OKAMOTO’Sおすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

OKAMOTO’Sおすすめの曲ランキングTOP10

メンバーひとりひとりの技術が高く、特にベースのハマオカモトの技術が高く、とても質の高い厚いグルーブが楽しめるからです。また、学生時代からバンドをやっている彼等だからこそできる曲作りも秀逸で、どこか古さをあえて出しているのが唯一無二のバンドだと思います。

 

 

第10位.OKAMOTO’S「NO MORE MUSIC」

OKAMOTO'S 『NO MORE MUSIC』MUSIC VIDEO

OKAMOTO’S「NO MORE MUSIC」がおすすめの理由

音楽というものそのものにまっすぐに向き合い続けるオカモトズだからこそ演奏できる1曲だと思います。音楽がない世界を私たちに想像させて、どうして、どのように必要なのか、なんとなく聴いているだけじゃないのか、ということも含めて問いかけてくるような作品です。今の音楽界に対しての挑戦状のようにも感じるこの1曲からは、4人のメンバーの音楽愛も感じます。曲調はいつものオカモトズのベースの重めの曲というよりは、軽いギターが気持ち良い、高音がメインの爽やかな曲調になっています。なので壮大なテーマとのギャップも面白いです。

 

 

第9位.OKAMOTO’S「Sing A Song Together」

OKAMOTO'S – Sing A Song Together [Official Music Video Short Ver.]

OKAMOTO’S「Sing A Song Together」がおすすめの理由

オカモトズにしては珍しく、聴きやすい日本語の多い曲ですが、それだけにまっすぐに伝わってくるメッセージがとても明るくて、全体的に印象の良い曲です。まだオカモトズ初期特有のそれぞれが技術を思い切り発揮しまくって、それが結局いいバランスで一つにまとまっているという構成の曲です。ギターとドラムのきざむリズムが軽快で、ミュージックビデオの晴れた公園がぴったりの作品です。途中のギターソロも民族的な地方の民謡を思わせるような曲調で一緒に歌い出したくなる作品です。ビデオの中では4人がうねって世界を作り出しています。

 

 

第8位.OKAMOTO’S「Beautiful Days」

OKAMOTO'S 『Beautiful Days』

OKAMOTO’S「Beautiful Days」がおすすめの理由

壮大なメッセージが込められたオカモトズのまとめのような力強い1曲だと思います。レールから外れてしまっていいんだよという大きな心で背中を押してくれるような表現と、幸せが何か誰も知らないから凝り固まらなくていいんだよという愛情を感じる歌詞がとても印象的です。どんな毎日も美しいから頑張ろうね、というような応援歌にも聞こえます。最後の終わり方も綺麗すぎて、まとめにふさわしく感じます。逆再生でできているミュージックビデオは後に戻れない日々に後悔しないように生きようというイメージが込められているようにも感じます。

 

 

第7位.OKAMOTO’S「Beek」

OKAMOTO'S-Beek【guitar cover】

OKAMOTO’S「Beek」がおすすめの理由

これはオカモトズが結成して初めて作った曲だと言われている曲ですが、とにかくカッコいいの一言のいけてるロックです。この曲を一番最初に作れてしまうオカモトズには才能を感じずにはいられません。基本的にはずっと同じフレーズをループしながらセッションのように進んでいく曲ですが、所々にそれぞれの技術の高さを表すアドリブのようなフレーズが入っていて、最後まで楽しんで聴くことができます。ボーカルのショウさんも語りかけるような唄い方で、観客を巻き込んでくれる気軽に乗れる曲です。途中の感想にそれぞれのソロが光っています。

 

 

第6位.OKAMOTO’S「マジメになったら涙が出るぜ」

OKAMOTO'S 『マジメになったら涙が出るぜ』

OKAMOTO’S「マジメになったら涙が出るぜ」がおすすめの理由

風刺の効いたスパイシーな曲で、我が身を案じてしまうような自分に重ねて聞いてしまうような衝撃的な曲です。社会批判を全面的に表現していて、大人になることの怖さを感じるとともに、社会に出て順応することの恐怖を感じさせますが、前に進めば進むほど感じる絶望感とは裏腹に、メロディーは前向きな曲調です。最後も解放されず、むしろレールから外れたらそこには何も残らないようなミュージックビデオの作り方になっていますが、それがあえて逆説的に「このままでいいのか!?」と突きつけてくるような作品だと思います。ベースもバリバリと聞いた聞き応えのある曲です。

