KREVAおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

KREVAおすすめの曲ランキングTOP10

KREVAは日本を代表するヒップホップアーティストです。1996年から2004年までは「KICK THE CAN CREW」のメンバーとして活躍していましたが、それからはソロとして活動を始め、ヒップホップをJ-POPに並ぶ認知度の高いジャンルまで引き上げたアーティストと言えます。私は、大学生の頃にKREVAの事を知り、今ではライブにも行くぐらい好きになった歌手の一人です。現在は活動休止していた「KICK THE CAN CREW」を再び始動させ、新たな一面を見せている状態で今後も要チェックな歌手となっています。

 

 

第10位.KREVA「音色」

音色

KREVA「音色」がおすすめの理由

この曲はKREVAがメジャーデビューした時の一発目のシングル発売された曲です。KREVAが今までリリースしたシングルの中でも一番のセールスを記録した有名な楽曲です。「KICK THE CAN CREW」時代の歌い方とは少し異なり、普段ヒップホップを聴かない人にも分かりやすく聴こえるように韻を踏んだ曲となっており、初めてヒップホップを聴く人にもオススメの一曲です。凄い歌いやすいラップになっている為、カラオケでは私もよく歌っていました。当時、KREVAは付き合っていた女性がおり、その人に向けた歌だとも噂されており、真相は分かりませんが友人たちの中で話題になったことを記憶しています。

 

 

第9位.KREVA「成功」

成功

KREVA「成功」がおすすめの理由

この曲は2009年にリリースされた12枚目のシングルに収録されている一曲です。「お前の成功は俺の成功」という歌詞がとても印象的で、聴いている人をポジティブにしてくれるような楽曲になっています。当時、私は高校生で、部活で剣道をしていたのですが、試合であまり良い成績が残せていませんでした。その時にこの曲を良く聴いていて、相手の成功は自分の成功と自分に言い聞かせて、試合に勝ったのは相手選手だが、その試合によって自分にも何かしらの経験を得たはずだとポジティブに考えるようにしていました。重厚感のあるビートに合わせてKREVAの軽快なラップがすごく合っており、オススメの一曲です。何かミスしてしまった時に聴くのが良いかも知れません。

 

 

第8位.KREVA「瞬間speechless」

瞬間speechless

KREVA「瞬間speechless」がおすすめの理由

この曲はKREVA13枚目のシングルに収録されています。シングルCDの名前が「赤」といい、前作では「青」と名付けられています。そしてこの後にリリースされるアルバム「心臓」が発売されたとき、それまでのシングルは血管の動脈と静脈を表したものだと発表していました。なんともKREVAらしいオシャレな細工だと思います。PVでは、CLUBの中を一発撮りのようにして撮影されているのですが、映像に出てくる登場人物は皆時間が止まったように動かないのです。とても面白いPVとなっているので要チェックです。サビでは高音での流れるようなメロディがとても印象的で聴いていると、浮いているような感覚になります。サビが癖になるオススメの一曲です。

 

 

第7位.KREVA「OH YEAH」

OH YEAH

KREVA「OH YEAH」がおすすめの理由

この曲は2012年に発売されたシングル曲です。この曲はとにかく明るく楽しいメロディが特徴です。聴いているだけで身体が勝手にリズムに乗って揺れてしまいそうになります。PVでもKREVAが楽しそうに歌っているのが分かります。また、歌詞も良くて「無駄がないことなんか、この世の中にはまだそんなに無い」といったポジティブ溢れる歌詞になっています。歌の中には曲の題名になる「OH YEAH」が歌詞の合間の合いの手として毎回出てきます。ライブでも観客と一つになれる瞬間なのでとても好きな部分です。大勢で行くカラオケなどでも盛り上がること間違いなしの一曲なのでオススメです。

 

 

第6位.KREVA「王者の休日」

王者の休日

KREVA「王者の休日」がおすすめの理由

この曲は14枚目のシングル曲です。PVを見てみるとわかるのですが、「OH YEAH」でのPVでKREVAが乗っていた車が、一番最初に登場します。なんとなく「OH YEAH」の続きのような気がしていてそういうのを考えながら聴くのも楽しくなります。ゆったりとしたメロディに、流れるように韻を踏むラップが上手く融合しており、落ち着く一曲になっています。私もリラックスしたい時などに良く聴いていて好きな曲です。また、この曲をきっかけに中華料理チェーンの「王将」とのコラボが実現したりして、私も「王者セット」を頼んでオリジナルステッカーを貰いにいった記憶があります。ヒップホップの歌手が有名飲食店とコラボレーションするなんて、KREVAにしか出来ない事ではないかと思います。

