長渕剛おすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

長渕剛おすすめの曲ランキングTOP10

小さいころから、家族みんなで旅行に行ったり、遠出をしたりした。そのドライブではずっと「長渕剛」が流れていたし、口ずさみ、歌った。そんな環境で育った私の第二の父といっても過言ではないと思う。男として強く、優しく生きること、時には強いものに立ち向かう勇気、人生に大切なことを教えてくれる存在が「長渕剛」です。

 

 

第10位.長渕剛「祈り」

祈り 長渕剛
説明

長渕剛「祈り」がおすすめの理由

この曲もなんとも言えない心地良さがあり、また感情の首を締めて涙があふれそうになるメロディーがとても魅力的です。歌詞の内容は、自分が愛した女性が1人どこかに旅立ってしまった時の悲しい男の心情を歌ったものだと思います。寂しいという感情を伝えるだけでなく、「それでも、お前を愛していたよ」と伝えてくるところが、長渕さんのかっこいいところだと思います。実は、この歌には、長渕さんのファンの多くの人が知っている「祈り」だけでなく、「原曲」が存在します。自分はどちらの「祈り」もとても好きで聴きたくなります。この曲を聴く際には、ぜひ両方聴いて欲しいです。

 

 

第9位.長渕剛「夏祭り」

長渕剛 夏祭り 桜島オールナイトライブ2004/8/23

長渕剛「夏祭り」がおすすめの理由

長渕さんが好きな人ならば知っているであろうと思いますが、2004年に行われたライブでのスリーフィンガーから始まる前奏がとても印象的な曲です。甘美で心地いい音色を奏でてくれます。このスリーフィンガーが奏でるメロディーだけでも自分がこの歌が好きな理由として十分なほどです。最後の曲の絞りもとても心地良く、何度も聞きたくなる曲の代表だといえます。その曲の内容は、題名の通り「夏祭り」に男女二人で行く時の歌なのですが、二人の仲睦まじい風景が、とても心地よく感じられ、聴く人たちの心を静かな感情へと導いてくれると感じます。

 

 

第8位.長渕剛「myself」

myself

長渕剛「myself」がおすすめの理由

自分がどれだけちっぽけな人間だと感じても、自分は自分でしかない。何者かになろうとしている者は行動して、変化することに恐怖を感じてしまうこともあるだろう。そんな不安な環境の中でも、「真っ直ぐ 真っ直ぐ もっと真っ直ぐ生きてえ」と強く思える人間になりたいと思わせてくれる。そんな力強さがある。そして、他人と比べて自分がとても無価値に感じてしまうことがあるかもしれない。そんな時でも、「自分は自分だ、自分が頑張れるところまで、まっすぐ生きていこう。」と言ってくれる。そんあ暖かさがある。この曲を聴いた多くの人がこのように感じることだろう。

 

 

第7位.長渕剛「しあわせになろうよ」

しあわせになろうよ

長渕剛「しあわせになろうよ」がおすすめの理由

メロディーも歌詞もとても素直で聴いていてとても落ち着くラブソングだと思います。「出会った頃の二人に も一度戻ってみよう そして二人で手をつなぎしあわせになろうよ」このメッセージは、多くの人に共感してもらえるものだと思います。原因は色々と考えられると思いますが、愛し合った人と離ればなれになってしまった。そんな悲しい感情にふさぎ込んでしまうことが人生の中では多くあります。そんな中でも、出会った頃の楽しかった思い出を胸に抱いて強く生きようとする人間の姿を想像します。そんな、暖かくも強く生きることを手助けしてくれる印象を抱くこの歌が好きです。

 

 

第6位.長渕剛「巡恋歌」

長渕剛「巡恋歌」がおすすめの理由

この歌は、「純」恋歌ではなく、「巡」恋歌であることがポイントです。愛した男性に振られた女性が「あなたへの愛なんて、巡っていく一つのものでしかない」と強がっているように感じます。そんな女性の強がりや別れ際の可憐さを強く感じさせるような、この曲は、とても儚い歌詞にもかかわらず、とても豪快に歌われます。昔の長渕さんのように優しくきれいに歌っているこの曲も素晴らしいですし、最近の長渕さんのように力強く歌いあげるこの曲も素晴らしいです。この曲を聴く際には、両方とも聴いて欲しいです。また、ハーモニカとギターのハーモニーが鳥肌を立てるほどマッチしていると感じます。