 

 

第5位.OKAMOTO’S「青い天国」

OKAMOTO'S 『青い天国』

OKAMOTO’S「青い天国」がおすすめの理由

オカモトズ節が全面に出た最高の1曲です。裏の1位といっても過言ではないです。古い曲ですが、オカモトズを深く知ってからこの曲を聴くとさらに好きになれる曲です。ミュージック・ビデオも彼等のキャラクターが爆発して居てとても楽しいです。自由に高いクオリティのソロを入れに入れているところがとても気持ち良い作品です。彼等の何にも縛られないフリーダムさ・ロックンロールを感じたいならぜひこの曲を聞いていただきたいです。夏フェスなどでも盛り上がる1曲です。この曲はボーカルのショウの歌声がとても効いた曲だと思います。

 

 

第4位.OKAMOTO’S「HEADHUNT」

OKAMOTO'S 『HEADHUNT』

OKAMOTO’S「HEADHUNT」がおすすめの理由

現在をかえたいと願う人にぜひ聞いてもらいたい曲です。自分の日常にうんざりし、殻を破るために奔走することを歌っているように思います。もがきながらも自分の進む方向を見つけて、自信を持って生きて行こうとする人の背中を押してくれます。ストレスフルな毎日にうんざりしているときに聞くとスッキリするよい曲です。ミュージック・ビデオではそれでも殻を破り切ることなんてなく、結局現実に戻されるところで終わります。それは、こうやってもがきながらも焦らず一歩ずつ変化して行こうという4人からのメッセージなのかなとも思えます。

 

 

第3位.OKAMOTO’S「BROTHER」

OKAMOTO'S 『BROTHER』

OKAMOTO’S「BROTHER」がおすすめの理由

サビとメロの曲調がガラリと変わり1曲で2度美味しい曲です。一緒に歌いたくなる、また耳に残る印象的なサビと裏腹に、少し暗い怪しげなラップのような闇があるメロがきいていて、ストーリー性が高い構成になっていると思います。ドラマ「火花」の主題歌にもなって居ましたが、歌詞の内容としては、身近に感謝したい誰かがいるときに贈りたい曲だと思います。同じループのセッションの中で単調になってしまいがちですが、その中で自由に歌っているような晴れ晴れとする曲です。途中の間奏のソロ部分も怪しげで聞いている人を引き込みます。

 

 

第2位.OKAMOTO’S「HAPPY BIRTHDAY」

OKAMOTO'S 『HAPPY BIRTHDAY』

OKAMOTO’S「HAPPY BIRTHDAY」がおすすめの理由

誰が聞いても間違いなく幸せな曲だとわかるこの曲は、私たちは結婚式のBGMの一つに入れました。誕生日について歌っている歌ですが、ずっと誕生日を祝いあう関係で居られる人がいることが幸せであると、改めて感じさせられる深い曲だと思います。老夫婦が誕生日を祝い合い、いつかどちらかが祝えなくなってしまうということを匂わせるミュージックビデオは涙なしでは見られません。曲調はオカモトズ定番の80’sを思わせるノリのよい曲で、4人がそれに合わせてダサ可愛いダンスを踊っているのも見ているとこちらまで踊り出したくなります。

 

 

第1位.OKAMOTO’S「JOY JOY JOY」

OKAMOTO'S 「JOY JOY JOY」MUSIC VIDEO(YouTube ver.)

OKAMOTO’S「JOY JOY JOY」がおすすめの理由

誰もが聞いていて乗らずにはいられないアップテンポな曲で、元気が出る1曲です。掛け合いのところもあり、夏フェスなどでも盛り上がる事まちがいなしの曲です。以前、番組でSMAPともコラボレーションをしていましたが、楽しそうでこちらまで笑顔になれました。ベースの動きも楽しくて特徴的で、ギターもイントロからかなり効かせているので、聞くたびに新たな発見があります。ミュージックビデオは4人が出てきて、女性につかまり脱走して仕返しするような謎の世界観ですが、4人の中の良さがわかる楽しそうないい映像だと思います。