 

 

第5位.KREVA「ストロングスタイル」

ストロングスタイル

KREVA「ストロングスタイル」がおすすめの理由

この曲は、2007年に発売されたアルバムの一曲目に収録されている曲です。このアルバムを始めて聴いた時、一曲目のこの曲を聴いて、一気にこのアルバムに引き込まれました。この曲はそれほどまでに強いインパクトがあり、カッコイイ曲になっています。楽曲の長さは2分30秒程度の短い曲なのですが、力強いビートと共にKREVAのキレキレのラップが炸裂しており、聴いてるだけで興奮するぐらいに聴く人を奮い立たせてくれる楽曲です。私も当時は、何かを始める時や通学時にこの曲をよく聴いており、これを聴く事によってやる気を出していました。また、この曲はハリウッド映画の日本版主題歌にもなっているので、ヒップホップをあまり聴かない人でも、聴いたことがあるのではと思います。

 

 

第4位.KREVA「基準」

基準

KREVA「基準」がおすすめの理由

この曲は、2011年に発売されたアルバムの一曲目に収録されている曲です。「ストロングスタイル」と同様、楽曲の長さが短いにも関わらず、力強いビートとキレのあるラップで聴いている人を一気に引き込んでしまうような一曲になっています。私は「ストロングスタイル」よりはこちらの方が好きなので4位にさせて頂きました。このアルバム自体、今までのアルバムとは違い、ラップ色の強いものとなっています。それを表現しているのがまさにこの曲であり、KREVAの一番強みのあるスタイルでやっていくという気持ちが表現されているのではと思いました。

 

 

第3位.KREVA「C’mon,Let’s go」

C'mon, Let's go

KREVA「C’mon,Let’s go」がおすすめの理由

この曲は2011年に発売されたアルバム「GO」のラストを飾る一曲です。テンポの良いポップな音楽に合わせてラップが歌われていて、とても聴いていて心地の良い一曲になっています。PVではKREVAがビルの屋上で一人歌っている映像になっているのですが、後半では音楽が止まってKREVAのアカペララップが始まります。音楽が流れているかのように、上手く音程をとらえており、KREVAの歌唱力が良く分かります。また、この曲は「東日本大震災」の後にリリースされた曲ということもあって、歌詞を見ると、当時の日本に必要な組織の在り方がうかがえるような内容になっており、これを聴いて勇気付けられた方もいるのではないかと思いました。

 

 

第2位.KREVA「Na Na Na」

Na Na Na

KREVA「Na Na Na」がおすすめの理由

この曲は2012年に発売された18枚目のシングル曲です。イントロからワクワクさせるような音楽から始まりとても楽しい一曲になっています。サビでは、タイトルである「Na Na Na」をコーラスで歌うパートがあり、これがライブやフェスで一気に盛り上がる場面になっています。KREVAはライブでよく、観客と一緒に歌うことがあり、曲の始まりの前にサビの部分を一緒に練習をして、本番に皆で盛り上がれるようにしてくれます。この曲もその一つであり、サビ部分の会場の一体感はなんとも言えません。私はこの曲がKREVAのライブで一番盛り上がる曲だと思っています。なので、普段聴く時もライブに行った時の記憶を思い出して楽しい気分になります。

 

 

第1位.KREVA「蜃気楼 feat.三浦大知」

KREVA 蜃気楼 MAD

KREVA「蜃気楼 feat.三浦大知」がおすすめの理由

私がオススメするKREVAの曲ベストテンの第一位はこの曲です。この曲はアルバム「GO」に収録されている一曲です。この曲は三浦大知とフィーチャリングしており、サビを三浦大知が担当しています。KREVAのキレキレなラップのクライマックスに三浦大知の力強い歌声のサビが来るのでとてもカッコイイ曲です。ギターでの主線メロディがとてもカッコよく、初めてこれを聴いた時は鳥肌が立つくらいかっこよくて感動しました。KREVAと三浦大知はこの曲からプライベートでも交流があるのか、他の曲でもフィーチャリングをしています。これからもどんどん色んな歌手とかっこいい曲を作って頂けると嬉しいです。