛ラプソディ」がおすすめの理由

大人っぽい曲で、多くの女性たちから支持されている竹内まりやさんですが、この曲は恋愛にまだ慣れていない純情な女性の気持ちを歌ったものです。可愛らしいオルゴールの前奏から始まるのが印象的です。恋愛したての気持ちを思い起こさせてくれるような歌詞が心に響いてキュンとします。当時、歌詞の内容とリンクするようなストーリーのドラマの主題歌にもなっていて、ドラマの主人公だった酒井法子さん演じるピュアなOLさんの気持ちにもなりながら聴いていました。当時を思い出しながら、大人になった今でもたまに聴きたくなる曲です。

 

 

第9位.竹内まりや「今夜はHearty Party」

竹内まりや 今夜はHearty Party

竹内まりや「今夜はHearty Party」がおすすめの理由

曲名どおり、パーティーでかけたら盛り上がりそうな曲です。ケンタッキーのCMでも使われており、クリスマスのホームパーティーをする様子がこの曲と共に流れるのを見て、そのシチュエーションに憧れたものでした。影響されすぎて、実際シングルCDを購入して友人とのホームパーティでかけました(笑)。曲の始まりに「パーティーにおいでよ」囁くような男性の声が入っています。声の主は、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったキムタクです。そんな情報も飛び交い、当時女性のあいだでは大ヒットした曲でした。今でも全く色褪せることのない曲です。

 

 

第8位.竹内まりや「家に帰ろう」

竹内まりや 家に帰ろう (マイ・スイート・ホーム)

竹内まりや「家に帰ろう」がおすすめの理由

前奏から好きな曲です。やはりホームドラマの主題歌として使われていました。結婚生活を重ねた夫婦の関係を歌った曲なので、竹内まりやさんターゲットの独身OLだけでなく、既婚者の女性からもかなり支持を得たのではないかと記憶しています。長い結婚生活の中で生じる、馴れ合いのようなものを打ち消して、出会った頃の気持ちを取り戻すような応援歌のようにも聞こえます。応援歌といっても決して大袈裟な感じではなく、ささやかな幸せを感じながら、お互い見飽きながらも一緒に歩いていきましょうというような、心にスッと入ってくるような歌詞です。

 

 

第7位.竹内まりや「シングル・アゲイン」

シングルアゲイン 竹内まりや

竹内まりや「シングル・アゲイン」がおすすめの理由

サスペンス劇場でお馴染みの曲です。誰もが聞いたことがあるのではないでしょうか。ドラマのラストで流れてくると少し切ない気分になりながらストーリーを噛み締めたものでした。歌詞の内容も大人で竹内まりや節が炸裂です。前奏の切ないメロディーが孤独感を誘います。苦しい恋をした女性の、多少の恨み辛みが綴られた歌詞を理解するのは実体験がないと無理かも?若者心に、どんなに相手を好きになっても、こんなに苦しい恋愛はしたくないなと思ったものでした。「彼女を選んだ訳さえ聞けずに…」のくだりなんかはカラオケで歌っててもグッとくるものがあります。

 

 

第6位.竹内まりや「恋の嵐」

Mariya Takeuchi – 恋の嵐

竹内まりや「恋の嵐」がおすすめの理由

前奏の男性のコーラスが印象的な曲です。歌い出しも一拍置いてから始まる、というようなドラマティックな曲調です。途中、実際の嵐のドドーンという音と、ザーッと雨が降り注ぐ効果音も入り、曲を聴いているのに、まるで恋愛ドラマを見ているような錯角に陥ります。ひとつの曲で、これだけ場面を思い浮かばせるような構成は凄いと思います。竹内まりやさんはたくさんのヒット曲があり、それらと比べるとこの曲は少し地味な印象ですが、私は隠れた力作だと思っています。恋する女性の、動き出す心の描写がよく表現されていて、素敵な曲だなと思っています。

 

 

