L’Arc-en-Cielおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

L’Arc-en-Cielおすすめの曲ランキングTOP10

HYDEの歌唱力と、全員が作曲をすることによる、様々なニュアンスの曲調は聞いているこちらをけして飽きさせない。また作詞の独特の世界観も魅力といえる。PVも彼らの独特の世界観を表しているため、PVにもまた魅力が詰まっている。

 

 

第10位.L’arc en Ciel「HONEY」

【L`Arc~en~Ciel】HONEY

L’arc en Ciel「HONEY」がおすすめの理由

いわずとしれたラルクの代表曲。軽快な音楽は疾走感すらあり、こちらを一気に世界にと引き込む。YouTubeでは見つけ切らなかったが、PVの独特のカメラワークがまたおもしろい。さらに言えば、さびのHYDEの歌い方がいかにもラルクアンシエル!といえる。中期の曲であり(ドラムスが変わってからしばらくしたもの)今のラルクアンシエルのPVのスタイルが確立したものともいえる。ラルクの中で一番有名な曲といえばこの曲であり、ラルクといえばHONEYという人が多いのではないかというほど有名な曲である。最後の歌を歌いあげたときのHYDEの声のつややかさは絶妙。

 

 

第9位.L’arc en Ciel「winter fall」

L'Arc~en~Ciel ラルク- winter fall ( 1997年 復活LIVE )未発版

L’arc en Ciel「winter fall」がおすすめの理由

さびから始まるこの曲調は、HYDEの高音から始まる。他の楽器はなりを潜めているため、静かな歌いだしだが、一気に聞いているこちらを世界観にと引き込む。真っ白な~という歌詞のためか、一気に冬を思わせる空気があたりにと満ちるのだ。HYDEの歌いだしを終えてからの楽器のハーモニーがまた素晴らしい。また軽快ではあるが雰囲気のある曲調はどちらかといえば、静かな軽快さ。最後のさびにと流れの際の楽器とHYDEの声はまた非常に魅力的。あの部分だけでこの曲がなんと素晴らしい曲なのだろうと、そう実感してしまう。そしてラストのまた静謐さ。これは一つの物語だと思う。

 

 

第8位.L’arc en Ciel「flower」

L'Arc~en~Ciel flower

L’arc en Ciel「flower」がおすすめの理由

ラルクの一番初めの休止前、つまりはドラムスが今は脱退したメンバー、初期メンバーの時に出された歌。かわいらしい曲である。たいていライブではHYDEがハーモニカを吹くオープニングだが、あのイントロはとてもかわいらしく思う。ラブソングなのだが本当にかわいい。今のラルクのラブソングとは対極にあると思う。「乞うような」歌詞なのだ。今はどちらかといえば「自分が包む」ような流れが多いのだが、このころのラルクはかわいらしい歌詞の中に「恋い慕う」かわいらしさがある。途中にlike a flowerという歌詞があるが、本当にそれがふさわしいほどに、かわいらしいといっていいイメージの良曲。

 

 

第7位.L’arc en Ciel「READY STEADY GO」

Ready Steady Go L'Arc~en~Ciel

L’arc en Ciel「READY STEADY GO」がおすすめの理由

二度目の長期休止ののちに作られた第一作。これはテンポがかなり速い。常に軽快なリズムで聞いていて、心地がいい。アニメのオープニング曲だったと思うが、非常にそのアニメの持つ空気にあっていた。たしかオープニングの映像にもかなりあっていたと思う。HYDEの静かな歌いだしから初めて、一気に楽器が場を盛り上げるという、ラルクアンシエルの「いかにも」な滑り出しなのだが、しかしどの曲とも空気が重ならないのはラルクの曲で「似ている」ものがない体なろう。最後の祈りあげるような歌い方もまたこの曲を完璧に仕上げていると思う。

 

 

第6位.L’arc en Ciel「NEO UNIVERSE」

L'Arc en Ciel Neo Universe (Live)

L’arc en Ciel「NEO UNIVERSE」がおすすめの理由

これはとてもさわやかな曲。早すぎることもない曲なのだが、軽やかでさわやか。春(新しい季節)を思わせるような曲。資生堂のpNという口紅をはじめとしたメイク用品のCM曲だったが、初めてこの曲を聴いたときに、あまりにも素敵な曲過ぎて、思わず資生堂のお店で立ち止まった記憶がある。ラブソングというよりも、「きれいな何かを見ている瞬間を切り取った」といってもいいような歌詞であり、曲である。PVはなかなかにシュールな空気だった(確か宇宙的、近未来的な空気だった)と思うが、それが奇妙にあっていた気もする。たいていの人が「素敵だ」とそう思う曲。

