岡村靖幸おすすめの曲ランキングTOP10

entry
スポンサーリンク

岡村靖幸おすすめの曲ランキングTOP10

日本音楽界の早熟の天才といえばこの方。岡村靖幸さんです。度重なる不祥事の中からでも不死鳥のようによみがえり、そして歌い続けるのはひとえに彼の音楽を求めるファンがいるからでしょう。昨今の活躍ぶりも嬉しいですが、今回特に紹介したいのは過去の神曲です。彼はその昔から天才的な才能をと個性を持った唯一無二のアーティストだったと思います。

 

 

第10位.岡村靖幸「いじわる」

岡村靖幸 いじわる Love φ Sex '88 DATE 【高画質Ver】

岡村靖幸「いじわる」がおすすめの理由

岡村ちゃんは思春期を音楽に捧げてきた人ですから、こんな曲ができるのは分からないでもありませんが。歌詞の中に自分の名前を盛り込む大胆不敵さがやはり早熟の天才なのだと思った歌です。自分で『靖幸にベッドのラブソング』と平然と歌ってしまうあたり、凡人の頭ではついていけない危険性を孕んでいると思います。何よりいけないのが彼が年相応のアイドルならともかく、どんな曲も完璧に歌いこなすミュージシャンであったこと。止まらない青い欲求、妄想、人には言わないこと全部、彼は歌にしてしまいました。そして皆を魅了する歌声で高らかに歌い出してしまいました。

 

 

第9位.岡村靖幸「パラシュート・ガール」

岡村靖幸 「パラチュート★ガール 2010」

岡村靖幸「パラシュート・ガール」がおすすめの理由

これはまだまだ可愛い曲だと思います。歌のサビ『いっちゃったパラシュートガール』も年相応の可愛い彼女な感じがしますし、オリジナル版ではあのCHARAさんがコーラスで歌っているんですよね。だから今聴くとすっごく贅沢な感じなのですが、残念ながらネット上にはそちらのバージョンのMVは見つけられませんでした。ホント凄くいいので、興味を持たれたらぜひCDなりなんなり、オリジナル版を購入して聴いてみることをおススメします。急降下したり上昇したり、パラシュートというよりジェットコースターみたいな抑揚のある歌です。

 

 

第8位.岡村靖幸「家庭教師」

岡村靖幸 家庭教師 どうなっちゃてんだよ

岡村靖幸「家庭教師」がおすすめの理由

岡村ちゃんの代表曲と言えばこの家庭教師。鳥肌モノのヤバい歌ですが、これぞ岡村ちゃんなわけですよ。歪んだ才能が作り上げた淫靡でセクシーな世界が岡村靖幸の堂々とした歌声で紐解かれてゆく。当時でもテレビじゃ放映されなかったのかな。いやできなかったのかな。この曲のPVがライブ版しか見つからなかったので、そちらを乗せましたが、ライブ版は寸劇入りでもっと大変なことになっているので所見の方は覚悟がいると思います。精神がハマるか拒絶するか2択しかないと思うので。それにしても『家庭教師』は今聴いても本当にすんばらしいアルバムですね。

 

 

第7位.岡村靖幸「ラブ・タンバリン」

岡村靖幸 ラブタンバリン Peach Show'89 【高画質Ver】

岡村靖幸「ラブ・タンバリン」がおすすめの理由

この歌のはじまりの歌詞を聴いた時に。私本当にこの人は天才だと思ったんです。それは『君が好きだよ 心に住んでる修学旅行が育つんだ』というフレーズ、普通に生きていたら絶対に絶対に何があろうと考えつかない歌詞だと思います。てか『心に住んでる修学旅行』ってなんですか?いまだに分からないけど、その表現が素晴らしいことだけは分かる。それからは岡村ちゃんの虜ですね。こういうトリックみたいな歌詞が他の曲でもそこら中に散りばめられているので。ラブ・タンバリンは全体的にかわいい曲です。ちょっと不思議な青春ラブソングです。

 

 

第6位.岡村靖幸「聖書」

岡村靖幸 聖書 (Bible) Love φ Sex '88 DATE 【高画質Ver】

岡村靖幸「聖書」がおすすめの理由

この歌には物語性があって、35歳の中年と付き合っている同級生の彼女に僕の方がいいじゃんって訴えかける曲なんですけど、曲の中で自分がバスケット部だし、背は179cmあるしっていうところ、本当に岡村ちゃん本人のことなんですね。だからもしかしたらモデルになる女の子でもいたのかなと思ってしまう歌です。私は及川光博さんがこの曲をカバーしているのを先に聞いてこの曲を知ったのですが、ミッチーがちゃんと岡村ちゃんにことわって、背は175cmと歌詞を自分の身長に書き換えたというエピソードがなんか微笑ましくて好きです。