 

 

第5位.長渕剛「とんぼ」

長渕剛/とんぼ

長渕剛「とんぼ」がおすすめの理由

東京に上京するも、これからどうやって生きていくのかについて不安を覚える。そんな中でも、強く生きていく男達の姿が力強く感じる曲だと思います。そして、この曲と同じタイトルの映画があります。長渕剛が主演なのですが、この曲で伝えたい「男としての生き様」や「力強さ」というものがとても感じられます。この曲を聴く時には、併せて映画も見ることをオススメしたいです。この「とんぼ」という映画、曲は、共に少し泥臭く感じるかも知れませんが、そこが好きです。男なら誰しもが共感する感情ではないかと思います。もちろん、女性のかたにもこんな男もいることを知ってもらいたいと感じます。

 

 

第4位.長渕剛「乾杯」

長渕剛/乾杯

長渕剛「乾杯」がおすすめの理由

長渕さんが歌う「乾杯」。これは、結婚のテーマソングとして多くの人にまた、長い間愛されている曲です。メロディーもそうですが、特に歌詞が素晴らしい曲の一つだと思います。結婚という大舞台で「大きな喜びと 少しのさみしさ」を感じながら新しい人生を歩み出す新郎と新婦の姿が思い浮かびます。友人の立場から歌っているのですが、その中でも、多くの人に対して結婚する時に一度、肝に銘じて欲しいメッセージがこの曲には含まれています。それは、「信じた愛に背を向けるな」です。今、結婚できた幸せを長く長く感じつつ、今、信じた愛を確かめ合い続けることができたのなら、素晴らしい夫婦になれることでしょう。

 

 

第3位.長渕剛「素顔」

素顔 長渕剛
説明

長渕剛「素顔」がおすすめの理由

男性が女性に対して伝えても、伝わりきらない「愛」を表現している曲だと思います。久しぶりに再会したふたり。成熟した2人はお互いにお互いの道を歩んできた中で、女性は人には、なかなか言えない悩みを抱えている。そんな過去に一抹の不安を持つ女性は男性に愛される権利などないと感じるかもしれない。しかし、男性は、どんな姿の女性であろうと、どんな過去を持つ女性であろうと、すべてを愛の前で受け止める。そんな、大きな男性の愛を率直に伝える歌です。自分も男ですが、このような器の大きい男になることを決意した時代がありました。「男なら長渕さんを目指すべきだ」と思う理由の一つがこの曲には含まれています。

 

 

第2位.長渕剛「愛おしき死者たちよ」

長渕剛 – 愛おしき死者たちよ (「Stay Alive ARANA TOUR 2012」より)

長渕剛「愛おしき死者たちよ」がおすすめの理由

長渕さんの曲の中には、勇気づける歌が多くあります。その中でも、人間であればどこに向けていいかわからない痛みや悲しみ、苦しさを感じることがある。そんな中で「何もかも受け止める勇気がある」から「生きていける」とする長渕さんの「生」に対する考え方を強く示した曲だと思います。メッセージ性が強い歌であるため、好き嫌いは大きく分かれるのかもしれませんが、「蘇れ愛しき死者たちよ。100年かけても眠るんじゃないぞ」という言葉は、重く大切なメッセージだと感じます。戦争で日本のために戦死された多くの命に対して感謝する気持ち、弔う気持ち、そして私たちは日本人としてその「死」を忘れてはならないと訴えているのではないでしょうか。こんな気持ちを大きく動かす、この曲が好きです。

 

 

第1位.長渕剛「ひとつ」

長渕剛 – ひとつ (「Stay Alive ARANA TOUR 2012」より)

長渕剛「ひとつ」がおすすめの理由

東北大地震で多くの悲しみやさみしさがうまれた。そんな多くの悲しさ、さみしさを長渕さんは、可哀想だと思い同情するのではなく、一緒になって感じてくれる。その優しさを感じることができる曲です。東北の方だけでなく、人生の中で感じる多くの悲しみや苦しみをこの曲は癒やしてくれます。直接的な言葉で感情に直接に伝える。そんな長渕さんの強く、優しい気持ちが一番伝わる曲だと思います。ギターとハーモニカ、そして長渕さんの歌声の全てが人に対する「思いやり」、「やさしさ」、「力強さ」を全力で伝えています。涙なしには聞けない長渕さんの曲の代表です。