第5位.竹内まりや「SEPTEMBER」

Mariya Takeuchi – September

竹内まりや「SEPTEMBER」がおすすめの理由

季節が夏から秋に移ろっていく描写が、恋の終わりを予感させる歌詞と重なって少し切なくなる曲です。ただ曲調は軽やかでリズムがあり悲壮感がないので、秋を迎えるタイミングでいつも聴きたくなってきます。歌詞の中にたくさんの「色」を感じるのも、この曲の魅力だと思っています。実は原田知世さんもこの曲を歌っているのですが、彼女の透明感のある声が曲調の軽やかさを際立たせ、また違ったSEPTEMBERになっているので、そちらと聴き比べても楽しいと思います。
秋の失恋の歌詞ですが、曲のどこかにこれから前に進んで行こうとする女性の強さが感じられ、そういう意味でも元気付けられる曲です。

 

 

第4位.竹内まりや「明日の私」

明日の私

竹内まりや「明日の私」がおすすめの理由

自分がちょうど就職した年にヒットした曲なので、思い入れがあります。社会人になって田舎から上京して、都会の生活に戸惑いながらも少しずつ慣れ、頑張っている女の子の気持ちを歌った曲です。自分自身は都会に生まれているので、歌詞の中の女性のような境遇ではなかったのですが、きっと世の中の多くの人は、このような気持ちを持って都会に出てくるのだろうと考えると感慨深かったです。まわりの同僚にも田舎から上京してきた人たちはたくさんいたので、彼女たちが自分よりもかなり自立しているように見えたものでした。そのときの気持ちが、今聴いても思い出されます。

 

 

第3位.竹内まりや「マンハッタン・キス」

竹内まりや マンハッタン・キス

竹内まりや「マンハッタン・キス」がおすすめの理由

不倫を思わせるような歌詞が衝撃だった曲です。まだ学生だったので、そのような大人の世界が見たいような見たくないような…未知の世界の歌詞にドキドキしたものでした。当時お付き合いをしていた彼氏にこの曲が好きだと言ったら、このシングルCDをプレゼントしてくれたのですが、今思うと不倫ソングがお気に入りだという私に、彼の心中はどんなだったのでしょうか?歌詞の中に「何もかもまるでなかったようにシャツを着る、愛しい背中眺めるの」というところがあって、当時そんな経験をしたこともないのに勝手に切なくなっていたなんて、今考えるとおかしい思い出でもあります。

 

 

第2位.竹内まりや「元気を出して」

元気を出して (カラオケ) 竹内まりや

竹内まりや「元気を出して」がおすすめの理由

何度この曲に救われたでしょうか。ストレートに慰めてくれる歌詞と優しい曲調は、落ち込んだ心にスッと入ってきてくれます。本来は失恋した自分に、女友達が元気を出してと励ましてくれる内容ですが、恋愛に関する悩み以外のいろんなシチュエーションで悩んだ時にも、この曲は当てはめることができて、聴いていると心を軽くしてくれました。この曲は薬師丸ひろ子さんが歌っていることでも知られています。優しく語りかけるような歌い方で、そちらも好きです。竹内まりやさんは耳障りのよい声で人の心を癒す効果があると思うので、女性への応援ソングを歌うのにぴったりのアーティストだと思っています。

 

 

第1位.竹内まりや「カモフラージュ」

Mariya Takeuchi Live「camouflage」arrange Tatsuro Yamashita Winter Lovers 1998 竹内まりや カムフラージュ ライヴ ミラクル

竹内まりや「カモフラージュ」がおすすめの理由

この曲が流行った当時好きな人がいて、その人との恋愛を思い描きながら聴いていました。前奏のコーラス部分から心を持っていかれます。とてもドラマチックな曲調です。また当時キムタクと中山美穂が主演のドラマの主題歌でもあったため、その内容とリンクして浸りながら聞いていました。自分が主人公になったような錯覚もあり、通勤電車の行き帰りでいつも聴いていました。切なく大人っぽい歌詞はもちろん、流れるような曲調もお気に入りです。自分のまわりにもこの曲がお気に入りだという人は多く、当時カラオケでは争奪戦で、みんな必ず一回は歌っていました。