 

 

第5位.岡村靖幸「SUPER GIRL」

Super Girl Yasuyuki Okamura

岡村靖幸「SUPER GIRL」がおすすめの理由

言わずと知れた大人気アニメ『シティーハンター』のエンディングテーマだったのがこの曲です。当時私はシティーハンターの大ファンだったのですが、まだ小学生でしたから、岡村ちゃんのことは全く知らずにこの曲を毎週聴いていました。だけどこの曲は本当にかっこよくて大好きだったんです。でも当時こんな渋い声で歌う人だから年取ったおじさんに違いないと思い込んでいたのが今思うと笑えます。いまでこそ岡村ちゃんも立派なおじさんですが、当時はびっくりするほど若いお兄さんだったのにね。でも子供がそう感じるくらい完成された歌声だったんだと思います。

 

 

第4位.岡村靖幸「カルアミルク」

カルアミルク

岡村靖幸「カルアミルク」がおすすめの理由

カルアミルク大好きです。この曲がきっかけでカルアミルクを飲むようになりました。美味しいですよね。甘くて可愛くっておしゃれで。この曲の『ケンカなんかやめてさ、六本木で会おうよ、いますぐおいでよ』の後に仲直りにカルーアミルクを飲みたいっていう彼が、なんとも岡村ちゃんらしいというか。イケてるのにちょっとダサいっていうか。モテるのに最後女の子に振り回されちゃうって言うか。そういうキャラを如実に物語っている気がしてなりません。どんなケンカかしらないけど、カルアミルク飲みながら絶対許しちゃうんでしょうね、彼の方が。絶対。そんな気配がプンプンします。

 

 

第3位.岡村靖幸「だいすき」

岡村靖幸 だいすき Peach Show'89 【高画質Ver】

岡村靖幸「だいすき」がおすすめの理由

この曲は誰もが一度は聞いたことのあるメロディーだと思います。岡村ちゃんを知らない人でもこの曲はきっとどこかで耳にしているはず。それくらい耳なじみがありました。いや、むしろ岡村ちゃんの歌の中ではとってもまともな部類の曲なので一般受けしたのかな?と思います。才能も実力もあるので作る曲によってはかなり国民的な歌手となっていた可能性のある岡村ちゃん。きっとこういう親しみやすい曲をたくさん作っていれば、少なくともR18みたいな世界観をぶっ混んでこなければ生きる世界は変わったかもしれません。けれどこの後の名作には出会えずじまいだったかもしれないとなると、やはり『だいすき』は通過点で良かったのかと。

 

 

第2位.岡村靖幸「あの子僕がロングシュート決めたらどんな顔するんだろう」

岡村靖幸 あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう

岡村靖幸「あの子僕がロングシュート決めたらどんな顔するんだろう」がおすすめの理由

この長い長いタイトルの曲は本当に青春がギュッと凝縮されたストーリー仕立ての名曲ですね。ライブで生でこの曲を聴けた時は本当に感動したのを覚えています。『青春て、ワン・ツー・スリー・ジャンプ!』の歌詞のところで本当に恥も外聞もなく盛り上がって飛び上がりました。小さな世界の1ページを切り取って、そのまま大切に保管してあるそんな気分になる曲です。やっぱりバスケの曲が多いんですね。これもまた実体験から来た歌なのかな?でも男の子って好きな女の子の前でいいカッコしたいものなんだって、この歌を聞く限り、がんばる男子諸君が可愛く見えてきますね。

 

 

第1位.岡村靖幸「イケナイコトカイ」

岡村靖幸 イケナイコトカイ Love φ Sex '88 DATE 【高画質Ver】

岡村靖幸「イケナイコトカイ」がおすすめの理由

このバラードは本当に名作です。2人の関係に『イケナイコトカイ?』と岡村ちゃんが問い続ける歌なんですけど、歌声が本当にやばいほど切ない。聴いているだけで途中からその実力に鳥肌がたって、最後には引き込まれて岡村ちゃんの代わりに自分が泣いちゃうというパターンですね。本当に綺麗な旋律のロマンティックな曲です。彼の才能は大胆さだけでなく、こういう繊細さも持ち合わせているところだと思います。これは岡村靖幸を知らない人にもいいんだよっておススメしやすい曲ですね。うん、万人受けするバラードで安心して聞けます。ライブ版で聞くのも最高に素敵です!