 

 

第5位.L’arc en Ciel「虹」

L'Arc〜en〜Ciel 【虹】live

L’arc en Ciel「虹」がおすすめの理由

ラルクアンシエルの意味は空に架かる橋。つまり虹である。つまりこれはラルクアンシエル自身を表している題名なのだが、これはラルクアンシエルが不本意な事件により休止せざるを得なかった時期を経て、初めて出した曲。PVを見ればなかなかな世界観。このころヴィジュアル系という言葉がはやったが、まさにその代表といってもいいような空気があり、あちこちにその片鱗が見える(失礼な言い方だが、少し中二的な空気があるといっていいと思う)。だが、PVを抜きにしてみれば、とてもきれいな聞いているこちらに何かを訴える曲である。HYDEの歌い方がまた素晴らしい。

 

 

第4位.L’arc en Ciel「pieces」

L'Arc en Ciel pieces LIVE L'ArCASINO

L’arc en Ciel「pieces」がおすすめの理由

個人的には初めてラルクアンシエルが「大きな愛」について歌い上げきった歌だと思う。HYDEの歌詞が独特の世界観を持っているのは前述の通りだが、どちらかといえばそれまで「わかりやすい」ものが多かったのではないかと思った。けれど、これは一歩上に上がりきって場所で、誰かへの愛を歌った曲だと思う。しかもそれはラブソングというよりも、聞いている誰かに、そして歌詞のためか、これから先に生きていく誰か(時代をつないでいくだれか)のことを思って歌った曲のように思えた。この曲以降は、ラルクはわかりやすいラブソング一つにしろ、大きな愛が背景にあるような歌詞や空気を潜ませ始めたように思う。

 

 

第3位.L’arc en Ciel「SHINE」

L'Arc~en~Ciel – SHINE -Sub español

L’arc en Ciel「SHINE」がおすすめの理由

この曲もラブソングなのだが、なんだかどこか神秘的な空気に満ちている。「いつも君を、いつもそんな君を太陽のようにみまもれたらいいな」とHYDEが最後に歌い上げる(はじめと最後のさびはほぼこれの英訳と言って差し支えないと思う)。この言葉自体が主題であり、命題だと思う。HYDEの歌詞はいつも深い。ラブソング一つとってみても、こんなに濃度の高い思いを、こんなにもきめ細かいと言って感情をどうやったら歌詞にできるのか(そしてその歌詞に釣り合った歌い方ができるのか)と思うと、ラルクアンシエルとHYDEというアーティストのすばらしさに脱帽するばかりである。

 

 

第2位.L’arc en Ciel「瞳の住人」

L'Arc〜en〜Ciel 瞳の住人 hyde HYDE

L’arc en Ciel「瞳の住人」がおすすめの理由

静かなラブソングである。「そばにいてずっと君の笑顔を見つめていたい」。この言葉、いかにもラブソングなのだが、しかし実際にこの曲を聴いてみるとラブソングどころではない。思いに濃度があるとしたら、自分が決して経験したことのない高さと密度で誰かを思っている…それが瞳の住人なのだ。悲しい曲調とまではいかないが、決して晴れやかな曲調とは言えない。それでもこの曲は優しく誰かを思うラブソングである。この曲が誰かのために書かれたものならば、きっとかいた相手の思いのほうが強いのだとそう思ってしまうほどの静かな強さがあるのだ。

 

 

第1位.L’arc en Ciel「LOVE FLIES」

LOVE FLIES/L'Arc~en~Ciel(cover)

L’arc en Ciel「LOVE FLIES」がおすすめの理由

今まで上げたシングル曲の中であまり有名とは言えない(であろう)シングル曲。しかし、この曲のすばらしさはまるで絵画をそのまま曲にしたような素晴らしさにある。この曲のさびは「光」が主題ではないかと個人的には思っているが、本当に暗闇に光が差し込んだ油絵でも見ているような気分にとなる。さらに、ギターの演奏のすばらしさは「かっこいい」の一言と「ギターはボーカルに負けていない」の一言。これだけの曲が(どちらかといえば)有名でないことは非常に残念なのだが、けれど、この曲を聴くたびになんだか美術館で自分が絵画と向き合って、その素晴らしさを理解しきったような気持ちになる。